自分の顔/性格を変える方法

■今の自分の顔/性格を変えたい!整形手術以外の顔や性格の変え方とは?自分の顔/性格が嫌い!好きになりたい!


自分の顔/性格を変える方法


バス男「はぁ~、ち、ちくしょう!僕には、他にしなければいけないことが、たくさんあるのに・・」

バス子「なにwebサイトを閲覧しながらイライラしてるのよ?サイトを閉じて、しなければいけないことを、すれば良いだけじゃない。」

バス男「バス子ちゃ~ん。だって・・あぁ、このサイトは社会悪かすら、しれないな。」

バス子「バカじゃないの?悪の根源は、バス男さんの‘心’でしょ?・・もうっ。仙人のところに【自分の顔/性格を変える方法】を聞きに行ってみれば?」

バス男「仙人様の【~自分にだけ向けられがちな愛を他者へと広げる~自分の顔/性格を変える方法】の話・・」







~自分にだけ向けられがちな愛を他者へと広げる~

1.自分の顔/性格を変える方法

①車での外出中

■車を走らせていると・・大きな交差点にさしかかり、そこで赤信号のために信号待ちをすることになったのでした。


信号待ちをしていると、みすぼらしい服装をした年配の男性が、ボロボロの自転車に乗ってフラフラと交差点を渡っているのでした。
自転車カゴには、プラスチックの大きな焼酎ボトルが入っていました。


「なんだ?あのオヤジは。昼間っから酒を飲んでいるのだろうな。ふっ。」
軽蔑の目で眺めながら、冷笑し見下していると、みすぼらしい服装をした年配の男性とすれ違うように、反対側から手をつないだ男女が歩いてきていたのでした。

よく観ると、美男、美女のカップルのようでした。
男性の方は、高身長でお洒落で、顔も整ったカッコイイ顔立ちをしているのでした。


「昼間っからラブラブで羨ましいぃ~」
幸せそうなカップルを睨みつけながら目で追っていると、前の車がゆっくり進み始めたのでした。信号を見てみると、青に変わっていました。


「いいなー。」
最後にチラっと幸せそうなカップルを横目で見て、そう思いながら、前の車に合わせて、ゆっくりとアクセルを踏み込み進み始めました。

交差点を抜けた先にある、大きな橋を渡っていると・・・橋を渡りきったところにある、これまた主要な交差点が込んでいるせいか?
橋を3分の2ほど渡ったところで、信号待ちと思われた車の渋滞に遭遇し、橋の上で待たされることになったのでした。


早く進まないかなーと思いながら待っていると、隣車線に白色の高級車が入ってきて、私の車の横で、これまた信号待ち渋滞のため停まったでした。
大きな高級車が隣に停まると、自分の乗っている軽自動車が小さく思え、

「高級車だけど、これは型落ちの中古だろ?こんな車、本当の意味では高級車とは言えないよ!・・それに軽自動車をバカにするなよな!軽は、維持費が安いんだぞっ。」
高級車をチラっと鋭い目つきで睨みつけながらも、自分の車と高級車を比べているとイライラしてきて、

「赤信号が長すぎなんだよ。早く進めよ。」
高級車の隣で、軽自動車に乗って待っているのも嫌だったこともあり、依然進まない前の車を睨みつけながら、ハンドルをトントン、トントンとイライラしつつ叩きながら、ヒザを揺らし続けていると・・





名無き君、自分の顔や、自分の目つきは、普段の行いで作られていくのだよ(^_^)
いつもイライラしながら、他者を睨みつけていたりすると、自分の顔にとってもマイナスになってしまうのかもしれないね。


「自分の顔や、自分の目つきは、普段の行いで作られていく??」

そうだよ。
20歳くらいまでの顔つきは、親からの遺伝や育った環境に大きく影響されるようだけど、その後の顔は、本人次第の部分も、あるのかもしれないね。

私達の顔や、顔つきというのは、あたかも人生の履歴書のように、私達の生き方、心のあり方、・・が生み出している普段の表情や目つき、また人生経験や、生活や環境の変化が、刻まれていくことで形成されていく側面もあるのかもしれない。

だからね、普段、自分より不幸せに見える他人を見ては冷笑し見下したり、自分より幸せそうに見える他者を見ては睨みつけイライラしたり、としていると。
そういった己の行動により、自分自身の顔つきや目つき、しいては顔全体が、あまり魅力的ではないものとなっていくのかもしれない。


「他人を羨み睨みつける/他者を見下し冷笑する」などの行動は、誰かにバレるものでもないし、そうしていることを他言するわけでもないから、皆には覚られないし、そのため皆から非難されることもなくデメリットもないようにも思えるよね。

だけど、「他人を羨み睨みつける/他者を見下し冷笑する」などの行動を普段とっていることを、口にだして言わなくても、それらは自身の、顔つきや目つき、しいては顔全体に現われていくものなのかもしれない。

私達の顔や、顔つきというのは、あたかも人生の履歴書のように、私達の生き方、心のあり方、・・が生み出してきている普段の表情や目つき、また人生経験や、生活や環境の変化が、刻まれていくことで形成されていく側面もあるようだから。


「でも、そんな話って、迷信なのでは?」

そう思うよね。
でも、人生を生きていると、「あれ?この人、なんだか顔が変わったなー!こんな顔だったっけ?」と感じる人に出会うこともあるよね。

それは、その人の、顔つきや目つき、しいては顔全体が、やはり変わってきているから、そう感じることになるのかもしれない。

そして、顔つきや目つき、しいては顔全体は、私達の普段の生き方、心のあり方、・・が生み出している普段の表情や目つき、また人生経験や、生活や環境の変化が、刻まれていくことで形成されていく側面もあるため、

「あれ?この人、なんだか顔が変わったなー!こんな顔だったっけ?」と感じる人というのは、普段の生き方、心のあり方が、なにかのキッカケで変わり、生き方、心のあり方が変わったことで、普段の表情や目つきが変わり、また人生で経験する事柄や、生活や環境が変わったことにより・・・顔が変わり、私達は「あれ?この人、なんだか顔が変わったなー!こんな顔だったっけ?」と感じることになっているのかもしれない。


{心のあり方}が変わるとね。
普段の表情や目つきも、変わるようなんだ。

そして、人生/生き方「迷わない指針」(繁栄原則と破滅原則)にもあるとおり、{心のあり方}が私達の人生を創り上げている側面も多分にあるため、{心のあり方}が変わると人生で経験する事柄が変わり、人生で経験する事柄が変わると普段の表情や目つきも、変わるようなんだ。

例えばだよ。
名無き君も、人生でハッピー♪な経験をする機会が劇的に増えれば、普段からイライラした顔をする機会は激減し、笑顔でいる時間が激増することになりそうだよね。
すると、普段の表情、顔つき、目つき・・などが変わっていき、しいては、顔全体が変わり始めることにもなるのかもしれない。

  →→→  
本だって、いつも折り曲げていたら、本の形が変わるでしょう?

それと同じく、私達の顔も、いつもイライラして、他人を睨みつけたり見下し冷笑したりしていれば、そういった顔に変わっていき、いつもニコニコと笑顔でいて、他者のことを慈しみ深い目で見ていれば、それもまた、そういった顔に変わっていくことになるのかもしれない。


「じゃあ、{心のあり方}が変わると、普段の表情や目つきが変わり、また人生で経験することも変わるため、さらに普段の表情や目つきも大きく変わり始め・・しいては顔自体が変わり始めるってこと?」

そういったことも、ありえるのかもしれないね。
私達の肉体は60兆個の細胞より成り立っていて、その60兆個の細胞は{心のあり方}にも影響を受けるようなんだ。

だからプラシーボ効果なんてのも、あるのかもしれない。
プラシーボ効果とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事を言うのだけど。

つまり、たとえ偽薬だとしても、心で「この薬を飲んだから、もう健康になれる!」と思い込むため、その{心のあり方}に60兆個の細胞が影響を受け、肉体も改善されるのかもしれないね。


「{心のあり方}が、肉体・・つまり60兆個の細胞に影響を与える。」

そうだね。
そして、私達の顔も、細胞より成り立っているわけで、当然、他の体の部分の細胞と同じく{心のあり方}に影響を受けることになりそうだよね。

{心のあり方}によって、顔の何兆もの細胞も影響を受け、なにかしらの変化が現われることもありえるのかもしれない。
たとえば「顔色」が少し変化しただけでも、その人の「顔全体」の印象やイメージは、大きく変わるよね。化粧によってファンデーションやチークをするだけでも、女性の顔の印象が変わるように。

そして「顔色」の変化などは、{心のあり方}にも影響を受けることになりそうだよね。
例えば、私達は心がショックを受けるような、ショッキングな事があると顔色が変わるようだし、恥ずかしい思いをすると、それでもまた、顔色が変わるよね。


「{心のあり方}で、顔が変わる・・か。」

人の顔から運命を占う’人相学/人相占い‘は、「人の‘心のあり方’は、顔に現れる!」という考えが根底にあるようだよ。
’人相占い‘というのは、{人の顔を見ることにより、その人の心をも見る占い}なわけだね。

顔が人間の運命を決める要素は少なく、人間の運命は、その当人の‘心のあり方’に影響を受けるため、占い師は、運命を診るためにその当人の心(のあり方)を診たいのだけど、心を直接見ることは難しいため・・‘心のあり方’が現れやすい、‘顔’を見ることで占いをする・・それが’人相占い‘のようだね。


つまり私達の顔には、心のあり方が現われるものなのかもしれない。
心のあり方が、私達の普段の行動を作り出していて、私達の普段の行動が、私達の普段の表情や目つき、顔つきを作り出しているのかもしれない。


名無き君は、「他人はライバル/競争相手」と無意識のうちに思い込んでいて。
だからこそ、{ライバル/競争相手}である他人・・・交差点にいた、みすぼらしい服装をした年配の男性を見ては「私の方が勝っている!」と思い、見下し冷笑することになったのかもしれない。

また、だからこそ{ライバル/競争相手}である、美男/美女のカップルを見ては「私の方が負けている!悔しい!腹立たしい!」と思い、嫉妬し睨みつけることになったのかもしれないし、

{ライバル/競争相手}である、他人が乗っている高級車を見ては、「私の方が負けている!悔しい!腹立たしい!」と思い、嫉妬し睨みつけることになったのかもしれない。


「うっ。でも、誰だって、他者に負けたくない!勝ちたい!と思うのは、当たり前のことだろう?」

それは他人の不幸より幸せを願うには?(愛を広げる/他人は仲間)にもあるとおり、名無き君が、自分だけを愛するが故に、「他人はライバル/競争相手」という世界観をもつことになっているから、そう思い感じることになっているのかもしれない。


ついつい、自分にだけ向けられがちな愛を、他者にまで広げてみて。
エネルギー問題の解決策(人間や現実の正体)にもあるとおり、本質的には、他者も、自分自身なのかもしれないのだし。

きっと、自分にだけ向けられがちな愛を、他者にまで広げてみれば、他人のことが{ライバル/競争相手}ではなく、{大切な仲間}として、見えてくることになると思うよ。

そして、名無き君だって{大切な仲間}とは競争はしないでしょう?
{大切な仲間}とは協力し合い、{大切な仲間}の幸せを願うことになるよね。

だから、名無き君が、自分にだけ向けられがちな愛を、他者にまで広げてみれば、他人のことが{大切な仲間}として、見えてくることになり・・他者のことが{大切な仲間}として見えるから、{大切な仲間}に対する当然の態度として、他者の幸せを願うことに、なるのかもしれない。睨みつけたり、見下し冷笑したりするのではなく。


優しい穏やかな心をもち、慈しみ深い目で、他者のことを、この世界のことを、見て欲しい。
他人のことを{ライバル/競争相手}としてではなく、{大切な仲間}として、見て欲しい。

すると、視界に入ってくる他人達のことが{大切な仲間}に見えるから、イライラする機会は減り、他者の幸せを願う機会が増え、自然と口かども上がり顔つきも変わってくることになると思うよ。


「でも、良いこともないのに、微笑みながら他人の幸せを願うなんて出来ない!私は今、渋滞で待たされてイライラしているんだよ?」

うんうん。気持ちは、よくわかるよ。

そしてね、私達は{嬉しいから笑顔になる}わけなのだけど、{笑顔でいるから嬉しくなる}ということも、ありえるのかもしれない。


心身相関という言葉があるのだけれど。
心身相関とは、感情は身体にも適応する形で現れ、また、身体の疲労は心理的意識となっても反映される・・ことを意味してね。

簡単に言えば、{心の状態}が体にも影響を与える・・つまり{嬉しい!という感情を感じたから笑顔になる}こともあるのだけれど、{体の使い方}が心にも影響を与え{笑顔でいるから嬉しくなる}こともありえるのかもしれない。
顔も体の1部であるため、表情も、{体の使い方}の1つなのかもしれないね。


「体の使い方が、心にも影響を与える?」

そうだね。
例えば、肩に力を入れて、眉間にシワを寄せ、歯を食いしばり怒った表情をしつつ・・・それでいて心をリラックスさせるのは難しいよね。
逆に、肩の力を抜いて、目元と口元に微笑みを浮かべ、ふぅ~と息を吐き、ゆっくり呼吸しつつ・・・怒り続けるのは難しいのかもしれない。


「表情含む体の使い方が、心にも影響を与えることがありえるのか。」

そうかもしれないね。
だから、今は渋滞ではあるけど、その渋滞という現実の中で、表情を笑顔にしてみて。
目元と口元に微笑みを浮かべ、ふぅ~と息を吐き、ゆっくり呼吸しつつ・・・視界に入ってくる全ての全て、木も、車も、もちろん他者のことも、{大切な仲間}として見てみて。

他人達のことを{大切な仲間}として認識し、優しく微笑んで、他人のこと「仲間だ!」と感じながら、慈しみ深い目でこの世界を眺めていると。
目つきが、優しい‘目/瞳/眼差し’に変わっていくことになると思うよ。


書籍ツキを呼ぶ顔 逃がす顔によると、目が運の60%を決めるそうだね。
目つきというのは、心のあり方を精進していき、他人の人格を重んじ、自分の人格を高めていくことで良くなるそうだよ。

そして目つきが良くなれば、顔の短所さえ目立たなくなり、風貌も良くなり、周囲からの印象も良くなる、みたいだね。


<陰徳を積むことで眼光は輝く>
名無き君が、どんな思いで他人達のことを見ているか?なんて、誰も知らないことだけど。
誰が知っていようと、知るまいと、君の普段の心のあり方が、目つき、顔つき、表情、しいては顔全体を作っていくわけだから、誰も知らないし認めてくれないし、賞賛もしてくれないだろうけど、

他人達のことを{大切な仲間}として認識し、優しく微笑んで、他人のこと「仲間だ!」と感じながら、慈しみ深い目でこの世界を眺めてみて。

きっと、名無き君の目つき、顔つき、表情、しいては顔全体も、変わっていくことになると思うよ。





はっと、意識が我に返り。
自分がそれまで、前の車を睨みつけながら、ハンドルをトントン、トントンとイライラしつつ叩き、ヒザを揺らし続けていたことに気がついて、それらを辞め・・

1度、ふぅ~と大きく息を吐き、それからニコっと微笑んでみて、視界に入ってくる‘この世界の全て’を、優しい気持ちで眺めてみたのでした。


「みんな、{大切な仲間}なんだ。幸せになって頂きたい{大切な仲間}なんだ。」
そう自分に心の中で言い聞かせながら、優しい気持ちで微笑みつつ運転席側窓より、隣の高級車を眺めてみました。

40~50代と思われたスーツを着た男性が、無表情のまま前方を注視していて、私は「この男性に幸せが続きますように♪」と願ってみたのでした。

そう願ってみることは、「高級車だけど、これは型落ちの中古だろ?こんな車、本当の意味では高級車とは言えないよ!」と、他者のあら捜しをしながらイライラしつつ睨みつけることよりも、自分としても気分が良く、少し不思議な気持ちがしたのでした。


そのまま今度は、左手側へと視線を移していくと。
太陽の光に照らされキラキラと輝いている大きな川が視界に入ってきて、土手には黄色の花の絨毯が広がっており、土手いっぱいに広がる綺麗な黄色の絨毯は、気持ち良さそうにそよ風と共に揺れているのでした。

思わず、窓を開けてみると、春の心地良い穏やかな風が車内に入ってき、「すぅー」と鼻で春風を吸い込むと、体中に心地良さが広がっていくのでした。


「あ~、気持ち良いなぁー。」
こんなにも幸せに満ちている‘この世界’の中で、どうして、さきほどまでは、あんなにイライラしていたのか自分でも不思議に思っていると、前の車がゆっくりと進み始め、私もゆっくりとアクセルを踏み込んだのでした。

穏やかに進んでいく車の列は、私の前2台を残し、橋を渡りきったところにある主要な交差点で、再び赤信号にて停止することになり、私もブレーキを踏んで車を交差点にある飲食店横あたりで停めることになったのでした。

左手に見える飲食店を眺めていると、店の出口より、小さな子供2人を先頭に、4人家族が出てきたのでした。

美味しい料理を家族で楽しく食べたのでしょう。
子供達も、またご両親も、幸せそうな表情をしているのでした。


「良いよなー幸せそうな人達は・・・じゃなかった。違う違う。あの家族も、{大切な仲間}なんだ。」
ついつい、いつものクセで、幸せそうに見えた家族に嫉妬しかけたのですが、「あの家族も、{大切な仲間}なんだ。」と思い直し・・車から優しく微笑みかけながら「この家族に幸せが続きますように♪」と願ってみたのでした。

幸せそうに見える他者のことを、優しく微笑んでみながら「幸せが続きますように♪」と願ってみることは、自分が思っていたよりも、自分自身にとって心地良いことであり、、、そう、わかったことが嬉しくなって、私は{新たな発見!}に対して感謝の気持ちを抱き、「ふふふ。」と口元を緩ませつつ交差点の信号の方を見てみると、

信号は未だ赤であり、「まだ赤か~」と思いながらも目線を下げていけば、反対車線にて信号待ちをしている車の列の先頭に、ボロボロの・・・事故後の修理もしていない軽自動車が停まっているのでした。


「なんだ?あの軽自動車は。」
軽蔑の目で眺めながら、冷笑し見下し、、、た瞬間、「またやってしまったー。」と自身の普段のクセより生じていた思考に気がつき「違う違う。あの軽自動車も運転手の方も、{大切な仲間}なんだ。」と思い直し、「あの方に幸せが続きますように♪」と願ってみたのでした。

そして、そう他者の幸せを願った瞬間、自身の心の中に、優しい暖かな気持ちが広がっていくのを感じ、自分で自分の心の変化を「おもしろいものだなー」と思っていると、信号が青に変わったようで、周りの車が一斉に動き始めるのでした。

私も周りの車の発進に合わせてアクセルを踏み込み、車を走らせ始めました。
車を走らせると、開けっ放した窓から、春風が入り込んでくるのでした。


「ふぅ~。」
春風を体いっぱいに吸い込みながら、優しい気持ちにて視界を通り過ぎていく‘この世界’を眺めながら運転していると、左手前方のアパートベランダに、黄色の花が咲き乱れている様子が視界に入ってきたのでした。


「へ~。ベランダガーデニングだろうなー。今まで気がつかなかったな。」
何回も通ったことがある道なのに、それまで1度も気がつかなかった、アパートのベランダに咲いている花が視界に入ってきた・・

自分にばかり向けられがちな意識が、

自分にばかり向けられがちな愛が、

‘この世界’の全てへと広がっていたからでしょうか。


‘綺麗に輝く花’は、主張せずとも、その抗しがたい魅力によって。
その花が放つ優しい愛と、同調する優しい{愛の心}をもっている人々の目を惹きつけることになる・・・


穏やかな目で‘綺麗に輝く花’を眺めながら、前方をしっかりと見ながら安全運転をしていったのでした。



「{心のあり方}で、顔が変わる。・・ふふふ。」
自分の心の状態が、あの信号待ちの間で、たいそう変わったようにも思え。

そのためきっと、私の顔も、変わっているハズだ♪
イケメンになっているかもーとも思え・・

家に帰りつくなり、ワクワクしながら真っ先に鏡を見にいってみると、


「あぁ、継続が必要なのか。」そう呟くことになったのでした。



~まとめ 自分の顔/性格を変える方法~
★自分の顔/性格を変える方法
→私達は普段の生活の中で、自分でも気がつかないうちに、幸せそうな他人のことを羨み睨んだり、他人に腹を立て睨んだり、不幸せに見える他者を見下し冷笑したり・・と、してしまっている場合もあるのかもしれない。
そうしているならば、その根底には、「他人はライバル/競争相手」という世界観があるのかもしれない。

そして「他人はライバル/競争相手」という世界観をもってしまっている理由の1つは、にもあるとおり、{相対性の罠}にはまり込んでいるからなのかもしれない。

本来、他者や他人は「大切な仲間」であり、そのため私達は、大切な仲間である他者を見ては、睨みつけたり見下し冷笑するのではなく、相手の幸せを心から願うのも悪くはないのかもしれない。


★自分の顔/性格を変える方法
→幸せそうな他人のことを羨み睨んだり、他人に腹を立て睨んだり・・としていると、鋭い、敵意ある目つき/人を裁く目つきとなっていき、他人からは、あまり好かれない場合もあるのかもしれない。
また、不幸せに見える他者を見下し冷笑したり・・としていると、冷たい目つき/人をバカにする目つきとなっていき、他人から距離を置かれてしまう場合もあるのかもしれない。

一方、全ての他者や他人は「大切な仲間」である!とし、差別することなく、人によって態度を変えることなく、全ての人に対して、優しい慈悲深い目/慈しみ深い目/微笑む目で接していると、自分の目つきは{愛深い優しい目つき/相手に安心感を与える目つき}となっていき、
まるで綺麗な花のように、自己主張をしなくても、抗しがたい魅力によって、人々を惹きつけ、人々から信頼され、人々から愛される・・ことになるのかもしれない。


★自分の顔/性格を変える方法
→顔というは、性格もそうであるが・・一生、皆がみな、変わらずに同じままであることは、ありえない。
顔も含め、物質は、心(意識)の影響を受ける形で、変化することもあるのかもしれない。

そのため、普段の心(意識)が変わると、時間差はあるものの、少しづつ、目つき、表情、顔つき、しいては顔までもが、変わってくる場合もあるのかもしれない。
もちろん、普段の心(意識)が変わると、自分の性格も変わることは、十分にありえることなのかもしれない。


★自分の顔/性格を変える方法
→自分の顔/性格を変える方法は、{自分の心のあり方}を変えることなのかもしれない。

{自分の心のあり方}を変えることにより、心の現われでもある顔や性格が変わることも、十分にありえる話なのかもしれない。

私達は、人の顔を、物理的にそのまま見て、そのまま脳で映像化し、そのまま、ありのまま認識しているわけではないのかもしれない。
私達は、視界に入ってくるものを見て、私達の心のフィルターをとおして、脳で認識しているのかもしれない。

そのため、顔全体がガラりと変わらなくても。
たとえば、眼光の輝きが綺麗になって、また力強くなるだけでも、私達がその人に対して受ける印象・・つまり、脳で認識するその人の顔は、私達の脳の中では、随分、変わる場合もあるのかもしれない。

だからこそ、整形手術をしたわけでもないのに、「あれ?この人、なんだか顔が変わったなー!こんな顔だったっけ?」という人と、私達は出会うこともあるのかもしれない。
その人は、整形手術をしたわけでもないため、顔自体がガラりと変わっているわけではなく、

たとえば、眼光の輝きが綺麗になって、また力強くなっていたり、目つきや顔つきが以前と変わっていたり・・・するために、私達の脳は、少し違ったふうに、その人の顔を認識することになり、私達の脳の中では、随分、その人が変わったように映っている・・のかもしれない。


★自分の顔/性格を変える方法
→<陰徳を積むことで眼光は輝く>
普段、どんなふうに、他人のことを見ているか?見下しバカにしているか?睨みつけ不幸を願っているか?それとも、相手の幸せを心から願っているか?・・は、他人にはわからない。自分だけが知っていること。
しかし、普段のあり方が、私達の眼光の輝きや、目つきや顔つき、しいては顔そのものを形成しているのかもしれない。
そのため、誰が知っていようと知るまいと、私達は繁栄的な原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}に沿った心をもち、生きていくのも悪くはないのかもしれない。


~自分の顔/性格を変える方法/自分の顔/性格が嫌い!好きになりたい!~
<writer 名無き仙人>





バス男「自分の顔/性格を変える方法かぁ。」

バス子「顔つきや目にも、心の状況が現われるのかもしれないわね。」

仙人「他者の幸せを願う心をもって、楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。関連記事としては運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)や、不安/焦りの人生が豊かになる方法({不安/恐れ/心配}をモチベーションに頑張ると・・)もお勧めじゃよ。」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)