会話が苦手?会話術とコツ

■女性/男性との会話が苦手な原因と克服方法とは/会話が続かない理由と対処方法/楽しい人に好かれる会話術とは


会話が苦手?会話術とコツ


バス子「バス男さんとの会話って、なんか、つまんないなぁ。」

バス男「ちょ、バス子ちゃ~ん。お酒が入っているから・・かもしれないけど、本音すぎるよー。」

バス子「だってバス男さんの話って理屈っぽくって・・。あ、そういえば仙人が【会話が苦手?会話術とコツ】の話の中で・・」

バス男「仙人様の【~会話では「考え(思考)」ではなく「気持ち(感情)」を話すことが大切~会話が苦手?会話術とコツ】の話?」

バス子「うん、仙人が言うにはね・・」







~会話では「考え(思考)」ではなく「気持ち(感情)」を話すことが大切~

1.会話が苦手?会話術とコツ

①会話で重要なこととは?

■「なるほど。会話のコツは、自分の感情を伝えることなのか。」

ついつい、理論や思考に偏りがちな私は、おすすめ自己啓発本/ビジネス本(ユダヤ人大富豪の教え)に書かれていた「会話にて自分の感情を伝えること」という部分を読んで、少し反省したのでした。

私は、自分の「考え(思考)」を伝えてばかりで、自分の「気持ち(感情)」を相手に会話で伝えることが少ないよう思われました。

私の場合は、「(理論的には)~~となるハズだよ」などと、話す内容が「考え(思考)」に偏っているよう思われました。
「自分としては、~~だと感じたよ。楽しかったよor嫌だったよ」などと、「気持ち(感情)」を話す機会は少ないのでした。


しかし会話では、「気持ち(感情)」を分かち合うことが大切なようでした。
人間は感情の生き物であるから、コミュニケーションにおいても、感情に関するコミュニケーションが起きた時に2人の関係は深まるし、またコミュニケーションにおける満足度も高まるものなのかもしれません。


★会話が苦手?会話術とコツ|女性/男性との会話が苦手な原因★
~「考えていること(思考)」を伝えるだけでなく、「感じていること(感情)」を話すことで感情をシェアすることが会話/コミュニケーションのコツ~


一般的には、男性より女性の方が、「感じていること(感情)」を話し、自分の感情を会話をしている相手とシェアするのは得意である場合が多そうです。

男性は、女性と比べると相対的に自分の感情に鈍感であり、また自分の感情(嬉しい/悲しい/辛い/楽しいetc)を他人に話すことに抵抗がある場合もあるため、「感じていること(感情)」を会話の中で相手に話すのは苦手である場合も少なくないかもしれません。

私は自分の感情にも鈍感であるし、また自分の感情を素直にさらけだし、目の前にいる他者と分かち合うことにも恥ずかしさがあるため、なかなか「感じていること(感情)」を話す会話/コミュニケーションが出来ずにいるのでした。


<男女で会話が続かない原因/男女の会話がすれ違う理由>
→女性は、自分の「気持ち(感情)」を会話の中で話し、互いの「気持ち(感情)」をシェアし合いたいと意識的もしくは無意識的に望んでいる部分もあるのかもしれません。

しかし男性の場合は、自分の気持ち(感情)を素直にさらけ出すのは抵抗があり、そのため男性は「考え(思考)」ばかりを話すことに終始しがちともなる場合がありそうです。

①「気持ち(感情)」を話したい女性
②「考え(思考)」ばかりを話してしまう男性


この場合、女性側は自分の「気持ち(感情)」を話しつつも「相手(男性)は、私に対して「気持ち(感情)」を話してくれない・・」と寂しく感じる場合もあるのかもしれませんし、男性側は「相手(女性)の話は、理論もなにもない!どういうこと?なにを言いたいの?」と困惑してしまう場合もあるのかもしれません。

【「気持ち(感情)」を話したい女性】と【「考え(思考)」ばかりを話してしまう男性】とが会話すると、会話がかみ合わなかったり、会話が続かなかったりもする場合もありそうです。

そのため男性も、特に女性との会話では、もっと自分の「気持ち(感情)」を話すよう努めるのも良さそうですね。
例えば「俺は、~~だと感じたんだ。寂しかったよ。」「僕としては、~~であるよう感じるよ。嬉しくて、しかたないんだ。」というように。
すると、もっと会話が続くようになるものなのかもしれません。


一般的に女性の方が「感性/感情」の「感じる世界」で生きており、男性の方が「理論/思考」の「考える世界」で生きているようです。

物理的には同じ地球に住んでいても、世界観の関係もあって、人によって個人的な世界は異なっており、「感じる世界」の中で、理論や理屈ではなく「感性/感情/自分の気持ち」を主体に生きている人もいれば、「考える世界」の中で、理論や理屈をとおして世界を見て、生きている人もいるのですね。
関連思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)


「感じる世界」の中で生きている人ほど、自分の感情に敏感であるからこそ、気分に左右されやすく、また服・音楽・料理の味・匂い・肌触り・色使い・・などに敏感である場合が多いようです。

相対的には、「考える世界」の中で生きている人ほど、自分の気持ちにすら鈍感であるため気分にも左右されにくく、また服・音楽・料理の味・匂い・肌触り・色使い・・などにも鈍感である場合が多いようです。

そのためでしょうか。
「感じる世界」の中で生きている人ほど、ファッションや香水や音楽や料理の味などにこだわる傾向があるようです。
相対的に男性と比較すると女性は「感じる世界」の中で生きているため、女性の方が、ファッションや香水や音楽や料理の味にこだわる傾向がありそうですね。

男性は、ファッションや音楽や料理の味などにも鈍感で、あまり、こだわりのない人が多いのかもしれません。
※もちろん個人差がある。音楽関係の仕事や、デザイナーやアーティストや料理人などの職業についている人は、感性で仕事をしているわけで、そのため「感じる世界」の中で生きている人が多い。


会話をする場合は、「相手は、「感じる世界」の中で生きている人か?「考える世界」の中で生きている人か?」をチェックし、話してみるのも良さそうですね。
※「感じる世界」の中で生きている人は、考えなくとも直感的に、「相手は、「感じる世界」の中で生きている人か?「考える世界」の中で生きている人か?」を
感じとっている。理論的に考えて理解しているわけではない。
つまり、そういった部分から、「感じる世界」の中で生きている人と、「考える世界」の中で生きている人には、違いがあるのかもしれない。


★会話が苦手?会話術とコツ|女性/男性との会話が苦手な原因★
~世の中には「感じる世界」の中で生きている人と、「考える世界」の中で生きている人とがいる。両者とも素晴らしいため、互いに相互理解に努めることが大切~



②会話上手になるには~会話が苦手?会話術とコツ|女性/男性との会話が苦手な原因~

■スピーチでも会話でも、自分の感情を、目の前にいる人と分かち合うことが大切になるそうです。

そのため、ペラペラ、スラスラ喋る必要はないそうです。
重要なことは「スラスラ喋ることが出来るかどうか?」ではなく、「自分の感情を伝えることが出来ているかどうか?」だからでしょうか。

愛の告白でも、理論的に{自分と付き合うメリット}をスラスラ・ペラペラ喋るよりも、上手く喋れなくても良いから、自分の熱い気持ち・感情(想い)を相手に伝えることが出来た方が、良さそうですものね。

コミュニケーション・会話では、「話されている言葉」よりも、声のトーンやボディーランゲージなどの方が大切とも聞きますし、そういうことなのでしょうか。


<会話のコツ>
→会話のコツは自分の感情を相手と分かち合うことであるため、まずは「自分の感じていること・考えていることを把握すること」が大切となるそうです。
そして、爽やかに感情に訴えて話せるよう準備することが大切となるそうです。


また、真実のみを話すようにすることも大切となりそうです。
嘘をついたり、偽りを話すと、言葉にパワーがなくなってしまうからです。

正直に誠実に、自分の気持ちや本音を話すことが大切となるのでしょうか。


★会話が苦手?会話術とコツ|女性/男性との会話が苦手な原因★
~自分の{気持ち/考え}を把握し、正直に誠実に、相手に{自分の{気持ち/考え}}を話すことが会話のコツ~


会話の中では、相手と意見が対立するのが嫌で、無難な会話・・上辺だけの建前的な会話をすることもありそうです。
状況や、相手次第では、そうすることがベストな場合もありそうですよね。

しかし、大切な友人や恋人、伴侶、家族などに対しては、自分の本当の気持ちを会話の中で相手に伝えることも、時に大切となるのかもしれません。

人間関係では、{無難な当たり障りのない上辺だけの建前会話}に終始していると、互いにとって成長がありませんし、徐々に(心の)距離が遠ざかることになるようです。

互いに本音で、心の内まで話すこともしないと、2人の距離が遠ざかってしまうこともありうるのですね。

そういった意味でも、会話では、自分の気持ち(感情)を相手に伝えること・分かち合うことを意識して話すことも大切となるのでしょうか。


★会話が苦手?会話術とコツ|女性/男性との会話が苦手な原因★
~建前会話に終始していると2人の距離が遠ざかっていく。自分の正直な気持ち(感情)も相手に話しシェアすることで2人の距離は縮まる~


感情を相手と分かち合うことが大切なのですね。
ついつい「思考・理論」に偏りがちな場合は、感情(気持ち)を話すのではなく、考え(思考)を話すことに終始してしまいそうです。

自分の正直な気持ち(感情)も相手に話し、相手と互いの感情を分かち合うこと・・それがコミュニケーションで大切なこととなるのでしょうか。
うーん、難しい・・。



③会話と人間関係~会話が苦手?会話術とコツ|女性/男性との会話が苦手な原因~
■成功していく人は、普段の話す言葉の中に、思いやり、ビジョン、愛、友情、感謝などがいっぱいつまっているそうです。
人と話す時には、そういったポジティブな言葉を意識して話すと上手くいきやすいのでしょうか。
関連ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)


また、自分が話しをしている最中でさえ、常に相手のwinも考えながら話すこと・win-winの関係になるよう気を配りながら話すことも、大切となるのでしょうか。

常に相手のwinも考えながら話すことで、自分が話しつつも頭の中で「うん?いや、これは言うべきではない。この話は相手にとってのwinにならないから」などと気がつくようにもなるようです。
すると、その話は話さずにとめることも出来たりするようです。

相手の幸せのためには、話すべきではない事柄も、ありますものね。


★会話が苦手?会話術とコツ|女性/男性との会話が苦手な原因★
~常に相手にもwinして頂くことを意識していると駄弁(話すことで相手が不快になるような失言)が減りコミュニケーション/会話の失敗が減る~


そのような相手に対する思いやり(相手にもwinをして頂きwin-winの関係を築く意識)をもって会話をすることも、会話/コミュニケーションでは大切となりそうですね。



~まとめ 会話が苦手?会話術とコツ|女性/男性との会話が苦手な原因~
①会話のコツは、自分の「気持ち(感情)」を話すこと。「思考(考え)」ばかりではなく。

自分が感じている気持ちを、正直に誠実に、相手への気遣いをもちつつ、爽やかに話すことが、会話のコツ。
※相手への気遣いがないと、相手をむやみに傷つけたり、不快にしてしまう場合があるから。


②世の中には「感じる世界」の中で生きている人と、「考える世界」の中で生きている人とがいる。
相手が、自分とは違う世界の中で生きている場合、「あれ?」と感じられ、会話が上手くかみ合わないこともある。

「自分だけが正しい」と思い込みがちであるが、謙虚に「相手も正しいのかもしれない」と考え、互いの気持ちを話しシェアすることで相互理解をはかることが大切。
関連自分が正しい?謙虚な心(自分だけが、正しいのではないかもしれない)


③自分が話しながらも、相手のwinを常に意識しておくこと。
「この話をすることは、相手のwinにも繋がるか?」というふうに。
そうすることで、win-winとなる、互いに楽しめる会話をすることができる。
関連win-winの関係作り


~会話が苦手?会話術とコツ|女性/男性との会話が苦手な原因~
<writer 名無き仙人>





バス男「僕も「感じる世界」の中で生きてみたいなぁ。」

バス子「異性側に見えている、もしくは感じられている世界や人生観は、自分の世界や人生観とは、大きく異なるのかもしれないわね。」

仙人「「自分だけが正しいのではないのかもしれない。相手も正しいのかもしれない」と謙虚に考え、相手への理解に努めることも、会話では重要になりそうじゃのぉ。→人の話を聞かない人/男女の心理(「理解してから理解される」を実践してみる)」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)