第一印象の心理学/重要性

■第一印象アップの法則・方法/第一印象が悪い人がよくするには?出会い/仕事/恋愛/婚活/結婚/仕事/面接/就活


第一印象の心理学/重要性


バス子「やっと着いたわね、仙人神社。第一印象が良くなるよう賽銭を奮発してお参りしよっと。」

バス男「バス子ちゃ~ん。それ、神様に対して第一印象悪いよ。賽銭額で神様を買収しようとしてるわけだから。」

バス子「もうっ、うるさいわね。私はこの後、仙人のところに【第一印象をよくする方法】の話を聞きに行くんだから。」

バス男「ほ~、仙人様の【第一印象の心理学/重要性】の話かぁ。」







~第一印象をよくする方法~

1.第一印象の心理学/重要性

①世の中はイメージで成り立っている?

■そこに2個の缶コーヒーがあるとします。
1個はコカ・コーラの新商品缶コーヒーで、もつ1個は無名メーカーの缶コーヒーです。
両方とも、まだ飲んだことがないとします。

この場合。
多くの人はコカ・コーラの缶コーヒーを飲むことでしょう。

「コカ・コーラの商品なら失敗なさそう」
「無名メーカーの缶コーヒーは、なんとく心配だから」
などの理由からです。

上記の人間の行動は、人間の頭の中にあるコカ・コーラに対するイメージから生まれていると言えそうです。

つまり、私たちの行動は、対象に対するイメージによって決まる側面もあるわけですね。

~第一印象の心理学/重要性/第一印象を良くするには?方法~
人間の行動は、対象に対するイメージ次第で変わる


これは、人間関係においてもそうかもしれません。

例えば・・Bさんは言いました。「Aさんってさぁ、この場合怒りそうじゃない?だからAさんには内緒にしよう?」
そしてBさんは、Aさんには話しませんでした。

この場合、きっとBさんの頭の中では{話すことで怒り始めたAさんの姿}がイメージされたのでしょう。
だから「Aさんってさぁ、この場合怒りそうじゃない?だからAさんには内緒にしよう?」と発言することになったのでしょう。

このように普段から私たちの人間関係は、その人に対するイメージによって左右されている側面もあるのかもしれません。

だからこそ、どうせなら他人から良いイメージをもってもらいたいものですよね。
他人から良いイメージをもってもらえれば人間関係がもっとスムーズにいくでしょうし、人間関係がもっと楽しいものになることでしょう。



②好印象をもたれたい~第一印象の心理学/重要性/第一印象を良くするには?方法~
■では、他人から良いイメージをもってもらうためには、どうすれば良いのでしょうか。
そのためには、第一印象も大切であり、以下の事柄も重要となるものなのかもしれません。


①表情
→いつも笑顔でニコニコしていれば、他人から「明るいイメージ・楽しいイメージ・優しいイメージ」をもってもらえることでしょう。
逆に、いつも気難しい表情をしていれば、他人から「接しにくいイメージ・暗いイメージ・恐いイメージ」をもたれるかもしれません。


②言葉
→優しい言葉を多様し、ゆっくりと話せば「朗らかなイメージ・優しいイメージ」をもってもらえることでしょう。
逆に、激しい言葉を多様し、早口で喋れば「せっかちなイメージ・性格のきついイメージ」をもたれることになるかもしれません。


③匂い
→匂いも、その人のイメージを作り上げる1要素のようです。
匂いには好みがあるため「どういった匂いが良い/どういった匂いの香水が良い」とは一概には言えませんが、自分の匂いも、知らずしらずのうちに相手に自分の印象・イメージを与えている・・ということのようです。

使う香水にも配慮すると、第一印象が変わるかもしれませんね。


④服/髪型
→服装や髪型も、その人のイメージを構成している1要素のようです。

「前髪をあげるか?下げるか?」だけでも、随分、人に与える印象・イメージは変わることになるようですね。

男性の場合、前髪はあげた方が活動的な印象を相手に与えることになるようです。

「どういったイメージを、他人からもたれたいか?」「どういった印象を他人に与えたいか?」も考えて、髪形や服装を選ぶことも第一印象アップのためには重要なのかもしれません。


⑤住まい/車
→イメージの観点から言うと、車は単なる移動する道具ではないし、家は雨風をしのぎ寝るだけの場でもないようです。
私たちは他者のことを「乗っている車」や「住んでいる家(場所も含む)」によって、推し量る部分があるようだからです。

他人のことを車や住まいで判断するのはナンセンスなのかもしれませんが、それらは現実的に、そして無意識的に、人々の頭の中で行われているようです。

特に恋愛や婚活の場では、初めて接した際、「車は何に乗っているの?」「どこに住んでいるの?」と会話をする場合もありそうです。
その時の答え次第で、相手は貴方のことを「ふむふむ。この人は~~という人なのね。」と判断し、それが後の{相手の貴方に対するイメージ}に影響を与えるようです。

第一印象を変えたいならば、「どういったイメージを、他人からもたれたいか?」「どういった印象を他人に与えたいか?」も考えて、買う車や住まいを選ぶのも悪くはないのかもしれません。


⑥職・仕事
→私たちは相手のことを、就いている仕事・職によって推し量る部分が多分にあるようです。
初対面で聞かれることの1つは「どこにお勤めなのですか?」ですよね。
私たちは無意識的に、その人のことを、就いている仕事や職によって推し量っているわけですね。

初対面の場では、見た目はもちろんですけども、「出身校・就いている仕事・乗っている車・住まい」によって人は他人のことを「ふむふむ。この人は~~という人だな。」と判断し、それが、その人のイメージとなる側面もありそうです。



③好印象をえるには~第一印象の心理学/重要性/第一印象を良くするには?方法~
■普段の自分の表情や髪型、それに乗っている車や住まい、着ている服、就いている職などが、{他人の自分に対するイメージ}を決めている・・という自覚は伴いにくいものですよね。

しかし私たちが無意識のうちに他人のことを、表情や髪型、それに乗っている車や住まい、着ている服、就いている職などによって判断し「この人は、こういう人だ」とイメージを作り上げているように、、、

自分自身も他人から、普段の自分の表情や髪型、それに乗っている車や住まい、着ている服、就いている職などによって「あの人は、こういう人だ」とジャッジされイメージを作り上げられているのかもしれません。

私たちの人生は、他人との関係性によって作られている部分が多分にあるため、{他人からの自分に対するイメージ}が変わると、人生にも変化が現れそうですね。

そういった意味では、普段の自分の表情や髪型、それに乗っている車や住まい、着ている服、就いている職などが変わると、{他人からの自分に対するイメージ}にも変化が現れ、すると他人との関係性にも変化が現れ、結果的に人生にも変化が現れ始めるのかもしれません。


~第一印象の心理学/重要性/第一印象を良くするには?方法~
<writer 名無き仙人>







バス男「ふむふむ。第一印象を良くするためには、手土産やプレゼントを持参していき、相手の心を買収すればいいのか~。」

バス子「バス男さん・・そんな発言してたら第一印象が悪くなるわよ。」

仙人「笑顔で人と接することで、第一印象は良くなりそうじゃのぉ。」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)