自分との人間関係の秘訣

■自分自身との人間関係。自制心/安定性/自立/お金や仕事、恋人、結婚相手に過度・過剰には依存しない。





★人気記事ベスト4|自分自身との人間関係★
1位 心が安定した人になる方法(【移り変わるもの】と【絶対であり変わらない普遍の原理原則】)

2位 自分の人生を生きる方法(「他人を羨む/他人と比較する」から自由になる方法)

3位 依存→自立→相互依存への道(人格/人間性における、各ステップ)

4位 自己評価が低い人と高い人の違い(自己評価基準(価値観)と自尊心/劣等感の関係性)







★自分との人間関係/関連記事★
自己責任と責任転嫁が人生に与える影響(自分で自分の人生を切り開いていく力)

仕事/人生/失恋で辛い時の言葉・名言(辛い時期の乗り越え方)







★自分自身との人間関係について★
→人間関係と言えば「他人との人間関係」が思い浮かびますが、人間関係には「自分自身との人間関係」も存在しているのかもしれません。
例えば「約束」に関しても、他者との約束もありますが、自分自身との「約束」も存在しますよね。
「今月はダイエットに頑張る」「英語の勉強を1日30分する」「毎日運動(ウォーキング)をする」など、自分との「約束」を守れる自制心・自立心ある内面の安定性ある人物になることは、他人との人間関係においても重要となるようです。
まずは自分が、自分に対して尊敬と敬意と信頼をはらえる自分でなければ、他者と、尊敬や敬意や信頼をはらえる関係を築いていくのは難しそうですものね。
自分自身との人間関係が良好になっていくと、自然と、他者との人間関係も上手くいき始める場合もあるのかもしれません。





バス男「自分との人間関係?」

バス子「自分との人間関係には「自分との約束を守る」「自己責任の概念を身につける」「自制心を身につける」「内面の安定性を身につける」「お金やモノ、他人に過度・過剰には依存しない」「他人と比べず自分にとっての幸せを大切にする」「他人の意見に流されず自分の意見を大切にする」など、いろいろと大切なことが含まれているらしいわよ。」

仙人「他人との良好な人間関係を築いていくためには、まずは自分が、自分自身としっかりコミュニケーションがとれており、自分の内面が安定しておることが大切なようじゃのぉ。自分の内面が安定していないのに、他人との良好な人間関係を長期にわたり維持し続けるのは、難しい場合もあるのかもしれぬのぉ。そのため、自分自身との人間関係は、人間関係の基礎・基本とも、言えるのかもしれぬのぉ。楽しみつつもコツコツと、まずは他人との良好な人間関係作りを行える自分作りを、行っていけると良いのぉ。」