人生のどん底から這い上がるには

■人生のどん底から脱出するには?方法。失恋・離婚・倒産・リストラ・恋愛・別れ・就職活動・婚活・結婚・お金


人生のどん底を経験するメリットと脱出方法


バス男「ほ~。今週のTV番組は・・」

バス子「ちょっとバス男さん、昼間っから雑誌を読んでる場合じゃないでしょ。今、人生のどん底なんでしょ?」

バス男「バス子ちゃん。僕はもう、人生のどん底だから、これ以上落ちることのない大いなる安心感に包まれながら、心安らかに読書を・・」

バス子「バカなこと言ってないで、仙人の【人生のどん底から這い上がるには】の話を聞いてきたら?」

バス男「仙人様の【人生のどん底を経験するメリットと脱出方法】の話?」

バス子「うん。あのね、仙人が言うには・・」







~人生のどん底を経験するメリットと脱出方法~

1.人生のどん底から這い上がるには

①人生を諦める?諦めきれない

■人生どん底にいるときは、不満・悲しみ・虚しさ・怒り・後悔・不安・心配・・・様々な負の感情が押し寄せ、辛く厳しい時間を経験することになりますよね。
そんな人生のどん底も、実はメリットもあるのかもしれません。

今回の記事では「人生どん底を経験するメリット」と「人生どん底から抜け出すコツ」とを見てみましょう。



②人生どん底を経験するメリット~人生のどん底から這い上がるには?方法~
相対的世界で生きる意味とは?名言(「相対性の罠にハマる」から「相対性の世界で遊ぶ♪」へ)に詳細はあるとおり。
私達の経験している現実の世界は、比較によって認識可能な【相対性の世界】なのかもしれません。
だからでしょうか。
私達は「現状の自分が幸せかどうか?」を相対的に比較することによって判断している側面もあるようです。


①他人との比較
→「現状の自分は幸せかどうか?」を、私達はどうやって決めている・判断しているのでしょうか。
それは相対的な比較であり、比較対象は「他人」もしくは「過去や未来の自分」であるのかもしれません。

まずは「他人」から。
比較によって認識がなされる相対性の世界に生きる私達は、「現状の自分は幸せかどうか?」を他人と比較することによって認識している側面もあるのかもしれません。

誰かと、また何かと、比べないと、「今の私は、幸せなのかしら?」すらもわからないのが、この相対性の世界である現実世界なのですね。

そのため、自分より幸せそうな他人が多くいるように思えるならば私達は「あぁ、自分はなんて不幸なんだ。」と自身の不幸を嘆くことでしょう。

また、自分は、多くの他人より幸せであり恵まれているように思えるならば私達は「私は、幸せな方よね。ありがたいわ。」と自身の幸せを感謝することでしょう。


★人生のどん底から這い上がるには?方法★
~人間は他人との比較によって「現状の自分は幸せかどうか?」を判断している側面もある~



②自分自身の過去や未来との比較

→では次に「過去や未来の自分」です。

比較によって認識がなされる相対性の世界に生きる私達は、「現状の自分は幸せかどうか?」を「過去や未来の自分」と比較することによって認識している側面もあるのかもしれません。

そのため、現状の自分が、過去の自分より不幸の状況にあるならば私達は「あぁ、自分はなんて不幸なんだ。以前は、良かったなぁ。幸せだったなぁ。」と自身の不幸を嘆くかもしれません。
若い頃にチヤホヤされた場合、過去の栄光にすがり、過去の自分と現在の自分とを比べ、「あーぁ、最悪。昔の方が人生楽しかったな。私も落ちぶれたものだ。トホホ」と思う場合もありそうですね。

もしくは、現状の自分が{未来にそうなるであろう自分}より不幸の状況にあるならば私達は「あぁ、自分はなんて不幸なんだ。今の私は惨めだ。」と自身の不幸を嘆くことでしょう。
例えば、有名なミュージシャンになって活躍する夢をもって生きている若者は、{有名なミュージシャンになってチヤホヤされているであろう将来の自分}と、{路上で1人で歌っている現状の自分}とを比較し、「はーぁ。早く有名になりたいな!今の私は惨めだ。」と落ち込むこともあるかもしれません。
だから将来の理想が高い若者ほど、理想の自分と現状の自分とのギャップに悩んだり落ち込んだりすることになるのでしょうか。


また、現状の自分が、過去の自分より相対的に幸せであり恵まれているように思えるならば私達は「私は、幸せになったよね。ありがたいわ。あんなに辛かった過去が嘘みたい。」と自身の現状を、自身の幸せを、感謝することでしょう。


★人生のどん底から這い上がるには?方法★
~人間は「過去や未来の自分」との比較によって「現状の自分は幸せかどうか?」を判断している側面もある~


だからこそ。
人生のどん底を経験し、そこから這い上がった人は、現状の自分が、過去の人生どん底時代の自分より相対的に幸せであり恵まれているよう、いやがおうでも体感的に感じてしまうため、大体において「・・生きていれば嫌なこと含め、毎日、いろいろとあるけれど。でも、総じて私は、幸せになったよね。ありがたいわ。」という幸せで満たされた感情を感じながら生きることができやすいでしょう。

そういった意味では、人生どん底を経験することは、その後に幸福感・満足感を感じながら生きることに繋がりやすいメリットがあるのかもしれません。
※私達は相対性の世界に生きているため、たとえ生まれてからずっと恵まれた環境にいても、それが当人には当たり前になってしまうことがあり、恵まれた環境に「幸せ・嬉しい・感謝」などの感情を感じることができず、周りから見れば「あの人は恵まれた環境に生まれており羨ましいな」と思えても、当人はいつも、心の中に不満やイライラなどを感じながら生きているケースもあるのかもしれません。



③人生どん底から抜け出すコツ~人生のどん底から這い上がるには?方法~

■では、人生どん底時から抜け出すコツについて、見てみましょう。

人生どん底状態から抜け出すコツはズバり「明るい未来・将来が来ることを信じること!」。

私達は、未来も将来もお先真っ暗であり、今後に絶望をしているから「人生最悪。どん底。今までの人生も無駄だった」と感じて無気力になっているわけで。
だからこそ、明るい未来・将来を信じることができれば、絶望感も薄れ、活力ややる気・元気も、湧き上がってくることになりそうです。
※人間は、明るい楽しい未来を信じることができなくなると、過去まで悔やみ始める。「今までの頑張りなども、全て無駄だったな。あーぁ。」というふうに。


★人生のどん底から這い上がるには?方法★
~人生どん底状態から抜け出すコツ → 明るい未来・将来が来ることを信じること!~


しかし、前向きになろう!と努力してみても、明るい未来を想像することすら出来ない悲惨な状況だからこそ、「人生最悪。どん底。今までの人生も無駄だった」と感じて無気力になっているわけで・・・なかなか「未来を信じる」といっても簡単ではありませんよね。

が、根拠はなくても、不安に襲われてもそれでも!
「私たちの人生はきっと良くなっていく」
「将来は、もっと良くなっていく」
と明るい未来を信じて、笑顔で生きていけるよう自分なりに精一杯取り組み続けることが、大事なのかもしれません。

私たちの経験している現実世界は相対性の世界であるため。
人生のどん底を経験したならば、その後の人生は相対的には良くなっていくことでしょう。「あの辛かった頃よりかは、今はマシだよな。」「あの苦しい時期に比べれば、今は天国だよね。」というふうに。



④まとめ~人生のどん底から這い上がるには?方法~
■人生がピンチのとき。
そんなときほど、明るい未来を信じて、笑顔で楽しく生きていけると素敵ですし、その生き方が、人生を好転させる運を呼び込むのかもしれません。

間違っても、「私は可愛そうな被害者だ!」と被害者意識をもち、自分勝手になり、他人様に迷惑をかけるような生き方を始めないようにしたいものですよね。
「人生がどん底だから」ということで、そういった破滅的な原則「今さえ良ければいいんだ・自分さえ良ければいいんだ・金さえ手に入れば良いんだ」の生き方をし始めると、悪循環に落ち込んでいき、人生どん底状態が長く続くことになり、自分自身も周りの人も、もっと苦しむことになるようです。


大丈夫。
書籍心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 (単行本) にもあるとおり、心配事の多くはおきないようだから。

大丈夫。
私たちは、自分が思っている以上に、他人達から、この世界から、自身の人生から、愛されているから。

だから明るい未来を信じて、笑顔で元気に生きていこう。

私たちの人生は、きっと良くなっていく。
この世界は、もっと良くなっていく。

最後までありがとうございました。
心から感謝しています。

貴方様の人生が好転していきますように・・


~人生のどん底から這い上がるには?方法~
<writer 名無き仙人>





バス男「ふむふむ。人生のどん底時には、ヤケ酒が1番なのか~」

バス子「ちゃんと話を聞いておきなさいよ。」

仙人「繁栄的な原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心」を大切にしつつ、楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」







関連→幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
余裕がない?心にゆとりを持つ方法(心に余裕をもつための言葉)
人生の目的と欲の関係/生きる意味とは(2種類の欲{我欲と貢献欲})
平和な男性/女性の人生の特徴(【闘い競い合う世界観/観念】からの自由とモチベーション)
幸せの法則(自分だけの‘幸せ’は法則から歓迎されない)
将来の夢/仕事の見つけ方(義務感と「好きなこと/したいこと」)
成功する人の秘訣(成功の定義を間違えないこと)