自分らしく生きるコツ

■自分らしい人生/生き方をする方法/自分らしい職業/働き方と仕事/自分らしい人/男性女性/恋愛/婚活/結婚


自分らしく生きるコツ


バス子「は~ぁ。私は、周りの人たちに、ついつい流されてしまうのよねぇ。もっと、自分らしく生きていきたいのに。」

バス男「バス子ちゃ~ん。僕も、周りに流されて、、、そして後悔することが、よくあるんだ~。はぁ。」

バス子「ねぇ、仙人に【自分らしく生きるコツ】を聞きに行ってみない?」

バス男「うん、いいよ。仙人様の【自分らしい生き方をする方法~バランス編~】の話かぁ。」







~バランス編!自分らしく生きたい/自分らしい生き方をする方法~

1.自分らしく生きるコツ

①過去の記憶

■「そういば、あの時も・・・」

心の自由と幸せを手にする方法(バランスの法則編)を書いた日。

シャワーの最中に、学生の頃のことを思い出したのでした。

私には、無意識のうちに<周りを見渡し、バランスがとれていない場所を探し、その場所に自分の身をおくことで、この世界のバランスをとろうとする>という傾向があるようでした。

「周りとのバランスや、この世界のバランスをとるために、自分が○○をしなきゃ!自分が○○のポジションにつかなきゃ。」と、無意識のうちに思い込んでいるところがあるようなのでした。

その傾向は、思い返してみると、学生の頃からずっと続いていた傾向のようでもあるのでした・・。



②部活/恋愛/仕事~自分らしく生きるコツ~
■高校野球時代。

私は、自分なりには、一生懸命、練習に取り組んでいたのでした。
しかし、本番形式の練習や、チーム内での練習試合など、より密接に‘評価’に繋がる場面になると、いつも練習以下のパフォーマンスしか出せないのでした。

それは、とてもとても、悔しいことであって、、、未だに{悔しい感情}は覚えているし、夢にさえ「頑張るのに、どうしても上手くいかない場面」などが出てくることがあるのでした。

そして、その理由には、様々あるのでしょうが。
その理由の1つは、私がチーム内にて{頑張るのに駄目なキャラ}と、なっていたからでも、あったように思えるのでした。

野球部内を見渡してみると。
高校野球は、熾烈なレギュラー争いが行われる、ものすごい競争社会でもあるため、皆、周りの部員を仲間として見ているものの、一方で、ライバルとしても見ており、誰もが「自分は、結果を出せる{出来る人キャラ}になりレギュラーになりたい!」と思っているようでした。

今、振返ってみると、高校生であった私は、自覚こそ伴っていなかったものの、周りの部員達に気負けし、遠慮し、<野球部内を見渡し、バランスがとれていない場所(キャラ)を探し、その場所{頑張るのに駄目なキャラ}に自分の身をおくことで、野球部内のバランスをとろうとする>を、しているところがあったのかもしれません。

「周りとのバランスや、野球部内のバランスをとるために、自分が{頑張るのに駄目なキャラ}にならなきゃ!自分が{頑張るのに駄目なキャラ}のポジションにつかなきゃ。」と、無意識のうちに思い込み、そうしていた部分もあったのかもしれません。

そのこともあり、本番形式の練習や、チーム内での練習試合など、より密接に‘評価’に繋がる場面になると、いつも練習以下のパフォーマンスしか出せなくなる・・と、なっていたのかもしれません。



<周りを見渡し、バランスがとれていない場所を探し、その場所に自分の身をおくことで、この世界のバランスをとろうとする>
その傾向は、未だにあるようで。

webサイト作成においても。
私は、スピリチャル系のサイトや記事には、‘愛’や‘感謝’、‘奉仕’などの事柄が多いように感じていて・・だからこそあえて、あえて自分は、「自己中心的でも、良いじゃないか!?」といったニャアンスの記事を書いたり、批判的な記事を書いたり・・と、しているところがあったようなのでした。

私は、自覚こそ伴っていなかったものの、周りの、ホワイトな感じのスピリチャル系サイトを見て、<スピリチャル界を見渡し、バランスがとれていない場所(ヒール役/ダーク系)を探し、その{ヒール役/ダーク系}に自分の身をおくことで、スピリチャル界のバランスをとろうとする>を、しているところがあったのかもしれません。

「周りとのバランスや、スピリチャル界のバランスをとるために、自分が{ヒール役/ダーク系}にならなきゃ!自分が{ヒール役/ダーク系}のポジションにつかなきゃ。」と、無意識のうちに思い込み、そうしていた部分もあったのかもしれません。

そしてその結果、記事に目をとおして下さる方に不快感を与えるような記事を書くことになり、嫌われていくのでした・・。



③周りの人に流される/流されない~自分らしく生きるコツ~
■私は、自分がそうしたいから、そうしていたのではなく、ただ、周りとの相対的なバランスをとろうとして、そうしていたようでした。高校野球時代も、webサイト作成においても。
そして、それらは、無意識のうちに行われており、自分には自覚が伴っていなかったのでした。

この傾向があるうちは。
周りに振り回されるのかもしれないし、自分が望む生き方を、ブレずに行っていくことが難しいのかもしれないとも・・少し思い始めているのでした。


なぜなら、この傾向があるうちは・・

周りに幸せそうな人が多いように、当人が感じていれば。
自分がそうしたいから、そうするのではなく、ただ、周りとの相対的なバランスをとろうとして、あえて自分は不幸な人生を歩もうと、してしまう場合もあるのかもしれません。しかも、無意識のうちに。

一方、周りに不幸せそうな人が多いように、当人が感じていれば。
自分がそうしたいから、そうするのではなく、ただ、周りとの相対的なバランスをとろうとして、あえて自分は幸せな人生を歩もうと、してしまう場合もあるのかもしれません。しかも、無意識のうちに。

自分がどう生きたいか?ではなく、ただ、周りとの相対的なバランスをとろうとすることで、自分の生き方が決まる。

つまり、この傾向があるうちは、自分の生き方が、周りの‘あり方’によって決められていってしまうのかも、しれません。


他にも、例えば・・

この世界に、良い人が多いように、当人的には感じていれば。
自分がそうしたいから、そうするのではなく、ただ、周りとの相対的なバランスをとろうとして、あえて自分は破滅原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」に沿った人生を歩もうと、してしまう場合もあるのかもしれません。しかも、無意識のうちに。

一方、この世界に、悪が満ちているように、当人的には見えていれば。
自分がそうしたいから、そうするのではなく、ただ、周りとの相対的なバランスをとろうとして、あえて自分は繁栄原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心」に沿った人生を歩もうと、してしまう場合もあるのかもしれません。しかも、無意識のうちに。


他にも、人間関係や自分の性格的な面においても・・

職場に、ネガティブな人が多いように、当人的には思えているのであれば。
自分がそうしたいから、そうするのではなく、ただ、周りとの相対的なバランスをとろうとして、あえて自分は、ポジティブな人間を演じようと、してしまう場合もあるのかもしれません。しかも、無意識のうちに。

一方、職場に、ポジティブで元気で、明るく前向きな人が多いように、当人的には見えているのであれば。
自分がそうしたいから、そうするのではなく、ただ、周りとの相対的なバランスをとろうとして、あえて自分は、ネガティブな人間を演じようと、してしまう場合もあるのかもしれません。しかも、無意識のうちに。



つまり、周りとの相対的なバランスばかりを過度/過剰に気にするならば。
自分がそうしたいから、そうするのではなく、ただ、周りとの相対的なバランスをとろうとして、そうしてしまう・・場合も、あるのかもしれません。

言い換えると、自分のブレない信念に従って、自分らしく生きるのではなく、ただ、周りとの相対的なバランスをとろうとして、そうしてしまう・・しかも、無意識のうちに、、、ということも、あるのかもしれません。



人との関わりの中で生きている私達には、周りとのバランスも大事なのだと思う。
周りへの配慮も、とても大切なのだと思う。

だけど、いつも周りとの相対的なバランスをとろうとしてばかりで、いる必要はないのかもしれない。
自分の生き方を、周りの人達の‘あり方’によって決められてしまう必要は、ないのかもしれない。

自分は、あるがままの自分で、自分らしく生きていっても良いのかもしれない。
私達1人1人が、あるがままの自分で、自然体で生きていっても良いのかもしれない。
それでも、この世界は崩壊しないし、この世界のバランスは、保たれるのかもしれない。


たとえ周りの皆が、繁栄原則を大切にして生きているとしても。
この世界のバランスをとるために、あえて自分が破滅原則に沿った生き方をしなくても良いのかもしれない。

自分が、繁栄原則を大切だ!と信じているのであれば、周りとの相対的なバランスを過度/過剰に考慮したり気にすることなく、、、そう信じているのであれば、その信念に沿って、生きていっても良いのかもしれない。



④自然体で自分らしい人生を歩む~自分らしく生きるコツ~
■「うーん。私は、周りの人達の‘あり方’によって、自分の生き方や‘あり方’が、コロコロと変わってしまうんだよな~」

それが、良いか?悪いか?は、別として。
私はいつも、周りの人達の‘あり方’によって、自分の生き方や‘あり方’が、コロコロと変わってしまうところがあるようなのでした。


「周りの‘あり方’を過度/過剰には気にすることもなく、あえて、自分が周りとのバランスをとろうとすることもなく・・もっと、自分は自分らしく、ありのままの自然体な自分でいても、良いのかもしれないな~」
ドライアーで髪を乾かしつつ、そう思ったのですが、しかし私が私らしく自然体でいれば、いよいよ皆から「名無きさは、変わり者だよね」と嫌われてしまうことになるようにも思え、、、やはり「イケメンキャラで行くべきか?」と思い、鏡を見てみると・・

「いいや、イケメンキャラもないな・・」と思うことになり、悩みは、深まることになったのでした 笑


~自分らしく生きるコツ/自分らしい生き方をするには?方法~
<writer 名無き仙人>





バス男「自分らしく生きるコツ/自分らしい生き方をするには?方法かぁ。」

バス子「自分らしく楽しく生きていけると良さそうね。」

仙人「周りの‘あり方’を過度/過剰には気にすることもなく、あえて、自分が周りとのバランスをとろうとすることもなく・・もっと、自分は自分らしく、ありのままの、自然体な自分で生きていっても、悪くはないのかもしれぬのぉ。」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)