幸せの法則

■恋愛/婚活/結婚生活/お金/仕事/年収/人間関係/幸せになりたい!幸福と不幸の法則/引き寄せの法則/人生


幸せの法則


バス子「は~ぁ。みんな幸せそうで良いなぁ~。私なんて、最近はまったく良いことがなくて、、、」

バス男「バス子ちゃ~ん。僕なんて、‘最近’どころか、ここ数年、まったく良いことがないんだよ。」

バス子「・・ねぇ、仙人に【幸せの法則】を聞きに行ってみない?」

バス男「仙人様の【幸せの法則~「幸せ」と「世界観」の関係~】の話かぁ・・」







~他者の幸せを願える心が【幸せの法則】の鍵~

1.幸せの法則

①「幸せ」と「世界観」

■「あぁ・・私自身が、自分で納得した人生を幸せに生きていなかったからなんだ。」

瞑想中。
いつの間にか、以前の出来事が、頭の中で回想されており・・その最中に、とても大きなことに気がついたのであった。

それは、【幸せの法則~{他者の幸せを願うこと}と{「幸せになること」を自分自身に許可する}~】に関することであった・・。



②個人的事例~幸せの法則 恋愛/婚活/結婚/お金/仕事/人間関係~
■私は以前、とある幸せそうな人のことを羨んでいたのでした。
そして、その人と自分自身とを比べ、愚痴や文句を言っていました。

自分の人生の全責任をとる覚悟がなかった私は、{自分の不幸}の責任転嫁をするための‘誰か’や‘なにか’を、必要としていたのだと思う。

自分で、自分の人生の全責任をとる覚悟がなかったため、自らを、他人や外部環境の‘犠牲者’にしたてあげ、「私の人生が不幸なのは、私のせいではない。他人や環境が悪いせいで、私の人生は不幸なんだ。だから、私は他人や外部環境の犠牲者なんだ。」と、思うように、していたのだと思う。


私は、可愛そうな犠牲者である私の犠牲のうえに、世の幸せそうな人たちの‘幸せ’が成り立っていると(無意識的に)思っていた。
だから、幸せそうな人を見ると、「私の犠牲のうえに、貴方の幸せがあるんですよ!?それ、わかっていないから、貴方は、可愛そうな犠牲者である私に対して、感謝も同情も、してくれないんでしょ!?」と不満をもち、幸せそうな人を批判していた。

そして、可愛そうな犠牲者である私に対して、「貴方は、社会や親等の、犠牲者ですよね。可愛そうに・・」と同情してくれる{幸せそうな人}や、または「貴方のような人がいるお陰で、世の中は成り立っているのですよね。ありがとう。」と感謝を示してくれる{幸せそうな人}に対しては、批判の手を緩め・・・
「人生が幸せでない?そうなの、自己責任だろう?」と言ってくる{幸せそうな人}に対しては、反射的に嫌悪感が湧き上がり、批判していた。


でも、本当は、そうではなかったのかもしれない。

本当は・・
どんな仕事でも、嫌なところはあるし、辛い部分もある。
楽しいばかりの仕事なんて、存在しないのかもしれない。
もし存在するなら、自分は既に、その{楽しいばかりの仕事}を希望しているだろうし・・。

書籍いい言葉は、いい人生をつくる―いつも私は「言葉の力」を味方にしてきた (成美文庫) の著者である高齢のお医者様ですら、どんな仕事でも、嫌なところはあるし、辛い部分もある!と言っていたし、そうなのだと思う。

いつも明るく、楽しそうに振舞っている、とある華やかな雰囲気のプロ野球選手ですら、誰もいないところでは、1人、努力し続け、苦悩し続けて・・という話も聞いたことがあるし、そうなのだと思う。

本当は幸せそうな人も、ああ見えて・・
毎日の仕事の中で、私と同じように、嫌なことを経験したり、辛い部分に悩んだりも、していたのだと思う。どんな仕事でも、嫌なところはあるし、辛い部分もあるのだから。

だけど、そのことに愚痴を言い、不満を言うだけならば、どんどん自分は‘犠牲者’となっていくだけであるため、自分が幸せでいれるために、{自分の好きな仕事をして、幸せに生きている!}と自分に言い聞かせながら、自分の置かれた状況の中で、幸せでいれるように努めていたのだと思う。

上手くいかないこともあるし、他人や社会のせいで発生する悩みや問題もあるし、辛いこともあるけれど、それでも置かれた場所で、幸せな花を、咲かせようと努めていたのだと思う。書籍「置かれた場所で咲きなさい

幸せそうな人は、‘責任転嫁による犠牲者’を選ばず、あえて・・・あえて、厳しい側面もある{実際にあるか?は別として、全ては自己責任!}と捉える選択をしていたのだと思う。
{実際にあるか?は別として、全ては自己責任!}と捉える選択をしていたから、{全ては自己責任!}と腹をくくっていたから、いろいろと言い訳や不満を述べずに、{自分の好きな仕事をして、幸せに生きている!}と、自分に言い聞かせながら、自分の置かれた状況の中で、幸せでいれるように努めていたのだと思う。

誰もいないところでは、悩み、苦しんでいる時もあるのかもしれない。
でも、人生を明るく楽しく生きるために、私の前では‘犠牲者である自分’をアピールしようとは、してこなかっただけなのかもしれない。
‘犠牲者である自分’をアピールするようなことをすれば、その後、つじつまを合わせるために、ずっと、‘犠牲者’でいつづけなければ、ならなくなるから・・・。

そして、誰もいないところでは、悩み、苦しんでいる時もあるのかもしれないけれど、でも、人生を明るく楽しく生きるために、私の前でも自分自身に対しても{自分の好きな仕事をして、幸せに生きている!}と言っていたのかもしれない。
そう言うようにしていれば、その後、つじつまを合わせるために、ずっと、‘幸せ♪’でいつづけることができるから・・・。



他者のことを、深く理解するよう、努めようとすることは、自分だけに向けられていた‘愛’が、他者へと広がっていくことに繋がるからか?
それまで自分の中で、批判の対象とすらなっていた幸せそうな人に対して、暖かで優しい感情が、湧きあがってきたのでした。



③自己責任~幸せの法則 恋愛/婚活/結婚/お金/仕事/人間関係~
■‘犠牲者’が悪いわけでもないし、また、他人や親や、仕事や、社会のせいで発生する悩みや問題も、実際にあり、、、愚痴や不満を言うのも悪いことではなく、言いたい時は、たまには言えばいいのかもしれません。

しかし、心の1番深い部分では{実際にあるか?は別として、全ては自己責任!}と捉えている方が、自分自身が、幸せでいれる時間が増えるようにも思うのでした。
{実際にあるか?は別として、全ては自己責任!}と捉えていれば、自分は‘犠牲者’でいなくてすむから。


人生の全責任を自分でとるのが嫌で、だから自分は他人や親や、会社や、社会の‘犠牲者’になっていると、つじつまを合わせるために、自ら、不幸を味わうことになる選択を、無意識のうちに選んでしまうのかもしれません。

自分は犠牲者であるのに、それなのに‘幸せ’というのは、つじつまが合わず・・犠牲者には‘不幸’が必要であるため、つじつまを合わせるために、自ら、不幸を味わうことになる選択を、無意識のうちに選んでしまう傾向に、あるのかもしれません。

そのような、不幸を味わうことになる選択を、選ばなければいいのに、つじつまを合わせるために、自ら(無意識のうちに)、不幸を味わうことになる選択を選んでしまう。自己責任と捉えずに、責任転嫁ばかりしていると・・。



{実際にあるか?は別として、全ては自己責任!}と捉えていれば、自分は‘犠牲者’でいなくてすむようになるため、‘幸せ’でいても、つじつまが合うことになりそうです。
すると、無意識のうちに、不幸を味わうことになる選択肢は、選ばなくなるのかもしれません。

そして、ただ、それだけでも、人生が大きく変わることになるのかもしれません。
無意識のうちに、不幸を味わうことになる選択肢を選ばなくなるだけで、人生で経験する‘不幸’はグっと減り、‘幸せ’が増えていき始めるようです。

そして、そうやって自分が幸せになっていくと、幸せなそうに生きているように見える他者のことを、心から祝福することができるようにも、なるのかもしれません。

可愛そうな犠牲者である、私の犠牲のうえに、世の幸せそうな人たちの‘幸せ’は成り立っている!という‘ひがみ’が消えるから。
心に余裕が生まれるから。
他者と自分を比較した時、劣等感を感じなくなるため、自己肯定をしたいがために、幸せそうな他者を批判する必要がなくなるから。
他人は他人。自分は、己の人生の全責任を自分でとる覚悟のもと、自分で選んだ人生を歩んでいるのだから、他人と自分を比較する必要はないよね!と思うようになるから。



④幸せの法則 恋愛/婚活/結婚/お金/仕事/人間関係
心の仙人/仙女修行などをとおして、以前よりは・・ですが、改善されてはきていたものの、それでも心のどこかで、「私の犠牲のもと社会は成り立っているし、他人の幸せも成り立っている!それなのに、幸せそうな人は私に対して、理解/同情/感謝を示してくれない。」というような気持ちを、もっているようでした。

そのことに気がついた後。
自分のことを‘犠牲者’にしたてあげる癖の改善に、取り組み始めたのでした。

すると変化を経験することになったのでした。

‘犠牲者’でいることを辞め、{実際にあるか?は別として、全ては自己責任!}と捉え、自分は、自分で選んだ人生を歩んでいるのだから、他人と自分を比較する必要はない!と自分に言い聞かせ、幸せそうに生きているように見える他者の幸せを、心から祝福するように努め始めると・・・自分が、幸せでいれる時間が増えていき、また、‘幸せなこと/幸運’も、増えていきはじめたのでした。


その理由には、世界観も関係しているようでした。

幸せそうに見える他者を批判していた私は、自分がそうだから、自分がそうだからこそ「皆も、幸せそうな人を見れば、その幸せそうな人を憎み批判し、揚げ足を取ろうとする(ハズだ!)」と、いつしか思い込むようになっていて・・

だからこそ、私の世界観は「この世界は、幸せになってしまうと、他者から嫌われ批判され、足をひっぱられる恐い世界」となっているようでした。

そのため私は、無意識領域にて。
{本当に幸せになってしまうこと}を恐れ、人生で与えられる{幸せ/幸運}を、ありのまま受け取ることを、自らセーブしていたようでした。
幸せになると、皆から憎まれ批判され、足をひっぱられる!と恐れ、だからこそ幸せを、自ら拒絶している側面があるようでした。


それが、まだまだ実践は出来ていない面も多々あるのですが・・。
‘犠牲者’でいることを辞め、{実際にあるか?は別として、全ては自己責任!}と捉え、自分は、自分で選んだ人生を歩んでいるのだから、他人と自分を比較する必要はない!と自分に言い聞かせ、幸せそうに生きているように見える他者の幸せを、心から祝福するように努め始めると・・

自分がそうだから、自分がそうだからこそ「皆も、幸せそうな人を見て、その人の幸せを心から祝福している(ハズだ!)」と、いつしか思い込むようになっていき・・

だからこそ、私の世界観は「この世界は、互いに相手の幸せを願い合っている、愛の深い幸せな世界ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ」と、少しづつ変わりはじめていき・・

そのため私は、無意識領域では。
{本当に幸せになってしまうこと}を恐れなくなり、人生で与えられる{幸せ/幸運}を受け取ることを、自らセーブすることも、しなくなって、いるようでした。
幸せになると、皆から憎まれ批判され、足をひっぱられる!という恐怖心が、消えていきはじめたからでしょうか。

この世界観の変化により。
「幸せになって良いんだよ(^_^)」と{幸せになること/幸せでいること}を、自分自身に許可するようになり始めたようで・・

大きな変化を経験することになったのでした。
自分が、幸せでいれる時間が増えていき、また、‘幸せなこと/幸運’も、増えていきはじめたのでした。

そして、そのような大きな変化を経験してからはじめて、自分自身が、人生で与えられる{幸せ/幸運}を受け取ることを、自らセーブしていたことに、気がつくことになったのでした。


~幸せの法則~
★他人の幸せを批判する場合は、世界観の影響より、自分が幸せになることもセーブしてしまうようになる

★他人の幸せを祝福するようになれば、世界観の影響より、自分が幸せになることも、許可しやすくなる



⑤パソコン作業へ~幸せの法則 恋愛/婚活/結婚/お金/仕事/人間関係~
■「人生で与えられる{幸せ/幸運}を、感謝して受け取り、心の中では何も所有せず・・自由でいなさい。全ての人に対して、恩返ししなさい。」

そう呟き目をあけると、いつもの(部屋の)風景が、視界に入ってきました。
時計に目をやると、たった20分しか経っていませんでした。
体感的には、もっと長く感じていたため、少し不思議な感じがしました。


「他人の幸せを批判する場合は、世界観の影響より、自分も幸せになりにくくなり、そして他人の幸せを祝福すれば、世界観の影響より、自分も幸せになりやすくなる・・か。宇宙の法則は、自分だけが幸せになることを許さず、自他ともに幸せになることを歓迎しているのかな?」
そんなことも考えつつ立ち上がり、また、パソコン作業を再開すべく、パソコンの前へと向かいました。



・・本当は皆も、ああ見えて。
日々の生活の中で、私と同じように、嫌なことを経験したり、辛い部分に悩んだりも、しているのだと思う。
{起きた事象をどう受け取るか?}は、人それぞれで異なるが、どんな人の人生でも、それぞれなりに、それぞれ、あるのだから。

だけど、そのことに愚痴を言い、不満を言うだけならば、皆にも迷惑がかかる場合もあるし、どんどん自分は‘犠牲者’となっていくだけであるため、自他ともに幸せでいれるために、{自分で選んだ人生を、幸せに生きている!}と自分に言い聞かせながら、自分の置かれた状況の中で、幸せでいれるように努めているのだと思う。

上手くいかないこともあるし、他人や社会のせいで発生する悩みや問題もあるし、辛いこともあるけれど、それでも、みんな、置かれた場所で幸せな花を咲かせようと、それぞれなりに努めているのだと思う。

誰だって、誰もいないところでは、1人、悩み苦しんでいる時もあるのだと思う。
でも、人生を明るく楽しく生きるために、自分にも他者に対しても笑顔で接し、{自分で選んだ人生を、幸せに生きている!}と言っているのかもしれない。
そう言うようにしていれば、その後、つじつまを合わせるために、ずっと、‘幸せ♪’でいつづけることができるから・・・。




パソコンを前に、作業に取りかかろうとするのですが、いまだ、そういったことに関する考えが脳内をグルグルしており、なかなか作業に集中できないのでした・・。


~幸せの法則 恋愛/婚活/結婚/お金/仕事/人間関係~
<writer 名無き仙人>





バス男「幸せの法則かぁ。」

バス子「幸せになれる法則にのっとり、幸せに生きていけるといいわね。」

仙人「楽しい、幸せな人生を、生きていけると良いのぉ。」







関連→無償の愛とは?意味(見返りを求める愛と無償の愛の結果の違い)
豊かな人生を生きる指針(ガチョウと黄金の卵)
社会貢献/奉仕活動とは?意味(成さずして成す/無償の愛(奉仕/貢献))
人生観が変わる世界観(本当の‘要領の良さ’)
賢い人の特徴(短期的な‘お得’と長期的な繁栄)
人生が楽しくない!やりたいことの見つけ方(自分の正直な気持ちと向き合う強さ)
人を好きになれない理由/原因(他人から好印象をもたれるコツ)