嫌なことを忘れる方法

■嫌なことを忘れたい!忘れ方/嫌な出来事を忘れるには?嫌な過去を思い出してしまう/仕事/恋愛/婚活/結婚/仕事/面接/就活/人間関係


嫌なことを忘れる方法


バス子「やっと着いたわね、仙人神社。嫌な出来事を忘れることができるよう、お参りしなきゃ。」

バス男「バス子ちゃ~ん。嫌な出来事を忘れるためには、快楽に走るのが1番だよ。ぐへへ~」

バス子「もうっ、神聖な境内でやめてくれる?仙人のところに【嫌なことを忘れる方法】の話を聞きに行こうかなぁ。」

バス男「ほ~、仙人様の【嫌なことを忘れる方法】の話かぁ。」







~嫌なことを忘れて毎日を明るく楽しく生きるコツとは?~

1.嫌なことを忘れる方法

①明るく楽しく暮らしたい

■嫌なことを忘れ、人生の悩みや不満を少なくし、毎日を楽しく明るく幸せに生きていけたら素敵ですよね。
今回の記事では、嫌なことを忘れ、毎日を明るい気持ち・楽しい気持ちで過ごすためのコツ・秘訣について見てみたいと思います。



②嫌な出来事を忘れるには?~嫌なことを忘れる方法~
■毎日を明るく楽しく過ごすためには、以下のことも大切となるのかもしれません。


①嫌なことは思い出さない
→私たちは、今現在のことで嫌な思いをする・・・だけでなく、わざわざ、過去の嫌なことを思い出して、今現在、嫌な気持ちになってしまう、、、ということも、少なくないのかもしれません。

過去も未来も、私たちが過去や未来に意識を向け、脳内で考えられた時のみ出現する空想・妄想だとも、言える側面もあるのかもしれません。実際に‘ある’のは、今だけ!とも言える側面があるのでしょうか。


一度、目を閉じてみてください。
では、目を開けてみてください。目の前には、なにがあるでしょうか。パソコンでしょうか?スマホでしょうか?

目の前には現実が存在しており、嫌な出来事は、そこにはないことでしょう。触ることも見ることもできないでしょう。

それなのに、嫌な想いをしているならば、それは脳か心が、目の前の現実に意識を向けているのではなく、嫌な過去にとらわれているからでしょう。


実在しない・実在していないのかもしれない、‘嫌な過去’について意識を向けて、自分の頭の中だけで、あーだ・こーだと、妄想を続け、それで嫌な気持ちになるなんて、もったいないかもしれません。

「嫌なことは、思い出さない・思い出そうとしない」は、毎日を楽しく生きていくためのコツの1つと言えそうです。


人生は映画?人生が変わる物語(3Dホログラムによる完全没入体験型オンラインゲーム)や、心に響く言葉/名言「心が唯一の原因」(現実の世界も人生も心の投影である)に詳細はあるとおり。
21世紀現在では、あまり見聞きしない話ではありますが、私達は、意識上の物事を経験することになっているのかもしれません。


~嫌なことを忘れる方法~
人はそれぞれ、自分1個人が、意識を向けている事柄が、その人の現実となり、その現実を経験している


そのため【意識を向ける先】をコントロールすることによって、私達は、人生で経験する事柄を、ある程度はコントロールできるのかもしれません。

自己催眠ダイエットと潜在意識(現実化の仕組みとコツ)に詳細はあるとおり。
意識には、自分でコントロールできる顕在意識と、無意識である潜在意識があると言われているようです。
そのため、つい、嫌な過去に意識が向き、嫌な過去を脳内でのみ回想し、1人で嫌な気分となってしまうことは、私達には誰しも、あるようです。

嫌な過去に意識が向かい、嫌な過去に思いをはせていると気がついたら「気が病むからやめよう。楽しいことを考えよう。過去の嫌なことを思い出して嫌な気持ちになり続け人生が終わってしまうのはバカらしいよ。」と呟き、楽しいことを考えるようしたいものですね。


②嫌な予想はしない
→日本人は、悲観的な思考・マイナス思考をする人の割合が多いそうです。
マイナス思考には、最悪のケースを想定して、危機に備えることができる!というプラスの面もあるようですね。だから日本人は貯蓄率が高いのでしょうか。

しかし、マイナス思考がすぎると、起きるはずもない最悪な想定を、いつも頭の中でしてしまうことになり、そうなれば毎日を悲観的な気分で過ごさなければならなくなるでしょう。

そういった意味では、明るく楽しく毎日を過ごしたいならば、マイナスな予想はほどほどに・・とも言えるのかもしれません。

もっと、この世界と、この世界の人々を、そして自分自身を、信じて、楽しく生きていけると素敵ですよね。→不安感の原因(条件付きの愛と不安感の関係)


③仕事とプライベートの切り替え
→仕事では、我慢をしたり気を使ったり・・とストレスが溜まることもあるでしょうし、不安や心配事、それに責任も抱えることになりがちです。
そのため、休日や仕事が終わった時間にまで仕事のことを考えれば、気分も憂鬱になりやすいと言えるでしょう。

明るく楽しく元気に毎日を過ごすためには、プライベートの時間では仕事のことを考えないようにすることは大切なことなのかもしれません。

休日や仕事終わりに、仕事のことをつい、考えている自分に気がついたら「仕事のことは仕事中に考えよう。今は、仕事以外の楽しいことを考えよう。」と呟き、楽しいことを考えるようにしよう。


④繁栄原則
→私たちは、利己的になればなるほど、生きているなかでストレスをためやすくなるようです。
破滅的な原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」に根ざして生きていれば、イライラすることの多い人生となることでしょう。

一方、繁栄的な原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心」のもと生きていると、イライラしストレスを溜める機会が減り、逆に嬉しい気持ちや素敵な気分になる時間が増えるようです。

周りの人たちと比べた際に、「どうして私は、こんなにもイライラする機会が多いのだろう?」と思う場合、自分の根ざしている原理原則についてチェックしてみるのも悪くはないのかもしれません。



③嫌な出来事を思い出す?~嫌なことを忘れる方法~
■私たちは、理由は様々ですが、ときにあえて、嫌な過去を思い返したり、嫌な予想をしてみたり・・することで、脳内の中だけで最悪な妄想を膨らませ、そしてイライラしストレスをためてしまうこともあるようです。

現実的に嫌なことが起きているわけでもないのに、自らの負の妄想により、イライラやストレスを感じてしまっていることが多い場合、「嫌なことは考えまい」と自分に言い聞かせ、楽しいことを考えるようにすると、明るく幸せな気分で過ごせる時間も増えていくものなのかもしれません。

私達は、もっと人生を、気楽に楽しんでも良いのかもしれませんね。

さて、今回の記事も、最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
心から感謝しています。

貴方に、多くの幸せが訪れますように・・。


~嫌なことを忘れる方法~
<writer 名無き仙人>





バス男「嫌なことを忘れるためには、時間による解決を待てばいいのかぁ。」

バス子「そんな記述はなかったけど、確かに時間が癒してくれることもあるわね。」

仙人「人生では【許せない人/許せないこと】がでてくるのぉ。しかし許せないから思い出したり怒ったりしておれば、イライラしてばかりで人生が終わってしまいそうじゃのぉ。【許すこと】と【許せないことを考えないこと】は大切なのかのぉ。→自分と他人を許す方法(許すー許しを請う(謝る)の関係)」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)