健康的な食事と心のバランス

■健康と食事/健康な食事と心や運動のバランスとは?バランスのいい食事や食生活と心や精神の健康とのバランス


健康的な食事と心のバランス


バス子「私って、痩せ体質だから、このアイスクリームを食べても太らないのよね。ねぇ、ちょっと聞いてる?バス男さん。」

バス男「はいはい。バス子ちゃんは、アイスを買う前も「私は太りにくい体質だから」とか言ってて・・なんの自己暗示法か知らないけれど、どうせ効果ないから辞めたら?」

バス子「なっ、良いでしょ!ほっといてよ。・・はぁ~。健康的な食事をしつつ理想的な体型を維持できたらなぁ。」

バス男「そういえば、この前、仙人様が【健康的な食事と心のバランス】の話で・・」

バス子「仙人の【健康的な食事と心のバランス】の話?」

バス男「うん、仙人様が言うにはね・・」







~食事も大事。{心のあり方}も大切~

1.健康的な食事と心のバランス

①とある蕎麦屋にて

■「この店の蕎麦は、店主オリジナルの手打ち蕎麦だから、値段は高いけど美味しいんだよ。」

友人のA君に案内されて訪れた蕎麦屋は、こじんまりとした雰囲気の良い店内でした。

体にいい食べ物/ダイエット編(肉食と{消化ー同化吸収})での会話の後、「おっけー。じゃあ、蕎麦にでも行こう。」ということで、2人は蕎麦屋に来たのでした。


木の香りがする店内を見渡しながら、何気なく手前にあったメニューを手に取り見てみると「なになに?」メニューには3種類ほどしかなく、どれも1500円以上するようでした。

「えぇ?高っ!」小声で耳打ちすると、A君が笑いながら答えました。「名無きも、これで高級な蕎麦を体験できるね。」

なんともリアクションのとりようがなく、私は少し困惑した表情を浮かべつつ3種類のメニューの中で、1番安い蕎麦を指差しながら言いました。「私は、これにするよ。」

「じゃあ、俺は、こっちにしようかな。」A君は、もう1ランク値段が高い蕎麦を指差しつつそう言うと、店主に声をかけました。「すみませーん。注文良いですか?」

店主とA君とのやり取りを聞きつつ、私がメニューを見ながら「カップ麺の蕎麦なら15個も食べることができるじゃないか!」と思っていると、A君が耳打ちをしてきました。

「カップ麺の蕎麦なら、同じ値段で、たくさん食べることが出来そうだよね。」

同じことを考えているA君に対して笑いながら、「そうそう。私も今、カップ麺との比較をしてたんだ。」と囁きました。

2人して苦笑しながら、カウンター越しに見える中庭の風景を楽しんでいると、A君が「そういえば」と尋ねてきました。

「そういえば名無きは、昔はカップ麺を毎日のように食べていたのに、最近は控え始めたんでしょ?」

「うん。今も仕事が忙しい日は、カップ麺ですませることがあるけどね。」

「どうして、カップ麺を控え始めたの?」

なんと答えて良いものやら・・私は、少し考えた後、「エネルギーの話」から喋り始めたのでした。

「えぇっとね、また、事前に断っておくけど、これらは、なんの根拠もない{キチガイの虚言}だと思って聞いてくれたら助かるのだけど・・」

「うん、名無きは、いつものことじゃないか。」A君は笑いながら話を促してくれました。

「この痛いほどリアルな現実の世界は、物質により成り立っている世界であり、全てが原子から成り立っている世界だよね。」

「そうだね。」

「でね、この世界の構成要素である原子自体が、実は、超微細な光エネルギーの具象化であるならば、だよ?」

「う、うん?なにその・・超微細な光エネルギーって?」

「超微細な光エネルギーは、この現実の世界を織り成している最も基本的な要素である、と個人的には考えていてね。原子すらも、{超微細な光エネルギー}の具象化だと思っているんだ。」
 → 
斜め上を見上げながら、エネルギー問題の解決策(人間や現実の正体)の記事で描いたイラストを思い浮かべていると、A君が眉をひそめて尋ねてきました。

「この世界の構成要素である原子が{超微細な光エネルギー}の具象化ならば・・・この現実世界の全てが{超微細な光エネルギー}の具象化ってこと?この物理次元の世界は原子から成り立っているから。」

「そうだね。この現実世界を肉体の5感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)で知覚すると、とてもリアルな世界に感じられるよね。でも実は、光エネルギーの現れにすぎない、ある意味{幻想の世界}でもあるのかもしれないよね。」
関連悲観的から楽観的な人になる方法(ハラハラ・ドキドキ人生の諦め)


「え、えぇ?じゃあ、俺自身も光の具象化なわけ?」

「この理論によると、そうなるよね。だから宗教などでは、人間のことを「神の子/光の子」などと呼ぶ場合もあるのかもしれない。現実の世界を織り成している{超微細な光エネルギー}は、宗教などでは‘神’と表現される場合もあるようだね。」

「神って、仏壇の仏様や、神社の神様など、じゃないの?」


A君の頭の中にありそうなイメージを思いつつ、私はもう1つの、別のビジョンを思い浮かべながら・・


「それらは、私達人間が、神をイメージしやすいように{具体化したもの/像としたもの}なのかもしれないね。だから{偶像崇拝}という言葉もあるのかもしれない。
この物理次元の世界を創造し織り成している根源・・が神であり、神ご自身が{超微細な光エネルギー}であり、現実の世界の全ては{超微細な光エネルギー}の具象化であれば・・現実世界の全てが【神ご自身の現われ】とも言えるのかもしれないよね。」

「現実の世界の全ては{超微細な光エネルギー}の具象化・・」

独り言のように呟くA君を横目で見つつ、私は、頭の中でイメージを思い浮かべ頷きながら話し始めました。

        

「だから、食べ物も{超微細な光エネルギー}の具象化であり、私達自身も{超微細な光エネルギー}の具象化でも、あるのかもしれない。言い換えるとね、」

「うん。」

「食べ物は原子からなり、私達自身も原子から成り立っていて、その原子自体が{超微細な光エネルギー}の具象化であるならば、【食べる】という行為は、エネルギー(体である人間)が、エネルギー(の具象化である食物)を同化吸収する行為とも、言えるのかもしれないよね。」

「まあ、全てが光エネルギーの具現化ならば・・だけど、食事とはつまり、光エネルギーで構成されている我々が、光エネルギーで構成されている食品を同化吸収する行為となるな。」

「そうだよね。そういった意味では、私達が必要としているのは、蕎麦や牛肉など‘食品そのもの’ではなく、食品を構成している原子・・つまり{超微細な光エネルギー}でも、あるのかもしれない。実際、蕎麦や牛肉などを、そのまま同化吸収しているのではなく、食べた後に体内で消化していき、蕎麦や牛肉などを構成している分子や原子を同化吸収しているわけだしね。」

「じゃあ、俺達が生きていくのに必要なのは、蕎麦や牛肉などの食品というよりも、蕎麦や牛肉などを構成している分子や原子なわけで・・」

腕時計を触りながら、なにやら考えて込んでいたA君は、再び話し始めました。

「その分子や原子が{超微細な光エネルギー}の具象化ならば・・・俺達は{超微細な光エネルギー}を得ることが【食事】という行為以外からも、もし出来るようになれば、なにも【食事】という行為が必須ですら、なくなるわけ?」

「そうかもしれないね。だから仙人は{霞を食べて生きていた}なんて噂話があるのかもしれないし、健康的に痩せるダイエットと信念(「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年)の、著者のような人もいるのかもしれないね。ただ・・」

「うん?」

「普通は、直接{超微細な光エネルギー}を同化吸収するだけでは生命エネルギーを維持することができず、【食事】によって食物から{超微細な光エネルギー}を同化吸収する必要もあるため、食べないわけにはいかないようだけどね。」

丁度運ばれてきた、美味しそうな蕎麦を覗き込みながら私がそう言うと、「生命エネルギー?」とA君が尋ねてきました。

「生命エネルギーとは、インドではオーラとも呼ばれていて、中国では‘気’と呼ばれているもので、私達も普段から「元‘気’がでない」とか「やる‘気’がでない」とか「‘気’疲れする」、「病は‘気’から」など、日常的に表現しているものでね、」

「ほう。」

「その生命エネルギーが減少してしまうと、私達は{元‘気’}が出なくなったり、{やる‘気’}が出なくなったり、するようだね。不思議系の話では、生命エネルギーが減少している時や、生命エネルギーが減少している人ほど、邪気などの影響も受けやすくなったりするそうだよ。逆に、生命エネルギーの強い元‘気’な人には、邪気も近づくことが出来ないようだね。」

イラストで説明できると、わかりやすいのだけど・・と思いつつ話していると「邪気って?」とA君が話を促してきました。私は蕎麦を汁にしたしつつ話し始めました。

「{悪い気}のことだと思う。私も詳しくないのだけど、その{悪い気}の半具現化が低級霊とされていたりも、するのかもしれないね。あっ、そうそう。」

「なになに?」

「私達の体内では思春期以降、余剰の生命エネルギーによって男性ではせいしが作られるわけで、その1回あたりは、可能性的には3億人もの人間を生み出せるほどの生命エネルギーの凝縮なわけでもあり・・・その生命エネルギーを吸い取る{エネルギーバンパイア(吸血鬼)}の霊もいるとされていてね、」

「へ~。」

「その{エネルギーバンパイア}は夢の中に綺麗な女性として出てきて、夢の中で楽しんで、目が覚め起きた時には・・らしいよ。」

「で、でもそれって、悪い霊にとりつかれているわけでしょ?俺は勘弁だな。」

「そうかもね。あはは。」

つられて苦笑いをしつつ蕎麦を食べるA君を見ながら、私は蕎麦茶を1口飲んだ後、話し始めました。

「中国(の仙道)では、幽霊すらも、気の具現化だとされているようだね。幽霊含め、現実世界の全てが‘気’の現われ・・というわけだ。」

「さっき名無きは、現実世界の全てが{超微細な光エネルギー}の具象化と言っていたよね?じゃあ、{超微細な光エネルギー}と‘気’って、同じ意味なの?」

「そうだね。人によって意味することが異なることもあるようだけど、基本的には、そう捉えても良いのかもしれない。{この世界の真実}に関して世の中には、いろいろな説があるけれど、根底にあるものは、どの説も同じ・・{全てが同じ1つの現われ}であることも多いようだね。」

「ふーん。・・で、結局、どうして名無きはカップ麺を食べることを控え始めたわけ?」

「個人的には、食品にも{生命エネルギー}・・つまり‘気’があると感じていてね、カップ麺などよりは、新鮮な果物などの方が、生命エネルギー(気)が豊富であるように感じているんだ。たとえカロリー数は同じであったとしてもね。」

「ほぅ。でも、なんとなくわかるかも。保存料や防腐剤によって食べることは可能かもしれないけれど製造されて3年も経った加工食品よりも、生きた食品、鮮度の高い食品の方が、生命エネルギー(気)という点においては、豊富なようにも思えるね。たとえカロリー数は同じだとしても。まぁ、イメージの問題でもあるのかもしれないけれど。」

「そうだね。現時点での科学や栄養学では、食品の{生命エネルギー}に関しては言及されてはいないけれど、もし、食べ物にも{生命エネルギー}・・つまり‘気’があって、私達が、カロリーとともに生命エネルギーをも食品から摂取する必要があるならば、」

「うん。」

「カロリーや、栄養素だけで食品を選ぶのではなく、鮮度なども含めた食品の{生命エネルギー}にも気を配るのも悪くはなさそうだよね。私達人間が食事から得るものとして、カロリーと栄養素だけで良いならば、カップ麺でカロリーを摂取し、あとはビタミン剤などのサプリメント(錠剤)を飲むことで栄養素を補給すれば健康を維持出来ることになるけど、特に長期的には、そういうわけでも、ないように個人的には思えていてね。」

「なるほどねぇ。」

蕎麦茶を飲みながら中庭を眺めつつ、ともに物思いにふけていると、食後の抹茶と白玉のデザートが運ばれてきました。

抹茶をすすっていると「じゃあ、カップ麺とビタミン剤だけの食生活を送っていると、あまり良くないのかな?」と尋ねられ、「私にもわからないのだけど・・」言葉を探しつつ、話し始めました。

「表示上のカロリー数や栄養素は同じだとしても、{同化吸収率}の面でも、{生命エネルギー}の面でも、新鮮な食材を用いた自然食の方が、健康には良いのかもしれないよね。」

「同化吸収率?」

「うん。食品に記載されている栄養素は同じだとしてもね、より体内に吸収されやすい食品と、そうでない食品とがあるようなんだ。また、その{同化吸収率}は、当人次第でも変わったりするようだね。例えばその、宿便が溜まっていたりすると吸収率が下がるとも聞くし、超小食を続けていると{同化吸収率}が上がったりする場合もある、と聞くし・・」

「超小食を続けていると、効率良く体内に食品を同化吸収させていくために、身体のシステムから変わっていく・・そういうこと?」

健康的に痩せるダイエットと信念(「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年)を読んでからというもの、そういったこともあるのかな?とも感じていてね。」

「ふーん。じゃあ、食品に記載されている表示上のカロリーや栄養素だけでは、判断しかねる側面もあるのかもしれないな。」

「そうだね。また、体にいい食べ物/ダイエット編でも話したとおり、たとえ表示上のカロリーや栄養素が同じだとしても、化学添加物が多く入った食品や、{ホルモン注射/狭い飼育場で無理やり太らされるストレス/殺傷される際の恐怖や恨みの念}なども含まれているのかもしれないお肉を食べるのと、新鮮な自然食を食べるのとでは、違いがあるのかもしれないよね。」

「具体的には?」

「私にもわからないのだけど、感覚的には、その・・新鮮な自然食を食べる方が、イライラやストレスの低減にも繋がり、また元気や、やる気などの活力も生じやすいように思う。たとえ、表示上のカロリーや栄養素が同じだとしてもね。」

「それらは、{同化吸収率}や{生命エネルギー}の関係ってわけ?」

「そうだね。あと、異物を体内に入れるかどうか?も、関係しているのかもしれない。
もしかしたら、食品とともに体内に入ってくる甘味料、着色料、香料、保存料、酸化防止剤などの化学物質は、体内では{異物}とされているのかもしれないね。
また、お肉の{狭い飼育場で無理やり太らされるストレス/殺傷される際の恐怖や恨みの念}などは、邪気として体内に入ってきている側面もありうるのかもしれない。
そういった異物が体内に入ってくることで、私達は、体調が優れなくなったり、イライラしやすくなったり、、、と、肉体だけではなく、精神や心の面でも、バランスが崩れてしまうことも、まったく0(ゼロ)というわけではないのかもしれないね。」

「ふーむ。」

「ガソリン車は、ガソリンと軽油を半々に入れても、動くことは動くよね。でも長期的には、エンジンの回転にむらがでて、走行がスムーズにいかなかったり、時にエンジン自体が故障してしまったり・・する場合もあるよね。
それと同じで、人間の身体も、カップ麺とビタミン剤だけでも動くのかもしれないけれど、長期的には、身体の調子にむらがでたり、時に体調を崩したり・・してしまう場合もあるのかもしれない。
車は人間が乗る乗り物だけど、スピリチャル的に言えば、人間の肉体は、スピリット(魂)が乗る乗り物でもあるわけで、車とは違い、人間の肉体は10年ごとに買い換えるわけにもいかないから、長期的な視点をももって{なにを体内に栄養源として取り入れるか?}まで考える必要があるのかもしれないよね。」

「ほー。」

関心しているA君を見ながら「と、いろいろな本の中に書いてあったよ。」と笑顔でつけたし、残っていた白玉の、最後の1つを口に入れました。

「でも、食べ物に気を使わずに長生きする人もいれば、健康オタクなのに、しょっちゅう病気をする人もいるよね?」

そう質問され、「うーんっと・・」と説明するための例えを少し探していたら{刀}を思い出し、「道具は、その道具を活用する人間の力によって効力が変わる側面もあるよね。」私は話し始めました。

「例えば、刀の打撃力や切れ味は、刀という道具を使う人間の力によって変わる側面もあるよね。剣道を長年している人間が刀を振るのと、運動すら長年していない人が刀を振るのとでは、打撃力や切れ味は異なることになると思う。
それと同じく。
肉体という道具も、その肉体を活用しているスピリット(魂)の力・・信念力によっても変わる側面があるのかもしれない。」

「どういうこと?」

「例えば肉体を活用しているスピリット(魂)が「私って、病気がちな人だから。」という信念をもっていれば、その信念{別名ー思い込み}が肉体に具現化され、実際に病気となりやすい側面もあるのかもしれないし、スピリット(魂)が「私は、この現実世界を創りだしている力/想像主・・{超微細な光エネルギー}の現われであり1部分であり、部分は本体と同じで違いは規模だけであるため、私には本来、病気など存在しないのである」という確固たる揺るぎない信念をもつ場合は、その信念{思い込み}が肉体に具現化され、病気になりにくい側面もあるのかもしれない。」

「そうは言うけど、そうとも限らないように思えるよ?」

「そうだよね。この説明は、当人すらも自覚できない潜在意識レベルで、どう思い込んでいるか?の話だから、一見すると「そうとも限らないのでは?」と感じるよね。
しかし、そういった信念{思い込み}と、健康や病気には、関連性もあるように個人的には思えていてね。」

「ふーん。」

「健康オタクな人の中には、過度/過剰なほどに健康に気を使う場合もあるようだけど、そう行動する理由/根底には{人間はor私は、そもそも病気をする生き物だから、健康に気をつけていないとすぐに病気をしてしまう!だから、健康に気を配らなければ!}という不安や恐怖心がある場合も、あるのかもしれないね。
つまり、そもそもの大前提が【人間はor私は、病気をする生き物である!】なんだ。その大前提・・思い込みを、潜在意識レベルでもっているから、その想いが具現化されてしまって、健康に気を遣うのに病気がち・・という場合もあるのかもしれないね。」

少し考えた後、私は再度、喋り始めました。

「だから、健康な身体で、活力ある生活を送るためには、物質的な物理面と、心や信念に関する精神面の両方が大事なのかもしれない。
物理的に道具である刀の手入れをしっかり行い、刀を振る自分自身の鍛錬をしていけば、刀の打撃力や切れ味は最高のパフォーマンスとなりそうだよね。
それと同じく。
私達も、物理的に道具である肉体の手入れ・・身体に良い食べ物を食べ、運動や睡眠にも気を配ることで、肉体の手入れをしっかり行い、それともに、健康に繋がりやすい{心のあり方}や信念を育てていくことにより、私達の現実世界におけるパフォーマンスも、最良な状態へと近づいていくのかもしれないね。」

「物質的な側面と、心や精神の側面、両方ともが、健康な生活のためには必要・・なるほどね。今日頂いた手打ち蕎麦は、物質的な側面としては良好だったよね。素材などにもこだわっているみたいだし。」

「でも、財布の面では痛くて、心や精神の方が若干病みそうだ。」

ぼそっと呟いた私の不満顔を見てA君は笑うと、店主に声をかけました。「ご馳走様でした~。会計をお願いしまーす。」



~まとめ~
★健康的な食事と心のバランス|健康体で生きるコツや秘訣
→健康の話になると、定期的な運動や、健康的な食事、睡眠など、物理的な話となりがちであるが、それと同時に、心の健康も大切なのかもしれない。
言い換えると、医学や栄養学、自然科学とともに、‘気’なども含めた心の科学も参考にすることが、逆に現実的な健康法でも、あるのかもしれない。


★健康的な食事と心のバランス|健康体で生きるコツや秘訣
→食品や食事は、表示されている栄養素やカロリーだけで、単純に考えられるものではないのかもしれない。
消化の良いもの、悪いもの、体に同化吸収されやすいもの、されにくいもの、体にとって異物となるもの、また生命エネルギー(気)のことなども、考慮する必要があるのかもしれない。

そのため、健康的な食事メニュー、健康的な食事レシピとしては、消化が良く、体に同化吸収されやすい、生命エネルギー溢れる、天然の、新鮮な、自然食品も取り入れると良いのかもしれない。


★健康的な食事と心のバランス|健康体で生きるコツや秘訣
自己催眠ダイエットと潜在意識(現実化の仕組みとコツ)にあるとおり。
どう思い込もうと、その思い込みは、具現化され正しくなりがち・・なのかもしれない。

そのため、そもそもの大前提として【人間はor私は、病気をする生き物である!】という思い込みをもっていると、その思い込みが正しくなってしまいがち・・な側面もあるのかもしれない。

だからこそ、健康に繋がりやすい信念・・【私は本来、この現実世界を創りだしている力/想像主・・{超微細な光エネルギー}の現われであり1部分であり、部分は本体と同じで違いは規模だけであるため、私には本来、病気など存在しないのである】などをもつように努めることも、健康的な食事メニューや健康的な食事レシピと同じく、健康のためには大切なことでもあるのかもしれない。


★健康的な食事と心のバランス|健康体で生きるコツや秘訣
→定期的な運動や、健康的な食事、睡眠などは、健康のために、重要な要素である。
そして、「病は気から」や「心身相関」という言葉もあるとおり、{心のあり方}も、健康のためには大切なのかもしれない。
※{心のあり方}が、‘気’の発生量にも影響を与えることがあるのかもしれない。

悲観的な{心のあり方}や、批判的な{心のあり方}よりも、前向きな、楽しい愛深い{心のあり方}の方が、肉体の健康上も良いのかもしれない。

そのため、心の修練を積むことは、肉体の健康においても役立つことでも、あるのかもしれない。


★健康的な食事と心のバランス|健康体で生きるコツや秘訣
→飽食時代を生きる私達は、カロリーが足りないから病気になったり、栄養素が足りないから病気になることは少ないのかもしれない。
それよりも、好きなもの(油っこいものや甘いもの)ばかりを、ついつい食べ過ぎてしまうことや、運動をめんどくさがったり、心配事や悩み事、人間関係の不和などが(根本的な)原因となり、(表面上に)各種の病気が現われていることも少なくないのかもしれない。

だからこそ。
食事を自制する自制心や、運動を定期的に行う自制心、それに心配事や悩み事を抱えない心の仙人/仙女修行や、心の修練、または自分との人間関係 や、他人との人間関係 など、主に心に関する各種修練を行うことで、私達は健康体となっていける側面もあるのかもしれない。


~健康的な食事と心のバランス|健康体で生きるコツや秘訣~
<writer 名無き仙人>





バス男「健康的な食事と心のバランス|健康体で生きるコツや秘訣・・かぁ。」

バス子「健康は大切だものね。」

仙人「食事の健康にも、心の健康にも気を配りながら、楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。関連記事は体にいい食べ物/ダイエット編(肉食と{消化ー同化吸収})じゃよ。」





関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)