経営者向けセミナーweb無料版

■経営財務と戦略/it起業it会社の経営のコツ/中小企業の経営/起業/仕事/独立起業/独立開業/インターネット副業


経営者向けセミナーweb無料版


バス子「ねぇねぇ、バス男さん。私は将来、経営者になりたいんだけど、経営のコツや秘訣を知ってたら教えて♪」

バス男「バス子ちゃ~ん。僕は、経営のコツや秘訣は、知らないんだー。」

バス子「・・聞く人を間違えたみたい。仙人のところに【経営者向けセミナーweb無料版】を聞きに行ってみよっと。」

バス男「仙人様の【経営者向けセミナーweb無料版>~破産する経営者と成功する経営者の違いとは?~】かぁ。」







~破産する経営者と成功する経営者の違いとは?~

1.経営者向けセミナーweb無料版

①経営者の失敗と成功を決める【お金の使い方】

■「ほうほう。金もち経営者が破産する理由ねぇ~、なるほど。」


書籍/金持ち父さんの投資ガイド上級編―起業家精神から富が生まれるを読んでいると、起業家や経営者など、お金もちの人が破産する理由について、書かれていたのでした。

起業し会社を経営する立場になり、ビジネスが時流にのると、もしくはビジネスが育ってくれば、多くの収入を得られることもあるようです。

しかし、「今は儲かっているから」ということで、【お金(ビジネスから得た収入)の使い方】を間違えていると、破産してしまう場合もあるのかもしれません。

書籍によると、【お金の使い方】を誤るせいで、起業家や経営者など、お金持ちが破産してしまう特徴的な例としては、主に5つのものがあるそうでした。

まず、特徴的な例の前に、少し「会社のお金を、どう使うか?何に使うか?」について、見てみます。



②起業/経営が失敗する理由~経営者向けセミナーweb無料版~
■経営者(起業家)の仕事の1つは、「会社のお金を、どう使うか?何に使うか?」なのかもしれません。

世界有数の投資家であり、また経営者でもあるウォーレン・バフェット氏は、自身が経営するバークシャー・ハサウェイにて、配当金を出していないそうです。
その理由の1つは「バフェット氏の方がお金の使い方が上手だから」なのでしょう。

バークシャー・ハサウェイ株を保有している一般の人が、バークシャー・ハサウェイから毎年、配当金を貰い受けても。
一般の人の場合は「収入/お金(この場合は得た配当金)を、どう使うか?何に使うか?」を間違ってしまい、ただただ、毎年、浪費してしまいかねないため・・

それならば、会社が得た利益から配当金を出すのではなく、バフェット氏が、会社が得た利益を再投資していった方が、長期的にはバークシャー・ハサウェイ株の価値が高まり、
バークシャー・ハサウェイ株保有者にとってもプラスになる・・

そのため、バークシャー・ハサウェイは配当金を出していない、という側面もあるのかもしれません。


<会社のお金を、どう使うか?何に使うか?が上手な経営者 → ウォーレン・バフェット>

つまり、会社経営者は、洗練された投資家でも、ある必要があるのかもしれません。
ウォーレン・バフェット氏は、「会社のお金を、どう使うか?何に使うか?」が優れていたために、世界有数の大金もちとなった・・とも言えそうです。

優れた新製品を開発したからでもなく、新しく取引先を開拓していったからでもなく、マーケティングやセールスが成功したからでもなく。
世界有数の大金もちでもあるウォーレン・バフェット氏は、「会社のお金を、どう使うか?何に使うか?」が優れていたために、{経営者/投資家}として成功されたのかもしれません。


<経営者の仕事 → 「会社のお金を、どう使うか?何に使うか?」を決めること。つまり経営者は投資家でもある>


経営者の仕事は、「会社のお金を、どう使うか?何に使うか?」を決めることでもあり、会社のお金の使い方には、

①給与を上げることで社員により多く還元する
②自分や自分の家族の娯楽費や生活費に使う
③内部留保を増やす
④ビジネスに再投資する
⑤収入源分散のために、紙の資産(株や債権)や実物資産(土地や建物)に投資する
⑥他の会社を買収する

など、いろいろとあるようなのですが・・


「今は儲かっているから」ということで、経営者(起業家)が、間違ったお金の使い方をし始めると、破産してしまう場合もあるそうです。

その、間違ったお金の使い方として、代表的な例が、以下の5つであるそうです。


~金もちが破産する理由~
①高級車や船などオモチャ(負債)を買い始める
②サファリ旅行など旅行に金・時間を使い始める
③異性に金と時間を使い始める
④投機を始める
⑤友人や家族の浪費/借金にNO!と言えない


①高級車や船 ~経営者向けセミナーweb無料版~
→経営する会社が軌道にのり始めると、お金にも余裕がうまれ始めることが、あるかもしれません。
すると、「今は儲かっているから」ということで、起業当初は、アレほど節約/倹約をしていたのに、高級車や船など、オモチャ(負債)を買い始めることもあるそうです。

この場合。
問題なのは「高級車や船を買うこと」そのものではなく、問題なのは、それら表面上の行動の裏にある「気の緩み」や、「初心(他者や世の中に貢献する!)を忘れて「今さえ良ければ!自分さえ良ければ!」と思い始めた」なのかもしれません。

仕事上、高級車が必要であれば、高級車を買うことも賢い【お金の使い方】ともなりえそうです。

しかし、「高級車や船を買うこと」・・・つまり娯楽消費が増え始めた裏に、「気の緩み」や、「初心(他者や世の中に貢献する!)を忘れて「今さえ良ければ!自分さえ良ければ!」と思い始めた」があるのであれば、それは破産へと向かい始めている兆候の場合も、あるのかもしれません。

人生/生き方「迷わない指針」(繁栄原則と破滅原則)にもあるとおり、原理原則は絶対であり、また変えられないため。
経営者の心が、破滅的な原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}に傾き始めれば、その経営者が経営する会社も、長期的には衰退/破滅へと、向かってしまうのかもしれません。


<人生・仕事の結果 = 考え方×熱意×能力>
京セラ・第二電電(現・KDDI)の創業者である稲盛和夫氏は、人生・仕事の結果は、「考え方×熱意×能力」で決まる、と仰っているそうです。

「能力」とは、才能や知能といった「先天的な資質」を表し、「熱意」とは、情熱や努力する心といった「後天的な努力」を表し、「考え方」とは、哲学や思想、倫理観といった生きる姿勢、それらをすべて包含した「人格」を表すそうです。

最も大事なものが考え方であり、能力と熱意は0点から100点までの点数があるのに対し、考え方は-100点から100点までが存在するそうです。

計算式は掛け算であるため、「考え方(人格)」がマイナスであれば・・つまり、考え方が破滅的な原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}となっていれば。
人生・仕事の結果も、マイナスのもとなってしまうのかもしれません。


「考え方(人格)」や「心」の状態は、行動に現われるようです。
つまり、「考え方(人格)」や「心」の状態が、【お金の使い方】にも、現われるのかもしれません。


★経営者向けセミナーweb無料版★
~人生・仕事の結果は、「考え方×熱意×能力」。{考え方}や{心のあり方}が、【お金の使い方】にも現われる~


「とりあえず今は儲かっているから」ということで。
破滅的な心や考え方が現われているような【お金の使い方】をし始めている自分に気がついたら、気を引き締めなおし、初心を、繁栄的な原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}を、思い返すよう努めたいものですね。



②サファリ旅行~経営者向けセミナーweb無料版~
→書籍によると、破産するお金持ち(経営者/起業家)は、破産前には、サファリ旅行などにお金や時間を使い始める傾向もあるそうです。

つまり、仕事上の市場調査などを兼ねて行く海外旅行などではなく、頭の中は完全にビジネスや会社のことを忘れていて、心がビジネスや会社から離れてしまった時に、サファリ旅行などに行き始めるものなのかもしれません。

会社の活力は、経営者(起業家)の気持ちから生じる部分も大きいのでしょうか。
経営者(起業家)の気持ちが、ビジネスや会社から離れてしまうと、会社も衰退し始めてしまうのかもしれません。


③異性~経営者向けセミナーweb無料版~
→破産するお金持ち(経営者/起業家)は、破産前には、奥さんと別れ、若い女性と再婚をしたり・・とし始める傾向もあるそうです。
愛人を作ったりする場合も、あるのかもしれません。

「とりあえず今は儲かっているから」ということで、パートナーを大切にしなくなり、異性にお金をつぎ込むようになった、その裏には。

破滅的な心{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}が、大きくなってしまっている・・のかもしれません。

経営者の心が、破滅的な原則に傾き始めれば、その経営者が経営する会社も、長期的には衰退/破滅へと、向かってしまうのかもしれません。


④投機~経営者向けセミナーweb無料版~
→破産するお金持ち(経営者/起業家)は、破産前には、投機をし始めることもあるそうです。
※投機(とうき)とは、短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為。

書籍によると、多いケースは「私は会社経営で成功したのだから、投資でも、成功できるハズだ!」と、謙虚さを忘れて、投資(投機)を始めてしまうケースだそうです。


確かに、1から起業し、会社経営で成功していく過程にて・・・つまり会社を大きくしていく過程にて、「どういった会社が、本当に強い会社か?」「ビジネスにおけるキーサクセスファクターは、なにか?」を見極める目は養われていくため、普通の人より会社経営者の方が、投資において、より良いスタートをきっていそうです。

しかし、ビジネスと投資では、必要な{知識/経験/スキル}に違いも、あるようなのです。

この【ビジネス(会社経営)と、投資の違う部分】、【投資家として知っておかねばならぬ部分】は、たとえ会社経営で成功した、成功しているとしても、1から、コツコツと学んでいく必要があるのかもしれません。
関連戦争/貧困/バブル/歴史は繰り返す理由(バブル爺さん)


⑤友人や家族の浪費/借金にNO!と言えない
→最後に「友人や家族の浪費/借金にNO!と言えない」です。

自分らしく生きるコツにもあるとおり、世の中には{バランスの法則}なるものが、あるのかもしれません。だからでしょうか。
ビジネス(会社経営)に成功し、お金もちになっていくと、周りの人達から「お金を貸して?」「お金を頂戴!」と言われ始めることもあるそうです。

家族間で考えてみましょう。
家族(親や、伴侶、子供達)は、ビジネス(会社経営)に成功し、お金もちになっていく経営者のAさんを横で見ながら、こう、思う場合もあるのかもしれません。

「旦那が、会社経営に成功して、多くのお金を稼いでいるから、なにも、私までもが頑張ってお金を稼ぐ必要はないよね。むしろ、私はパーっと、お金を使っても良いよね?」

「父が、会社経営に成功して、多くのお金を稼いでいるから、僕がたくさんお金を浪費しても、大丈夫だよね。よし。借金をして前から欲しかった、あの高級車を買おう。払えなくなっても、父が代わりに返済してくれるよ。」

「息子が、会社経営に成功して、多くのお金を稼いでいるから、家の残っているローンは、息子に返済してもらえば良いよ。」

つまり、家族間では、誰かが頑張って、多くのお金を稼ぎ始めると、金銭面/経済面で、その{稼ぐ誰か}に、他の家族が依存し始め・・他の家族は、その{稼ぐ誰か}に、「お金を貸して?」「お金を頂戴!」と、言い始めることになる場合も、あるのかもしれません。


経営者にとっては、「内部保留をする必要性」や、「ビジネスに再投資する必要性」、「収入源分散のために、紙の資産(株や債権)や実物資産(土地や建物)に投資する必要性」など、当たり前にわかることなのですが。

家族含む一般の人には、「内部保留をする必要性」や「ビジネスに再投資する必要性」、「収入源分散のために、紙の資産(株や債権)や実物資産(土地や建物)に投資する必要性」などがわかりにくいのかもしれません。

そのため、経営者である‘自分’の、目先の月収や年収、貯金額を見て、家族含む一般の人は、

「そんなにお金があるなら、お金を貸してよ?(お金の使い道がなくて、お金が余っているのでしょ?だったら、お金を貸してくれても良いじゃない?)」
「そんなにお金があるなら、お金を頂戴。(お金の使い道がなくて、お金が余っているのだから、お金をくれても良いでしょ?)」

と、言ってくる場合も、あるのかもしれません。

経営者としては、「そのお金はね、この先、どうなるかわからないから必要となる内部保留や、ビジネスへの再投資などに、必要なお金なんだよ。余分なお金ではないんだよ。どうして、そのことがわからない?」と言いたくなるわけですが。

会社から定期的に定額のお給料を貰い、そのお給料を「生活費/娯楽費/貯金」という3つの選択肢に振り分けて使うことをするのが当たり前である一般の人には、わかりにくいことでも、あるのかもしれません。


★経営者向けセミナーweb無料版★
~一般的には、会社経営者の【お金の使い方】が理解しにくい。そのため周りは「お金はたくさんあるじゃない。お金はあるのだから、お金を頂戴!お金を貸して?」と言いたくなる~



③起業/経営のコツ/秘訣~経営者向けセミナーweb無料版~

■上記のとおり。

「とりあえず今は儲かっているから」ということで、会社からの収益にて、負債や、オモチャや、娯楽ばかりを買い始めたら危ないのかもしれません。
逆を言えば、会社からの収益にて、資産を買っているうちは大丈夫なのかもしれません。


★経営者向けセミナーweb無料版★
~会社からの収益で負債を買い始めたら危険。資産を買っているうちは大丈夫~


金持ち父さんは、「たいていの起業家は、自分で立ち上げたビジネスが唯一の資産であることが多い」という発言をされているようです。
※資産と負債の定義に関しては、お金の増やし方(資産と負債の違い)にて。


自分で立ち上げたビジネスが唯一の資産である場合。
想定外の変化が起きて、自分が経営している会社の業績が悪化すれば、家族も社員も、路頭に迷うことになる場合があるのかもしれません。

だからこそ、自分で立ち上げたビジネスから上がってくる収益にて、もっと安定した別の資産(株、債券、不動産etc)を買っていくことも、【お金の使い方】の1つの選択肢なのかもしれません。

これは、【お金の使い方】のうち、

①給与を上げることで社員により多く還元する
②自分や自分の家族の娯楽費や生活費に使う
③内部留保を増やす
④ビジネスに再投資する
⑤収入源分散のために、紙の資産(株や債権)や実物資産(土地や建物)に投資する
⑥他の会社を買収する

上で言えば「⑤収入源分散のために、紙の資産(株や債権)や実物資産(土地や建物)に投資する」に、あたる【お金の使い方】と言えそうです。


会社経営者の【お金の使い方】としては「ビジネスに再投資する」が有名なのですが。

自分より上手く、ビジネスの世界で結果を出していける起業家/経営者もたくさんいるでしょうし、自分の経営しているビジネスより相対的に安定している企業も多くありそうです。

であるならば。
自分が経営している会社以外の、もっと相対的に安定している企業の所有権を獲得した方が、リスク分散にもなるのかもしれません。
つまり、自分が経営している会社以外の、もっと相対的に安定している企業の株式を取得していった方が、リスク分散にもなる場合があるのかもしれません。

自分が経営している会社にばかり再投資している場合。
自分の経営する会社が、予期せぬ変化によって収益を上げられなくなったら、もうどうしようもなく、あとは毎年、赤字・赤字・赤字・・・となるばかりで、内部保留も使いきってしまえば廃業・倒産となるしか、ないかもしれません。

しかし、「とりあえず今は儲かっているから」という、会社が順調なときに。
コツコツと、収益を生み出す不動産を買っていったり、自分が経営している会社以外の、もっと相対的に安定している企業の株式を取得していったり・・としていれば。

自分の経営する会社が、予期せぬ変化によって収益を上げられなくなっても、不動産や株からの収益によって、幾分かは助けられ、会社の寿命が伸び・・・その期間に、会社を立ち直らせることも可能となるかもしれません。

不動産や株からの収益が多ければ、その収益だけでも、なんとか最低限はまわしていけるかもしれません。



<たいていの起業家は、自分で立ち上げたビジネスが唯一の資産であることが多い>
→会社経営が順調で、儲かっている時に、「とりあえず今は儲かっているから」と、高級車や船、娯楽旅行や異性に、お金を使うのではなく。

会社経営が順調で、儲かっている時だからこそ!
コツコツと、収益を生み出す不動産や、自分が経営している会社以外の、もっと相対的に安定している企業の株式を取得していく・・・そういった【お金の使い方】をしていくことも、悪くはないのかもしれません。


想定外の変化が起きて、自分の経営している会社の業績が悪化し始めた時。
順調な時に、「とりあえず今は儲かっているから」と、高級車や船、娯楽旅行や異性に、お金を使っていた経営者と、

順調な時に、不動産や株などの資産を獲得していくためにお金を使っていた経営者とでは、

その後の人生が、変わることになるのかもしれません。



④起業/経営を成功させる方法~経営者向けセミナーweb無料版~
■世の中を客観的に見渡したときに。

自分が経営している会社が、相対的に、どこの会社よりも魅力的で、尚且つ、将来も絶対的に安泰な会社と、思えるのであれば。

自社ばかりに、再投資するのも悪くはないのかもしれません。(それでもリスク分散を考えた場合、他社の所有権(株式)や、不動産、債券などにも投資する必要があるのかもしれませんが。)

一方で、自分が経営している会社よりも、相対的に、もっと魅力的で、尚且つ、将来も絶対的に安泰と思われる会社があるならば。
自社ばかりに再投資するのではなく、その会社の所有権(株)を取得するために、投資するのも悪くはないのかもしれません。


優れた新製品を開発したからでもなく、新しく取引先を開拓していったからでもなく、マーケティングやセールスが成功したからでもなく・・

自社ばかりに再投資したからでもなく、

ウォーレン・バフェット氏は、会社のお金で、自社以外の、魅力的な他社の所有権(株式)を買っていったため、{経営者/投資家}として成功され、世界有数の大金もちとも、なったのかもしれません。


<会社のお金を、どう使うか?何に使うか?>
経営者は、自社を、安定的に繁栄させるために、経営手腕をふるうわけですが。
会社の【お金の使い方】には、様々な選択肢も、存在するのかもしれません。

たいていの起業家は、自分で立ち上げたビジネスが唯一の資産であることが多いそうです。
きっと、自分で立ち上げたビジネスにばかり、再投資しているのでしょう。

そして、ウォーレン・バフェット氏は、会社のお金で、自社以外の、魅力的な他社の所有権(株式)を買っていったため、{経営者/投資家}として成功され、世界有数の大金もちとも、なったのかもしれません。

会社をスタートさせたばかりの頃は、余裕がないため、自分で立ち上げたビジネスにばかり、再投資することになりそうですが。
ありがたいことに、会社経営が軌道にのり始め、「とりあえず今は儲かっているから」という状況になったあとは、会社の【お金の使い方】も、工夫し始める必要が、場合によっては、あるのかもしれません。



~まとめ 経営者向けセミナーweb無料版~
①会社のお金の使い方には、経営者の、心のあり方や、考え方が、現われる場合もあるのかもしれない。

会社のお金(収益)の使われ方が、破滅原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}的な使われ方となっている時。
経営者の心のあり方や、考え方が、破滅原則的となっているのかもしれない。
その場合は、その経営者が経営している会社も、衰退/破滅/倒産/廃業へと、向かっていって、しまう場合もあるのかもしれない。


②会社からの収益で負債を買い始めたら危険。資産を買っているうちは大丈夫。

会社の資産は人材、人間。
そのため、自分の娯楽費のために、資産である社員の給料/給与を削ったりし始めると、その会社は、危険・・衰退/破滅/倒産/廃業へと、向かっていって、しまう場合もあるのかもしれない。


③会社経営が軌道にのり始め、「とりあえず今は儲かっているから」という状況になったあとは、会社の【お金の使い方】も、工夫し始める必要が、場合によっては、あるのかもしれない。
会社経営が順調な時に、「どんなお金の使い方をしていたか?」「会社の収益で何を買ったか?買ったのは負債か?資産か?」によっても、その後の、会社、及び経営者の、命運が分かれる場合もあるのかもしれない。


~経営者向けセミナーweb無料版/経営者の失敗と成功を決める【お金の使い方】~
<writer 名無き仙人>





バス男「ほ~。会社から収益が増えてくれば、女の子とサファリ旅行に行けば良いのか。」

バス子「バス男さんの経営するお店、すぐに倒産しそうね。」

仙人「【お金の使い方】も工夫しながら、会社経営をしつつ、楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」







<ビジネス関連>→マネーゲーム/投機とは?意味(マネーゲーム/投機の仕組み)
お金持ちになりたい!6つの秘訣(金持ち父さんの6つの教え)
独立起業の成功/失敗事例(個人的な失敗から学んだ教訓)
儲かる商売繁盛の基本(原理原則と商売/ビジネス)
独立起業の資金/借金で失敗しない方法(儲かる/儲からない2種類のビジネスモデルについて)
起業/副業準備セミナー(「消費者独占」のビジネスモデルとは)
資産運用/株式投資のタイミング(株価の相対性と「市場価格は他人の意見」)



関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)