日経平均株価の予想の仕方

■明日/来週/今月/来月/今年/来年の日経平均株価の見通し/予想の仕方と方法。為替/FX。日経平均はどうなる?


日経平均株価の予想の仕方


バス男「はー。株式投資を初めてみたものの、まったく勝てないなぁ。利益どころか、損失ばかりが増えていくよ。どうしてなのかなぁ?やっぱり、銘柄選びが良くても、日経平均株価の予想が出来ないと、デイトレードでもスイングトレードも長期投資でも、勝ちにくいのかなぁ?」

バス子「あら、バス男さんは仙人の【日経平均株価の予想の仕方】の話、まだ聞いていないの?」

バス男「仙人様の【日経平均株価の予想の仕方~「主要プレーヤーの動向を探る」がコツ!~】の話?」

バス子「うん。仙人が言うにはね・・」







~「主要プレーヤーの動向を探る」がコツ!~

1.日経平均株価の予想の仕方

①株式市場自体が仕手?

■「仕手株」 とは、多くの資金を持った集団が、意図的に株価を操作し差益を稼ぐために、選んだ銘柄のことである。
多くの資金をもった集団・・仕手筋は、株式市場という大きな手の平の中で、その状況(相場全体のトレンド)に応じて立ち回り、利益を上げていく。

仕手筋に目をつけられた銘柄(仕手株)は、それまで安値圏で株価は推移していたのに、突如として急騰し始める。
「仕手株」が、上がるか下がるかは、仕手筋次第・・。


そして、株式市場自体が、仕手なんだ。
日本の、株式相場自体が、仕手なんだ・・。



②日経平均株価の見通し/予想の仕方と方法
■今回の記事では、日経平均株価の見通しを予想する力をつけるために、株式投資/株式市場への理解を深めるために、、、かなり偏った見方ではあるのですが、「株式市場自体が、仕手」という見方にて、株式投資/株式市場について、考えてみたいと思います。

かなり偏って見方であるし、間違っている見方でもあるのかもしれませんし・・{頭の柔軟体操}程度に、軽く聞き流してくだされば幸いでございます。


さて、株式市場を見ていると、株価というのは、様々なニュースや材料によって動くように思えます。
しかし、別の見方をすると、株価というのは需要と供給によって決まっていく側面もあり、「株を買いたい!」という需要と「値下がりが恐いから株を売りたい!」という供給は、投資家達の【心理(心理状態)】でも、左右される側面もあるようです。

そのため、特別、材料はないのに、投資家達の心理状態の変化と、需要と供給のアンバランスが組み合わさることで、日経平均株価は200円も300円も、乱高下することがあるようです。

だからこそ。
仕手株では、たいした材料やニュースはないのに、もしくは、材料やニュースに便乗する形で、仕手筋が大量の資金を投入することによって需要と供給のバランスが崩れ、株価は突如として急騰し始めることとなり・・
その株価の動きを見た個人投資家たちは、「すごい急騰だ!もっと上がるのではないか?株を買いたい!」という【心理(心理状態)】となり、値上がった仕手株を買い始める場合もあるようです。


そして2011年11月。
それまで、8500円~9000円台の安値圏で推移していた日経平均株価は、<政権交代>という材料に便乗する形で、外国勢(仕手筋)が大量の資金を、日本の株式市場に投入し始めたことによって需要と供給のバランスが崩れ、日経平均株価は突如として急騰し始め・・たった2~3ヶ月で、約3000円も値上がりすることになり、その日経平均株価の動きを見た個人投資家たちは、「すごい急騰だ!もっと上がるのではないか?株を買いたい!」という【心理(心理状態)】となり、値上がった日本の株式市場の株(仕手株)を買い始めることになったようです。



・・・・・・・
【仕手化した市場】とは、多くの資金を持った国際的投機集団が、意図的に価格を操作し差益を稼ぐために、選んだ市場のことである。
多くの資金をもった集団・・ヘッジファンド(仕手筋)は、世界市場という大きな手の平の中で、その状況(世界経済全体のトレンド)に応じて立ち回り、利益を上げていく。

ヘッジファンド(仕手筋)は、世界の市場を見渡し、その中で、出遅れている国の株式市場や、成長性が見込まれる国の株式市場、需要と供給のアンバランスが見込める商品市場(石油/穀物など)などを分析/研究し・・それらの市場を相対的に比較し評価し、最も利益が見込まれそうな市場に、大量の資金を投下して、利幅を得ようとする。

ヘッジファンド(仕手筋)に目をつけられた市場(仕手株)は、それまで価格が嘘のように、突如として急騰し始める。
それは、石油でも金でも、為替でも、債権でも、どこかの国の株式市場でも・・。
「仕手化した市場」が、上がるか下がるかは、ヘッジファンド(仕手筋)次第。


世界経済、世界の市場自体が、仕手なんだ。

2011年11月、ヘッジファンド(仕手筋)に目をつけられた市場(仕手株)が、日本の株式市場だったんだ。



③ヘッジファンドと海外勢~日経平均株価の見通し/予想の仕方と方法~
■2012年2月、「円安に大きく賭けた米ヘッジファンド、ソロス氏は10億ドル近い利益」というニュースが市場に出回ったのでした。

資金を持ったヘッジファンドグループが、世界経済という大きな手の平の中で、世界経済のトレンドに応じて立ち回り、為替を動かし、為替との連動で株でも儲ける・・そういったことが、行われている側面も、あるのかもしれませんし、ないのかもしれません。

イングランド銀行に勝った!とも言われているくらいであるため、材料に便乗し、膨大な資金を投下し、為替を動かしていき、株でも利益を出していく・・そういったことも、ありえるのかもしれませんし、ありえないのかもしれません。

2011年11月からの、日本株式市場の急騰。
それらは、多額の資金をもった国際的投資集団による、日本の{いきすぎた円高&貿易赤字&責務超過&財政出動}と、アメリカの{シェールガスによる復活}という世界経済全体のトレンドを利用した、「円売り&日本株買い」であったのかもしれません。
つまり、偏った見方をするならば、資金をもった集団(ヘッジファンド/仕手筋)に狙われた市場(銘柄)が、日本(日本円と日本の株)だったのかもしれません。


仕手筋が、株式市場自体を操るほどの力がないのと同じく。
ヘッジファンドも、世界経済の、トレンド自体を操るほどの力はなさそうです。
ヘッジファンドは、世界経済のトレンド(時代の大いなる流れ)に応じて、立ち回っているだけなのでしょう。

そして今回は、丁度、世界を見渡してみても、仕掛けやすかった日本の{いきすぎた円高&貿易赤字&責務超過&財政出動}と、アメリカの{シェールガスによる復活}というトレンドを利用し、円売り&日本株買いを、行うことになったのかもしれません。


一般的には、2011年11月~12月からの、日本の株式市場の急騰は、政権交代にともなう、自民党政権による政策期待である!と、されており・・自民党政権の、一連の経済政策に対して与えられた通称である<アベノミクス>によって、日本の株価は上がったことに、なっているようです。


しかし、ヘッジファンドが、円安ードル高を見据えて投資したのは、日本の政治に期待して・・だけでは、ないのかもしれません。
<期待>は、単に‘期待’にすぎず・・その‘期待’だけをもとに投資するのはギャンブルであって、徹底した分析/研究のもと投資を行っているヘッジファンドが、、、日本の政治家に期待して、期待感だけで、「円安ードル高&日本株買い」のポジションをとるようなことは、しないのかもしれません。

ヘッジファンドの彼らは、「政権交代によって、日本に復活して欲しい!日本経済が好転し、日本人の皆に幸福が訪れて欲しい!」と願ってくれていることでしょう。

しかし、日本国を、世界に200ほどある国のうちの1つとして、海外から冷静な目で見ているヘッジファンドの彼らは、首相がコロコロと変わってばかりの、日本の政治に、過度/過剰なほどの信頼も期待も、もっていないのかもしれません。

超高齢化となっていき、人口が減っていく、世界全体を相対的に比較してみれば、落ち目にあると思われる日本に、過度/過剰なほどの期待も、もっていないのかもしれません。

日本人である私達の場合は、日本の国にも、日本の政治にも、日本の株式市場にも、‘思い入れ’や‘期待感’をもちやすいのかもしれませんが、日本国を、世界に200ほどある国のうちの1つとして、海外から冷静な目で見ているヘッジファンドの彼らは、日本人ほどは、日本の国にも、日本の政治にも、日本の株式市場にも、‘思い入れ’や‘期待感’をもっていないのかもしれません。


そのようなヘッジファンドの彼らは、日本人ですら、日本の政治家を、そこまで信頼していない向きがあるのと同じく、日本の政治家を心から信頼し、日本の政治家に期待して、‘期待’だけをもとに「円安ードル高&日本株買い」のポジションをとる行動をとったのでは、ないのかもしれません。

ヘッジファンドは、丁度、世界を見渡してみても、仕掛けやすかった日本の{いきすぎた円高&貿易赤字&責務超過&財政出動}と、アメリカの{シェールガスによる復活}というトレンド(時代の大きな流れ)を利用し、円売り&日本株買いを、行うことになったのかもしれません。
その仕掛けのキッカケが、たまたま<政権交代/アベノミクス>で、あったのかもしれません。

言い換えれば、はなから、日本の政治家には期待なんてしていない・・もしくは、日本の政治家を信頼し期待し、‘期待’だけをもとに「円安ードル高&日本株買い」のポジションをとる行動なんて、しない・・・とも、言えるのかもしれません。


が、表のニュースだけを見ていれば、円安も、日本株の急騰も、全てが政治の力によって、<政権交代/アベノミクス>の影響によって、なされているかのように報道されており、そう信じ込んでしまいそうです。

「<政権交代/アベノミクス>により日本株、急騰!」と騒がれ煽られ、2012年から、多くの個人が、新たに株式投資を始めることになったようでした。
<アベノミクス>に対する‘期待’をもとに、‘期待’だけをもとに、ロングポジションをとる行動を、取り始めることになったようでした。


しかし本質は、別のところにも、あるのかもしれません。
たとえ政治家が、いろいろと言おうとも、政策を出そうとも、アメリカの経済が危険な状態にあれば、ヘッジファンド達は円を買い続け、円高は継続されることになるのかもしれません。
そうなれば、日本の株式市場の主な買い手である海外勢が日本株を買うことがなく、日経平均株価は上がらないことでしょう。

結局。
需要と供給によって株価は上がったり下がったりするため、日本の株式市場の主な買い手である海外勢が日本株を買わなければ、政治家が、いろいろと言おうとも、政策を出そうとも、日経平均株価は上がらないのかもしれません。

仮に、株式投資をゲームに例えるならば。
この株式投資という名のゲームの本質/主要因は、「需要と供給」であって、・・・価格も株価も、政治によって決まるのではなく、「需要と供給」によって決まるのであって、政治家ウンヌンではない・・とも、言えるのかもしれません。

別の見方をすれば。
この株式投資という名のゲームの本質/主要因である「需要と供給」に、影響を与える1要因/1要素が、政治の動向・・であるのかもしれません。



④日経平均株価はどうなる?~日経平均株価の見通し/予想の仕方と方法~
■「仕手株」が、上がるか下がるかは、仕手筋次第。

株式市場全体のトレンドや、各企業の業績や材料などは、さすがの仕手筋にもコントロール出来ないが、そういった影響の少ない平穏な相場環境では、、、相場環境が、想定内の流れであるうちは、仕手筋の意向次第で、仕手筋のシナリオに近い形で、仕手株の株価は動く・・。

そのため、仕手株の売買を行う場合は、仕手筋の動向を注意深く見守る必要があるそうです。

仕手株にて利益を上げている個人投資家の方は、「見せ板」や「成り行き買い/成り行き売り」の量を注意深く見守り、個人投資家の参戦具合を考慮しつつ、仕手筋の意向を推測しながら、仕手筋が買いにきている時は自分も買い向かい、仕手筋が売り始めたら、そこがどんな値位置であっても、そくざに「売り注文」を出すそうです。



・・・・・・・・・・
「頭の柔軟体操」として、仮に上記の「仕手筋」を「海外勢/ヘッジファンド」に置き換えてみると。

「日本の株式市場」が、上がるか下がるかは、海外勢やヘッジファンド次第。
世界経済のトレンドや、地震やテロなどの天災/人災、それに「どの政党が勝つか?」などは、さすがのヘッジファンドにもコントロール出来ないが、そういった影響の少ない平穏な相場環境では、、、相場環境が、想定内の流れであるうちは、「海外勢/ヘッジファンド」の意向次第で、「海外勢/ヘッジファンド」のシナリオに近い形で、日本の株式市場の株価も動く・・。

そのため、日本株の売買を行う場合は、「海外勢/ヘッジファンド」の動向を注意深く見守る必要がありそうです。

日本の株式市場にて利益を上げている個人投資家の方は、「為替」や「海外勢の売買動向」を注意深く見守り、個人投資家の参戦具合を考慮しつつ、「海外勢/ヘッジファンド」の意向を推測しながら、「海外勢/ヘッジファンド」が買いにきている時は自分も買い向かい、「海外勢/ヘッジファンド」が売り始めたら、そこがどんな値位置であっても、そくざに「売り注文」を出す・・とも、言えるのかもしれません。



・・莫大なマネーが、世界の市場、、、中国の株式市場→債権市場→石油→アメリカの株式市場→ゴールド→オーストラリアドル→ブラジルの株式市場→穀物→日本円→ドイツの株式市場→アメリカの不動産市場、、、というふうに、莫大なマネーが、世界の市場をクルクルと動き回っているのであれば。

その莫大なマネーを動かしている大元の意向や動向を、注意深く見守り、彼らの視点や彼らの立場になったつもりで考え、、、今後は、その莫大なマネーがどう動いていくか?を、推測しながら投資を行っていくのも、悪くはないのかもしれません。


日本人として日本国内で生活しつつ、日本に‘思い入れ’や‘期待’や‘愛着’をもち、日本の株式市場だけを見て、日本の株式市場の上昇を願いながら、日本の株だけを売買している私達とは違い、

莫大なマネーを動かしている彼らは、どこの国にも、特別な‘思い入れ’や‘期待’や‘愛着’をもつことなく、世界全体を見渡し、世界の市場を相対比較し、相対的に見比べて、もっとも利益を出しやすそうな市場に資金を投下していく傾向にあるのかもしれません。

そのため、日本の株式市場がホットでも、日本の株式市場よりも、他国の株式市場がもっとホットであれば、世界をさ迷っている莫大なマネーは、日本株には向かってこない・・そういったことも、ありえるのかもしれません。

また、日本円が、さほど魅力がなくても、他国の通貨がもっと魅力がなければ、世界をさ迷っている莫大なマネーは、日本円に向かってくる・・そういったことも、ありえるのかもしれません。


日本の株式市場の、売買代金の多くを海外勢が占めているうちは、「海外勢/ヘッジファンド」の意向を推測しながら、株式投資を行っていく・・そういったことも、必要となるのかもしれません。


2012年2月、「円安に大きく賭けた米ヘッジファンド、ソロス氏は10億ドル近い利益」というニュースが市場に出回ったのでした。

では、なぜ、この時期に、ヘッジファンドは、自らのポジションをリークし表のニュースとして公開したのでしょうか。今までは、ひそかに利益を出し続けていたのに・・。
売り抜けようとしているのでしょうか。それとも、更に資金を集めようとしているのでしょうか。それとも、もっと他に理由があるのでしょうか。

いずれにせよ、たった1~2ヶ月で急激に円安に傾いたのは、日本の政治家の力ではなく、日本の<政権交代/アベノミクス>に便乗して売り仕掛けを行ったヘッジファンドの力・・とも言えるのかもしれませんから、こういったニュースを頼りに、

①海外勢は株を買い続けているか?売りが増えてきたか?・・投資主体別売買動向の確認
②個人投資家の心理状態はどうか?過熱感は高いか?低いか?信用倍率はどうか?
③為替と日経平均のチャートより、それまでとの変化があるかないか?

などをチェックしつつ、自分の頭で、今後の日経平均の予想レンジ等を考え、投資判断を行っていくことは、大切なことでもあるのかもしれません。



~まとめ 日経平均株価の見通し/予想の仕方と方法~
①海外勢の売買動向をチャックする ~日経平均株価の見通し/予想の仕方~

→海外勢が日本の株式市場に資金を投下し続けるのであれば、日経平均株価は上がる可能性がある・・と予想もできるのかもしれない。ただし、その限りではない。

②信用倍率をチェックする ~日経平均株価の見通し/予想の仕方~
→この株式投資という名のゲームの本質/主要因である「需要と供給」に、影響を与える1要因/1要素が、{信用倍率}であり{投資家達の心理}であるため、{投資家達の心理}も現われる場合がある{信用倍率}をチェックすることで、日経平均株価の予想を行う助けとする。

③チャートを確認する ~日経平均株価の見通し/予想の仕方~
→チャートの出来高や乖離率などから、相場全体の過熱感や{投資家達の心理}をチェックする。
相場に過熱感があるときは、日経平均株価にも調整が入りやすい。
また、個人投資家に人気のある銘柄群(みずほ銀行など)から、個人投資家の様子を、海外勢に売買されやすい時価総額の大きい銘柄群から海外勢の様子を、チェックする。
海外勢が買いにきているならば、日経平均株価は上がりやすく、個人投資家が元気ならば、材料のある中小株が買われやすい。


上記の事柄全てにおいて、経験が必要となるため、株式投資を始めた当初は「勝つこと/利益を上げること」よりも「大損しないことにより、長く株式相場の世界にい続け、経験を積む」を大事にすることも、悪くはないのかもしれない。


~日経平均株価の見通し/予想の仕方と方法~
<writer 名無き仙人>





バス男「釣り情報なら、毎日チェックしているんだけどなぁ。」

バス子「その時間で、海外勢の売買動向を、チェックするようにしたら?」

仙人「未来を予想する場合は、過去の経験則がものをいう場合も多いようじゃからのぉ。無理な取引をしない{負けない投資手法/資金を減らさない投資手法}によって、相場を経験しながら株式投資に関する{スキル/知識/経験}を積み重ねていき、洗練された投資家に、なっていけると良いのぉ。」







関連→資産運用/株式投資のタイミング(株価の相対性と「市場価格は他人の意見」)
初心者向け!ビジネス/投資セミナー無料編(‘実力’を身につける)
株を始めるべき時期(相場のサイクルを知る)
株式投資初心者失敗談(相場環境/地合の大切さ)
株の長期投資と短期投資の違い(短期/長期の違いと{織り込みずみ})
マネーゲーム/投機とは?意味(マネーゲーム/投機の仕組み)
お金持ちになりたい!6つの秘訣(金持ち父さんの6つの教え)



関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)