謝る謝罪の言葉/謝り方

■上手な謝る方法/謝罪の仕方/方法/謝罪とは?謝る意味/彼氏/彼女/妻/夫/上司/部下/会社/仕事/恋愛/婚活/結婚生活


謝る謝罪の言葉/謝り方


バス子「・・でも、それじゃあ心のこもった謝罪メール文にならないわよ?」

バス男「バス子ちゃ~ん。良いんだよ。だって実際は、悪いのは相手なのだから。反省しているフリや、謝っているフリをしておけば良いのさ。」

バス子「ちょっとぉ。バス男さんは仙人の【謝る謝罪の言葉/謝り方】の話、聞いていないの?」

バス男「仙人様の【~謝るフリでは自分自身は誤魔化せない!本当の意味で反省する影響力~謝る謝罪の言葉/謝り方】の話?」

バス子「うん。仙人が言うにはね・・・」







~謝るフリでは自分自身は誤魔化せない!本当の意味で反省する影響力~

1.謝る謝罪の言葉/謝り方

①とある賢者の事例

■Aさんと一緒にいた時のこと。
Aさんが会話の中で「名無きさんは、△△だよね。」と言い、その発言に私は 
っん!? と感じたのでした。
その理由は、一般的に「△△だよね」という発言は、人をバカにし見下す発言であるからでした。

私は一瞬、「っん!?」と思ったものの、和やかな雰囲気のままでいたいから「はははー」と笑ってその場を誤魔化しました。
笑って誤魔化した後、心の中で「Aさんには悪気も悪意もないのだ。」と自分に言い聞かせ、そのまま「△△だよね」という発言は流そうと努めました。

そう努めた背景には、これまでの付き合いから、実際にAさんには私のことをバカにしたり見下したりする気持ちがないことを知っていたからでもありました。
きっと、話の流れの中で、たまたま「△△だよね。」という発言が出てしまっただけなのでしょう。


そして、この時の些細な1場面が今だに心に残っているのは、ここからのAさんの態度と発言にあります。

「あ~、」少し言葉を探していたAさんは「さっきは「名無きさんは、△△だよね。」と言ってごめん。次からは気をつける。」と言ったのでした。

私は「いやいや、まったく気にしていないから良いよ~」と笑いつつ、その発言も、反射的に流そうとしました。
Aさんの謙虚さや誠実さにびっくりしたこともあり、また、このように会話の中で誠実に即、謝られた経験が今までにないため、どうリアクションをとれば良いかわからなかったからでもありました。



「うーむ・・」
今、思い返してみても、Aさんの態度や発言に、深い尊敬や敬意の念を抱かずにはいられないのでした。

「自分も間違っているのかもしれない」という謙虚さに欠けており、「自分が正しいのだ!」と思い込みがちな私ならば、そもそも、自分の失言に気がつかないであろうと思われました。
また、たとえ己の失言に気がついても、私の場合は、自分の誤りを素直に認めることの出来る内的な安定性や誠実さに欠けるために、「あっ、やっちまったー」と思いつつも、正直に誠実に「ごめんなさい。」と素直に謝ることは出来ず、ご機嫌とりのためにゴマすりを頑張る程度であろうと思われました。


「謝るって、難しいなぁ。」大抵の場合、素直に謝ることが出来ずにいる私は、【謝る/謝罪する】について、考えてみることにしたのでした。



②謝りたい!詫びたい!~謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法~
■まず、【謝り方/謝罪の仕方】について考えてみます。


①悪意のない誤り
→悪気のない誤り/ミスをし、その後に即、誠意をもって謝るならば、多くの場合、許してもらえることになるようです。
誰しもが、ついつい間違えたり、ミスをしたり、してしまうことがあるからでしょうか。

また、間違ったりミスをした後に即、誠意をもって謝るならば、逆に「この人は、間違えた時には、自分の過ちを素直に認め、正直に誠実に謝ってくれる人なんだ」という信頼感にも繋がることさえあるのかもしれません。

私はAさんの{即、謝る態度}に触れ「Aさんは、自分の非を誤魔化すことなく、即座に認め謝ってくれる人なのだな」と思い、Aさんに対する信頼感が逆に高まったのでした。


★謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法★
~悪意のない過ちであれば即、誠実に謝ると許されることが多い。誰でも失敗やミスはするから~


【謝り方/謝罪の仕方】においては、「即、自分の過ちを素直に認め、誠実に謝ること」が大切となるのかもしれません。


②悪意ある誤り
→しかし、「即、自分の過ちを素直に認め、誠実に謝ること」をしたとしても。
過ちに悪意がある場合は、許してもらえないこともあるそうです。

そもそも最初から、相手を騙し利用するつもりで悪いことをし、相手に迷惑をかけた場合、その後に「ごめんなさい」と懺悔し謝っても、相手からは許してもらえにくい場合もありそうです。
関連他人を利用する人の心理と結末(自己防衛本能より危険な人間と見なされる)


例えばAさんが、自己メリットのために私を騙し利用していて、その後に「ごめーん。私が間違っていた。今まで、名無きさんのことを騙し利用していて、ごめんね。」と謝ってきても。
私はAさんに対して嫌悪感や不信感をもつことになるかもしれません。


★謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法★
~過ちが「そもそも悪意ある過ち」である場合は、その後に謝罪しても嫌われがち~


そのような意味では、「悪意ある悪い行動をしない」ということが、そもそもの大前提となるのでしょうか。
そう考えていくと、生きていくうえで、根底にもつ原理原則がやはり重要であるよう思えてきますよね。→繁栄原則と破滅原則


③毎回同じ過ちを犯し、毎回謝る
→悪意のない誤りをし、その後に即、自分の過ちを素直に認め、誠実に謝るとしても。
それが毎回になれば「相手は本気では反省していないな!本気で反省したならば、何度も、同じ過ちはしないハズだよ!」と思われることになり、謝っても嫌われるだけとなってしまうのかもしれません。

例えば私がAさんに、「今週の土曜日に食事に行きましょう」と約束したとします。
その後、私は気分が優れぬために土曜の朝「すみません。今日は行けなくなりました。本当にごめんなさい」とAさんに伝えドタキャンしたとします。
1回目に関しては、「誰しも、仕方ない時があるよね」と許してもらえるかもしれません。

しかし、再び「来週の水曜日に食事に行きましょう」と私が約束し、にも関わらず、また「すみません。水曜日は行けなくなりました。本当にごめんなさい」とドタキャンをすれば。
Aさんからは「名無きさんは本気では反省していないな!本気で反省したならば、何度も、同じ過ちはしないハズだよ!」と思われ、即、謝ったにも関わらず、私はAさんから嫌われることになるのかもしれません。


★謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法★
~即、誠意をもって謝ろうが、同じミス/誤りが続くと「相手は毎回、本気で反省した‘フリ’をして謝ってくるが、本気では悪いと思ってもいないし、反省もしていないはずだ」と判断され、嫌われてしまうのかもしれない~


このことはつまり、【失敗やミスは誰もがするため、失敗したなら相手に謝り失敗から学べば良いが、何度も同じ過ちをするべからず】ということなのかもしれません。
「成功までの道のりでは失敗は避けられない。失敗したら失敗から学べば良い。しかし同じ失敗を2回もしてはいけない」というような話を聞く機会もありますよね。
この話には、「同じ失敗を2回もすると、2回目以降は、謝っても相手に嫌われてしまうから」という意味も込められているのかもしれません。
関連生徒/部下の指導と人間関係構築(心の中では、 一生、謙虚に学び続ける)



④謝るのが遅い/謝らない

→失敗やミスをしても、謝るのが遅れる場合や、謝らない場合もあるかもしれません。

★謝罪が遅れる
→過ちを犯し、謝罪が遅れた場合は、「誠意がない。本気では反省していない」と判断されがちなのかもしれません。

例えばAさんとの待ち合わせ場所に行き、Aさんを待っているとします。
しかし時間になってもAさんは現れません。コチラ側としては、せめて早く連絡が欲しいものですよね。

その後、待っても待っても来ないため、仕方なく家へと帰りました。
その最中「大丈夫かな?何かあったのかな?」という心配な気持ちや「せめて連絡くらい、くれても良いよね!?」という怒りが込上げてくるかもしれません。

そして「なぜ、Aさんは謝りの連絡をしてこないのか?」という疑問や、Aさんに対する不信感を感じ、イライラしながら過ごしていると、次の日になってやっと「ごめん~。昨日は他の用事が入ったから、ごめんね。」と謝りのメールが届きました。

確かにメールにて謝られたものの、コチラ側としては「すぐ連絡してこなかったのは、コチラのことを軽視しているからだ!」という嫌悪感しか残らないかもしれません。


★謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法★
~たとえ謝ったとしても、謝るのが遅れると「誠意がない。本気では反省していない」と判断され嫌われてしまう~


そのため、謝るならば「早く謝る」ということも大切となりそうですね。


★誤りを認めない/隠す
→失敗やミス、過ちを犯した場合に、「いいや、私は間違っていない!」と言い張り、謝りを認めないケースが、もっとも嫌われ信頼感を失うことになってしまいますよね。

個人的には、この「誤りを認めない/間違いを隠そうとする」を、ついついしてしまうところがあるようなのでした。
そして、そのせいで、その後に多大なマイナス(嫌われる/信頼を失う)を被ることになってしまうのでした。

「どうして自分は、素直に即、謝ることが出来ないのだろう?」そう自問してみて、「私が間違っていました。ごめんなさい」と謝ることができない理由について考えてみました。



③人生で失敗した時~謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法~
■「私が間違っていました。ごめんなさい」と素直に謝ることが出来ない理由には、以下のような事柄も関係しているよう思われたのでした。


①内的な安定性
→私は恐いから、恐怖心があるから、素直に謝ることが出来ずにいるようにも思えたのでした。

「自分の過ちを認めたら、相手から嫌われてしまうかもしれない」
「自分の過ちを認めると、相手から弱みにつけ込まれてしまうかもしれない」
「自分が間違っていたことが明るみになると、相手からバカにされるかもしれない」
「自分の過ちを認めることは、過去の自分の行為を否定する自己否定にも繋がるため、自尊心が低下してしまうかもしれない」

そういったことが恐いから、私は「いいや、私は間違っていない!」と自分の正当性を主張する方向に向かってしまい、「私が間違っていました。ごめんなさい」と素直に謝ることが出来ずにいるよう思われたのでした。


★謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法★
~子供であろうと大人であろうと、素直に謝ることが出来ずにいる場合、その根底には、自分の過ちを認めることに対する恐怖心がある~


「相手から嫌われるかもしれない」
「相手から弱みにつけ込まれるかもしれない」
「相手からバカにされるかもしれない」
「自尊心が低下してしまうかもしれない」
こういった恐怖心に呑まれることなく、素直に「私が間違っていました。ごめんなさい」と言えるためには、内的な安定性が必要となるのかもしれません。
心に成熟した安定性がなければ、恐怖心に呑まれてしまい、「いいや、私は間違っていない!」と自分の正当性を主張する方向に向かってしまいそうです。

内的な安定性を確保するためには、自分の中心に原理原則を置く必要もあるのかもしれません→心が安定した人になる方法(【移り変わるもの】と【絶対であり変わらない普遍の原理原則】)


②個人的な世界観
→TVで見る映像も含め、私は、誰かが「私が間違っていました。ごめんなさい」と謝罪をしている姿を見ては「この人は間違っていたんだな。ふっ(こんな駄目人間にはなりたくないよね)」と見下してきているのでした。

そして自分がそうだから、自分がそう謝罪をしている人を見てはバカにし見下してきているから「皆も、謝る人を見ては見下しバカにする(ハズだ)」と、いつしか思い込むようになっていき、

そのため自分が謝ろうとすると「謝れば、皆から見下されバカにされる(ハズだ)」と恐怖心が湧きあがってくることになり、そのせいで素直に謝ることが出来なくなっている側面もあるように思われたのでした。


★謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法★
~謝罪をしている人を見てはバカにし見下していると、世界観の関係から、自分が謝罪できなくなっていく~
※世界観とは?→思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)


また、私は、誰かから「私が間違っていました。ごめんなさい」と謝罪されても、プンスカ怒り相手のことを責めてばかりで、ちっとも相手を許そうとはしておらず。

そして自分がそうだから、自分がそう謝罪をする人を許さずに生きてきているから「皆も、謝罪されても相手を許さない(ハズだ!)」と、いつしか思い込むようになっていき、そのため自分が謝ろうとすると「謝っても、皆からは許してもらえない(ハズだ)」と恐怖心が湧きあがってくることになり、そのせいで素直に謝ることが出来なくなっている側面もあるように思われたのでした。


★謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法★
~謝ってくる人のことを許さずにいると、世界観の関係から、自分が謝ることが出来なくなっていく~


一方で。
もし、自分が謝罪をしている人を見ては「この人は謙虚で誠実な方だな」と敬意を払い、謝罪をしてくる人のことを許すような生き方をしてきているならば。

自分がそうだから、「皆も、誠意をもって謝罪をしている人を見たら敬意を払う(ハズだ)」「皆も、謝る人のことを許す(ハズだ)」と、いつしか思い込むようになっていき、そのため世界観の関係から、素直に謝ることが出来やすいのかもしれません。
関連自分と他人を許す方法(許すー許しを請う(謝る)の関係)


つまり、個人的な世界観のことまで考慮するならば、「誠意をもって謝罪をしている人をバカにし見下さない/敬意をはらう」や、「誠意をもって謝罪してくる人を許す」も、【己の過ちを認め、謝ることの出来る人間】になるためには大切となるのかもしれません。


③謙虚さ
→「自分も間違っているのかもしれない」という謙虚さに欠けているだけではなく、「自分は正しいのだ!」と思っていたい深層心理があるからでしょうか。
私は、過去に行ってきた自分の{過ち/ミス}を素直に認めることが出来ずにいるようなのでした。
関連常識と非常識/正しいまともな人とは?意味(相対性と自分の意見と他人の意見)


それは私生活に限らず、記事書きにも現われていて。
過去に書いてきた{過ちある記事(例えば批判的な記事)}に関して、「書き直し作業」をためらってしまっていて・・
記事を1から書き直すことは、「過去の自分は間違っていたのです。すみませんでした。」と己の誤りを認め、謝ることにも繋がってしまうからでしょうか。

謙虚さの欠如と「自分は正しいのだ!自分は間違っていないのだ!」と思っていたい心理のせいで、私は未だに、過去に書いた誤りの記事を書き直すことができずにて・・そのために【誤った過去】に、現在の自分が未だ縛られてしまっており、現在の自分自身が苦しむことになっているようにも思われました。


★謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法★
~謙虚さの欠如と「自分は正しいのだ!」と思っていたい心理から、過去の誤ちを認めずにいると、現在の自分自身までもが過去の過ちに縛られてしまうことになる。
過去の過ちを認めない場合は、過ちある過去を正当化しなければならなくなり、そのために現在の自分の言動までが「過去とのつじつま合わせ」に縛られてしまうようになるから~



例えば、「誠実さなんて、くだらないよ」と過去に誠実さをバカにしていた場合。
「過去の自分は間違っていました。すみませんでした。」と己の過ちを認めないと、過去の自分の言動「誠実さなんて、くだらないよ」を、未だに正当化しなければならなくなり、そのため「過去とのつじつま合わせ」の関係から現在の自分が「誠実な言動」をしずらくなってしまう場合もあるのかもしれません。

過去の過ちを認めずに、誠実な行動をとうろうとすると「あれ?貴方は以前、「誠実さなんて、くだらないよ」と言っていましたよね?なのにどうして現在は、誠実さを大切にしようとしているのですか?貴方は言動に一貫性のない不誠実な人なのですね」という自分を責める声が、聞こえてくることになるからでしょうか。



④失敗から立ち直る~謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法~
■過ちを犯してしまった場合は、「他人に対して」そして「自分に対して」、謙虚に誠実に対応する必要があるのかもしれません。


①他人に対して
→他人(相手)に対しては、即、自分の過ちを素直に認め、誠意をもって謝ることが大切となりそうです。
言い訳や誤魔化しをすることなく、即、誠心誠意、謝る/謝罪する。

そして同じ過ちをしないよう対策を練り、その対策についても、時に話す必要もあるのかもしれません。
過ちを犯した企業が消費者に謝る場合は、「同じ過ちをしないための対策」についても、話すことになるケースが多いですよね。


②自分に対して
→過ちを犯してしまった場合、他人(相手)に謝罪した後は、今度は、自分自身との関係についてが、重要となるのかもしれません。

同じ過ちを繰り返さないために対策を練ること。
そして、「自分は正しいのだ!自分は別に、間違っていないよ」と思っていたい心理を「すみません。私が間違っていたのです。迷惑をかけてごめんなさい」という{謙虚さ/謙虚な心}により乗り越え、己の過ちを、他人に対して(表面的に)認める(フリをする)だけではなく、本当の意味で、自分自身が、己の(過去の)過ちを心から認め、心から反省し、行動を修正すること。

そうすることで、自分は{間違っていた過去/間違った過去}に縛られることなく、新たな自分として進んでいくことができ、そのことは、自他ともに益あることなのかもしれません。


★謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法★
~他人に対しては「(表面的に)自身の過ちを反省しているフリをする」ことも可能。しかし、自分自身は誤魔化せないため、己の行動を本気で修正していきたいならば、‘反省しているフリ’ではなく、心底、反省する必要がある。
(過ちを犯した)過去の自分を肯定しておきたい心理から、心底は反省しない場合、過去に縛られることになり、行動の修正ができなくなるため~



また、個人的な経験上。
たとえ相手に謝り、再発防止策まで考えたとしても、心のどこかに「でも、悪いのは私ではない。実際のところ悪いのは相手だ。」という責任転嫁する気持ちがあり、心底からは反省していない場合、

後々、再度、表面的には違う問題であるよう思えても{本質的には同じような過ち}が繰り返されることになりがちなようにも思えているのです。

その一方で、心の底から「あぁ、私が悪かったのだ。私が変わらなければ・・」と反省すると、もう、{本質的には同じような過ち}が発生することもなくなってしまうように思えているのです。
これらは、【現実の世界はそもそも、己の観念の現れ】などとも関係しかねない、興味深い現象ですよね。
関連人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)



誰でもミスや失敗はするため、大事なのは今後であり、本当の意味で反省することにより過去の自分に囚われることなく行動を修正し、楽しい幸せな人生を生きていけると素敵ですよね。

と、言いつつも、自分は実践出来ずにいて・・誤りを素直に認め謝るって難しいぃ~!

Aさんのような、誤りを素直に認め謝ることの出来る人になっていけたら良いな、と思い、精進していければ、とも思っています。



~まとめ 謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法~
①一般的な感覚で言えば。
相手を騙せ誤魔化せるならば「反省したフリをして表面上だけ謝る」場合と「心から反省して謝り、本当の意味で心を入れ替える」とでは、大きな違いは生まれることがないが、

もし、現実の世界が私達の信念や観念の投影であるならば、

「反省したフリをして表面上だけ謝る」場合と、「心から反省して謝り、本当の意味で心を入れ替える」とでは、大きな違いが生まれるのかもしれない。

言い換えると、現実世界の原因が私達の心にあるならば、「表面上の謝り方/謝罪の仕方(手紙で謝るか?メールで謝罪するか?どんな言葉で謝るか?)」以上に、「本当の意味で心から反省したかどうか?そして心をその後、入れ替えたかどうか?」の方が重要であり、また影響力も大きいのかもしれない。

これらはスピリチャル的な話となるが、実は、そのような部分で「現実がその後、どう展開されていくか?」が決まっていく側面もあるのかもしれない。


②謝罪や「謝る」においては、「そもそも動機に悪意があった」や「そもそも謝らない」の場合が問題になりやすい。
この問題はともに、{生きる姿勢/生き方}の問題でもあるため、「表面上の謝り方/謝罪の仕方(手紙で謝るか?メールで謝罪するか?どんな言葉で謝るか?)」や「とりあえずの再発防止策」以上に、そもそもの根底の部分・・・「どのような姿勢で生きるか?」を見つめなおす必要がある場合も、あるのかもしれない。
関連人生/生き方「迷わない指針」(繁栄原則と破滅原則)


③誰でも、人生(仕事/恋愛/結婚生活/人間関係/お金etc)において、ミスや失敗はするし、過去には戻っていけないために、大事なのは今後である。
心から反省し、心から謝罪し、そして自分自身を見つめなおし自己改善の必要があれば自己改善に努め・・今後、皆のお役に立ちながら楽しい幸せな人生を生きていくことで、自他ともに救われていくことになるのかもしれない。


~謝る謝罪の言葉/謝り方|謝罪の仕方/謝る方法~
<writer 名無き仙人>





バス男「あぁ、やらなければいけない仕事がたくさんあるのに、今日もまた、昼寝に多大な時間を費やしてしまった。ごめんなさい。許して下さい。」

バス子「許しを請うくらいなら昼寝をしなければ良いでしょ。」

仙人「謝罪し反省し終わったら、自分を責めすぎることなく、前向きに、楽しく幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」







関連
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
自分に正直に生きる意味(正直の影響力と正直に生きるコツ)
誠実さとは?意味(二面性と一貫性)
他人を見下す心理と世界観(世界観を愛深いものに変えていく)
豊かな人生を生きる指針(ガチョウと黄金の卵)
時間の使い方/人生編(最重要事項と重要事項の違い)
成功する人の秘訣(成功の定義を間違えないこと)