個人の目標設定の方法

■個人の目標設定の方法/上手な個人の人生の目標設定の仕方・方法とは?/個人の人生と恋愛の具体的な目標設定例


目標設定の方法


バス子「・・でも、その目標って、過剰に利己的すぎない?」

バス男「バス子ちゃ~ん。そんな説教臭いことを言ってたら、この競争社会を勝ち残っていけないんだよ。わかる?」

バス子「でも、この前仙人が言ってた【目標設定の方法】では・・」

バス男「仙人様の【目標設定の方法~「根本的な【生きる動機】そのもの」が間違っていると設定される目標も間違う~】の話?」

バス子「うん。仙人が言うにはね・・」







~「根本的な【生きる動機】そのもの」が間違っていると設定される目標も間違う~

1.目標設定の方法

①友人が待つ待ち合わせ場所へ

■「あー、遅い!車線を変えないと!」
友人との待ち合わせ場所へと、急いで車を走らせていたあの日。

遅刻しそうになっていたため、前を走る遅い車を抜かそうと、車線変更を繰り返しつつ、頑張って運転をしていたのでした。

少し、危険な運転にもなってもいたのですが、
「急がないと、時間に間に合わない!」
そう思い、イライラしつつも頑張って車を走らせ続けたのでした。

約束の時間の2分前。
頑張ったかいあって、私は友人との待ち合わせ場所へと着くことが出来たのでした。

「良かった~。間に合った♪」
待ち合わせ場所の駐車場で、ほっと一安心しながら、携帯電話を見てみました。
まだ、友人からは連絡が来ていませんでした。

せっかく急いだのに、友人が遅刻?
しかしまあ、自分が遅刻して友人を待たせることになるよりかはマシかな~とも思いつつ、ボーっと友人を待っていると・・

ピロリロリン♪

メール受信の音が鳴り、友人からの「着いたよ~」というメールが届いたのでした。


「うん?」
周りを見渡してみても、友人の車は、どこにもないのでした。

そしてその瞬間、嫌な予感がし。
昨日、やり取りしたメール内容を確認してみると・・

「あぁ、違うじゃないか!」
なんと私は、勘違いをしていて、待ち合わせ場所とは違う駐車場にて、友人を待っていたのでした。

急いで友人に返信メールを送り、慌てて、本当の待ち合わせ場所へと車を走らせ始めたのでした。


「あー、やっちまった~」
勘違いをしていたせいで、そもそもの、設定する目的地自体を間違ってしまい・・せっかく急いで車を走らせてきたのに、{無駄/頑張り損}となってしまったようでした。


「はぁ。頑張ったのに、頑張りが無駄になった。設定した目的地自体が間違っていたせいだ・・。私の人生、こんなことばかりだな~(ノω・、) ウゥ・・・」
少しイライラしながら、急いで本当の待ち合わせ場所へと車を走らせつつ、自分の人生を思い返していたのでした・・。



②目標設定のコツ~個人の目標設定の方法~
■<頑張ったのに、設定する{目的/目標}自体が間違っていたため、頑張りが無駄になった>

私の人生、そういったことが多いようなのでした。

最近も、webサイト運営にて<頑張ったのに、設定する{目的/目標}自体が間違っていたため、頑張りが無駄になった>が発生しているのでした。

そのwebサイトでは。
設定する{目的/目標}自体を間違えていたために、膨大な時間を費やし頑張って作成したにも関わらず、閉鎖せざるを得なくなり・・結果、費やした時間も頑張りも、無駄になってしまったのでした。


★個人の目標設定の方法★
~設定する目標自体が間違うと、頑張っても頑張りが報われない~


膨大な時間を費やし頑張って作成したwebサイトを、閉鎖せざるを得なくなった・・その理由は、そのサイトが作られた目的が「とりあえず今、自分がお金を儲けるため」だったからなのでした。


「とりあえず今、自分さえ良ければ良いんだ!」
そういった破滅原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}的な想いが根底にあって、そこから{目的/目標}を設定し・・

そのせいで、設定する{目的/目標}自体が、過剰に利己的な間違ったものとなり、結果的に「頑張ったのに、頑張りが無駄になった」となる。

そういった事例は、webサイト運営に限らず、他の面でも、そうなのでした。


★個人の目標設定の方法★
~設定する目標自体が間違うと、頑張っても頑張りが報われない~


設定する目標自体が間違っていると、たとえ頑張ったとしても、間違った場所へと早くたどり着くだけで、頑張りが報われないことがあるのかもしれません。

そして、私がいつも、設定する目標自体を間違ってしまう理由の根底には、破滅原則があるようにも、思えたりもするのでした。

破滅原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}を元に目標を設定をすると。
過剰に利己的な目標が設定されることになってしまい・・

たとえ目標にたどり着いても、1時的な快を味わうだけで長期的には衰退していき、また、目標にたどり着けないことも多いようなのでした。
我欲だけでは、強いモチベーションが続かないからでしょうか。


★個人の目標設定の方法★
~設定する目標が間違う理由 → 破滅原則を元に目標設定をするから~


破滅原則を元に、過剰に利己的な目標を設定し、自分なりには頑張るものの、結局は、衰退/破滅へと向かっていった・・。
そういったことは、多々あるのでした。

表面上では「皆の幸せのため/相手の幸せのため」と言いつつ、でも本当は、自分のメリットのためだけに取り組んでおり、そして結局、衰退/破滅へと向かっていった・・そういったことばかり、多くあるのでした。


そういった、今までの経験も含め。
目標を設定する場合は、繁栄原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}を元に、設定するよう努める必要が、あるようにも思えてきているのでした。

普遍の原理原則は絶対であり変わることもなく、また変えられないため。
長期的に繁栄していきたい場合は、繁栄的な原則を元に、目標を設定する必要があるのかもしれません。


例えば恋愛ならば。
正直に、誠実に、感謝の心をもって相手に接し。
相手の幸せを心から願いながら、上辺だけではなく、本当の意味で「互いの幸せのために!」を目的に恋愛をすると。

恋愛含む人間関係では、win-winの関係であるときに、長期にわたる良好な関係を築くことができるため、お互いが幸せになっていき・・

また、上辺だけではなく、本当の意味で「互いの幸せのために!」を目標/目的に、心から「貴方に幸せになって欲しい」と、相手の幸せを願いながら、異性と関わりをもてば、

「Aさんって、素敵な人よね。私の幸せのことまで、真剣に考えてくれていて、私の幸せのために尽くしてくれる。私もAさんに、恩返ししたい!」と思われ、付き合う関係にまで、発展する機会が、そうでない場合より増えるのかもしれません。

仮に、付き合う関係にまで発展した場合。
それは、相手も自分と同じように「互いの幸せのために!」を目的に恋愛をしている人である場合が多いのかもしれません。
同じような人が惹かれ合う・・引き寄せの法則の影響でしょうか。

そして、上辺だけではなく、本当の意味で「互いの幸せのために!」を目的に恋愛をしている人同士が付き合い始めた場合。
互いに、相手の幸せのために尽くしあうため、長期にわたりラブラブな関係を築くことになりやすいのかもしれません。


★個人の目標設定の方法★
~長期的に成功/繁栄する目標とは? → 繁栄原則に根ざした目標~


私は、上辺だけは良い顔をしつつ、「皆の幸せのため/相手の幸せのため」と言っていたり、また、自分でも思っていたり、しているのでした・・
が、正直に自分の心を振返れば、結局、「皆の幸せのため/相手の幸せのため」というのは表面上の建前であって、私は、私のメリットだけを、求めているようなのでした。


私は破滅原則を元に、過剰に利己的な目標を設定してしまうことが多いのでした。

その理由を探ってみると、どうも、「なぜ、生きるか?」という、根本的な【生きる動機そももの】に、原因があるようにも、思えるのでした・・。



③生きる動機/生きている理由を問う~個人の目標設定の方法~
■私の生きている理由は、「とりあえず今、自分(だけ)が良い思いをしたい!」なのでした。

私は、「とりあえず今、自分(だけ)が良い思いをしたい」から、毎日、あーだ、こーだ、と言いつつ、アレコレしながら生きているのでした。

破滅原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}に根付いて生きている、私の生きている動機は「とりあえず今、自分(だけ)が良い思いをしたい!」のようなのでした。

そのため。
そんな私が目標設定を行えば、どうしても破滅原則的な目標が設定されてしまうことになるようなのでした。
なぜなら、そもそもの、生きている動機自体が、破滅原則的な「とりあえず今、自分(だけ)が良い思いをしたい」という動機だから・・。


★個人の目標設定の方法★
~設定する目標が破滅原則的になる理由 → 生きている理由自体が、破滅原則的だから~


つまり、私の場合、目標設定とか、そういったこと以前の問題でも、あるようにも思えたのでした。

この根本的な部分である、「なぜ、生きるか?」という生きる動機の部分が、破滅原則であると、設定される目標も破滅原則的になり、だからこそ長期的には上手くいかず、、、また、人生そのものも、長期的には衰退へと向かうことに、なってしまうようにも、思えてもきているのでした。


だからこそ。
この根本的な部分である、「なぜ、生きるか?」という生きる動機の部分に、繁栄原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}を織り込む必要が、あるのかもしれません。

「なぜ、生きるか?」という生きる動機の部分に、奉仕や貢献、他者の幸せを願う・・などがあれば、設定される目標も繁栄原則的なものになり、だからこそ長期的には上手くいくことになり、また、人生そのものも、長期的には繁栄へと、向かっていくことになるのかもしれません。


★個人の目標設定の方法★
~繁栄原則に根ざした目標を立てるには? → 生きている理由自体に、繁栄原則を根付かせる~


この「なぜ、生きるか?」という【生きる動機】の部分に、繁栄原則を織り込む。
それが、目標設定のコツであり、また人生繁栄の秘訣でも、あるのかもしれません。


私は、「なぜ、生きるか?」という【生きる動機】の部分が、我欲と利己心だらけなのに。
目標設定だけ、上手いこと要領良く、「皆の幸せのため/相手の幸せのため」を、取り入れようと、しているところがあるようなのでした。

それは、最も根底の部分でもある、【生きる動機】の部分から自分を根本的に変えていく覚悟がなく、、、でも、結果だけは上手いこと要領良く、得たいからでもありました。
それは、我欲と利己心の塊である私が、自分(だけ)のメリットを、手放したくない!と思うから、、、でも、あるようなのでした。

そして、そのために、「目標を設定する場合は、繁栄原則を元に目標を設定する」ということが、自分の我欲を上手に満たすためだけの小手先のテクニックとなってしまい・・小手先のテクニックは所詮、小手先のテクニックであるため、いずれ化けの皮が剥がれて、上手くいかなくなる・・そういったことを、経験的に感じているのでした。


私は、【生きる動機】の部分より、自分を変えていくことが、恐いのでした。
【生きる動機】の部分から、繁栄原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}的になれば、自分の目先のメリットが、失われそうで恐いのでした。
私は、「とりあえず今、自分が良い思いをしたい」という気持ちを、失うことが恐いのでした。

しかし、よくよく考えてみれば。
「とりあえず今、自分(だけ)が良い思いをしたい」という破滅原則的な動機の元、生きていれば、短期的には良い思いが出来る場合があっても、長期的には衰退することになり・・

繁栄原則を生きる動機の部分に根付かせて、奉仕や貢献を大切にしつつ、他者の幸せを心から願いながら生きていけば、長期的には、自分も、幸せな繁栄する人生を歩めることになるわけで・・

であるならば、【生きる動機】の部分から、繁栄原則的になることは、自分にとっても、メリットがあることでも、あるのかもしれませんし・・【生きる動機】の部分にある「とりあえず今、自分(だけ)が良い思いをしたい」を手放さないことの方が、自分にとっても、デメリットある、ことでもあるのかもしれません。



こういった話は、説教臭い話であるし、幸せへの遠回りのようにも思えるのですが。

この【生きる動機】という根本部分に関する話は、人の人生を、異なるものにしている、重要要因の1つでも、あるのかもしれません。
関連人生で失敗しないコツ(行動は価値観/結果は原則)



普段の日常生活の中では、「貴方の、生きている目的・理由は、なんですか?」と、生きている動機を聞かれる機会は、ないのでした。

そのため私は、自分自身の生きている動機そのものを、検証してみたり、反省してみたり、する機会なく・・・

ひたすら、破滅原則のままに「とりあえず今、自分(だけ)が良い思いをしたい!」という動機のもと、生きているのでした。

その結果、設定する目的/目標が、いつも破滅原則の色濃いものとなり、だからこそ長期的には衰退/破滅を、経験するばかりの人生となっているようにも思えたのでした。


これらの経験より。
「私の、生きている目的・理由は、なんだろう?」と、生きている動機自体を、自問してみることも、たまには、必要なことでも、あるようにも感じているのでした。
自分以外には誰も、自分に対して、自分の生きている動機を尋ねてくれないから・・。


私の、生きている目的・理由は、なんだろう?


この答えが、破滅原則のままに「とりあえず今、自分(だけ)が良い思いをしたい!から」となっているときは、気をつけるように、自分なりには努め始めているのでした。

うーん、気をつけなければ・・(ノω・、) ウゥ・・・



④幸せに繋がる生き方とは?~個人の目標設定の方法~
■「私の、生きている目的・理由は、なんだろう?とりあえず今、自分が良い思いをするためだろうか?それとも、自他の、皆の幸せのためだろうか?」

友達が待つ、本当の待ち合わせ場所へと車を急がせつつ。
そう自問してみたことで、友人の幸せのことも、考える必要を思い出したのでした。

すると、それまで「友人が、しっかりと待ち合わせ場所を伝えてくれなかったから!」と、心の中で友人を責めていたのに。
友人を責めるのは辞め、「ごめん、私が勘違いしたせいで、遅れてしまった!」と謝ることにしよう!と、思い始めたのでした。



【とりあえず今、自分(だけ)が良い思いをすること】を諦め、他者の幸せのことまで考えることは、一見、要領が悪く、自分が損しているようにも思えるのでした。

しかし、それは短期的な視点にて、物事を見ているから・・だと、思い始めるようにも、なってきているのでした。

長期的には。
自分だけのメリットを考えるより、上辺だけでなく本当の意味で、他者の幸せのことまで考えた方が・・
つまり、「相手が幸せになると、私が幸せになれるからな。だから一応、相手の幸せも願ってやるか。」という、結局、自分の幸せのためだけに相手の幸せを願うような、テクニック的なwin-win関係の構築を目指すではなく・・

上辺だけでなく本当の意味で、他者の幸せのことまで考えた方が、他者が幸せになってくれることはもちろん、自分も、幸せになりやすいのかもしれない。

長期的には、自分だけが幸せになることなんて、出来ないのかもしれない。
長期的には、相手も自分も、ともに幸せになれるwin-winの道を見出さなければ、永続的な幸せは、手に入らないのかもしれない。


<相手も、周りの皆も、幸せになって頂くことで、自分も幸せになれる>
このような話は、道徳的な話でも、説教的な話でもなく、いわゆるキャッチコピー的な話でもなく。
痛いほどリアルな、現実的な話であるようにも、最近は思い始めているのでした。

その理由は、<相手も、周りの皆も、幸せになって頂くことで、自分も幸せになれる>という話を、「道徳的な説教の話だ」と思い軽視し、そのせいで、実際に痛い思いを何度もしてきており・・

そしてここ最近、真面目に<相手も、周りの皆も、幸せになって頂くことで、自分も幸せになれる>という話を聞き入れ、繁栄原則を意識する生活に取り組み始めると、それまでとは異なるハッピー♪な結果を得るようになってきているからなのでした。



【とりあえず今、自分(だけ)が良い思いをすること】を諦め、他者の幸せのことまで考えることは、私にとっては実践が難しいことなのですが・・少しでも実践していけるようになるといいな~とも思い、繁栄原則を意識する生活を、自分になりには、、、ですが、心がけようとしているのでした 。



~まとめ 個人の目標設定の方法~
①設定する目標自体が間違うと、頑張っても頑張りが報われない。
「自分が今、取り組んでいることは、長期的に見た場合、本当に報われるか?」を自問してみる機会を設けることも、たまには、必要なのかもしれない。
なぜなら、忙しく頑張っていても、自分が今、取り組んでいることが、長期的に見た場合、報われないことも、あるようだから。
その場合は、設定している目標自体に、誤りがあるか、もしくは、設定している目標には、繋がらないことに頑張っているか・・の、どちらか、かもしれない。

長期的に見た場合、本当に頑張りが報われることに、自分の時間・エネルギーを費やすこと。それが、大切なことでも、あるのかもしれない。


②設定する目標自体が間違ってしまい理由の1つは、破滅原則を元に目標設定をするからなのかもしれない。
そして、破滅原則を元に目標設定をしてしまうのは、生きている動機そのものが、破滅原則的であるからかも、しれない。

その場合、生きている動機そのものを、繁栄原則的なものへと、変えていくことも、良いのかもしれない。
「繁栄原則なくして、長期的な繁栄なし!」で、あるようだから・・。


③「私の、生きている目的・理由は、なんだろう?」と、生きている動機自体を、自問してみることも、たまには、必要なことでも、あるのかもしれない。
過度・過剰に、生きている理由や目的が利己的なものへとなっている場合。
そのせいで、辛く、楽しくない人生へと、なっていく場合もあるのかもしれない。

逆に、生きている理由や目的が繁栄原則的なものになると。
長期的には、人生が幸せになっていき、楽しい人生ともなっていくのかもしれない。

目先的には、利己的な目的・理由で生きていた方が、お得のようにも思えるが、長期的には、お得ではないのかもしれない。
長期的には、遠回りのようにも思えるが、生きている理由や目的に繁栄原則を根付かせた方が、幸せな人生へとなっていきやすいのかもしれない。


~個人の目標設定の方法~
<writer 名無き仙人>





バス男「個人の目標設定の方法かぁ。」

バス子「どんな目標を設定するか?は大切よね。」

仙人「生きる動機の部分から繁栄原則を根付かせていき、楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」







関連→人生が楽しくない!やりたいことの見つけ方(自分の正直な気持ちと向き合う強さ)
失敗/成功の体験と格言(基礎/土台に時間を投資しなかった失敗経験)
人脈の作り方/広げるコツ(人から愛され人脈が広がる6つのコツ)
心理状態/心の状態の診断方法(現実の世界で起きること全てが、心のフィードバック?)
現実/夢/輪廻転生とは?意味(私は、私の人生を経験/体験する他ないだろう)
ラットレースを抜け出す方法/人生編(相対性の世界から自由になる)
良い言葉で感動/感謝の人生を生きる方法(人間は言葉によって形成される想念によって創られる)