お金がない!不安解決方法

■お金がない!不安解決方法/お金が足りないとき/リストラ・倒産が不安/将来の家計が不安/お金の悩み解決方法


お金がない!不安解決方法


バス子「やっと仙人神社に着いたわね。さっそく、お賽銭を入れ・・」

バス男「おぉ、偉大なるお金の神よぉ~!僕の貧乏な財布の中に、お賽銭を投げ入れてくれたまえ~~!」

バス子「ちょ、なに大声出してるのよ?辞めなさいよ。そもそも、お賽銭は、投げ入れて貰うものではなく、投げ入れるものよ。」

バス男「だってバス子ちゃ~ん。僕、給料日前で、お金がないんだもん(´⊆`*)ゞテヘヘ」

バス子「もうっ。バス男さんは、仙人の【お金がない!不安解決方法】の話、まだ聞いていないの?」

バス男「仙人様の【お金がない!不安解決方法~お金/仕事の不安を解決する5つの解決策~】の話?」

バス子「うん。仙人が言うには・・」







~お金/仕事の不安を解決する5つの解決策~

1.お金がない!不安解決方法

①お金の問題から自由な人

■「うーん、なんだろうな~・・」

以前、Aさんにお会いした時のこと。

Aさんと話していると、Aさんが、あまりお金に囚われていないような・・どこか、私と違って、お金の問題に対して達観されているような、、、そんな印象を受け、不思議に思ったのでした。

Aさんは、まったくもって、お金もちなわけではないようなのですが、お金に対する、不安や、不満が、なさそうというか・・。


「うーん、なんだろうな~・・」
私は、社会人になってから、いろいろと職を変えたり、仕事を変えてみたりもしているのですが、今の今まで、お金に対する、不安や、不満が、途切れたことがないのでした。
同じくAさんも、仕事は、何度か、変わられているそうなのですが、、、うーん。いったい、なにが違うのでしょうか・・



②お金がない/収入が途絶えることへの恐怖心~お金がない!不安解消方法~
■社会人になってからというもの。
給料日には、「はぁ。もっと、収入が多ければ」と不満に思いながら・・

そして、「もし仕事がなくなり、収入が途切れたらやばいよな」と、不安に思いながら・・お金に対する、不安や、不満に、振り回されながら、生きていたのでした。


その後、独立起業した今も。
やっぱり未だに「もし、収入が途切れたらどうしよう?」と不安に怯えながら、また同時に「はぁ。もっとお金さえあれば!」と不満に思いながら・・

お金に対する、不安や、不満に、振り回されながら、生きているのでした。


社会人になってからというもの。
職業を変えてみても、独立起業をしてみても、収入がなかろうが、増えようが、やっぱり、お金に対する不安も不満も消えないのでした・・。



③お金への恐怖と欲望~お金がない!不安解消方法~
■振返ってみるに、私はお金に関して、<恐怖><欲望>という、2つの感情に振り回されているようにも思えたのでした。


★恐怖→「収入が途切れたらどうしよう?」

★欲望→「もっとお金があれば・・」


恐怖と欲望・・お金に対する、この2つの感情のせいで、お金に対する不安も不満も絶えないように、思えたりもしたのでした。


もしかすると。
恐怖と欲望・・この2つの感情に呑まれてばかりで、この2つの感情をコントロール出来なければ、職を変えようが、仕事を変えようが、無収入だろうが、月収100万円になっても、1億円あっても、お金に対する、不安も、不満も、続くのかもしれません。


~お金に対する恐怖と欲望が強い限り、無収入だろうと1億円あろうと、不安も不満も、続く~


では、お金に対する恐怖と欲望を乗り越えるには、どうすれば良いのでしょうか。
その答えの1つを、書籍/あるヨギの自叙伝の著者が、教えてくれているように、個人的には感じたりもしているのでした。


①奉仕~お金がない!不安解消方法~
→私の生きている目的は、自分が安全に、そして快適に、娯楽を楽しみながら生活を送ることなのでした。
だからでしょうか。
私には、「収入が途切れたらどうしよう?(収入が途切れると、自分の安全と快適さが失われ、娯楽も出来なくなる!)」という不安や、「もっとお金さえあれば!(もっとお金があれば、より自分は安全と快適さを手に入れ、もっと娯楽ができるのに!)」という不満が、途切れないようなのでした。


一方、書籍/あるヨギの自叙伝の著者であるヨガナンダ先生は。
お金に対する恐怖と欲望に振り回されることはないようなのでした。

他者への奉仕/貢献に、人生を捧げられているからでしょうか。

先生は、他者への奉仕/貢献に、人生を捧げられており、だからこそ、「収入が途切れたらどうしよう?(収入が途切れると、自分の安全と快適さが失われ、娯楽も出来なくなる!)」という不安や、「もっとお金さえあれば!(もっとお金があれば、より自分は安全と快適さを手に入れ、もっと娯楽ができるのに!)」という不満が、私のように、強く湧いてくることがないようにも思えたのでした。

これは、‘価値観の違い’が生み出す‘違い’でも、あるのかもしれません。


★私にとって1番大切なこと★
→自分が安全に、そして快適に、娯楽を楽しみながら生活を送ること。

★先生にとって1番大切なこと★
→他者へ、奉仕/貢献をすること。


世の中には、給料額等を気にしなければ、求人情報自体は溢れており・・。
世にある仕事ではどれも、直接的に、もしくは間接的に、他者や社会に、奉仕・貢献することを求められ・・

つまり、世の中には、お金(給料)を貰いつつ、奉仕・貢献をする方法や手段は、溢れているわけで、、、

そのため、【他者へ、奉仕/貢献をすること】が1番大切である先生にとっては、「収入が途切れたらどうしよう?」という心配はなく、

「収入が途切れたら、別の仕事に就いて、その別の仕事をとおして、他者へ奉仕すれば良い」というような考えが、根底にあられたのかもしれません。

ただ、先生は偉大なる先生であったため、お金や仕事といったことを超越して、人類のために必要とされていた仕事を、されることになったようですが・・。


つまり、価値観が、自分にとっての1番大切なことが「自分が安全に、そして快適に、娯楽を楽しみながら生活を送ること」から、「他者へ、奉仕/貢献をすること」に変われば、お金に対する不安も不満も、そうでないよりは、和らぐものでも、あるのかもしれません。


価値観が、自分にとっての1番大切なことが「自分が安全に、そして快適に、娯楽を楽しみながら生活を送ること」である限り。

貯金を増やしても、「もし、ハイパーインフレで紙幣価値なくなったらどうしよう?」という不安がつきまとい・・
貯金を、株や債券に投資しても、「もし、国家破綻が起きたらどうしよう?投資先企業が倒産したらどうしよう?」という不安がつきまとい・・

資格をとっても、「もし、リストラにあったら?倒産したら?」という不安がつきまとい・・起業しても「もし、売り上げが途絶えることになったら?」という不安がつきまとう、、、のかもしれません。


一方、自分にとっての1番大切なことが「他者へ、奉仕/貢献をすること」であるならば。

貯金に対しては、「ハイパーインフレで紙幣価値なくなっても、世の中から仕事が消えるわけではないから、奉仕・貢献するチャンスは、いくらでもあるよね。」と考え、
株や債券への投資に対しても、「国家破綻が起きようと、投資先企業が倒産しようと、世の中から仕事が消えるわけではないから、奉仕・貢献するチャンスは、いくらでもあるよね。」と考え、

資格に関しても、「もし、リストラや倒産にあったら、その時は別の会社に就職して、その別の会社での仕事をとおして、他者へ奉仕すれば良いよね。」と考え、起業においても「もし、売り上げが途絶えたら・・その時は、就職するなり、また新しくビジネスを起こすなりし、他者へ奉仕すれば良いよね。」と考え・・

だからこそ、そうでないよりも、お金/仕事に対する恐怖・欲望から、不安や不満から、自由になっていきやすいのかもしれません。


<価値観次第で、人は、お金に対する恐怖・欲望から、不安や不満から、自由になっていくこともあるのかもしれない>
→このことは言い換えると、そもそもの価値観を変えない限り。
職を変えようが、仕事を変えようが、無収入だろうが、月収100万円になっても、1億円あっても、お金に対する、不安も不満も、続くことを意味するのかもしれません。

つまり、自分にとって1番大切なことが「自分が安全に、そして快適に、娯楽を楽しみながら生活を送ること」である限り、お金を得ようと頑張って働いても、お金に対する、不安も不満も、ずっと続くことになるのかもしれません。


~価値観を変えない限り。頑張ってお金を得ようとする行為は、「収入が途切れたらどうしよう?お金がなくなったらどうしよう?」という(死ぬまで続く)長期的な問題に対する、短期的な解決策でしかない~


「収入が途切れたらどうしよう?」という(死ぬまで続く)長期的な問題に対する、本当の解決策は、価値観を・・生きる目的自体を、{奉仕/貢献}に変えることなのかもしれません。

お金に対する恐怖・欲望から、不安や不満から、自由でいらっしゃった先生を見て。
他者への奉仕/貢献に人生を捧げられた先生を見て、そのようにも思えたりもするのでした・・。


②諦め~お金がない!不安解消方法~
→私は、{お金がなくなること/収入が途切れること}が、恐くて恐くて、しかたないのでした。
そのため、なんとか、お金/経済問題に関する保障を求めようと、頑張っているのでした。

しかし、この世にはリスクがないものは、なく、絶対に保障されているものも、ないのかもしれません。


~この世にはリスクがないものは、ない。絶対に保障されているものも、ない。~


で、あるのであれば。
ある種の、ある程度の、諦め・・「もし、なにかしらの理由で、お金を失ったり、収入が途切れることになっても、その時はしかたないよ。」という諦めの‘覚悟’を、もっておくことも、必要なのかもしれません。

その諦めの覚悟ないほど、存在しない{ノーリスク&絶対的な保障}を求めるほど、私達は、お金に対する不安が、逆に強くなってしまうのかもしれません。


③リスク分散~お金がない!不安解消方法~
→収入源が複数ある方が、1つであるよりも、お金に対する不安は少なくなるものでも、あるのかもしれません。

たとえ今の仕事からの収入が途絶えても。
他の仕事をこなせる資格や技能を身につけていれば、安心感があるであろうし・・投資からの収入があれば、安心、、、とも言えそうです。
※例えば、自分の会社が倒産したとしても、別会社の株を保有しており、配当収入を得れる状態であれば、そうでないよりかは安心、、、とも言えそうです。

そのため、リスクを分散するために、資格や技能を身につけるために学んだり、投資について学ぶことは、お金/経済問題に対する不安解決方法の1つとも、なるのかもしれません。

しかし、そのようにリスク分散をしても、「もし、~~となったら、どうしよう?」の不安が、完全になくなることは、ないのかもしれません。

「もし、大地震が起きたら?」
「もし、戦争が起きたら?」
「もし、隕石が落下したら?」

そうなれば、たとえリスクを分散して投資を行っていても、お金を失う場合もありそうです。


~この世にはリスクがないものは、ない。絶対に保障されているものも、ない。~


だからこそ、お金/経済問題に対する不安解決方法の1つは、【①奉仕(価値観を変える)】なのかもしれません。
地震が起きても、戦争が起きても、隕石が落下しても・・私達が生きている限り、他者へ、この世界へ、奉仕/貢献するチャンスはありそうです。


④備え~お金がない!不安解消方法~
→職を辞めてニートをしていた頃。
「大丈夫。なんとか、なるよ!」と、楽観的に考えようとしていたのでした。

しかし、楽観的になろうと頑張ってみても、お金/経済問題に対する不安が、途絶えることはなかったのでした。備えが、まったくなかったからでしょうか。

備えなしの楽観主義では、不安がつきまとうことになるのかもしれません。
自分は表面的な意識にて楽観的に頑張っていても、潜在意識レベルでは、不安を感じているからでしょうか。

そのため、‘備え’も、大切なのかもしれません。

現実的な備えとしては、やはり貯金も、ないよりは、あった方が、お金/経済問題に対する不安が、軽減することになりそうです。

300万円の貯金があれば、「収入が途絶えたら・・やばいけど、とりあえずは生きていけるよね。」と思えることになりそうです。
一方、備えである貯金がなく、あるのは300万円の借金だけならば「収入が途絶えたら・・やばいぃ!!」と思うことになり、お金に対する不安が募りそうです。

また、精神的な備えとして「低い生活水準で暮らすことも辞さない」という覚悟をもっておくことも、お金/経済問題に対する不安を、軽減する効果がありそうです。
逆を言えば、{上手くいかなくなった時には、低い生活水準で暮らす!}という覚悟がないと、お金/仕事に対する不安が強くなりそうです。


⑤他人と目/他人との比較~お金がない!不安解消方法~
→他人との比較をしてしまうと、ついつい「あの人はお金持ちで、いいな~。私も、もっと多くのお金を・・」と、欲望が強くなってしまうものなのかもしれません。

また、周りの目を過度/過剰に気にする心があると、{上手くいかなくなった時には、低い生活水準で暮らす!}という精神的な備えが、出来ない場合もあるかもしれません。

他人と比較することなく、周りの目を、過度/過剰には気にすることもなく・・人生を楽しむコツ(ゴルフ場にて/内なるスコア)や、自分の能力の限界を認めるメリット(私は私。私のペースで。)にもあるとおり、自分は自分で、自分らしく、自分にとっての楽しい、幸せな人生を生きていけるの、良いのかもしれません。



③お金の問題から自由になる~お金がない!不安解消方法~
■どこか、達観しているようにさえ見えたAさんも、お金のために働いてはいるようなのですが。
他者への奉仕/貢献にも価値を見出しているようで、仕事をとおして、奉仕/貢献が出来ていれば、それでOK!というような、雰囲気もあったのでした。

仕事は、何度か、変わられていたようですが、どの仕事も、Aさんなりに楽しみながら、されていて・・その根底には「他者へ、奉仕/貢献をすることが大事」があるようにも、なんとなく感じたのでした。

だからでしょうか。
お金について、あまり心配していないような・・お金に過度/過剰なほどには囚われていないような・・そういうふうにも、私からすると見えたのでした。


私の頭の中は、「もっと稼いで・・」という欲望と、「収入が途絶えたらどうしよう?自分の稼いだお金を失ったらどうしよう?」という恐怖ばかりなのでした。

だからでしょうか。
私にはAさんが、お金に過度/過剰なほどには囚われていないように見え・・・そして私の人生では、お金に対する不安と不満が絶えないようなのでした。


<価値観を変えない限り。頑張ってお金を得ようとする行為は、「収入が途切れたらどうしよう?お金を失ったらどうしよう?」という(死ぬまで続く)長期的な問題に対する、短期的な解決策でしかない>
頭では、そう理解できるのですが、破滅原則的な私にとっては、奉仕/貢献を大切にするのは難しく・・・しかし、繁栄原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}を身につける修行をとおして、少しづつ★自分にとって1番大切なこと★を変えていき、お金に対する恐怖・欲望から、不安や不満から、自由になっていけたら良いな~とも、思ったのでした。



~まとめ お金がない!不安解消方法~
①恐怖と欲望・・この2つの感情に呑まれてばかりで、この2つの感情をコントロール出来なければ、職を変えようが、仕事を変えようが、無収入だろうが、月収100万円になっても、1億円あっても、お金に対する、不安も、不満も、続くのかもしれない。

②価値観次第で、人は、お金に対する恐怖・欲望から、不安や不満から、自由になっていくこともあるのかもしれない。
価値観を変えない限り。頑張ってお金を得ようとする行為は、「収入が途切れたらどうしよう?」という(死ぬまで続く)長期的な問題に対する、短期的な解決策にしかならないのかもしれない。

③この世にはリスクがないものは、ない。絶対に保障されているものも、ない。のかもしれない。


~お金がない!不安解決方法~
<writer 名無き仙人>





バス男「ふむ。お賽銭とは、投げ入れて貰うものでも、投げ入れるものでもなく、こっそりと頂くもの・・なのか。ふむふむ。」

バス子「辞めときなさい、賽銭ドロボーで捕まるわよ~。」

仙人「奉仕/貢献の心を育てていくことで、お金に関する不安や不満から、少しづつ自由になっていけるのも良さそうじゃのぉ。」







<お金/関連>→上手なお金の稼ぎ方と使い方(お金の取り扱い方法)
お金持ちの法則(資産を作る・資産を買う)
お金の増やし方(資産と負債の違い)
お金の作り方(お金を作る方法)
金運up!風水や財布よりも(金運が上がる4つのコツ)



関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)