会社休みたい?有意義な休日の過ごし方

■疲れた/会社/仕事を休みたい理由/楽しい休日の過ごし方/独身女性/独身男性/家族/夫婦/カップル/1人/休みの日の過ごし方


会社休みたい?有意義な休日の過ごし方


バス子「明日、会社を休みたいなー。もう、あの職場で働きたくない。」

バス男「バス子ちゃ~ん、僕も明日、会社を休んで、有意義に休みの日を過ごしストレスを発散したいよ。」

バス子「そうよね。仙人に【会社休みたい?有意義な休日の過ごし方】を聞きに行ってみようかなぁ」

バス男「仙人様の【~休日に仕事のことを考えないコツ・秘訣~会社休みたい?有意義な休日の過ごし方】の話かぁ。」







~休日に仕事のことを考えないコツ・秘訣~

1.会社休みたい?有意義な休日の過ごし方

①会社/仕事のストレスを溜め込まないコツと秘訣

■「仕事が面倒だし辛い。会社を休みたい!」「仕事でストレスが溜まるから休日でリフレッシュしたい!」「仕事を辞めたい」「職場の人間関係がきつい」など、仕事は何かとストレスの原因になりがちですよね。

今回の記事では、「明日は会社を休みたい!」と思わなくてすむよう、仕事のことで休日にまでストレスを溜めないコツ・秘訣(仕事のストレスを上手に軽減するコツ・秘訣)」について、見てみたいと思います。



②充実した楽しい休日とは~会社休みたい?有意義な休日の過ごし方~
■私達は、職場でストレスが溜まるのはもちろん、勤務時間外である休日にまで仕事に関することを考えて、ストレスを溜めてしまう傾向もあるのかもしれません。

1日のうち8時間のみ仕事のことを考え、仕事後や休日に、まったく仕事のことを考えないならば、有意義なプライベートな時間を過ごせ、頭も気持ちもリフレッシュできて、仕事のストレスは軽減されることでしょう。

では、どうすれば休日に、仕事のことを考えないですむのでしょうか。
休日に仕事のことを考えないのであれば、気持ちも頭も緊張や責任や不平不満から解放されリフレッシュでき、その休日は有意義な休日となることでしょう。

そして、休日に仕事のことを考えない方法の1つは「批判しない」なのかもしれません。

私達は、仕事終わりや休日にも、ついつい「もっと休日が欲しい。給料が低い。」「会社の方針が間違っている」「同僚のAさんは、まった仕事をせずに・・」など、自身の労働環境や、勤め先の会社・職場や、同僚や上司や部下のことを、頭(心)の中で批判してしまうときもあるようです。勤務時間ではないのにです。本来なら、仕事のことを考えなくて良い自由な時間なのにです。

そして、そのために勤務時間外でも、仕事のことでイライラしてしまいストレスを溜めてしまうことがあるのかもしれません。

自分の人生を生きる方法(「他人を羨む/他人と比較する」から自由になる方法)に詳細はあるとおり。
人間の1個人の現実というのは、意識を向けたものが現実となる傾向にあるようで、そのため、批判にしろ賞賛にしろ、意識を向ければ、その事柄が当人にとっては現実となってしまうのかもしれません。

例えば休日に、自宅にて「同僚のAさんは、まった仕事をせずに・・」と、ついつい無意識のうちに同僚を批判するならば。
そこは自宅で勤務時間外であるにも関わらず、当人の個人的な現実としては【仕事】が存在してしまうことになり、給料は発生しないのにイライラすることになりストレスを溜め、休日をリフレッシュできずに、また仕事の日を迎えることになってしまいそうです。


~会社休みたい?有意義な休日の過ごし方~
仕事について批判をすること → 仕事に意識を向け個人的な現実の中に【仕事】を持ち込むこと


私達は、仕事に対して不平不満をもっており、イライラしてストレスが溜まっているからこそ、ついつい無意識のうちに【労働環境・会社・同僚】について批判をしてしまう傾向にあるのかもしれません。
頭の中で、悪い【労働環境・会社・同僚】を批判し、自分の正当性を主張すれば、少しはイライラも収まるように思えるからでしょうか。
誰かに言うわけでもないし、頭の中で【労働環境・会社・同僚】を批判するくらい、問題ないように思えますよね。

しかし、誰にも言わなかったとしても、頭の中で仕事に関することを批判をすることは、自分の現実の中に仕事を持ち込みイライラしストレスが溜まることでもあるため、勤務時間外にまでストレスを溜めたくないならば「(誰にも言わずに頭の中だけであっても)仕事に関することで批判をしない」を徹底するのも悪くはないのかもしれません。


~会社休みたい?有意義な休日の過ごし方~
仕事のストレスを軽減する方法 → (誰にも言わずに頭の中だけであっても)仕事に関することで批判をしないこと
※仕事に関して批判をすると、仕事のことを考えることになりストレスが溜まるから


では、具体的に見ていきます。


①労働環境を批判しない
→休日数や残業時間、給与額や仕事量など、労働環境について、1人で文句を言っていれば、それはストレスの原因となってしまうかもしれません。たとえ口に出し同僚等に訴えないとしても。
会社員である以上、1人で労働環境について批判をしても、待遇は改善されにくいことでしょう。「みんな頑張っているんだ(嫌なら辞めれば?)」となりがちだからです。

待遇の改善が見込めず転職するつもりもないならば、労働環境を批判しないことも悪くはないのかもしれません。
1人で頭の中で「給料は低いのに休日は少なくて・・」などと批判を続けていれば、ずっとストレスを感じながら生きることになってしまう可能性があるからです。

批判を辞めれば、勤務時間外に仕事について意識が向かう機会が減り、仕事のことでイライラする時間が減るからストレスも軽減されることでしょう。


②会社を批判しない
→「会社の方針は間違っている!」など、勤め先の会社や職場について批判する場合も上記と同様なのかもしれません。


③同僚を批判しない
→「同僚のAさんは、まった仕事をせずに・・」など、同僚や上司や部下について批判する場合も上記と同様なのかもしれません。
また、誰にも言わず頭の中でのみ批判を行っているとしても、批判すればAさんのことを嫌いになってしまい、人間と人間は、口に出さなくても嫌っている雰囲気を感じ取れるもので・・そのためAさんとの仲が悪化し、益々、職場の人間関係でストレスを溜めることになってしまうかもしれません。

人間関係は鏡のような側面があるようで、自分がAさんを嫌えば、Aさんも自分のことを嫌ってくることでしょう。
そして人間関係は鏡のような側面があるようで、そのため、自分がAさんのことを批判せずに、Aさんに対して笑顔で接するようにすれば、Aさんも自分に対して笑顔で接してくれる機会が増えることでしょう。
そうなれば、職場の人間関係でのストレスも軽減されそうですね。
人に好かれる性格と嫌われる女の理由(人間関係は鏡)



③充実した楽しい休日へ~会社休みたい?有意義な休日の過ごし方~
■仕事に対して、不平不満やストレス、イライラが溜まっていれば、人間ならば当然、ついつい無意識のうちに頭の中で【労働環境・会社・同僚】を批判してしまいがちですよね。
ただ、だからといって批判を続ければ、批判をし続ける限り、仕事のことでイライラしストレスが溜まっていく一方となるのかもしれません。

そういった意味では、仕事に対して、不平不満やストレス、イライラが溜まっていても、否、溜まっているからこそ、これ以上溜めないように「批判をしない!」を意識するのも悪くはないのかもしれません。
批判をするくらいならば、もっと違う楽しいことを考えて、楽しい気分で過ごせると素敵ですよね。

とは言うものの、ついつい批判をしてしまうのが人間の性なのでしょうか。
なるべく気をつけて、楽しく毎日を過ごしたいものですね。

さて、今回の記事も最後まで目を通してくださり、ありがとうございました。
感謝しています。


~会社休みたい?有意義な休みの日/休日の過ごし方~
<writer 名無き仙人>





バス男「有意義な休日を過ごすには、早起きをすることが大切なのか。ふむふむ。」

バス子「また話を聞いてない・・。」

仙人「関連記事としては、職場で無視される?嫌がらせされない方法(職場の人間関係のコツ)や、仕事/職場のストレス解消方法(仕事でストレスを溜めないコツと解消方法)、それに仕事が遅い人を批判しない(この世界は、互いに‘遅い人’を批判し合う恐い世界?)もお勧めじゃよ。」







<仕事/関連>→営業ノウハウやトークより基本が営業マンのコツ(営業のプロと素人の違い)
仕事がつまらない!解決方法(仕事が楽しくなるコツ)
仕事ができない悩み相談!解決(仕事のできる男女になる6のコツ)
好かれると人と嫌われる人の特徴(12の違い)
人間関係能力/コミュニケーション技術を高める方法(他人を害すれば、他人からも害される)
成功者と失敗者の共通点(「教えるー教わる」の罠/人間関係のバランス)



関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)