好きな人と両想いになる方法

■好きな男性/女性に片思い/両想いになるには?両想いになれるおまじない/両想いになりたい/恋愛/婚活/結婚/仕事


好きな人と両想いになる方法


バス男「はぁ・・はぁ・・(ふんふんっ)」

バス子「あっ(ついに前から好きだった店員さんに告白する気ね。バス男さん、頑張って!)

バス男「あぁ、やっぱり駄目だ。振られるのが恐くて告白できない。トホホ。」

バス子「もうっ。思いきって告白してみたら?」

バス男「だ、だって・・」

バス子「もう。バス男さんは仙人の【好きな人と両想いになる方法】の話、聞いていないの?」

バス男「仙人様の【~本当に幸せになってしまうことを自分自身に許可するには?~好きな人と両想いになる方法】の話?」

バス子「うん。仙人が言うにはね・・」







~本当に幸せになってしまうことを自分自身に許可する~

1.好きな人と両想いになる方法

①スーパーの駐車場にて

■両手に買い物袋をもちスーパーを出ながら。
考え事をしていると、いつの間にか自分の車の前まで辿り着いており、「世の中、わからないものだな」そう思いながら車のドアを開けようとしていると、隣に、高級外車が停まっていることに気がついたのでした。


「いいよなー。高級外車に乗れるような人は。」無意識的にそう思いながら、ドアを開け、買い物袋を車に詰め込んでいると、そこでふっと、自分の無意識的な思考に気がついたのでした。

「いや、違う違う。またやってしまった。はぁ~」
私には、すぐに{幸せそうな他人}を見ては妬み、批判的になってしまう癖があり、「またやってしまった。はぁ~」と自己嫌悪に陥りながらも、繁栄原則に忠実であれるよう、自分なりに努めてみたのでした。

「全ての他者が「大切な仲間」なのだ。「大切な仲間」である、この高級車の運転手の方の幸せを願おう。」
{破滅原則からの脱却&繁栄原則を根付かせる}に努めているリハビリ中の私は、ニコっと(無理やり)笑顔を作り、そう思い直すよう努めました。
関連自分の顔/性格を変える方法(皆が仲間!{心のあり方}と顔/性格の関係)


「この高級車の方の幸せが続きますように♪」
心の中で祝福しながら運転席へと乗り込むと、「いいよなー。高級外車に乗れるような人は。」と思った時とは違い、心の中が、爽やかで優しい気持ちになっていくのでした。


その帰り道。
いつの間にか、「特別、高級車に乗りたいわけでもないけど、毛嫌いする必要もないかな~」「もし高級車に乗れる機会があれば、乗ってもいいかな~」とも考えている自分がいて、そのことに自分でびっくりしたのでした。

感謝の言葉/名言(【悪循環に落ち込む】→【好循環を作り出す】)に詳細はあるとおり、高級車は、私なんかには、許されていなかったのに・・。


どうしてだろう?

考えてみると、その理由は{幸せそうな他者を見ては批判するのを辞め、祝福するよう努め始めたから}であるようにも思われたのでした。



②幸せと深層心理~好きな人と両想いになる方法|好きな男性/女性に片思い~
■{高級車は価値がある/リッチな生活ほど素晴らしい}
高校卒業後、大人になるにつれ社会の常識に呑まれていき、そういった価値観をもつようになっていった私は、自分が乗りたいと思う高級車に乗っている、幸せそうな人を見る度に「いいよなー。高級外車に乗れるような人は。」と批判するようになっていったのでした。
関連常識と非常識/正しいまともな人とは?意味(相対性と自分の意見と他人の意見)


<幸せそうに見える人を見ては理不尽に批判し嫌う>
自分がそう、幸せそうに見える他者を見ては、理不尽に批判をし、嫌ってきているから。
自分がそうだから、いつしか「皆も、幸せそうな人を見ては批判し嫌う(ハズだ)」と思い込むようになっていき、そのために「もし、自分が高級車に乗るようになれば、私は皆から、理不尽に批判され嫌われてしまう(ハズだ)」とも思うようにもなっていき・・

だからこそ、もし本当に、私が高級車に乗ることになれば、私は「あぁ、私は皆から批判され嫌われてしまう(ハズだ)!」と周りの目を気にしながらビクビク・オドオド恐れながら生きることになり、

そのために私の潜在意識は、「高級車なんて、乗らない方が良いよ。不幸になるだけだよ」と、ブレーキをかけていて、
関連思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)


また、自分がそう、高級車に乗っている幸せに見える他者を見ては批判をしてきているのに、もし本当に、私が高級車に乗ることになれば、「あれ?貴方は今まで、高級車に乗っている幸せに見える他者を見ては批判していましたよね?それなのに、どうして自分は高級車に乗っているの?つじつまが合わないよね?貴方は一貫性のない不誠実で利己的な酷い人ですね。」と、無意識レベルで自分で自分を批判することになり、そのために私の潜在意識は、「高級車なんて、乗らない方が良いよ。不幸になるだけだよ」と、ブレーキをかけていて、

だからこそ、過剰に高級車に対して思い入れをもち、「手にしたいのだけど、本当に手にしてしまうことは、恐れブレーキがかかる」という状態になっていたのかもしれません。


★好きな人と両想いになる方法|好きな男性/女性に片思い/両想いになるには★
~高級車に乗っている幸せに見える他者を見ては批判していると{世界観/つじつま合わせ}の関係から「手にしたいのだけど、本当に手にしてしまうことは、恐れブレーキがかかる」という状態になる場合もある~


それが、まだまだ実践出来ずにいる場合の方が多いのですが。
幸せそうな他者を見ては批判するのを辞め、祝福するよう努め始めてから、というもの。

自分の中にあった{高級車に対する過剰な思い入れ}や{手にしたいのだけど、本当に手にしてしまうことは、恐れブレーキがかかる}などが、浄化され始めているよう感じられてもきているのでした。→世界観を浄化する


<幸せそうに見える人を見ては祝福する>
自分がそう、幸せそうに見える他者を見ては祝福をするならば。
自分がそうだから、いつしか「皆も、幸せそうな人を見ては、自分のことのように喜んでくれる(ハズだ)」と思い込むようになっていき、そのために「もし、自分が乗りたい車に乗るようになれば、私は皆から、祝福してもらえる(ハズだ)」とも思うようにもなっていき・・
※乗りたい車は、高級車である必要はない。価値観次第であるため。


だからこそ、もし本当に、私が乗りたい車に乗ることになれば、私は「私は皆から祝福される(ハズだ)!」と思うことになり、そのために私の潜在意識は、「乗りたい車に、乗れると良いよね」と、自分の気持ちを肯定するようになり、


また、自分がそう、乗りたい車に乗っている幸せそうに見える他者を見ては祝福するならば。
もし本当に、自分が乗りたい車に乗ることになると、「乗りたい車に乗っているのだね。良かったね~」と、無意識レベルで自分で自分を祝福することになり、そのために私の潜在意識は、「乗りたい車に、乗れると良いよね」と、自分の気持ちを肯定するようになり、

だからこそ、「手にしたいもの(乗りたい車)を、素直に求めることが出来る」という状態になっていくものなのかもしれません。


★好きな人と両想いになる方法|好きな男性/女性に片思い/両想いになるには★
~乗りたい車に乗っている幸せに見える他者を祝福していると{世界観/つじつま合わせ}の関係から「手にしたいものを、素直に求めることが出来る」という状態になる場合もある~



「ふーむ。そう考えてみると、恋愛もそうなのかな。」

思考がどうも、恋愛へとリンクしたようで。
私の思考は、恋愛について進んでいくのでした。



③恋愛と潜在意識~好きな人と両想いになる方法|好きな男性/女性に片思い~
■中学生の頃からでしょうか。
自分の好きな人と両想いになり付き合っている、幸せそうなA君や、B君を見る度に「いいよなー。好きな人と両想いになり付き合える人は。」と批判するようになっていったのでした。


<幸せそうに見える人を見ては理不尽に批判し嫌う>
自分がそう、幸せそうに見える他者を見ては批判し、嫌ってきているから。
自分がそうだから、いつしか「皆も、幸せそうな人を見ては批判し嫌う(ハズだ)」と思い込むようになっていき、そのために「もし、自分が好きな女性と付き合うようになれば、私は皆から、批判され嫌われてしまう(ハズだ)」とも思うようにもなっていき・・

だからこそ、もし本当に、私が好きな人と付き合うことになれば、私は「あぁ、私は皆から理不尽に批判され嫌われてしまう(ハズだ)!」と、周りの目を気にしながらビクビク・オドオド恐れながら生きることになり、

そのために私の潜在意識は、「好きな人と両想いになり付き合う、なんて、辞めた方が良いよ。不幸になるだけだよ」と、ブレーキをかけていて、


また、自分がそう、好きな人と両想いになり付き合っている幸せに見える他者を見ては批判をしてきているのに、もし本当に、私が好きな人と両想いになり付き合うことになれば、「あれ?貴方は今まで、好きな人と付き合っている幸せに見える他者を見ては批判していましたよね?それなのに、どうして自分は好きな人と付き合っているの?つじつまが合わないよね?貴方は一貫性のない不誠実で利己的な酷い人ですね。」と、無意識レベルで自分で自分を批判することになり、そのために私の潜在意識は、「好きな人と両想いになり付き合う、なんて、辞めた方が良いよ。不幸になるだけだよ」と、ブレーキをかけていて、

だからこそ、過剰に{恋愛/好きな人と付き合う}に対して思い入れをもつに至り、「{好きな人と両想いになり付き合う}を手にしたいのだけど、本当に手にしてしまうことは、恐れブレーキがかかる」という状態になっているのかもしれません。


★好きな人と両想いになる方法|好きな男性/女性に片思い/両想いになるには★
~好きな人と両想いになり付き合っている幸せそうに見える他者を見ては批判していると{世界観/つじつま合わせ}の関係から「{好きな人と両想いになり付き合う}を手にしたいのだけど、本当に手にしてしまうことは、恐れブレーキがかかる」という状態になる場合もある~


一方、もし、幸せそうな他者を見て批判するのを辞め、祝福するよう努めるのであれば。

自分の中にある{「恋愛/好きな人と付き合う」に対する過剰な思い入れ}や{{好きな人と両想いになり付き合う}を手にしたいのだけど、本当に手にしてしまうことは、恐れブレーキがかかる}などが、浄化され始めることもあるのかもしれません。


<幸せそうに見える人を見ては祝福する>
自分がそう、好きな人と結婚していく幸せそうに見える他者を見ては、心から祝福をするならば。
自分がそうだから、いつしか「皆も、幸せそうな人を見ては、自分のことのように喜んでくれる(ハズだ)」と思い込むようになっていき、そのために「もし、自分が好きな人と付き合い結婚することになれば、私は皆から、祝福してもらえる(ハズだ)」とも思うようにもなっていき・・

だからこそ、もし本当に、私が好きな人と付き合い結婚することになれば、私は「私は皆から祝福される(ハズだ)!」と思うことになり、そのために私の潜在意識は、「好きな人と両想いになり付き合い、結婚出来ると良いよね」と、自分の気持ちを素直に肯定するようになり、


また、自分がそう、好きな人と両想いになり、付き合い、結婚していく幸せそうに見える他者を見ては祝福するならば。
もし本当に、自分が好きな人と両想いになり付き合うことになると、「好きな人と両想いになれて、良かったね~」と、無意識レベルで自分で自分を祝福することになり、そのために私の潜在意識は、「好きな人と両想いになり付き合い、結婚出来ると良いよね」と、自分の気持ちを素直に肯定するようになり、

だからこそ、「手にしたい{好きな人と両想いになり付き合う}を、素直に求めることが出来る」という状態になっていくものなのかもしれません。


★好きな人と両想いになる方法|好きな男性/女性に片思い/両想いになるには★
~好きな人と付き合い結婚していく幸せに見える他者を祝福していると{世界観/つじつま合わせ}の関係から「手にしたい{好きな人と両想いになり付き合う}を、素直に求めることが出来る」という状態になる場合もある~



④幸せな恋愛/婚活/結婚を~好きな人と両想いになる方法|好きな男性/女性に片思い~

■「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」

破滅原則に根ざして生きている私は、自分のことばかりを考え「とりあえず今、自分さえ良ければ良いんだ!」という姿勢で生きており、そのため幸せそうな他人を見ては、「あの人達なんて、不幸に転落すれば良いんだ!」などと理不尽に批判をしてきており、

その自分自身の利己的な言動により、{世界観/つじつま合わせ}の関係から、「手にしたいのだけど、本当に手にしてしまうことは、恐れブレーキがかかる」という状態になってしまっていて、

恋愛・仕事・お金・人間関係・夢・・・本当に望んでいるものを、手にすることが出来ずにいるよう思われたのでした。


言い換えると、幸せそうに見える他人を見ては、あら探しをし「どうせ、~~~のお陰だろ?あんな人には、なりたくないよね。」などと批判をしてきているから、{世界観/つじつま合わせ}の関係より、【本当に幸せになってしまうことを自分自身に許可する】が出来なくなっており、

幸せになりたい、けども、本当に幸せになってしまうことを恐れるために、幸せになれない・・状態になり、自分自身が苦しむことになっているようにも思われたのでした。トホホ。


★好きな人と両想いになる方法|好きな男性/女性に片思い/両想いになるには★
~幸せそうな他人を見ては批判していると{世界観/つじつま合わせ}の関係から【本当に幸せになってしまうことを自分自身に許可する】が出来なくなっていき長期的には自分自身が苦しむことになる~


一方で、世の中には、本当に幸せになってしまうことを自分自身に、素直に認めてあげて、素直に、恋愛・仕事・お金・人間関係・夢・・・本当に手にしたいものを手に入れ、幸せに生きている方もいるよう思われました。

そのような方は、他者の幸せを妬んだり、批判するのではなく、まるで自分自身の幸せのように喜び、祝福されているようにも思われたのでした。


繁栄的な原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}に根ざして生き、全ての他人のことを「大切な仲間」と認識し。
「大切な仲間」である幸せそうな他人を見ては、「おめでとう♪」と心から祝福するのであれば、
関連人間関係とコミュニケーションの改善方法/名言(全ての他人が【大切な仲間】)


{世界観/つじつま合わせ}の関係から、【本当に幸せになってしまうことを自分自身に許可する】を、しやすくなるものなのかもしれません。


★好きな人と両想いになる方法|好きな男性/女性に片思い/両想いになるには★
~幸せそうな他人を見ては祝福していると{世界観/つじつま合わせ}の関係から【本当に幸せになってしまうことを自分自身に許可する】が出来るようになり長期的には自分自身も幸せになっていく~


幸せそうな他人を見ては理不尽に批判し嫌う人生を歩んできている私は、そのせいで、長期的には自分自身が苦しむことになっているよう思われ、「はぁ。気をつけよう・・トホホ」と、原理原則について再確認をしたのでした。→繁栄原則と破滅原則



~まとめ 好きな人と両想いになる方法|好きな男性/女性に片思い~
①絶対基準なき相対性の世界である現実世界に生きる私達には「幸せの絶対的な基準」もなく、そのため。
「自分は今、幸せなのか?」がわからず、他人との比較を通して、「自分は今、幸せなのか?」を確認しようとする側面もあるのかもしれない。

そのため、他人より自分の方が幸せそうに思える場合、「あぁ、私は今、幸せなのだな。やった!」と理解し、他人より自分の方が不幸そうだと思える場合は、「あぁ、私は今、不幸なのか。トホホ」と理解することになり・・

だからこそ自分が幸せでいたいから、ついつい、「好きな人と結婚した幸せそうな人」「仕事で成功した幸せそうな人」「お金持ちな人」など、自分より幸せそうに見える他人を見ると、あら探しをし、批判し、その他人を不幸へと転落させることで、相対的に、自分が幸せになろうと、してしまう場合もあるのかもしれない。


②例えば、年収にも絶対的な基準はないために、「自分の年収は多いの?少ないの?」も、他人と比較しなければわからない。
そのため無意識のうちについつい、他人と、自分の、{仕事量&年収}を比較し、自分の現在の状況を確認しようとする側面もあるのかもしれない。

だからであろうか。
年収が幸せに結びつくのは、年収額そのものよりも、「自分の年収は他人より多いか?少ないか?」の方が影響力が大きいとする研究結果もあるのかもしれない。

これらは、相対性の世界にハマり込んだ結果、生じる【相対性の罠】でもあるのかもしれない。
相対的世界で生きる意味とは?名言(「相対性の罠にハマる」から「相対性の世界で遊ぶ♪」へ)


③短期的には、幸せそうに見える他人を、理不尽に嫌い、批判することで、憂さ晴らしをするのが{お得/要領が良い}のかもしれない。

しかし、幸せそうに見える他人を理不尽に嫌い、批判していると、{世界観/つじつま合わせ}の関係から、「幸せを手にしたいのだけど、本当に幸せを手にしてしまうことは、恐れブレーキがかかる」状態となり、「本当に幸せになってしまうことを自分自身に許可する」が出来なくなっていき、長期的には、自分自身が苦しむことにもなってしまうのかもしれない。


④「好きな人と両想いになり付き合っている幸せそうな人」「好きな人と結婚した幸せそうな人」「仕事で成功した幸せそうな人」「自分の夢を追いかけている幸せそうな人」・・
幸せそうな人を祝福することで私達は、自分自身にも、「本当に幸せになってしまうことを許可する」が出来るようになっていき、長期的には、自分自身も、幸せになっていきやすいものなのかもしれない。


⑤人間心理のシンプルな法則

★他人の不幸を願っていると、その己の言動により、自分自身が不幸に縛られることになりやすい。

★他人の幸せを願っていると、自分自身に対して「本当に幸せになってしまうこと(例えば好きな人と両想いになれる等)」を許可しやすくなる。
関連幸せを受け入れる仙術


~好きな人と両想いになる方法|好きな男性/女性に片思い/両想いになるには~
<writer 名無き仙人>







バス男「僕は生まれ変わったら、ナメコになりたいよ。」

バス子「記事の感想として、それはおかしいわよ。」

仙人「皆の幸せを願いながら、自他ともに、幸せになっていけると良いのぉ。」