仕事/職場のストレス解消方法

■同僚/上司/部下との人間関係のストレスが溜まる/仕事のストレス/うつや吐き気や病気で辞めたい/ストレスの少ない仕事の原因と理由


仕事/職場のストレス解消方法


バス子「また明日から一週間、ストレスばかりの仕事。嫌になるなー。」

バス男「僕なんて10連勤中だよ。バス子ちゃん、助けて~。」

バス子「バス男さんも大変ね。仙人に【仕事/職場のストレス解消方法】を聞きに行ってみようかなぁ。」

バス男「仙人様の【仕事/職場のストレス解消方法】かー。」







~仕事でのコミュニケーションのコツ・秘訣~

1.仕事/職場のストレス解消方法

①仕事/上司/人間関係のストレスが限界?

■職場の人間関係も含め、仕事ではストレスが溜まる機会もありますよね。
今回の記事では、仕事で【ストレスを溜めないコツ・秘訣】と【仕事/職場のストレス解消方法】について、見てみたいと思います。



②仕事でストレスを溜めないコツ~仕事/職場のストレス解消方法~
■会社での仕事でストレスを溜めないコツ・秘訣や、ストレス解消方法には、以下の事柄も含まれることになりそうです。


①頑張りすぎない
→緊張感をもって仕事を頑張れば、仕事もはかどるかもしれませんし、成果もあがるかもしれません。
しかし、緊張感をもって仕事を頑張り続けていれば、どこかで緊張の糸や張り詰めていた気持ちの糸がプツンと切れてしまい燃え尽き症候群となってしまったり、頑張りすぎた反動で病気になったり、疲れから目・肩・腰などに不調がきたり、することもあるかもしれません。

また、頑張り続けていれば「どうして自分だけ、こんなに頑張らないといけないの!?」「ここまで自分を犠牲にして、会社のために働かないといけないものなのかな?」と不満やストレスが溜まりやすくなることでしょう。

トップアスリートなどと違い、会社員の仕事は(定年の何十年先まで続く)長期戦であるため、頑張りすぎないことで長続きさせることも重要となってきそうですね。
ときには楽をしたり息抜きをしたり、休み休み仕事をする余裕も、長期間長く頑張り続けるためには大切なことなのかもしれません。

ただでさえ日本人は労働日数や労働時間が長いと聞きます。
上司や社会の風潮に煽られるかもしれませんが、上手に肩の力を抜き休み休み仕事をすることで、長く働き続けることができるよう、していきたいものですね。
豊かな人生を生きる指針(ガチョウと黄金の卵)


★普通の職場かどうか?
→転職を経験しない限り、各職場や各会社の雰囲気の違いというのは、わかりにくいこと!とも言えそうですね。
職場や会社によって、「どれくらい緊張感をもって頑張ることが普通か?」には、差があるようです。

卒業後、最初に入社した会社がブラック企業だったり、ブラック気味の会社であれば、知らずしらずのうちに、頑張りすぎてストレスが溜まってしまうこともあるかもしれません。

さて、常識と非常識/正しいまともな人とは?意味(相対性と自分の意見と他人の意見)に詳細はあるとおり。
相対性の世界に住む私たちは、比較をとおして物事を判別することになるため、転職を経験しなければ、自分の会社や職場の厳しさ・ゆるさが、わかりにくいかもしれません。

以下のチェックリストと自分の会社・職場を照らし合わせてみて、チェックが多いようなら、その職場は「どれくらい緊張感をもって頑張ることが普通か?」の普通が、高めの会社・職場なのかもしれません。


~仕事/職場のストレス解消方法~
①有休がとれない
②残業時間が長い
③休日出勤が多い
④代休がとれない
⑤すぐに辞める人が多い
⑥入社後すぐに責任の重い仕事をさせられる
⑦昼休憩がきちんととれない
⑧職場に‘普通の人’が少ない・いない


②責任を背負いこみすぎない
→仕事には{時間が足りずに忙しすぎてストレスが溜まる仕事}と、{時間はかからないが責任が重いためストレスが溜まる仕事}とがあるのかもしれません。
私たちは、責任を背負いこみすぎるとストレスが溜まってしまうことになるようです。
ストレスを溜め込んで鬱病になり退職・・などならないよう、責任を1人で背負い込まないようにしたいものですよね。

自分には無理なほど、重い責任を背負わされているならば、上司に相談し、責任を軽くしてもらうようにするのも1つの方法と言えそうです。


③バランスの法則
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)に詳細はあるとおり。
人間関係にはバランスの法則なるものが働いているのかもしれません。

そのためか?
自分が1人で頑張りすぎたり、責任を背負いこみすぎれば、ますます周りの同僚は頑張らなくなり、責任回避をしはじめ・・と、なってしまうこともあるのかもしれません。

バランスの法則のことまで考えて、職場で、ふるまえるとストレスが減ることに繋がるのかもしれません。


④収入・労働時間・責任のバランス
→通常、責任が重い仕事で、労働時間が長くなれば収入も増えていくことになるようです。
しかし、勤め先の会社によっては、責任が重い仕事で、労働時間が長くなっても、それほど収入は増えないこともあるでしょう。

たんに収入を増やすだけで良いなら、副業や投資・・という方法だってあるようです。→お金持ちになる方法(3つの選択肢)

昇給で月5万円もあがることは難しいかもしれませんが、副業や投資で月10万円稼ぐことは、現実的な話でもあるようです。

また幸せは、収入額だけではなく、労働時間や仕事の責任の重さとも関係があるようです。
収入・労働時間・責任のバランスのことまで考えるようにすると、仕事のストレスも軽くなる場合があるのかもしれません。


⑤プライベートの充実
→プライベートが充実しておらず、休みの日は家でゴロゴロと寝て、また仕事・・となれば、気持ちのリフレッシュもできず、どこかで行き詰ることもあるかもしれません。
一方、プライベートが充実し、休みの日にリフレッシュできれば、仕事のストレスも溜まることなく、長く仕事を続けることができるかもしれません。
仕事を頑張るためには、プライベートも充実させることが大切なのかもしれませんね。


⑥通勤手段と距離
→通勤手段や距離は、仕事のストレスとも関係が深いそうです。
通勤では、なるべくストレスが溜まらないよう工夫するのも大切なのかもしれません。


⑦1人になる
→仕事中、ストレスが溜まってイライラしてきたら、トイレに行く!ということで、1人になる時間を設け、1人でゆっくり深呼吸し、謙虚になって考えてみるのも良さそうです。
謙虚になって冷静に考えてみると、「自分にも非があるな」と思えたり「まあ、仕事をできるだけでもありがたいか」と思えたりし、ストレスもすぅーと解消されていく場合があるかもしれません。
自分が正しい?謙虚な心(自分だけが、正しいのではないかもしれない)

考え方次第でストレスは緩和されるようなのですが、謙虚になって冷静に考えるためには1人になる時間が必要となるため、気持ちを切り替える意味でも、一度、職場の席をたち、1人になる時間をもうけると良いかもしれません。



③ストレスを解消したい~仕事/職場のストレス解消方法~
■仕事でストレスが溜まるかどうか?は、仕事内容や給与等の待遇面もさることながら、上司や同僚によるところも少なくないそうです。
転勤の多い職場で働く人など「上司次第で、職場の雰囲気はまったく異なる」とも言いますものね。

私たち人間は、喜びも悲しみも、幸せもストレスも、人間関係から多くを得ることになるようです。
人間関係が上手くいっていればストレスも少なく、仕事を楽しめるかもしれません。

同僚はもちろん、全ての人を打算抜きで大切にしながら、仕事もプライベートも楽しんでいけると素敵ですよね。
今回の記事も、最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。


~仕事/職場のストレス解消方法~
<writer 名無き仙人>





バス男「職場でストレスを溜めないためには、職場の人間関係も大切なのかー。」

バス子「職場の人間関係なら好かれると人と嫌われる人の特徴(12の違い)の記事も参考になりそうね。」

仙人「関連記事としては、人間関係能力/コミュニケーション技術を高める方法(他人を害すれば、他人からも害される)や、好感/好印象をもたれる男女の会話術(謙虚さと「友好的に話すコツ」)もお勧めじゃよ。」







<仕事/関連>→営業ノウハウやトークより基本が営業マンのコツ(営業のプロと素人の違い)
仕事がつまらない!解決方法(仕事が楽しくなるコツ)
生徒/部下の指導と人間関係構築(心の中では、 一生、謙虚に学び続ける)
好かれると人と嫌われる人の特徴(12の違い)
人間関係能力/コミュニケーション技術を高める方法(他人を害すれば、他人からも害される)



関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)