シンプルな生活!捨てる技術

■人生を片付けられない!人生をシンプルにするコツ/秘訣/シンプルな生活/ものをもたない/生活のお片づけ方法/シンプルライフ


シンプルな生活!捨てる技術


バス子「あ~、最近、イライラするのよねー。いろいろあって、疲れるわぁ。いろいろなさそうなバス男さんが羨ましいわ。」

バス男「バス子ちゃーん。僕なんて、なにもなすぎて鬱病になりそうだよぉ。」

バス子「バス男さん・・も大変なのね。そういえば仙人が【シンプルな生活!捨てる技術】の話の中で・・」

バス男「仙人様の【~シンプルライフを楽しむコツ~シンプルな生活!捨てる技術】?」

バス子「うん、仙人が言うにはね・・・」







~楽しいシンプルな生活/人生を生きるコツや秘訣とは?~

1.シンプルな生活!捨てる技術

①なんとなくイライラして落ち着かない

■「あー、もうっ!」と、なぜかイライラして、楽しい爽やかな気持ちになれない時ってありますよね。
その原因・理由の1つは、生活が複雑になっていて、生活からシンプルさが失われているからなのかもしれません。

シンプルな生活が失われ、生活が複雑になっているとき。
その心の状態は身の回りにも現れ、部屋の中は片付いておらず、部屋からもシンプルさが失われているかもしれません。

シンプルな生活を取り戻し、心が軽くなると、自然と部屋の中もシンプルになり、気持ちも明るくなっていくことでしょう。

さて、シンプルな部屋を取り戻すためには、必要のないものを捨てる必要がありそうです。捨てる技術が重要になってきそうですね。
そして生活をシンプルにするにも、必要なこと・不必要なことを取捨選択し、必要なことを行っていく必要がありそうです。日々の生活の中で行っていることを、捨てる技術が重要になってくるのかもしれません。


「最近、忙しい」「忙しくてきつい」「あれも、これも、しなきゃいけないけど、できていない」そういった状況になり、疲れたりストレスが溜まってしまうこともありますよね。
そんな忙しかったり、きついときに、生活をシンプルにし、元気で楽しい毎日を送るコツについて、見てみたいと思います。



②シンプルライフを送るには?方法~シンプルな生活!捨てる技術~
■忙しくなり心に余裕がなくなってイライラしがちになったり、精神的に余裕がなく疲れがちになっているような時は、{しなければならないこと・したほうがいいこと・したいこと}が増えすぎている場合もあるのかもしれませんね。

仕事が忙しくなり、プライベートでも、しなければいけないことが重なり、そして「したいこと」もある・・・そうなれば「あぁ、あれもしないと!でも、これもしたい!」となってイライラしやすくなるかもしれませんし、その最中は疲れやすくなるかもしれません。

そのような時、複雑になっている生活にシンプルさを取り戻すためには、日々の生活のタスクを重要事項と最重要事項とにわけ、最重要事項を優先させ、重要事項は後回しにするのも効果的なのかもしれません。
また、人についても、最重要人物と重要人物とにわけ、最重要人物との時間を優先させるようにするのも悪くはないのかもしれません。

多くの場合、最重要事項は仕事でしょう。仕事を失えば、生活がなりたたなくなるからです。
多くの場合、最重要な人は、奥さんや旦那でしょう。離婚となれば、人生が変わってしまうからです。

そのため、「仕事に行って、伴侶と仲良く暮らしていければ、あとはまあ、だいたいでいいや~」と気楽に考え、仕事と伴侶のシンプルで単純な生活を送っていると余裕もでてきて、また、いろいろと出来始めることになるかもしれません。



③シンプルライフのコツ/秘訣~シンプルな生活!捨てる技術~
■では、忙しく余裕のない生活・・複雑になってしまっている生活を、シンプルな生活に戻すための、その他のコツについても見てみます。


①やらないことを決める
→あれも、これも、としようとすると、心から余裕がなくなり、疲れやすくなったりストレスが溜まりやすくなったり、することもありそうです。
まずは、やらないことを決めましょう。たとえば「釣りが好きだけど、ゴルフもしているし、釣りまでするとお金にも余裕がなくなるし、忙しくなりすぎてしまうから、しばらくは釣りはやめよう」というように。
つまり、生活の中から釣りを捨てるわけですね。捨てる技術を活用し、生活の中から余計なことを捨てていくと、シンプル生活が戻ってきそうです。


②後回しにする
→忙しいときに、あれも、これも、と、全部しようとすると、心の余裕を失っていくようです。そのため、最重要事項は後回しにできないため、重要事項は後回しにしてしまいましょう。
心と時間と体力に、余裕が戻ってきたら、重要事項に取り組み始めれば良さそうです。


③完璧を目指さない
→仕事でもプライベートでも、完璧を目指せば目指すほど、多くの時間と気力が必要となりそうです。そのため忙しすぎるときは完璧を諦め、ほどほどにこなしていきましょう。
また、心と時間と体力に、余裕が戻ってきたら・・・その時に、完璧にしたければ、完璧にこなし始めれば良さそうです。


④一口づつ
→忙しくて、やるべきことが多すぎる場合、私たちは「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」と焦ってしまったり、「いったい、なにから手をつければいいのだろう」と圧倒されたり、することもあるようです。
それはまるで、巨大な恐竜を、自分1人で食べようとしているのにも似ていますね。「こんな大きな恐竜、どうやって食べればいいだろう?」というような感じでしょうか。

さて、巨大な恐竜を食べるにしても、小さなリンゴを食べるにしても、一口づつでしか食べることはできないでしょう。
つまり、どれだけ、やるべきことが多くても、1づつ、やるべきことを片付けていくしか、方法はないのかもしれません。

タスクが多すぎると焦ってしまったり、余裕がなくなって、いっぺんに片付けてしまおうと、してしまいがちですが、「1づつ、コツコツと地道に片付けていこう」と自分自身に声をかけ、タスクをこなしていけると良いのかもしれません。


⑤予定を空白にする
→忙しすぎて余裕がなくなっているときには、仕事終わりや休日に、予定が詰まりすぎていることが多いのかもしれません。
生活をシンプルに戻すためには、予定を空けて、なにも予定のない状態へとしていくことも1つの方法なのかもしれません。

そして体力的にも時間的にも精神的にも、余裕がでてきたら、また予定を入れ始めれば良さそうです。


⑥大きな決断をしない
→忙しすぎて疲れているときや、精神的に余裕がないときに、大きな決断をすると失敗しがちなようです。
心に余裕のあるときに、大切な決断は行いたいものですよね。

そのため、忙しすぎるときや疲れているとき、心に余裕がないときなどは、大事な決断については、先送りするようにしたいものです。
精神不安定な状態では、どうしても、後から考えると「間違った決断」をしてしまいがちなようだからです。

忙しすぎて心に余裕がないときや、失恋した際、また大切な人が亡くなって精神不安定になっているようなときは、大事な決断は先送りし、心に余裕がうまれてくるまでしばらく、時間をあけるのも良いのかもしれません。


⑦めんどくさがらない
→忙しいときに、しなければいけないことを、めんどくさがって行わないと、タスクがたまっていき、ストレスも溜まっていく場合があるのかもしれません。
無理しない程度に、1づつ、コツコツと地道にタスクを片付けていけると良さそうですね。



③生活から余分なことを捨てる技術~シンプルな生活!捨てる技術~
■人生には時期があり、忙しい時期というのも訪れることがあるようです。
忙しすぎて生活が複雑になってしまっており、心に余裕がなくなり毎日が楽しくなくなっているときは、最重要事項に注力して、生活をシンプルに戻していけると良さそうです。

基本的に、人生は複雑よりかはシンプルな方が、楽しいそうですよ。

さて、今回の記事も、最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
心から感謝しています。


~シンプルな生活!捨てる技術~
<writer 名無き仙人>





バス男「あ~、誰か僕に、やらないといけないことを下さいぃー。」

バス子「部屋の掃除か片付けでもしたら?」

仙人「人生はシンプルな方が楽しめるのかのー。シンプルな人生が退屈じゃからと人生をあえて難しくし、その結果、複雑な人生に疲れたのなら、生活をシンプルにしてみるのも良さそうじゃのぉ。関連記事は時間の使い方/人生編(最重要事項と重要事項の違い)じゃよ。」







関連→豊かな人生を生きる指針(ガチョウと黄金の卵)
見返りを求める愛とは?意味(本当の愛を知る)
目標設定の方法(【生きる動機】を問う)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
将来の夢/仕事の見つけ方(義務感と「好きなこと/したいこと」)
悲観的から楽観的な人になる方法(ハラハラ・ドキドキ人生の諦め)
仕事ができない悩み相談!解決(仕事のできる男女になる6のコツ)