精神的に楽な仕事にする方法

■1番楽な仕事とは?転職で楽な仕事がしたい/市役所は楽で儲かる仕事?楽すぎな事務職に転職したい!楽で稼げる正社員の仕事ランキング


精神的に楽な仕事にする方法


バス子「毎日仕事で疲れるわぁ。もっと精神的に楽な仕事に転職したい!でも正社員じゃないと不安だし・・」

バス男「バス子ちゃ~ん、精神的に楽な仕事ランキングを見てもダメだよ。仙人様の【精神的に楽な仕事にする方法】の話、聞いていないの?」

バス子「仙人の【~アホになると仕事が楽になる!~精神的に楽な仕事にする方法】の話?」

バス男「うん、仙人様が言うにはね・・・」







~アホになると仕事が楽になる!~

1.精神的に楽な仕事/正社員に転職したい

①楽で稼げる/儲かる仕事・正社員職はない?

■長時間労働ではない限り、仕事のきつさは、肉体的なものよりも精神的なものの方が大きいですよね。

責任の重い仕事や、ミスが許されない仕事、また(人間関係に)気をつかう仕事などは、精神的にきついケースが多く、「もっと楽な仕事に転職したい」と思うことになる場合も少なくないようです。

しかし、精神的に楽な仕事・・ミスをしても許されて、責任もなく、気をつかうケースも少ないような簡単な仕事はバイトやパートにさせる場合が多く、正社員職を望めば、精神的負担を請け負わざるをえないことに、なりがちなようです。

では、正社員として働きたい場合に、精神的負担を減らすには、どうすれば良いのでしょうか?
そのためには【アホになってしまうこと】も効果的なのかもしれません。

今回の記事では、真面目な賢いキャラで働いていると精神的にきつくなり、アホになってしまうと仕事の精神的ストレスが軽減される理由を見てみます。



②精神的に1番楽な仕事/正社員に転職したい
■では、アホになってしまい仕事のストレスから解放され、楽しく働くコツについて見てみたいと思います。


①教えて頂けないでしょうか
→実力がないのに背伸びして<賢い仕事のデキる人キャラ>でいれば、「知らない。わからない。教えて下さい」が言いにくくなってしまう傾向にあるようです。

すると、本来ならば聞かないといけないことを聞かずに問題が起きたり、上から目線で聞くせいで人間関係のトラブルが生じたり、または尋ねること自体にストレスが溜まったりする場合があるかもしれません。
そうなれば、毎日の仕事が憂鬱となりそうですね。


~精神的に1番楽な仕事/正社員に転職したい~
職場にて賢い真面目キャラでいようとすると同僚から「そんなことも知らないの?」と思われるのが怖くなり、「知らない。わからない」と言えなくなって精神的に辛くなりがち


一方、アホになってしまえば、「すみません。(自分アホなんで)わからないんですよ。教えて頂けませんか。」と素直、謙虚に聞くことが出来れば、職場の人間関係も上手くいくことになりそうです。

職場で人間関係の問題を抱えてしまう理由の1つは、<実力がないのに賢い仕事のデキるフリをする>ですよね。
また実力や信頼や実績が伴っていないのに賢い仕事のデキるフリをすれば、自分自身がきつい立場に追いやられることになり、毎日の仕事が憂鬱になってしまう場合もあるのかもしれません。

今日からはアホになってしまい、「すみません。(アホなせいで)わかりません。(アホなんで)知りません。(アホな私に)教えて頂けませんか」という謙虚で低姿勢なスタンスで働くようにするのも悪くはないのかもしれませんね。


~精神的に1番楽な仕事/正社員に転職したい~
職場にてアホになってしまえば同僚から「そんなことも知らないの?」と思われても「自分アホなんすよー」と軽い感じで済ますことができ、「知らない。わからない。アホな自分に教えてください」と言えるようになり仕事が楽になる


②ご迷惑をおかけします

→実力や経験が伴っていない場合、仕事において周りの人に迷惑をかけてしまいがちですよね。
それなのに<賢い仕事のデキる人キャラ>でいようとし、迷惑をかけていることを認めず、偉そうな振る舞いを続けていれば同僚たちから嫌われてしまうことになるかもしれません。

一方、アホになってしまい「すみません。(アホなせいで)いつも、ご迷惑をおかけします」という謙虚で低姿勢なスタンスで働いていれば、偉そうに振舞うよりも会社内での人間関係のトラブルは減ることになりそうですね。


③アホなんで上手く出来ません
→自分には出来ないほど難しい仕事を頼まれた際、<賢い仕事がデキる人キャラ>でいれば断ることができず、仕事の責任やプレッシャーから毎日、頭やお腹が痛い辛い思いをすることになりそうですね。

一方、アホになってしまえば、自分には出来ないような難しい仕事を頼まれたさいに「すみません。(自分アホなんで)出来そうにありません。」と断ることができそうです。

無理して背伸びして<仕事のデキる賢いキャラ>でいれば、難しく大変で面倒な仕事がたくさんまわってくることになりそうです。
それら仕事を抱え込むとプレッシャーや責任感から体調を壊すようならば、背伸びするのはやめてアホになってしまい「すみません。(アホなんで)出来そうにありません」と正直に謙虚に言うのも悪くはないのかもしれませんね。


~精神的に1番楽な仕事/正社員に転職したい~
①仕事が精神的に辛い理由→精神的に負担の大きい仕事までしてるから。
②精神的負担の大きい仕事をしている理由→賢い真面目キャラでいようとするため断れないから
③アホになれば「すみません。(アホなんで)出来そうにありません」と仕事を断れるようになり精神的に楽になる。
※ただし昇給や昇進を望むなら頑張って働く必要あり。


④難しい話はわかりません
→会社内や職場内では、人間関係の争いや対立、いじめ、パワハラ・モラハラなど、人間関係の問題やトラブルがたくさんありますよね。
そういった難しい話にも<賢い仕事のデキる人>でいれば首をつっこまずをえないため巻き込まれ、そして仕事の人間関係で悩みやストレスを抱えることになりそうです。

しかしながら、職場を首にならないよう巧妙に(話が大げさになり減給などの処分とならないように)・・・{互いに相手を見下し合う・足をひっぱり合う・陰口を言い合う・嫌がらせを行う}などは、賢い人たちが行えることであり、また賢い人達が行うことであり、アホな人には関係のない話だとも言えそうです。
アホやバカには巧妙に何かを行うなど、出来ないからです。

そのため、職場内の空気読めないアホになってしまい「え?職場内に人間関係のトラブルがあるんすか?みんな仲良しじゃないっすか~」となれば、ストレスの溜まる人間関係に巻き込まれなくてすむようになるのかもしれません。

今日からアホになってしまい「あ、自分アホなんで難しい話はわかんないっすよ~」と言うようにしよう。


⑤不平不満
→会社においては、仕事量・仕事の難易度と、給与額が比例しないために「Aさんは楽して高い給料を貰っていて不公平だ!」と不満を抱えることになりますよね。

しかし、仕事量や仕事の難易度、それに給与額等について考え、不平不満を言ってイライラするのは頭のいい賢い人がすることであって、アホは仕事終わりに「何をして楽しむか?」や「今週末、なにして楽しむか?」などで頭がいっぱいだと言えそうです。
アホになってしまい、そんな難しいストレスの溜まることを考えるのはやめて、もっと楽しいことを考えるようにするのも良さそうですね。



③精神的に1番楽な仕事/正社員に転職したい
■さて、社内には{同僚から好かれるアホ}と{同僚から嫌われるアホ}とがいますよね。
次に{同僚から好かれるアホ}になるために大切なことを見てみます。


①笑顔
→無愛想なアホは嫌われがちで、よくわからないけど、とにかくいつもニコニコしている笑顔なアホは好かれがちなようです。
そのため、皆から愛されるアホになれるよう、難しいことはわからないものの笑顔だけは忘れずに仕事をするようにしていきたいものですね。


②声をかける
→私たちは誰しも、同僚や取引先の方から笑顔で声をかけられると嫌な気持ちにはならないようです。嬉しいことの方が多そうですね。
アホであるため話の内容はアホで薄っぺらいこと(天気の会話など)でいいため、笑顔で声かけをするように心がけると、もっと仕事の人間関係は上手くいくようになるのかもしれません。


③暖かな人間関係
→私たち人間は、暖かな人間関係から多くの幸福を受け取り、冷たい人間関係から多くのストレスを受けることになるようです。そのため暖かな人間関係を築けていた方が人生の幸福度は高まりそうです。
アホになると難しい話はわからないため、とにかく{暖かな人間関係を築くこと}だけは忘れずに生活を送っていけると良さそうですね。


④繁栄原則
→不変・普遍の原理原則は絶対であるためか?
破滅原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」的に生きると、賢い人だろうとアホだろうと長期的には人生が、破滅・衰退へと向かっていくことになるのかもしれません。

一方、繁栄原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心」に根ざして生きれば、頭のいい人でもバカな人でも長期的には、幸せな人生となっていくのかもしれません。

繁栄していくアホになっていけるよう、繁栄原則を大切にして生きていけると素敵ですね。



④精神的に1番楽な仕事/正社員に転職したい
■仕事の精神的なストレスの原因の1つは、実力や経験や信頼などがないのに<賢い仕事がデキる人キャラ>でいることなのかもしれません。

本当は実力がないのに背伸びして<賢い仕事がデキる人キャラ>でいようとすれば、同僚とも関係が悪化するでしょうし、自分自身も仕事の責任やプレッシャーで疲れてしまいやすいしストレスが溜まりやすいと言えるでしょう。


~精神的に1番楽な仕事/正社員に転職したい~
仕事が精神的に辛い理由→実力や信頼がないのに職場にて<賢い仕事ができる真面目キャラ>でいるから


また、会社内や職場内では部署間での争いや対立、派閥争いなどがあるかもしれません。部署間での争いや対立、派閥争いに巻き込まれている時は「どうやって相手を打ち負かせようか?こちら側の人数が増えれば相手より優位に立てるのに!」などと考えてしまいがちなのかもしれません。

また、職場内で争い・対立をしている人たちは、自分が優位に立ちたいために同僚を自分側につけようと、優しくしたり、飲み会に誘ったりと、リクルートしてくることもあるようです。


~精神的に1番楽な仕事/正社員に転職したい~
社内に派閥争いがある場合、リクルートが行われる場合がある


そのため、知らず知らずのうちに、どちらかの派閥に巻き込まれ・・すると、相手側の派閥の人たちが、こちら側を攻撃してくる悪い人たちに見えてきて、自分まで対立関係に組み込まれてしまう場合もあるのかもしれません。
職場内で同僚と対立関係になってしまえば、毎日、仕事の業務以外の部分でストレスを溜めることになりそうですね。


~精神的に1番楽な仕事/正社員に転職したい~
同僚の相手側が悪い人たち見えている場合、自分は一方の方にリクルートされ巻き込まれた可能性がある


もし、自分としては派閥争いや対立を望まない場合は、どちらかに加担するのはやめて、両方の側に丁寧に接するのも良さそうですね。
そして職場内の対立に巻き込まれないためには、職場内の対立の空気を読めないアホ・バカになってしまうのも良さそうです。
アホになってしまって、「え?みなさん、仲良しじゃないっすかー。」などと明るく能天気になってしまうことで、巻き込まれる被害から抜け出すことができるのかもしれません。


~精神的に1番楽な仕事/正社員に転職したい~
派閥争いや対立から抜け出す方法→職場内の空気読めないアホになってしまうこと


また、同僚や上司や部下は、皆{大切な仲間}であるため、大切な仲間である同僚達のことを大切にして働いていると職場の人間関係が上手くいきやすくなり、仕事も楽になっていくものなのかもしれません。

さて、今日からは「あ、自分アホなんて難しい話はよくわかんないんっすよー」とアホになってしまい、アホであることを自分に許可してあげて、明るく楽しくアホらしく、仕事を行っていけるのも良さそうですね。

今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございます。感謝しています。


~精神的に1番楽な仕事/正社員に転職したい~
<writer 名無き仙人>





バス男「僕もアホになって精神的に楽になりたいな~。」

バス子「バス男さんって精神的に楽そうなアホ魚にしか見えないけど?」

仙人「肩の力を抜いて、楽しく働けると良さそうじゃのぉ。」







<仕事/関連>→営業ノウハウやトークより基本が営業マンのコツ(営業のプロと素人の違い)
仕事がつまらない!解決方法(仕事が楽しくなるコツ)
生徒/部下の指導と人間関係構築(心の中では、 一生、謙虚に学び続ける)
好かれると人と嫌われる人の特徴(12の違い)
人間関係能力/コミュニケーション技術を高める方法(他人を害すれば、他人からも害される)



関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)