仕事術

■おすすめ/人気の仕事術。時間の活用方法やスケジュール管理。重要事項を優先させる/お金/時間/エネルギー





★人気記事ベスト5/仕事術編★
1位 仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)

2位 精神的に楽な仕事にする方法(アホになると仕事が楽になる!)

3位 生徒/部下の指導と人間関係構築(心の中では、 一生、謙虚に学び続ける)

4位 営業ノウハウやトークより基本が営業マンのコツ(営業のプロと素人の違い)

5位 会社休みたい?有意義な休日の過ごし方(休日に仕事のことを考えないコツ・秘訣)







★仕事術/関連記事★

仕事がつまらない!解決方法(仕事が楽しくなるコツ)

仕事ができない悩み相談!解決(仕事のできる男女になる6のコツ)

職場で無視される?嫌がらせされない方法(職場の人間関係のコツ)

職場/社内のコミュニケーション方法(信頼を得るコツ・秘訣)

仕事/職場のストレス解消方法(仕事でストレスを溜めないコツと解消方法)

職場で嫌われる女とは(同僚から好かれるコツ・秘訣)

安定した職業/仕事とは?(安定が欲しくなる心理と安定した職業)

仕事する意味/働く意味とは?(生活費を稼ぐ以外の「働く意味」とは?)







★仕事/仕事術について★
→時代の変化とともに「仕事」も「働き方」も変化してきていますよね。
ただ変わらないのは「仕事とは、他者や世の中へ奉仕/貢献をすることである」という点なのかもしれません。この点「仕事とは、他者や世の中へ奉仕/貢献をすることである」は今後も、技術革新などにより仕事の種類や働き方が変わっても、変わらないのかもしれません。
そのため「他者の幸せに役立つこと/奉仕・貢献をすること」に価値をおき、奉仕や貢献に多くの喜びを感じる自分創りをしていくことで、人生の幸福度や幸せ度は高まることになりそうですよね。人生では仕事に費やす時間も睡眠時間と同じく、多いことになるようだからです。
学んだり、他人の幸せのお役に立つことは本来、楽しいこと、喜び多いことなのかもしれません。
なんの先入観もなかった子供の頃(まだテストや受験なども関係がなかった幼い頃)は「学ぶこと」や「他人の幸せに役立つこと」が楽しかった・・ともいえそうです。
そのため思い込み(先入観)を取り払い、常識にお付き合いしないだけでも、「学ぶこと(本を読んだりすることで、いろいろと学んでみること)」や「他人の幸せに役立つこと(仕事)」が、もっと楽しいものへとなっていく場合もあるのかもしれません。





バス男「仕事を効率良く、能率良くすすめ、成果をあげるために大切なこと・・か。」

バス子「なにか、役に立つような仕事術に関する話を聞けるといいなぁ。」

仙人「楽しく仕事に取り組めて、それでいて、成果/結果に繋がるような、そのような仕事術に関する、ためになる話を書いていけると良いのぉ。時間/お金/エネルギーの上手な使い方によって、能率良く、効率良く仕事をしていくコツや、プライベートはプライベートで、頭と、そして心も上手に切替える・・・そういったことに関する記事も、書いていけると良いのぉ。あとは、、、重要事項を優先させることや、重要事項と、最重要事項の違いなども、仕事術においては、大切になりそうじゃのぉ。」