節約で貯金1000万円貯める方法

■節約方法のコツ/秘訣/1人暮らしの節約貯金方法とは/主婦の食費の節約と家計簿/生活費の節約とolの貯金100万。


節約で貯金1000万円貯める方法


バス子「私は貯金1000万円を目指しているんだけど、貯金って難しいなぁ。」

バス男「バス子ちゃ~ん。僕なんて銀行残高はマイナスだよ~。」

バス子「バス男さんの場合は、まずは借金を返さないとね。・・仙人に【節約で貯金1000万円貯める方法】を聞きに行ってみようかなぁ。」

バス男「ほ~、仙人様の【~上手なお金の貯め方/使い方~節約で貯金1000万円貯める方法】かぁ。」







~上手なお金の貯め方/使い方~

1.節約で貯金1000万円貯める方法

①お金を貯めたい!

■「家を買いたい!」「車を買いたい!」「海外旅行に行きたい!」「自分で事業を始めたい!」・・なんにしろ、お金が必要となることがあり、貯金を作りたい!と思うことがありますよね。

今回の記事では、「上手なお金の貯め方/使い方」ということで、上手に貯金額/貯蓄額を増やしていく方法について見てみたいと思います。



②お金を貯めるには?~節約で貯金1000万円貯める方法/貯蓄方法のコツ~
■上手にお金を貯めていくには、以下のことも大切となるのかもしれません。


①お金に関するイメージ
→私達はそれぞれで、お金に関して異なるイメージをもっているようです。


ある人は「お金は汚い」「お金は不浄」「お金は諸悪の根源」など、お金に対してマイナスなイメージをもっているかもしれません。


また、ある人は「お金は感謝の具象化」「お金は感謝の代用」など、お金に対して肯定的なイメージをもっているかもしれません。


お金自体は、人間が作り出した中立のモノで、その‘お金’に対して、私達がそれぞれで、異なるイメージ・印象をもっているのかもしれませんね。


お金を貯めて貯金額を増やしていく場合。
お金に対して負のイメージや印象が強すぎると、無意識のうちに、「汚い不浄の‘お金’なんかを自分の手元(銀行口座)におかないように!」と、してしまい・・「節約生活をするのに、なぜかお金が貯まらない|節約生活をしているのに、なぜか出費が発生して貯金額が増えない」などの現象が発生することもあるのでしょうか。

お金に関するイメージや印象に関して詳細は、お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)の記事にて。


②お金を稼ぐ
→貯金をしていくためには、まずは収入が必要となりますよね。
収入額自体が少なく、生活をきりつめても生活を維持するのがやっとの場合、貯金を作っていくことが難しい場合もあるようです。

そのような意味では「お金を稼ぐ|収入額を増やす」というステップも、貯金を作っていくうえでは大切なことの1つとなるのでしょうか。


③お金を貯める
→収入額は多いのに、貯金/貯蓄がないケースもあるそうです。
その理由は多い収入額に比例して、生活水準も上がっていき、使うお金が増えるからでしょうか。

そのため、収入額に関わらず、「無駄なモノは買わない」など節約生活をおくり、「収入として得たお金を(散財から)守る」というステップも、貯金をしていくうえでは大切なことになりそうです。

この「収入として得たお金を(散財から)守る」というステップが、一般的にいう「節約」「節約生活/倹約生活」になりそうです。
「クレジットカードで節約する方法」「電気代を節約する方法」「食費を節約する方法」などは、この「収入として得たお金を(散財から)守る」のステップなのですね。


④お金を上手に使う
→「貯金を増やしていく」という話になると、とにかくケチになって「お金を、とにかく使わない生活」をする方向に話が向かいそうです。

しかしながら、「ひらすらケチになってお金を、とにかく使わない生活」では短期的には上手くいっても、長期的には上手くいかない・・(お金を使わないようにしているのに、なにかしらの出費が発生し始めるなど)・・場合もあるそうです。
「ひらすらケチになってお金を、とにかく使わない生活」をずっと続けようとしても、どこかで行き詰まり始める場合もあるわけですね。

「お金は一箇所に留め続けることができない」・・お金の性質的なものも関係しているのでしょうか。


そのため、お金の無駄使いをしないよう心がけつつも、「上手なお金の使い方|生きたお金の使い方」も心がけ、「収入として得たお金を(散財から)守る」と「お金を上手に使う」のバランスをとることも必要となるのかもしれません。


「お金を上手に使う」・・具体的には、人(自分自身含む)を大切にして、人を喜ばせるお金の使い方を上手にしていくことが大切となるのでしょうか。

「自分自身を大切にして、自分自身を喜ばせてあげるお金の使い方」や、「他人を大切にして、他人に喜んで貰えるお金の使い方(驕る/プレゼント/寄付等)」などもバランス良く心がけながら、お金と楽しく付き合っていけると長期的にも上手くいくことになるのかもしれませんね。


お金は、人生を楽しむためのツール(道具)でもありそうです。
自分自身や他人を喜ばせること/自分や他人に喜んで頂くことは「楽しいこと」であるため、「人に喜んで頂けるお金の使い方」もバランス良く取り入れながら、楽しく貯金を貯めていくようにすると、長期的には上手くいくことになるのでしょうか。

また、「お金を上手に使う」の中には投資(株/FX/不動産)もあるそうです。



③節約で貯金1000万円貯める方法/貯蓄方法のコツ
■では、貯金1000万円を貯める方法について見てみます。

1年間の貯金額は「年間の手取り年収」から「年間の総支出」を引いた金額になりそうです。
※「(税金等を引かれる前の)総年収」ではなく「(税金等を引かれた後の)手取り年収」で考える必要がある。


例えば、「年間の手取り年収」が400万円で「年間の総支出」が300万円なら、1年間の貯金額は100万円になることでしょう。
この場合、1年毎に100万円づつ貯金額が増えていくため10年で貯金1000万円が作られることになりそうです。


★節約で貯金1000万円貯める方法/貯蓄方法のコツ★
~1年間で貯まる貯金額→「年間の手取り年収」-「年間の総支出」~


そのため、もっと早く貯金1000万円を作りたい場合。
「年間の手取り年収」を増やすか、「年間の総支出」を減らすと上手くいくものなのかもしれません。


「年間の手取り年収」を増やす場合。
奥さんが働いたりすることにより、「年間の手取り年収」が500万円となれば、「年間の総支出」が300万円のままでも1年間の貯金額は200万円となるため5年で貯金1000万円が作られることになりそうです。


「年間の総支出」を減らす場合。
生活水準を下げるなどにより、「年間の総支出」が200万円となれば、「年間の手取り年収」が400万円のままでも、1年間の貯金額は200万円となるため5年で貯金1000万円が作られることになりそうです。


★節約で貯金1000万円貯める方法/貯蓄方法のコツ★
~貯金が貯まるスピードを早める方法→「年間の手取り年収」を増やす/「年間の総支出」を減らす~


だからこそ、「年間の手取り年収」を増やし、尚且つ、節約などにより「年間の総支出」を減らすことが、もっとも早く目標の貯金額を作ることに繋がるのかもしれませんね。



④まとめ~節約で貯金1000万円貯める方法/貯蓄方法のコツ~
■1年間で貯まる貯金額は【「年間の手取り年収」-「年間の総支出」】となるため、まずは自分の「年間の手取り年収」と「年間の総支出」を把握すること。

そうすることにより、おおよその{1年間で貯まる貯金額}がわかり、すると目標の貯金額が貯まるであろう年数もわかることになり、また、貯金を増やすために必要となる改善点も見えてくることになりそうですね。


目標の貯金額が300万円~500万円~1000万円など、大きくなればなるほど、数年スパンで計画をたて、コツコツとお金を貯めていく必要がでてきそうです。

楽しみながら、コツコツと貯金/貯蓄を作っていけると良さそうですよね。


~節約で貯金1000万円貯める方法/貯蓄方法のコツ~
<writer 名無き仙人>







バス男「僕は30万円の貯金を作りたいなぁ。」

バス子「人それぞれで、目標の貯金額にも違いがあるわよね。」

仙人「目標の貯金額が貯まるといいのぉ。」