安定した職業/仕事とは?

■男性/女性の収入や給料/給与が安定した仕事・職業ランキング/転職や就職の一生働ける仕事とは?仕事の情報


安定した職業/仕事とは?


バス子「私も来年で30歳だし、安定した職に就きたいなぁ。」

バス男「バス子ちゃ~ん、僕も結婚して安定・安心の人生を歩みたいよ。」

バス子「そうよね。じゃあ仙人に【安定した職業/生活とは?】を聞きに行ってみる?」

バス男「仙人様の【安定した職業/生活とは?】かー。」







~安定が欲しくなる心理と安定した職業~

1.安定した職業/仕事とは?

①一生働ける仕事・職業とは?

■将来の見通しが立ちにくい時代のため、安定した職業/仕事が人気ですよね。

安定した職業といえば<公務員>や<大企業>であり、また資格をとることも安定した職に繋がる可能性があるようです。

ただ、大企業でも倒産やリストラがある時代であり、また大企業の正社員(総合職)として働いていても、40過ぎでリストラにあえば、次の仕事は見つかりにくい場合もあるかもしれません。

資格も、将来の需要(その資格者を必要とする企業)と、供給(資格者)次第では、もっていても職がない可能性もあるようです。

そういう意味では、倒産もリストラもない公務員は抜群に安定度が高い!と言えそうですね。

他にも、生活の安定という観点から言えば・・・
①結婚して夫婦ともに正社員で働く
②節約に努め貯金をもっておく
③副収入を作る
④いざというときに支え合える家族・親戚・兄弟・友達などと良い関係を築いておく
なども、生活の安定につながりそうです。

長い人生、なにがあるかわからず{リストラ・倒産・心身の病気}などから自分が職を失ってしまい、年齢的に、条件のいい再就職が難しいケースは、多くの人にとって可能性が0%ではないこと!だと言えそうです。

そんな時に、パートナーが手に職をもっていたり正社員で働いているならば心強いですよね。

家計の収入が1つの勤め先の給料からよりも、【夫の給料・妻の給料・株式の配当金・インターネットビジネスからの収入】などと複数あった方が、安定や安心に繋がりそうです。
夫婦円満の秘訣/コツ(人間関係のバランスと無償の愛)
家でできる仕事/副業のコツ(アフィリエイトで成功するコツ)
資産運用/株式投資のタイミング(株価の相対性と「市場価格は他人の意見」)


と、頭ではわかっていても、10代や20代前半の若い頃は「将来の安定のために今を犠牲にしたくない。安定してはいるけれど地味なサラリーマンをコツコツと続けたくない。今、好きなことをして楽しみたい。夢をおいかけたい。」と思うものですよね。

しかし、20代後半から30代になると、{自分自身の気持ち}や{欲しいもの・手にしたいもの}に変化が現れる可能性が高いようです。どういうことでしょうか。詳しく見てみます。



②安定したい~安定した職業/仕事とは?~
■20代後半から30代にかけて、どのような変化が起きてくるか?を、見てみます。


①心境・気持ちの変化
→「お腹がでてくる」「肌のシミが増えてくる」など、肉体的な変化は、よく耳にしますが、心の面での変化もあるようです。
もちろん、肉体的変化と同様、心の変化も個人差が大きいのですが、以下のようなことも起こりうる!と知っておいて、損はなさそうです。


・安定が欲しくなる
→10代や20代前半の若い頃は、安定なんかよりも、いろいろなことにチャレンジしてみたいものですよね。
「たった1度きりの人生、チャレンジしなくて、どうするの!?」「若い今のうちに、楽しまないでどうするの!?」「将来のことなんて、将来、考えればいいんだ」と言いながら、海外で生活をしてみたかったり、ミュージシャンとして成功したかったり、起業を目指したり、好きなことをしながら生きていったりも、してみたくなります。

しかし20代後半から30代になってくると、{自分に出来ること・出来ないこと}が現実的に突きつけられることになり・・・・例えば28歳にして、未だに売れないミュージシャンであれば「ずっと頑張ってきたけど自分にはやっぱり無理なのか」と現実的に思い知らされることになり・・・・すると、今後の人生のことが気になってきて「夢が達成できないならば、せめて安定した普通の人生を歩みたい。」と思い始めることも多いようです。

が、履歴書的に、今までの経歴・年齢も微妙であり、なかなか就職もできずに「もう夢は諦めた!せめて安定した普通の人生を歩みたい。だけど、このままでは良いところの就職も難しい。どうしよう?」という思いは強まることもあるようです。


~安定した職業/生活とは?~
歳をとると → 厳しい現実に直面し、安定が欲しくなる


20代前半の頃には「たった1度きりの人生、チャレンジしなくて、どうするの!?」「若い今のうちに、楽しまないでどうするの!?」「将来のことなんて、将来、考えればいいんだ」と心から思っていたのに。
20代後半になると、急に、安定が欲しくなったりもすることがあるようです。気持ちは、年齢とともに変化する傾向になるからでしょうか。


・結婚
→10代や20代前半の若い頃と違い、20代後半や30代になると、結婚が身近になってきます。
周りの友人や知人が、どんどん結婚していく姿をみると、若い頃は「結婚はしなくてもいいや。」と思っていても、「自分は大丈夫なのか?結婚できるのだろうか?」「私も結婚したい!」という思いになることも少なくないようです。


~安定した職業/生活とは?~
歳をとると → 周りが結婚していくせいで自分も結婚したくなる


また、30歳をすぎると、友達が結婚していくために遊び相手や、一緒に合コンにいく人もいなくなり、友達からの紹介もへり、「休日や仕事終わりに遊ぶ人がいなくなった。1人で暇だ。」「このままでは出会いがない。どうしよう?」と焦ってしまうケースも少なくないようです。


・異性の好みの変化
→10代や20代前半の若い頃は、結婚相手に向いている人よりも、恋愛として燃えることのできる人がモテるようですが、20代後半や30代になると、結婚相手として向いている人の方がモテるようになる傾向にあるようです。
たとえば、10代や20代前半の若い頃は、華やかな職業についている、ハデ目な人がモテていたのに、20代後半や30代になると、地味でも手堅い職(安定した職業)についている人の方がモテたりもするようになるようです。
結婚となると、長い将来のことまで考えるようになるからでしょうか。

若いうちは華やかな職業についていた方がモテるため、華やかな職についたのに、20代後半になると異性から「結婚するなら、もっと堅実な人がいい。」と選んでもらえなくなり「えぇ!?」とショックをうける場合もあるのかもしれません。


・職業の好みの変化
→10代や20代前半の若い頃は、華やかな職業へ憧れをもつものですよね。
しかし20代後半や30代になると安定が欲しくなり、安定した職業に就きたいと思うようになる場合もあるようです。


・チャレンジ精神や、やる気の低下
→10代や20代前半の若い頃は、「若い今、頑張っておいた方がいい!」という気持ちもあって、頑張れるものですが、20代後半や30代になると、「もう、今さら頑張ったってな~。」と思い始めてしまう場合もあるようです。そのため、やる気やモチベーションが下がってしまうこともあるようです。

30歳になれば「あぁ、あともう1回、こんな感じで30年を生きたら60歳か。」と、人生の通過点を感じ、すると「もう、今さら頑張ったってな~。」と思ってしまう場合もあるのかもしれません。


②仕事をしやすくなる
→「若いか?年寄りか?」も、相対的なものであるため、自分が30歳にもなると、今までよりも相対的に、自分より歳上の人が減り歳下の人が増えるため、対人相手の仕事のさい、気を遣う歳上が減り、仕事をしやすくなる側面もあるようです。

中学生や高校生のときも、中1・高1のときは学校で気を使いましたよね。上級生がいるから。
しかし中3・高3になると、気をつかうことなく学校で過ごせました。下級生しかいないからでしょう。

日本社会を学校にたとえると。
30歳になると、それは中2や高2になるようなものでもあり、中1・高1のときでもある10代や20代前半の若い頃よりも、日本社会の中で、もしくは職場で、振る舞いやすくなるわけですね。


③毎日の濃さ
→子供の頃や若い頃の方が、毎日が濃い印象がありますよね。
それと同じく、10代や20代前半の若い頃に比べると、20代後半や30代になると、(相対的に)毎日が薄くなり、時が経つのも早くなる印象をうけるかもしれません。



④安心したい~安定した職業/生活とは?~
■若い頃は、華やかな職業に就いて派手な生活をしている同世代が羨ましく感じたりもしますよね。安定はしているものの、地味なサラリーマンを我慢しながら続けながら「1度きりの人生、このままでいいのか?」と感じたことのある人も少なくないでしょう。

しかし、それが20代後半や30代になってくると、{感じられ方}に変化がおきてきて、安定や安心が欲しくなってくる場合もあるようです。
人間という寿命100年の生き物において、年齢による体と心の変化は確かにあり、それが社会的な要因も絡んで、20代後半や30代に「安心・安定がほしくなる」という形で現れるのかもしれません。

そして安定や安心は、手堅い職業や、手堅い職に就いている相手との結婚によっても得られるため、20代後半や30代にかけては<結婚>や<安定した職業>というキーワードが意識されやすくなるのかもしれません。

さて、将来のことを心配しすぎても問題ですが、将来のことも考えて、楽しく生きていけると素敵ですよね。
今回の記事も、最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。


~安定した職業/仕事/生活とは?~
<writer 名無き仙人>





バス男「地震などの天災によって当たり前の生活に変化が起きることもあるからな~。」

バス子「関連記事は、豊かな人生を生きる指針(ガチョウと黄金の卵)ね。」

仙人「自分にあった良い仕事が見つかるといいのぉ。」







<仕事/関連>→営業ノウハウやトークより基本が営業マンのコツ(営業のプロと素人の違い)
仕事がつまらない!解決方法(仕事が楽しくなるコツ)
生徒/部下の指導と人間関係構築(心の中では、 一生、謙虚に学び続ける)
好かれると人と嫌われる人の特徴(12の違い)
人間関係能力/コミュニケーション技術を高める方法(他人を害すれば、他人からも害される)



関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)