1人ネット起業の年収!私の経験談

■ネットで独立起業した私の体験談。


1人ネット起業の年収!私の経験談


バス男「僕はネット起業したいけど、ネット起業で食べていけるか不安だな。」

バス子「私もネットショップ運営やアフィリエイトに興味があるけど、収入の目安がわからないから不安なのよね。」

バス男「仙人様に【1人ネット起業の収入や年収】を聞きに行ってみる?」

バス子「仙人の【ネット起業の体験談】の話か~。」







~1人ネット起業の収入額や年収額とは?~

1.ネット起業したい人へ

①ネット起業って儲かるの?

■インターネットビジネスの種類は多くあって、しかも1人で行えるビジネスが多いですね。

従業員を雇うことなく、1人で独立起業・独立開業できるわけです。

例えば・・

①ユーチューブで広告費を稼ぐ
②自分の得意分野でTV電話やメールを使ってネットコンサルティングを行う
③ネットショップを運営する
④アフィリエイトを行う
⑤ブログで集客して、有料メルマガや電子書籍を販売する

などがあり、この、どれもを1人で行うことが十分に可能です。

もっと言えば、立ち上げ時は大変ですが、会社員をしながら副業としても行うことができるでしょう。

私は、上記の中では「④アフィリエイトを行う」をやっています。
アフィリエイトとは、このようにwebサイトを作成し、サイト上に広告をのせて、広告宣伝費を稼ぐインターネットビジネスです。

特長としては、1度、webサイトを作成してしまえば、その後は、{古くなった情報を新しい情報に書き換える}程度のメンテナンスをするだけでいいので、収入の種類が不労所得気味になることでしょうか。

ネットビジネスのアフィリエイトは、やり方次第ではアパートの賃貸収入のような不労所得を稼ぐことができるよ。

そのため、ネット起業の年収!と言っても、単純に年収額だけでは比較できない部分もあるわけです。

毎日、めちゃくちゃ苦労して長時間労働して月収50万円と、ほとんど、何もしなくて、1ヵ月、海外旅行をしていて月収50万円とでは、意味合いが違いますよね。

そういう意味では、ネットビジネスの中でもアフィリエイトは、たとえ収入額や年収額が多くなくても、その収入は、超高時給になっている場合があります。

例えば、飲食店経営をしていて月収30万円の場合、人材確保や、店長とのコミュニケーション、不意な事態への対応、経理担当者との打ち合わせなどで、月に20日間、1日8時間働くことになるかもしれません。

その場合、時給換算すると2000円程度になりますよね。
また、それだけ忙しければ、他の仕事をかけもちするのは難しいかもしれません。

一方で、webサイトが完成してしまっているアフィリエイトビジネスで月収30万円の場合、1ヵ月の作業時間は2時間かもしれません。

新しい記事(ページ)を追加しなくて、古くなってきた記事を修正しないなら、本当に、やることがないからです。

この場合、時給は15万円ですね。

月収は同じでも、時給は、まったく違う場合があるよ。

1ヵ月に2時間しかネットビジネスに費やす必要がないなら、普通にサラリーマンを続けることが出来ますよね。

他の事業でも起業できるかもしれません。

このように、アフィリエイトのメリットは「兼業しやすい(他の仕事をもちやすい)」にあると個人的には思っています。

ネットビジネスの中でもアフィリエイトは1人で出来て「この日の、この時間に作業しなければいけない」などの時間の拘束もありません。

誰かとアポイントをとって会うこともないので、時間の縛りが、本当にないのが特徴です。兼業しやすいのです。

1人起業なので、給料支払いがないため、経理業務を税理士に丸投げできます。
自分は、事業で使ったお金のレシートだけ捨てないようにしておけばOkです。

アフィリエイトビジネスのメリットは兼業しやすい部分にあると思うよ。

それでいて、正攻法に従いコツコツと取り組めば、月収10万円、20万円、30万円~と可能だし、能力や実力がある人の場合は、月収100万円以上も可能なのがアフィリエイトビジネスです。

個人的な感覚から言うと。
正攻法でコツコツと、アフィリエイトビジネスを兼業で1人で行う場合、5万円とか10万円とか、30万円とか50万円程度に、落ち着く人が多いのではないか?と感じています。

それ以上の月収を凡人が1人で稼ごうとすれば、何かを犠牲にすることになるケースが多いのかもしれません。

犠牲にするものは・・

①良心
→本当はAという商品の方がいいのに、Bという商品の方が広告収入が多くなるから、自身の良心に背いてBという商品をブログで勧めれば、収入額は増えるでしょう。

でも、自分の良心は痛みますよね。
自分の本当に大切な友達には「絶対Aの方がいいよ」と言うのに、ネット上では嘘をついて「Bがいいですよ」と言うのですから。

ネットビジネスはリアルビジネスと違い、対面でのコミュニケーションではないため嘘をつきやすいし、不誠実なことをしやすいため、ネット起業をした場合、つい、自分の月収を増やすために、良心に背く行為をしてしまう場合もあるようです。

ちなみに、そのつけは、いろいろな形で本人に返ってくることになるようです。

②人生のバランス
→プライベートも楽しむ普通の人の普通の生活を犠牲にして、ひたすらネット起業を頑張れば収入は増えそうですね。

でも、人生はすなわち時間なのに、その時間を犠牲にしているわけです。

・・ネット起業は、対面の仕事ではないため、誰かから直接「ありがとう。」と感謝されることが少ないです。

むしろ「私はネットで起業している。稼いでいる」と言えば、「え?なにそれ?怪しくない?大丈夫?」とか言われがちです。

自分はプライドをもって頑張ってネット起業を行っていても、それを1人で行っている場合、世間から見たらニートのようなもの・・という悲しい現実もあるようです。

「え?毎日、家にいるの?ちゃんと働いたら?」とか言われてしまう現実があるようです。
頑張って働き、しっかりと税金を納めていても「どうして働かないの?」などと言われる現実があるようです。

周りの人からは、まったく理解してもらえないし評価してもらえないわけですね。

一人ネット起業は経費はかからないし{潰れにくさ}や{経営の簡単さ}から言えば最強だよね。
でも、社会的な評価は最低みたい。


「え?1人で家で仕事してる?まともに働いたら?」と言われることになり、まったく人として信用してもらえないし、評価されないため・・どうしても、収入額を増やすことで認められようとしてしまいがちなようです。

すると、良心に背いてでも収入を増やそうとするし、人生のバランスを崩してでも、仕事ばかり頑張ろうとしてしまいがちなようです。

その結果、短期的には稼げても、長期的には破滅・衰退してしまいがちなようです。
不変、普遍の原理原則は、全ての人に共通して作用するからでしょうか。
人生/生き方「迷わない指針」(繁栄原則と破滅原則)

一人ネット起業では、たとえお金を稼げるようになっても、月収が100万円になっても、周りの人達からの社会的な信用は底辺みたい。
すると自分に誇れるものは金しかないから、もっと収入を増やそうとして
金の亡者となっていき・・破滅していくケースもあるみたい。


ネット起業や、アフィリエイトの世界では、すぐに月収とか年収とか、稼ぎ額の話ばかり出てきますよね。
稼いでいる金額で「偉い人かどうか?」とか「すごい人かどうか?」とか決まってしまう雰囲気があります。

でも、月収100万円以上稼いでいても、届くメールは批判メールやクレームメールばかりなら、それは誇れることではないし、「幸せかどうか?」で言うと微妙ですよね。

クレーム処理のコールセンターで働くよりも、お客様からの感謝の電話が届くコールセンターで働いた方が日々の幸福度は高くなるのと同じで・・

ネット起業の「やり方」次第で、収入はずば抜けて多くないけれど、感謝メールが多く届いている人もいるし、

収入額は、すごいかもしれないけれど、批判メールやクレームメールへの対応に追われている人もいるのかもしれません。

収入額は多いけれど、感謝メールも、クレームメールも、全然届かない人もいることでしょう。

具体的にはアフィリエイトの場合。
「稼げればいいんだ」ということで当り障りのないサイトを作り、検索結果で上位表示させることだけを重視してサイト運営をすれば、収入額は多いけれど、感謝メールも、クレームメールも、全然届かないことになるでしょう。

また、アクセスを増やしたいばかりに、炎上目的で過激な批判を繰り返していれば、アクセス数も収入も増えるかもしれませんが、批判メールやクレームメールへの対応に追われることになるでしょう。

また、訪問者のためを思って丁寧に誠実にサイト運営をしていれば、収入額は多くならないかもしれませんが感謝メールが多く届くことになるでしょう。

仕事の価値や幸福度、やりがいは、収入額だけでは、はかれないよね。
ネット起業は「やり方」次第で、人から感謝されるホワイトビジネスになりえるし、人から憎まれるブラックビジネスにもなりえるみたい。


そのため、ネット起業のランキングをつける場合「1ヵ月の間に稼いだ金額ランキング」と「1ヵ月の間に感謝メールが届いた数ランキング」では、ランキング順位が、まったく違うものになるでしょう。

この記事を書いている現在、ネットは不正や、誤魔化しがききやすいため、「多くの金額を稼いでいる→多くの人に貢献している→多くの人から感謝される」という一般的なビジネスの図式が、成り立っていない側面もあるようです。



②ネット起業の成功と失敗を分ける差とは?
■厳しいことを書いてしまいました。
大変申し訳ございませんでした。

というのも、私は、そういった失敗をしてきているからです。
私は、目先のお金のために、ネット起業において、いろいろと失敗をしてきているのです。

私の失敗経験談が、少しでも、誰かのお役に立てば幸いです。

さて、今回の記事も最後までありがとうございました。
感謝しています。

※もっと良い感じで、失敗経験談を伝えられたらいいのですが、
能力不足や、人間性の未熟さから、このような書き方になってしまいました。

不快な文章となってしまい、大変申し訳ございませんでした。

<writer 名無き仙人>





バス男「僕は、お姉さんたちから感謝されるネットビジネスをしたいな~。」

バス子「じゃあ美容サイトを作ったら?」

仙人「ネット起業を楽しんでいけるといいのぉ。」







<ビジネス関連>→マネーゲーム/投機とは?意味(マネーゲーム/投機の仕組み)
お金持ちになりたい!6つの秘訣(金持ち父さんの6つの教え)
独立起業の成功/失敗事例(個人的な失敗から学んだ教訓)
経営者向けセミナーweb無料版(会社のお金の使い方)
独立起業の資金/借金で失敗しない方法(儲かる/儲からない2種類のビジネスモデルについて)
起業/副業準備セミナー(「消費者独占」のビジネスモデルとは)
資産運用/株式投資のタイミング(株価の相対性と「市場価格は他人の意見」)



関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)