お金を貯めるには?方法

■お金が貯まらない理由と原因/お金が貯まる人の条件と特徴/賢くお金を貯める方法/短期間でお金が貯まる方法/貯金残高が少ない


お金を貯めるには?方法


バス子「あ~、お金がなーい。お金を貯めたいけど、貯まらないのよね。お金を貯めるコツや秘訣を知ってたら教えて。」

バス男「バス子ちゃーん。僕は借金を減らしたいけど、借金が減らなくて。てへ。」

バス子「聞く人を間違えたみたい。仙人に【賢くお金を貯める方法】を聞きに行ってみよっと。」

バス男「仙人様の【早くお金を貯める方法】かー。」







~お金が貯まらない?理由と対策~

1.早くお金を貯めるには?方法

①上手な貯蓄・貯金の仕方とは?

■「新しい車を買う」「結婚する」「家を買う」などのライフイベントの時に限らず、お金の工面について考えることは、多々ありますよね。
浪費癖があると、一生、お金で苦労し悩むことになるかもしれませんし、節約生活が上手くいけば、お金の悩みや心配も、減っていきそうです。

今回の記事では、【お金を貯める方法】ということで、浪費癖から脱却し、節約上手になるための考え方と方法について、見てみたいと思います。



②資産か?負債か?~お金を貯める方法~
■「お金もちは案外ケチ!」と聞く機会がありますよね。
その理由は、お金持ちの人が、資産と負債に対して敏感だから・・かもしれません。言い換えると、お金持ちの人は買い物の最中に、商品を、資産か?負債か?でも、見ているから・・なのかもしれません。

詳細は、お金の増やし方(資産と負債の違い)にあるとおり。
ここでは、資産を【お金を増やしてくれるもの】とし、負債を【お金が減っていくもの】として話を進めていきます。

たとえば、近くのデパートや100均、コンビニに買い物に行ったとしましょう。
デパートや100均、コンビニには、資産【お金を増やしてくれるもの】はあるでしょうか。うーん、なさそうですね。

デパートで買った服も、100均で買ったお皿も、コンビニで買ったパンも、‘私’の銀行残高を増やしてはくれないことでしょう。
逆にカードローンで買った服は、負債【お金が減っていくもの】となってしまいました。


お金持ちの人は、負債【お金が減っていくもの】を減らし、資産【お金を増やしてくれるもの】を増やそうと考えているため、資産はなく負債だらけのショッピングでは心がときめかず、買い控えることもあるのかもしれません。

一方、インターネットに接続されたパソコンからは、株や外貨を買うことができます。
配当金をだしている会社の株や、利率の高い外貨を買えば、その株や外貨は、資産【お金を増やしてくれるもの】となって、‘私’の銀行残高を増やしてくれる可能性があります。→資産運用/株式投資のタイミング(株価の相対性と「市場価格は他人の意見」)


その他にも、不動産会社の窓口では、家賃収入を得られるアパートなどが売られています。
アパートを買い、アパートの大家さんになれば家賃収入を得られ、そのアパートは、資産【お金を増やしてくれるもの】となって、‘私’の銀行残高を増やしてくれる可能性があります。


お金持ちの人は、負債【お金が減っていくもの】を減らし、資産【お金を増やしてくれるもの】を増やそうと考えているため、資産を買えるショッピングでは心がときめき、ワクワクして、株や不動産などのお買い物をする場合もあるのかもしれませんね。


・・私達も、ものを買う際は、それが資産か?負債か?という観点で、考えてみることにより、浪費を減らせるものなのかもしれません。
たとえば、釣具屋さんに行けば、欲しい釣竿が売られていることでしょう。
その釣竿で魚を大漁に釣って儲かるならばいいですが、多くの場合、釣りに行けば、ガソリン代やエサ代で、お金は減ることになるでしょう。つまり釣り竿は負債【お金が減っていくもの】なのかもしれません。

このように考えると、さっきまで「欲しい!」と感じていた釣竿を、あまり買いたいとは思わなくなるかもしれません。釣り竿は資産ではなく負債だからです。

負債【お金が減っていくもの】である釣竿を買うのではなく、資産【お金を増やしてくれるもの】となる可能性がある{釣竿を作っている会社の株}を買うようにすることで、私達は浪費の罠から抜け出せ、釣竿を作っている会社の株主がもらえる配当金を受け取ることになり、お金も貯まっていくのかもしれません。



③欲しい!と必要!~お金を貯める方法~
■人によって「欲しい!だから買う」という人と、「必要!だから買う」という人がいるのかもしれません。

欲しいから買う場合は、必要がないものも買ってしまい、後々、カードローンの返済などで困ることになる場合もあるようです。

一方、「欲しい!けど、必要でないから買わない」としすぎると、節約は上手くいき、お金は貯まるでしょうが、買い物からの喜びは失うかもしれませんし、いつか、欲しいのに我慢していたストレスが爆発し、散財してしまうこともあるかもしれません。

「欲しい!だから買う」と「欲しい!けど必要がないから買わない」と「必要!だから買う」のバランスをとりながら、消費生活・節約生活を送っていけると、上手にお金を貯めていくことができるのかもしれません。



③お金が貯まる人の特徴や条件~お金を貯める方法~
■では、その他の節約のコツ・秘訣について、見てみましょう。


①中古を活用する
→車でも家具でも、家でも服でも、ゴルフのアイアンでも、釣竿でも、中古品になれば、値段が下がりますよね。
新品を買いたい気持ちも大切にしつつ、中古でいいものは中古にするようにすると、お金のやりくりに余裕がでてきそうです。


②ネットを活用する
→実際の店舗で購入するよりも、インターネットの通販で買った方が、安くなる商品もありますよね。
インターネットの通販ショッピングを上手に活用すると、節約もはかどりそうです。


③節約でストレスを溜めない
→節約を頑張りすぎると、面倒なことまで行ったり、我慢したりすることになり、少しづつストレスが溜まる場合もありそうです。
そして私達人間は、快と不快のバランスをとろうとするため、ストレス・不快が溜まると、快を求めてしまうことになるようです。

現代社会で快を求めればお金を使うことになりがちですし、食べ物に快を求めれば太ってしまい、後々、ダイエットや医療費でお金が必要となってしまうかもしれません。

節約は大事ですが、ストレスとの兼ね合いも考えながら節約をすることは、大切なことなのかもしれません。


④流行を追わない
→流行り廃りのある流行のものを追いかけていると、買い換える頻度が増えてしまい、お金は減る一方で、貯まりそうもないですよね。
流行を追いかけすぎないことや、新商品・新型商品・ニューモデルなどを追いかけすぎないことは、節約生活にとっては大事なことなのかもしれません。


⑤見栄消費をしない
→周りの人達からリッチと思われたいばかりに見栄消費にはしってしまうと、家計が大変なことになりそうですよね。
また、周りの人達からリア充と思われたいばかりに、ハデな生活を続けると、貯金が減り、借金が増えてしまいそうです。

人間は、他の人間との関係性を断ち切ることはできないのでしょうが、「周りの人達からどう思われるか?」ばかりを気にするのではなく、地味でもいいので堅実な生活をおくっていきたいものですね。


⑥健康を害さない
→1人暮らしで節約をする場合、食費を削りがちで、男性の場合はカップ麺などにはしりやすいわけですが、長期的には、健康を害することは、収入減&医療費増で、大きな金銭的ロスとなるため、食事については気をつけたいものですね。
生野菜は高くカップ麺は安いですが、長い目でみれば、カップ麺の方が高くつくのかもしれません。
豊かな人生を生きる指針(ガチョウと黄金の卵)



④お金が貯まるコツ・秘訣~お金を貯める方法~
■節約生活も、我慢しつつストレスを溜めながら・・では長くは続かないことでしょう。
無理せず行える範囲で、長期的なことまで考えて、節約を続けていけるとお金も貯まりそうですね。

さて、今回の記事も、最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。


~すぐに早くお金を貯めるには?方法・賢くお金が貯まる人~
<writer 名無き仙人>







バス男「賢く早くお金を貯めるためには、ギャンブルで勝つのが1番なのかー。」

バス子「賢くすぐにお金を貯めるには、パチンコなどのギャンブルをしないことが1番じゃない?」

仙人「楽しみながらお金を貯めていけるといいのぉ。」