仕事がつまらない!仕事が面白くない

■仕事がつまらない面白くない辞めたい/転職/就活/就職/人間関係/単純作業/工場/派遣/営業/事務職/技術職/総合職


仕事がつまらない!仕事が面白くない


バス子「明日から、また仕事。嫌になっちゃうなぁ。」

バス男「バス子ちゃ~ん。僕も仕事がつまらなくて・・面白い仕事に転職しようかなぁ。」

バス子「仙人に【仕事がつまらない!解決方法】を、聞きにいってみようかしら?」

バス男「仙人様の【~おもしろきなき仕事を面白くするには?方法~仕事がつまらない!解決方法】の話かぁ。」







~おもしろきなき仕事を面白くするには?方法~

1.仕事がつまらない!仕事が面白くない

①仕事が楽しくなるコツ・秘訣

■私たちは人生の時間の多くを、仕事時間に費やすことになるようです。
だからこそ、仕事で我慢ばかりしストレスを溜めるよりかは、仕事を楽しめた方が素敵ですよね。

今回の記事では「つまらない仕事が楽しくなる方法」について見てみたいと思います。



②楽しく働くには?~仕事がつまらない!仕事が面白くない理由と原因~
■仕事時間を楽しい時間にしていくためには、いくつかコツがあるようです。


①仕事観の浄化
→「仕事とは、つまらないものだ」「仕事とは辛いものだ」「仕事とは辛いけど我慢して行うものだ」「仕事を楽しむなんて大人・社会人として、みっともない」などの思い込みがある場合。
どんな仕事に就いても、当人には、その仕事が辛く苦しいものに感じてしまいがちなようです。

また、「仕事とは辛いものだ」「仕事とは辛いけど我慢して行うものだ」と思い込んでいる場合は、無意識のうちに、就活や転職において辛く苦しい職を自ら選び、「ほら、やっぱり仕事とは辛く苦しいものだ!」と思い込みを強化していくことも少なくないようです。
人は、自分の思い込みを肯定したい深層心理をもっているからでしょうか。


さて、そもそも、仕事とは?
仕事とは、面白くないし、つまらないものでなければならないのでしょうか。
仕事とは、辛く苦しいものであり、我慢して行うものなのでしょうか。
それとも仕事というものは、別に楽しんで行っても、良いものなのでしょうか。

否、仕事とはそもそも、本来は楽しいものなのでしょうか。

人それぞれで「仕事に対する仕事観」は異なるようです。人それぞれで「人生に対する人生観」が異なるように。

人生観や仕事観自体が変わると、ガラりと仕事時間に感じる感情も変わる場合があるようです。

どうして「仕事とは、つまらないもの」「仕事は我慢して行うもの」「仕事を楽しんじゃいけない」と思い込んでしまっているのだろう?
思い込みが始まる原因は、若い時期や最初に就いた仕事にある場合が多いが、思い当たることはないだろうか?
仕事観仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生観人生/生き方わからないで迷う(私は自転車をこいだ)


②会社との関係
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)に詳細はあるとおり。
長期的な人間関係においてはwin-win以外に成り立ちようがないようです。

会社と従業員の関係も、そうなのでしょうか。

休みなく朝から晩まで安月給で働かされて、残業代や休日手当も出さなければ、会社側は人件費がうき、winすることでしょう。
しかし従業員側はloseとなり会社に不満をもつこととなり、辞めていく人も多いかもしれません。
そうなると会社にとってもマイナスで、結局、両者とも負けるlose-loseとなるかもしれません。

また逆に、勤務開始から定時まで、たいした仕事もせずにサボってばかりで、それでいてお給料を貰う場合。
従業員側はwinでしょうが、会社側はloseとなって、従業員側はそのうち解雇されloseになるかもしれません。

つまり、貰うお給料以上に働くことになれば従業員側が不満を抱くことになり、貰うお給料以下しか働かなければ会社側が不満を抱くことになるわけですね。

楽しく仕事をしていくためには、従業員である自分と、雇用主である会社、その両者が不満をもつことなく満足するような働き方が大切となるのかもしれません。
※貰うお給料以下の仕事しかしていない場合、良心の咎めを感じて楽しめなくなる場合もある。→心の平和/平穏と高いセルフイメージは良心から(良心と内面の安定性/セルフイメージ)


③職場の人間関係
→職場の人間関係に関してはコミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)にて。


④仕事終わり/休日
→長い期間、仕事を楽しみながら働くためには、気持ちのきりかえも大切となってきそうですね。
仕事で気持ちが病んでしまう人の場合、職場を離れて家に帰った後や休日でさえも、仕事のことを考えてしまうケースも少なくないようです。
どこにいても365日、仕事のことばかりを考えていたら心の病にもなってしまいそうですよね。その状態は「仕事に人生が呑まれてしまっている状態」とも言えるかもしれません。

だからこそ。
仕事終わりや休日は、気持ちを切り替え仕事のことを忘れてしまい、楽しく過ごせると素敵ですよね。

仕事もお金も、人生を楽しむためのツールなのかもしれません。私達は、仕事をするために生まれてきたロボットではないから。
仕事やお金に人生が呑まれてしまえば本末転倒です。→成功する人の秘訣(成功の定義を間違えないこと)


⑤他人と比較しない
→現在は格差社会とも言われていますが、会社内でも格差が生まれがちなのかもしれません。
正社員と派遣社員の件もそうですし、年功序列が崩れ実力で給与が変わる件も、そうかもしれません。
同じオフィス内に、高い給与の正社員・低い給与の正社員・派遣社員・アルバイト・・・いろいろな立場の人がいて、互いを比較すれば「あの人は、私と同じ程度しか働いていないのに給料だけは高くて、不公平よね」などの不満も出てくることになりそうです。

だからこそ。
他人と自分を、いちいち比較しないよう努めることも仕事を楽しむためのコツの1つなのかもしれません。

他人との比較をしてイライラしている自分に気がついたら「そんなくだらないことでイライラして時間を犠牲にするのは辞めよう」と呟き、楽しいことを考えていけると良さそうですね。
自分の人生を生きる方法(「他人を羨む/他人と比較する」から自由になる方法)



③楽しく働きたい~仕事がつまらない!仕事が面白くない理由と原因~
■仕事を嫌々やりつつ「いつ仕事をやめようか?」「どうせ、この仕事は数年後にはやめるしね。」「早く転職したいな。」などと考えながら働いている間は、会社や職場の悪い面ばかりが目に入りやすく、仕事でストレスも溜まりやすいのかもしれません。

一方、「この仕事・会社で一生働くんだ!」と覚悟をもっていると、会社や職場のいい部分も見え始め、仕事でのストレスも低下する場合があるかもしれませんね。


さて、今日もお仕事お疲れ様でした。
明日も、「仕事・職があるだけありがたいよね」という謙虚さと感謝の心を忘れずに、誰かや世の中、そして自分自身を幸せにするために、楽しく働いていきましょう。
※感謝や謙虚さがなくなると、どの職場で、どんな仕事をしても、不満をもつことになるから。
★感謝→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
★謙虚さ→「調子の乗る」と「謙虚」の意味(謙虚な心を忘れず‘幸せ’を受け入れる)


貴方に多くの幸運が訪れますように。
最後までありがとうございました。感謝しています。


~仕事がつまらない!仕事が面白くない理由と原因~
<writer 名無き仙人>





バス男「ふむふむ、仕事を楽しくするコツは、有休を使って休日を増やすことなのかー。」

バス子「ちゃんと話を聞いておきなさいよ。」

仙人「今就いている仕事以上に大切な何かがあったりすると「仕事をしている時間がもったいない!1日が仕事時間で潰れてしまう!」と感じ、仕事でストレスが溜まりやすくなったりもするようじゃのぉ。なんにしろ、楽しく働けるといいのぉ。」







<仕事/関連>→営業ノウハウやトークより基本が営業マンのコツ(営業のプロと素人の違い)
仕事がつまらない!解決方法(仕事が楽しくなるコツ)
生徒/部下の指導と人間関係構築(心の中では、 一生、謙虚に学び続ける)
好かれると人と嫌われる人の特徴(12の違い)
人間関係能力/コミュニケーション技術を高める方法(他人を害すれば、他人からも害される)



関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)