体にいい食べ物/ダイエット編

■体にいい食べ物とは?健康な身体になる食べ物とダイエット食品/身体に悪い食べ物や食物/美容とダイエット食材


体にいい食べ物/ダイエット編


バス子「あ~、どうしよう?もう1本、鳥皮串を食べたいけど、食べたら太っちゃう。」

バス男「バス子ちゃ~ん。さっきからダイエットを気にしすぎだよ。ビールをたらふく飲んで、高カロリーの肉を食べる。これが最も、健康に良いんだよ。見てごらん、僕の健康そうなお腹。」

バス子「いや~、バス男さんみたいなお腹になりたくない!仙人のところに【体にいい食べ物/ダイエット編】の話を聞きに行ってみようかなぁ?」

バス男「仙人様の【~カロリーだけではわからない食品と体の秘密~体にいい食べ物/ダイエット編】の話かぁ・・」







~カロリーだけではわからない食品と体の秘密~

1.体にいい食べ物/ダイエット編

①友人との会話にて

■食事に行く約束をしていた日、久しぶりに会ったA君は、冴えない表情をしていて、体調が優れないようでした。
そんなA君は、少し苦しそうに、眉間にシワを寄せ言います。

「昨日の夜は、焼肉をたっぷり食べたから、今日は元気なハズなのに。どうも胃もたれがしていて、体調は優れないうえに元気も出ないわで・・おかしいなぁ。カロリー摂取は十分だし、肉を食べれば元気が出るハズなんだけど。」

私はA君の発言を聞き{これは、(普段は誰も聞いてくれない 笑)持論を展開させるチャンス!}とばかりに話し始めました。

「人間の元気は、カロリーだけでは決まらないのかもしれないよ?」

「え?どういうこと?」A君はいぶかしそうな目つきで、そう尋ねてきました。私は話を続けました。

「これから話すことは、なんの科学的根拠もない私個人の‘思い込み話’だから、「へー、世の中には、こんなことを考えているキチガイもいるんだ。」程度に聞いて欲しいんだけど・・」

「ははは、いつものことじゃないか。なになに?」

「あのね、食べ物には、{同化吸収されやすい食べ物}と{同化吸収されにくい食べ物}があるのかもしれないんだ。例えばその・・私達が服を食べても、服は体には同化吸収されないよね。」

私は自分の着ている服を指でひっぱりながら、そう言いました。

「そりゃあ、そうだろ。なんでもかんでも、体に同化吸収されるわけがないよ。」

「他にも例えば、化学添加物・・甘味料、着色料、香料、保存料、酸化防止剤などがたくさん入った「え?どうしてコレが賞味期限1年以上もあるの?」という食品と、天然の新鮮な果物とでは、どちらが体に同化吸収されやすいだろうか。」

「化学物質は体に同化吸収出来ないから、新鮮な果物の方じゃない?・・で、名無きは、なにが言いたいわけ?」

「草食動物である牛がね、鶏や豚の肉を食べても、体には上手く同化吸収されないと思わない?それと同じで、私達人間の場合も、本来食べるものを食べないと、上手く体に同化吸収されないのかもしれない。」

「じゃあ、名無きは、人間が{肉食動物ではない}と言いたいわけ?人間は、動物の肉を食べても、その動物の肉を上手く体に同化吸収できないの?」

「私はその道の専門化ではないからわからないけれど・・カロリー数が同じである場合、例えば300カロリーの肉と、同じく300カロリーの新鮮な果物を食べた場合はね、同じカロリー数ではあるのだけれど、果物の方が、人体に上手く同化吸収されやすいのかもしれない。胃や腸などにも負担がかかることなく、ね。
だから私達は同じカロリー数であっても、朝から肉を食べるよりは、朝は果物などを好んで食べる傾向もあるのかもしれない。
食品に関してはカロリーが数値化出来るため、カロリーで考えがちだけど、食べ物では、カロリー以外にも{消化されやすいかどうか}や、{同化吸収されやすいかどうか}なども、実は重要だったりするのかもしれないよね。」

「確かに、経験則的にも、新鮮な果物を食べて胃や腸に負担を感じたことはないなぁ。昨日の焼肉は、いまだに俺の腹の中で暴れまわっているみたいだけど。」

自分のお腹をさすりながらA君が冗談っぽく言い、私は笑いながら話し始めました。

人類の進化の過程/謎の解明本(聖なる科学―真理の科学的解説)によると、人間の体は、肉食動物のそれとは、異なる特徴を備えているらしいよ。
例えば人間の歯や爪も、動物を鋭い爪で捕まえて、そのまま噛みつき、殺し食べるのには向いていないよね。ライオンや虎などと比べると。
また、肉食動物は腸の長さが体長(口から肛門まで)の3~5倍であるのに対し、人間の腸の長さは10~12倍もあり、それは果物や野菜を食べるために、そうなっているのかもしれない。」

「ふーん。言われてみれば、そうだなぁ。仮に人間が肉食動物ならば、進化過程で鋭い歯や爪を獲得する・・もしくは放棄しない、方が良かっただろうから、うーん・・。」

「それにね、私達人間は、草原で草を食べている牛を見て「美味しそう!」と感じ、牛のところまで走っていき襲い殺し、そのまま噛み付きたくなることはないよね。
むしろ、動物を殺傷する瞬間を本能的に{嫌だ!見たくない!}と感じるよね。だから、どこの国・文化でも、屠殺場(とさつじょう)は離れた場所に設置されているそうだよ。」

「なるほど。確かにもし肉食動物であるライオンも、毎食・毎食、動物を殺傷する度に{嫌だ!見たくない!}と感じるのであれば、今頃、ライオンには「俺は狩に出たくない。これ以上、動物を殺傷するのは嫌だ。」と悩んでいる‘うつ病’のライオンがたくさんいるだろうしな。人間はそもそも肉食動物ではないから、動物を殺傷する瞬間を本能的に{嫌だ!見たくない!}と感じるのかな?」

「そうだよね。だから肉食動物であるライオンは、牛を見て「美味しそう!」と感じるし、殺傷する度に{嫌だ!見たくない!}とは感じないのかもしれない。
でも、人間は草原で草を食べている牛を見て「美味しそう!」とは感じないし、殺傷するところは{嫌だ!見たくない!}と感じるよね。屠殺場が設置される場所や、世の中の表の話に屠殺場の話が出てこないことも、それを物語っているよね。」

「じゃあ、人間は本来、好んで動物の肉を食べる肉食動物ではないの?」

「人間も動物の肉を食べて同化吸収することが出来るのだけれど、本来は・・本来は、好んで動物の肉を食べる肉食動物では、ないのかもしれないよね。」

A君は「うーん」と考え込んでいるようでした。少しの沈黙の後、A君が口を開きました。

「じゃあ、昨日、焼肉をたっぷり食べて、胃もたれがおきて体調を崩している理由は、人間が本来、{好んで動物の肉を食べる肉食動物}ではないため、肉が上手く消化・同化吸収されずにいるから・・なの?」

真剣な表情で聞いてくるA君の顔を見て「さぁ、本当のところは私にもわからいけれど」笑いながら私は話し始めました。「そういったことも、可能性としては0(ゼロ)ではないのかもしれないよね。あと、私にもわからないわけで「これが答えだ!」と断定しているわけではなく、こういった話もある、と、その程度の話だから。」

「ふーむ。・・でも、原始時代、人間は何百万年も何十万年も狩猟生活をし、動物の肉を食べてきていたんだろ?歴史の授業で、そう習ったよ。」

「そうだよね。でも、人間が動物の肉を食べるために進化していったのであれば、鋭い歯や鋭い爪、肉を消化するのに適した消化器官を獲得する方向に向かうだろうし、動物を殺傷する度に{嫌だ!見たくない!}とは感じない方向に向かうと思わない?
このことはつまり、人間が元々、肉食動物だったわけではなく、なにかしらの事情(物理的事情(氷河期)や、精神的事情(意識レベルの循環))によって、肉も食べ始めた・・ということを、意味するのかもしれないよね。」

「え?え?ちょっと待って。なにその、精神的事情(意識レベルの循環))って。」

笑いながらA君が聞いてきました。その目には{また、名無きが不思議な話を!}という意味合いが含まれているようで、私も、つい笑いながら話し始めました。

「聖なる科学―真理の科学的解説によると、人類の知能や精神の進化は、24000年周期で進んだり、後退したり、しているそうなんだ。」

「えー!?なにその話!」

「つまりね、上昇期の12000年の間は、人類の知能や精神は少しづつ進化していき、その後の12000年で、人類の知能や精神は少しづつ衰えていく・・らしいんだ。
ちなみに、西暦2000年付近は、上昇サイクルの初期(3分の1まで進んでいない段階)にあるようだよ。おもしろい仮説だよね。」

「じゃあ、人類の知能や精神が、まだ進んでいない段階だから、今は、鶏や豚、牛など、動物の肉を食べているわけ?」

「この仮説が、もし本当であれば・・人類の意識進化が進めば、鶏や豚、牛など、動物の肉も食べなくなっていくのかもしれないね。」

「え、でもどうして、意識進化が進むと、動物の肉を食べなくなるわけ?」

「人間は人間を食べないよね。たとえ死んだ後だとしても。どうしてだと思う?」

「いやいや、そりゃあ当たり前でしょ。」

「でも、死んだ後の人間も物質であり、死んだ後の牛の肉(牛肉)も物質だよ?牛肉は食べるのに・・なぜ?」

「うーん。理由はノーリーズンだよ。どうしてもの理由・・例えば、南極で遭難して他に食べるものがない場合など、がない限り、ありえないよね。理由なんてない!」

「そうだよね。それは私達人間が、同じ仲間であり同胞である人類を、愛しているから・・でもあるのかもしれない。愛する対象は、大切にしたいと思うから。」

「愛・・まあ、愛とも、言えなくはないのかな。人間は、人間のことを{仲間/同胞}として見るから、人間を食べようとは思えないよね。」

「うん。それにA君は、家で飼っている犬を食べようとは思わないよね。どうして?」

「理由なんてないよ。家で飼ってる可愛いポチを食べようとは思えない。食べる!なんてありえないよ。」

「それも、ペットを愛しているから・・なのかもしれない。つまりね、私達は、愛する対象に関しては、必要もないのに殺生して食べることがないのかもしれない。」

「じゃあ、愛する対象が、鶏や豚、牛など、他の動物にまで広がると、人間は鶏や豚、牛など、他の動物を必要もないのに殺生して食べなくなるわけ?」

「そういったことも、起こりうるのかもしれないよね。今現在は、{生きるのに必要だから仕方なく動物を殺生して食べている}のではない状態なのかもしれないよね。
穀物を飢えている人にまわさずに、家畜の餌にまわしているくらいだから。鶏や豚、牛などを食べたいばかりに。」

「つまり人類の意識進化・・とは、愛する対象の広がりに関係が深いの?」

「そういった側面もあるのかもしれないよね。私達が、愛する対象を広げていって、人種や国や宗教などを超越し、みんなを愛するようになれば、この世界からも戦争や紛争などがなくなっていくだろうし。」

「ふーむ。」

「それに私達は、自分だけを愛して、自分だけがお金持ちになっている億万長者よりも、全ての人を愛したマザー・テレサや、マハトマ・ガンディー、キング牧師などを尊敬する傾向にあるよね。その理由には、私達が、潜在的に、愛する対象を広げていきたい意識をもっているから、でもあるのかもしれない。」
関連他人の不幸より幸せを願うには?(愛を広げる/他人は仲間)


私達2人は、そこまで話すとしばらく、それぞれ物思いにふけていました。

「こんな話をしていると、」A君が喋り始めました。「なんだか、{肉を食べる}ということに対して、消極的になってしまうなぁ。」

「そうだよね。」頷きながら私は話を続けました。
「でも、必要以上に肉を食べることで、自分の意に反して太ってしまったり、その他、肥満に関係する病気になる場合もあるのかもしれないから・・
飽食時代に生きる私達においては、、、望めば望むだけ、肉をたらふく食べることの出来る環境にある私達においては、{肉を食べる}ということに対する‘自分なりの認識’を、自分の中で、もっておくのも悪くはないのかもしれないよね。
いただきます!本当の意味(いのちの食べかた [DVD])などを見るに、現在、出回っている牛などの肉は、{ホルモン注射/狭い飼育場で無理やり太らされるストレス/殺傷される際の恐怖や恨みの念}なども、含まれているようにも思えなくはないし。」

「そういった側面もあるのかもしれないなぁ。食べ放題の焼肉や、食べ放題のステーキバイキングなどが、ある時代だものなぁ。肉を過度/過剰に食べ過ぎることで、自分自身が後々、苦しむことになる可能性もあるわけか。」

「そうだね。ライオンは、お腹いっぱいだったら、目の前に動物がとおっても、むやみに襲って食べ始めたりはしないそうだよ。つまりライオンでさえ、必要がないのに自然をむやみに殺生しないわけだ。
自然をむやみに殺生すれば、自分も食べすぎで体調を崩すかもしれないし、後々、餌となる獲物がなくなってしまい、ライオン自身が苦しむことになるから、だろうね。」

「そう考えてみれば、人間だけが、必要がないのに自然をむやみに殺生していて、そのせいで食べ過ぎて自分も体調を崩したり、、、しているのかもしれないなぁ。」

「それに、後々、自然破壊のつけを負わされて、私達自身が、苦しむことになる可能性も、なきにしもあらず・・だよね。牛肉を食べるために、牛を育てようとし、熱帯雨林も含め多くの自然を破壊しているとも聞くよね。」

少し沈黙の後、「あぁ、もうっ!」苦笑いしながら、A君が話し始めました。

「名無きのせいで、これから、肉を食べづらくなるじゃないか!」

「ははは。そんなことはないと思うよ。こういった話は、ちょくちょく耳にする話であるから。つまり私達は知識としては知ったうえで、やっぱり肉を食べているのだと思う。
{肉を食べる/食べない}は知識の話ではなく、‘意識’の話なのかもしれないね。知識として{動物の肉は健康に良い}と聞かされていても、意識が{全ての動物が同じ仲間なのだ}となれば、積極的には、肉を食べようとは思えなくなるだろうから。
それにもし、肉を食べづらくなったなら、それはそれで、良いじゃないか。ダイエットにも繋がると思うよ。」

A君のお腹を見ながら、私がそう言うと「それも、そうだな。」とA君は自分のお腹を見て答えました。

「私自身・・」

「うん?」

「私も、普通に肉や魚を食べるから、ただ知識として、上記のような話を知っているのだと思う。」

「名無きも、俺とこの前、焼肉に行ったものね。なるほど~。知識の話ではなく、意識の話・・か。」

「まぁでも、知識として知っただけでも、なにも知らないよりは自制が半無意識のうちにかかり、それは健康やダイエットにも繋がりそうだよね。
肉と新鮮な野菜や果物、どちらを食べようかなぁ?と迷った時には、体に、より良い食べ物なのかもしれない新鮮な野菜や果物を食べるようにすると、消化や同化吸収の面でも良さそうだし、精神の面でも良さそうだよね。」

「精神の面?」A君が驚きつつ聞いてきました。

「うん。化学添加物が多量に含まれる食べ物や、{ホルモン注射/狭い飼育場で無理やり太らされるストレス/殺傷される際の恐怖や恨みの念}なども含まれているのかもしれないお肉を食べることで、人間の精神にも、なんらかの影響があるものなのかもしれない、とも個人的には思っていてね。
例えばそれは、怒りやすくなったり、イライラしやすくなったり、普通より性欲が強まってしまったり・・などの形として、現われてくるのかもしれない。心身相関という言葉もあるくらいだし、肉体と精神は関係が深いのかもしれないよね。」

「消化されやすい新鮮な自然食を食べることで、人間は本来の自然体に戻っていく、というわけか。」まるで自分自身に話すかのようにA君は頷きつつ言いました。

「そういった側面もあるのかもしれないよね。だから私も、最近はなるべく、果物や野菜を、意識して食べるようにはしているんだ。
成功セミナーの本(成功の9ステップ)を読んだ影響もあって、朝は、野菜と果物のジュースを飲むようにしているよ。果物は消化されやすくエネルギーにも変わりやすいみたいだね。」

「ふーん。」

「{消化ー吸収同化}というプロセスにもエネルギーが使われるため、消化されにくいものや、吸収同化されにくいものを食べると、その分余計に{消化ー吸収同化}というプロセスにエネルギーが使われることになり、それは{疲れやすい原因}にもなってしまうのかもしれないよね。
本によると健康の定義は{病気ではない状態}ではなく、{活力に満ち溢れている状態}らしいよ。{消化ー吸収同化}のプロセスにとって良さそうな食べ物を食べるよう意識し始めてから、{活力に満ち溢れている状態}というものを少し体感することにもなっていて、「なるほどー」とも個人的には思っていてね。」

「ほ~。俺も、身体にいい食べ物を食べて、ダイエットしなきゃなぁー」自分のお腹をさすりながらA君は言いました。

私がその様子を見ながら、いたずらっぽく笑いつつ「で、飯はどこに行く?焼肉にでも行こうか?」と言うと、A君は強く首を振り「いや、今日はうどんか蕎麦にでも行こう。」と真面目な顔で言いました。

冗談に笑えずにいる、胃もたれで苦しんでいるA君の様子を見ながら、私は心の中で笑いつつ「おっけー。じゃあ、蕎麦にでも行こう。」と言いました。



~まとめ~
★体にいい食べ物/ダイエット編|健康な食事/食生活を送るコツ/秘訣
→食品に関しては、カロリーは数値化できるために、ダイエットなどにおいてもカロリーを重視して考えてしまいがちな側面もあるのかもしれない。
しかし、カロリー数値を見るだけではわからない点{消化、吸収同化、精神に及ぼす作用etc}もあるのかもしれない。


★体にいい食べ物/ダイエット編|健康な食事/食生活を送るコツ/秘訣
→同じカロリー数であっても、消化されやすく、身体に同化吸収されやすい食品{例えば天然の新鮮な果物や野菜}の方が、身体も疲れにくく、健康にも良いのかもしれない。

食品添加物/化学添加物・・甘味料、着色料、香料、保存料、酸化防止剤などの多量摂取は、ただちに人体に影響はないものの、少量を長期間摂取し続けることにより、人体や精神に、悪影響を与えることもありえるのかもしれない。


★体にいい食べ物/ダイエット編|健康な食事/食生活を送るコツ/秘訣
健康的に痩せるダイエットと信念(「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年)などにもあるとおり。
現代医学、現代栄養学には、人体の不思議含め、わかっていないことも、まだ、あるのかもしれない。
そのため、健康法に関しては、賛否両論ある状態なのかもしれない。


★体にいい食べ物/ダイエット編|健康な食事/食生活を送るコツ/秘訣
→もし、私達が、口から体内に入れるものから、精神も影響を受けているのであれば。
{ホルモン注射/狭い飼育場で無理やり太らされるストレス/殺傷される際の恐怖や恨みの念}なども含まれているのかもしれない食品よりも、そうでない食べ物(新鮮なフルーツetc)を食べた方が、精神上も健康に良いのかもしれない。

現代科学では念や想念については、あまり触れられていないが。
私達は直感的に、または経験則的に、念や、想念というものにも、力があることを薄々感じているのかもしれない。

念や、想念的に、マイナスな食べ物を口から摂取していることは、私達が思っている以上に、考えている以上に、精神に悪影響を及ぼしているのかもしれない。


~体にいい食べ物/ダイエット編|健康な食事/食生活を送るコツ/秘訣~
<writer 名無き仙人>





バス男「体にいい食べ物/ダイエット編かぁ。」

バス子「世の中には、いろいろな考え方があるのね~。」

仙人「体にいい食べ物を食べるよう意識しつつ、健康に感謝しつつ、楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)」


話の続き健康的な食事と心のバランス(食事と心と肉体の健康)







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)