スポンサーリンク

初対面の好印象は会話/話題より雰囲気

■会話/話題/初対面で好印象を与える挨拶/服装/会話術/質問/会話ネタ/話より雰囲気が大事。恋愛/婚活/結婚/仕事


初対面の好印象は会話/話題より雰囲気


バス男「はぁ・・はぁ・・(ふんふんっ)」

バス子「ちょっとバス男さん、辞めなさいよ。店員のお姉さんは嫌がっているでしょ。」

バス男「いいや、お姉さんも喜んでいるよ。・・だって僕って、ほら{雰囲気イケメン}だから。」

バス子「・・・・」

バス男「よーし。あとは、ネットで見つけた{初対面女性との会話例テンプレート}を参考に、昨晩家で20回以上も練習した成果を、発揮するだけだー!」

バス子「もう。じゃあせめて、仙人の【初対面の好印象は会話/話題より雰囲気が大事】の話を聞いてからにすれば?」

バス男「仙人様の【初対面で好印象を与える人の雰囲気】の話?」

バス子「うん。仙人が言うにはね・・」







~初対面で好印象を与える人の雰囲気とは?~

1.初対面の好印象は会話/話題より雰囲気

①外出の帰り道

■「うーん。なにか、いつもと違ったような・・・」

久しぶりに自転車で外出をした日の帰り道。

さきほど行ったお店の店員である、お姉さんの対応が、なにか、いつもと違ったような気がして不思議な気持ちになっていたのでした。

なにか、いつもより、初対面であったお姉さんの反応が良かったというか・・笑顔な、好意的な目で、対応をしてもらえたというか・・


「もしかして、いつの間にかイケメンになった??」
久しぶりの外出であったため、ちょっと気合を入れて、お洒落も頑張って、みていたし・・自分がいつの間にか、イケメンになっていたから、初対面であったお姉さんより、好意的な対応をされたのかもしれない(´⊆`*)ゞテヘヘ

嬉しくなって♪、、、家に帰り着くと、ニヤニヤしながら真っ先に鏡を見にいきました。


「あぁ、違う。私がイケメンになったから・・ではない。」

では、どうして今日は、初対面のお姉さんより、好意的な対応をされることになったのでしょうか。

うーん・・。

「イケメンでないのに、お姉さんから好意的な対応をしてもらえる・・あっ!」
ベランダにて休憩しつつ考えていると、友人のA君のことが、思い出されたのでした。



②初対面で会話/話題より大事なこと~初対面の好印象は会話/話題より雰囲気が大切~
■A君は、私と同じく見た目もあまり・・なのでした。

しかし私と違って、A君は女性達から人気なのでした。

その理由の1つは、A君が、どの女性に対しても、笑顔にて好意的に接するからであるように思われたのでした。
A君が、笑顔にて好意的に接するから、女性達もA君に対して好印象をもつ・・。

彼はまるで、皆が、自分の見方/仲間であるかのように。
彼はまるで、<皆が、自分の見方/仲間である!だから私は、皆から受け入れてもらえる!>という前提をもっているかのように・・振舞うのでした。

合コンでも。
A君は初対面の異性に対して、まるでその初対面の異性たちが、自分の見方/仲間であり、だからこそ俺は受け入れられる!という前提をもっているかのように、最初から、合コン相手である異性たちに対して、優しい笑顔にて、フレンドリーな対応にて接するのでした。

一方。
私は、合コンで対面することになった初対面の異性に対して、最初から、優しい笑顔にてフレンドリーな対応をすることなど、出来ずにいるのでした。作り笑顔で接することはありましたが・・。
その理由は、「私のような、外見のよくない男を、この女性達は受け入れてくれるだろうか?」と、心配だからでもありました。


私は、A君のような<皆から受け入れてもらえる(ハズだ!)>なんて前提は、もっていないのでした。
だから、「私は相手(異性)から、受け入れてもらえるだろうか?」と疑いながら、警戒しながら、初対面の相手に接しているのでした。


ではどうして、A君は<皆から受け入れてもらえる(ハズだ!)>なんて前提をもっているのでしょうか。
<皆から受け入れてもらえる(ハズだ!)>というA君がもっている前提は、私には楽観的な勘違いであるようにも思えるのでした。

しかし<皆から受け入れてもらえる(ハズだ!)>という、楽観的な前提/勘違いのせいで、A君は、異性に対して優しい笑顔にてフレンドリーな対応をし、そして異性より好印象をもたれ好反応が返ってきている・・。


「うーん・・。」
A君と自分の‘違い’を考えていると、思い当たることが1つあったのでした。
それは、世界観に関することなのでした。



③笑顔で対応できない理由~初対面の好印象は会話/話題より雰囲気が大切~
■そういえばA君は、誰に対しても、優しい笑顔にてフレンドリーな対応をする人なのでした。

それは異性に限った話ではなく、お爺さんに対しても、子供に対しても、同姓に対しても、、、なのでした。
また異性においても、「相手の見た目が優れているかどうか?」に関係なく、全ての人に対して、優しい笑顔にてフレンドリーな対応をするのでした。

つまりA君は、相手が誰であろうと、相手のことを外見で裁きジャッジしない人であるようなのでした。
相手によって、態度を変えるようなことを、しない人であるようなのでした。


<人によって態度を変えることなく、全ての人に対して、優しい笑顔にてフレンドリーな対応をする>
だからこそA君は。
自分がそうだから、自分がそうだからこそ「皆も、外見で他者を裁き判断することなく、人によって態度を変えることもなく、全ての人に対して、優しい笑顔にてフレンドリーな対応をする(ハズだ!)」と、いつしか思い込むようになっていて・・

その思い込み/勘違いが、A君の<私は、皆から受け入れてもらえる!>という前提を、作り出しているようにも、思えたりもするのでした。

A君は{全ての人は仲間だ!}という世界観を、もっていたのかもしれません。
繁栄原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}が色濃いA君は、{全ての人は仲間だ!}という世界観を、もっていたのかもしれません。

{全ての人は仲間だ!}という世界観をもっているからこそ、仲間に対する当然の態度として、全ての人に対し優しい笑顔にてフレンドリーな対応をしていた・・。
関連他人の不幸より幸せを願うには?(愛を広げる/他人は仲間)


一方、私は・・
私は、他者のことを外見で裁きジャッジしているのでした。
そして外見の良くない相手のことを、心の中で見下し、「外見の素敵な異性」と「外見の良くない異性」とでは、態度を変えているのでした。
関連他人を見下す心理と世界観(世界観を愛深いものに変えていく)


<他者を外見で判断し見下し、人によって態度を変える>
だからこそ私は。
自分がそうだから、自分がそうだからこそ「皆も、外見で他人のことを判断し、外見の悪い人のことを見下しバカにし、人によって態度を変えている(ハズだ!)」と、いつしか思い込むようになっていて・・

その思い込み/勘違いが、<外見の悪い私は、異性から受け入れてもらえない(ハズだ!)外見の悪い私は、異性から雑な対応をされる(ハズだ!)>という前提を、作り出しているようにも、思えたりもしたのでした。


私は心の深い部分にて{他人や異性は、自己メリットのために利用する対象}という考えを、もっているのかもしれません。

破滅原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}に根付いて生きている私は、{他人や異性は、自己メリットのために利用する対象}という考えを、もっているのかもしれません。

{他人や異性は、自己メリットのために利用する対象}という考えをもっているからこそ、付き合えたら嬉しい、自分にとって利用価値があるよう思える「外見の素敵な異性」に対しては、良い男を演じつつ必死に自己アピールをし、「外見の良くない異性」は、利用価値がなさそうだから、雑な対応をする・・。


私は、自分がそうだから。
いつしか、<見た目の悪い、(女性から見ると)利用価値がない私のような男に対して、女性達は、雑な対応をするハズだ!>と思い込むようになっており。
そのため、「私は相手(異性)から、受け入れてもらえるだろうか?」と疑いながら、警戒しながら、相手(異性)に接することに、なっているようにも、思えたりもしたのでした。

だから反射的に、異性と対面すると身構えてしまうところがあるのでした。
私は、恐いのでした。
私は、相手から外見で判断され、相手から内心、バカにされ見下されることになり、雑な対応をされることになるのが、恐いのでした。
だから反射的に、異性と対面すると身構えてしまう・・。

それらは、経験則からきている部分も、あるようにも思えるのですが。
それだけではなく、もしかしたら、自分自身が、他者のことを外見で判断し、外見の悪い人のことを内心バカにし見下し、人によって態度を変えているから、、、なのかもしれないとも感じたのでした。

皆が皆、相手のことを外見で判断し、外見の悪い人のことを内心バカにし見下し、人によって態度を変えているならば。
きっとA君も、傷つくことになるのを恐れ、私のように反射的に、異性と対面すると身構えてしまうことに、なっているだろうから・・。

そのため実は、自分の‘行動/あり方’が作り出している世界観次第で、「相手の異性が、自分に対して、どういう態度をとるか?」と考える際の考え方が、決まっている側面もあるのかもしれない・・。



④誠実であること~初対面の好印象は会話/話題より雰囲気が大切~
■そんな私ではあるのですが、今日に限っては、たまたま。

初対面であるお姉さんに対面した際、いつものように、「このお姉さんも、私と同じように、他者のことを外見で裁いている(ハズだ!)そして外見の悪い私のことを内心、見下しバカにし、雑な対応をする(ハズだ!)」と思うためか?
反射的に身構えてしまいそうになったのですが。

今日に限っては、たまたま、その瞬間に修行中である繁栄原則のことが思い出され・・

繁栄原則の1つは「誠実であること」であり、‘誠実さ’には、「人によって態度を変えない!(全ての他者に対して、笑顔にて愛深い対応をする)」も含まれるため、身構えそうになった自分を自制し、ニコっと笑ってみて、笑顔にて愛深い対応をするよう、自分なりには・・ですが心がけたのでした。
関連誠実さとは?意味(二面性と一貫性)


いつもであれば。
「自分が傷つきたくないから!」と考え、身構えてしまうのですが、、、

相手が誰であれ。
お爺さんだろうが、子供だろうが、同姓だろうが、「見た目の素敵な異性」であろうと、「見た目が悪い異性」であろうと・・相手が誰であれ。
人によって態度を変えることなく、全ての他者に対して、笑顔にて愛深い対応をする!

‘恋愛’とか、そういった以前に、まずは己の人間性/人格に関すること・・「誠実であること」を大切にする!


その修行中のことが、今日はたまたま思い出され、そのため、身構えそうになった自分を自制し、ニコっと笑ってみて、笑顔にて愛深い対応をするよう、自分なりには・・ですが心がけてみたのでした。


そのことが、関係していたのでしょうか。
今日は、なにか、いつもより、お姉さんの反応が良かったというか、、、笑顔な、好意的な目で、対応をしてもらえた・・ようにも思えたのでした。


そして、今日。
今まで自分自身が、異性と対面した際に、多かれ、少なかれ、「このお姉さんも、私と同じように、他者のことを外見で裁いている(ハズだ!)そして外見の悪い私のことを内心、見下しバカにし、雑な対応をする(ハズだ!)」と思い、反射的に身構えてしまっていたことを知ることになったのでした・・。



⑤モテる雰囲気とは~初対面の好印象は会話/話題より雰囲気が大切~
■<好意的な態度で接すれば、相手からも、好意的な対応をされる>

それは、頭ではわかるのですが・・しかし、ついつい、私は異性と対面すると身構えてしまうところがあるのでした。傷つくのが恐くて。


相手のことを外見で裁きジャッジし、人によって態度を変える私は・・

相手の外見が良くなければ、見下して雑な対応をする私は、自分がそうだから、自分がそうだからこそ「皆も、外見が悪い人に対しては、見下して雑な対応をする(ハズだ!)」と、いつしか思い込んでしまっており・・

だからこそ、外見の素敵な異性を前にすると「彼女は、外見が悪い私のことをバカにし見下して、雑な対応をする(ハズだ!)」と、無意識のうちに思ってしまい・・

見下されて雑な対応をされるのを恐れ、好意的でフレンドリーな態度をとることが出来ないでいるようなのでした。


そのため私は、{作り笑顔作戦}にて。
バカにされ見下されることを恐れつつも、表面上だけ笑顔を作り、異性に接することも少なくなかったのでした。

しかし、{作り笑顔作戦}は、あまり上手くいかないようなのでした。
恋愛含む人間関係においては、雰囲気が多くを物語るからでしょうか。


作り笑顔を浮かべている私と、対面することになった異性は、私の雰囲気、
人を外見で裁きジャッジする、冷たい雰囲気・・
そして、外見で人を判断し見下す、驕った雰囲気・・
また、人によって態度を変える、2面性ある信用ならぬ雰囲気・・・

それら雰囲気を感じ取り、私のことを、敬遠する傾向にあるようなのでした。

恋愛含む人間関係においては、作り笑顔や言葉以上に、‘人としての雰囲気’が相手に伝わっていて。
雰囲気が、表情や言葉以上に、私という人間の本質を、相手に語ってしまうからでしょうか。
であるならば、初対面において、「どんな話題の話をするか?」などの会話/話題よりも、雰囲気の方が、‘印象’という面においても重要な役割をもっているのかもしれません。


私達は誰しも、外見によって相手からジャッジされることを恐れており・・
外見で判断された結果、相手より見下されバカにされ傷つくことを恐れており・・
外見で判断された結果、相手より態度を変えられ、傷つくことを恐れている。

そのため異性からモテる人ほど、{他人のことを外見で裁かない愛深い雰囲気/他者を見下さない優しい雰囲気/人によって態度を変えない誠実な雰囲気}をもっているのかもしれません。

「この人は、私のことを外見で判断したりはしない。見下してきたりもしない。この人は、人によって態度を変えることなく、私に対しても愛深い対応をしてくれる(ハズだ!)」と相手から思われる雰囲気をもっている人ほど、安心感・信頼感をもたれ、モテることになるのでしょうか。

そしてまた、だからでしょうか。
他者のことを、平気で外見にてジャッジし、その結果、相手のことを内心バカにし見下し、人によって態度をコロコロと変える不誠実な私に対して、惚れてくれる異性はいないようなのでした(TmT)ウゥゥ・・・

私に恋心を抱い場合は。
恋した相手である私から、外見でジャッジされ、内心バカにされ見下され、冷たい態度をとられ、傷つくことになる可能性がある・・それが嫌で、異性は私に対して、恋心を抱いてはくれないのかもしれません・・。

私達は傷つくことになるのを恐れるため、無意識のうちに、不誠実な人間に惚れないよう気をつける傾向があるのでしょうか。

イケメンなのに、女性から敬遠される男性。
美人なのに、男性から敬遠される女性。

その理由には、
人を外見で裁きジャッジする、冷たい雰囲気・・
そして、外見で人を判断し見下す、驕った雰囲気・・
また、人によって態度を変える、2面性ある信用ならぬ雰囲気・・・

が、あるからかも、しれません。

私は、見た目が悪いうえに、さらに
人を外見で裁きジャッジする、冷たい雰囲気・・
そして、外見で人を判断し見下す、驕った雰囲気・・
また、人によって態度を変える、2面性ある信用ならぬ雰囲気・・・

があるから、まったくモテないのでした(ノω・、) ウゥ・・・


逆に、外見が良くなくてもモテるA君のような人は。
人を外見で裁かない、愛深い雰囲気・・
そして、外見で人を判断し見下すことのない、優しい雰囲気・・
また、人によって態度を変えることのない、信頼できる誠実な雰囲気・・・

という雰囲気を、もっているから、異性から「この人は、私のことを外見で判断したりはしない。見下してきたりもしない。この人は、人によって態度を変えることなく、私に対しても愛深い対応をしてくれる(ハズだ!)」と思われ、信頼され安心され・・

信頼されることは、愛されることにも繋がる傾向にあるため、モテることになっているのでしょうか。


「うぅ(ノω・、) ウゥ・・・ 私の場合は、‘恋愛’とか、{一瞬で初対面の相手を惹きつける会話/話題テクニック}とか、そういった以前に、まずは己の人間性/人格に関すること・・「誠実であること」を大切にしなければ。」
A君と自分の‘違い’を考え反省し。
またコツコツと、繁栄原則に関する修行を積んでいこう、とも思ったのでした・・。


~まとめ 初対面の好印象は会話/話題より雰囲気が大切~
①皆が、自分の見方/仲間である!だから私は、皆から受け入れてもらえる!>という思い込み/勘違いをもつためには。
まずは自分自身が、{全ての他者は仲間である!}という世界観の元、外見で人を判断することなく、人によって態度を変えることなく、皆に対して、愛深い対応/態度をとる必要があるのかもしれない。

②自分が、他者のことを外見で判断し、バカにし見下し、人によって態度を変えるようなことをしていると、世界観や思い込みの関係より、初対面の異性に対して、「バカにされたくない!見下されたくない!」と、ついつい身構えてしまうことに、なる場合もあるのかもしれない。

③‘恋愛’とか、「初対面でモテる会話/話題」など、そういった以前に、まずは「人として誠実であること!(人を見下さない/人によって態度を変えない)」などが、大切である場合も、あるのかもしれない。
恋愛においても。
人は、人間性や人格によって積み立てていく【信頼残高】によって動く。【信頼残高】なき小手先のテクニック・・・{一瞬で初対面の相手を惹きつける会話/話題テクニックetc}では、他者を動かすことは出来ないのかもしれない。

④作り笑顔や、会話、話題などより、雰囲気の方が大切である場合も、あるのかもしれない。
なぜなら雰囲気が、表情や言葉以上に、私という人間の本質を、相手に語ってしまう場合も、あるのかもしれないから。

⑤モテる人(男性/女性)とモテない人(男性/女性)の違いの1つは、「誠実さ」に関連する雰囲気の違いでも、あるのかもしれない。
人を外見で裁かない、愛深い雰囲気・・
そして、外見で人を判断し見下すことのない、優しい雰囲気・・
また、人によって態度を変えることのない、信頼できる誠実な雰囲気・・・
そういった雰囲気をもっている人(男性/女性)は、不誠実な雰囲気である人よりは、安心され信頼され、その結果愛され、モテやすいのかもしれない。


~初対面の好印象は会話/話題より雰囲気が大切~
<writer 名無き仙人>


【よく読まれている記事】
★人気★
 【稼げるネット副業】高時給ランキング「トップ3」僕が解説します(おすすめ副業/投資)

★人気★ 初めての転職/就職活動【成功する始め方】やり方がわからない人へ(転職/就職のコツ)








バス男「ふむふむ。初対面の好印象は会話/話題より雰囲気が大切・・かぁ。」

バス子「全ての人を大切にしていけると良いわね。」

仙人「楽しみつつもコツコツと、精進していけたらいいのぉ。」