世界観を浄化する

■己の世界観次第で現実世界の見え方が変わり人間関係/恋愛/婚活/結婚生活/仕事/商売/ビジネス/投資全部変わる





★人気記事ベスト3|世界観の浄化★
1位 思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)

2位 生き方を変える世界観の作り方(原理/原則と世界観の関係)

3位 不安感の原因(条件付きの愛と不安感の関係)







★世界観を浄化する/関連記事★
他人を見下す心理と世界観(世界観を愛深いものに変えていく)

人生観が変わる世界観(本当の‘要領の良さ’)

仕事が遅い人を批判しない(この世界は、互いに‘遅い人’を批判し合う恐い世界?)







★世界観の浄化について★
→私達は、生まれ育った家庭や環境の条件付けや、自身の考え方や行動によって、個人的な世界観をもつに至ることになるようです。
個人的な世界観をもつことになる理由の1つは、私達の意識が、自分という肉体の枠から抜け出ることが出来ないことも関係しているのかもしれません。
他人、他者の世界観を経験することが出来ないために、ついつい、自分という1視点から見えている世界を唯一絶対の世界とみなし「世界は、このようなものだ!」という思い込みをもつに至りやすいのが人間なのでしょうか。
この誰しもがもつことになる個人的な世界観は、人生、仕事、お金、恋愛や結婚、人間関係など、生きるうえで多くのことに強い影響を与えており、その世界観が負の世界観である場合、世界観(思い込み)が浄化されていくと人生や仕事、恋愛や結婚、お金や人間関係の面で、ポジティブな変化を経験することになるようです。





バス男「ほほ~。世界観を浄化する・・とな。どういう意味なんだい?」

バス子「人はそれぞれ、個人的な世界観をもっているのかもしれないわね。」

仙人「ワシらは、「この世界がどう見えるか?」「他者が、どう見えるか?」によって、自分の思考や行動が決まっている側面も、あるようなのじゃよ。例えば、{この世界には悪が満ちている!}と当人には思えていたら、当人は、悪と戦う人生や、悪から身を守るために防衛的な人生を歩むことになるじゃろう。一方、{この世界は既に愛に満ちている}という世界観のもと生きていれば、戦う人生や、防衛的な人生を歩むことはないじゃろう。そして、己の世界間は、条件付けや思い込みによって形成されるようなのじゃが、他にも「自分がそうだから、きっと他者も・・」とワシらは考えるため、自分自身の考え方や行動が、自分の世界観を作り出している側面もあるようなのじゃ。そのため、自分が変われば、自分の世界観が変わることになるようじゃのぉ。」