人生を変える素敵な言葉

■励ましの言葉/癒しの言葉/前向きな言葉/感動する言葉/励ます良い言葉の力/癒される頑張れる言葉/恋愛/婚活/結婚


人生を変える素敵な言葉


バス子「は~ぁ。もっと素敵な人生を送りたいな~。ねぇ、バス男さん。人生が変わるような、素敵な言葉を知ってたら教えて♪」

バス男「うーん。最近の僕が使う言葉としては、詐欺・恨み・仕返し・報復・妬み・嫉妬・憎悪・憎しみ・・」

バス子「そんな言葉は嫌よ。私は、人生が変わるような、素敵な言葉を知りたいの。」

バス男「人生が変わるような、素敵な言葉なんて・・ふんっ、くだらないよ。そんなことより、、、遅ーい!(`ε´)ぶーぶー 店員共は、なにをしているんだ?僕のカルーア・ミルクは、まだかー!?」

バス子「ちょっと、辞めなさいよ。さっき頼んだばかりでしょ。・・私は仙人のところに【人生を変える素敵な言葉】を聞きに行こうかな~?」

バス男「仙人様の【人生を変える素敵な言葉~人生の繁栄に繋がる言葉を呟く~】の話・・」







~人生の繁栄に繋がる言葉を呟く~

1.人生を変える素敵な言葉

①友人達との飲み会にて

■「え~、いいなー」
‘たこわさ’をつまみに、ビールを飲みながら。

友人が嬉しそうに話す近況報告を聞き、私は羨ましく思ったのでした。

私なんて、最近は仕事・仕事ばかりで・・。

友人の羨ましい状況を聞くと、自分の現状が、改めて惨めに思え、「あー、イライラする。明日はやっと休日だし、もう今日は飲むぞ!飲んで嫌なことは忘れよう!」と強く思い・・・半分ほど残っていたビールを、一気に飲みほしたのでした。


「遅~い!私のビールは、まだかー!? (`ε´)ぶーぶー」
店内が混雑していたせいか?注文した2杯目のビールが、なかなか届かないのでした。

・・やっと店員さんがビールをもってきて。
「遅いぞ!?もっと早くもってこいよ!」というイライラした目で、 チラっと店員の方を見、そしてビールを受け取り、また友人達との会話に戻ったのでした。


到着してから1時間ほどだったでしょうか。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、次の店へと移動することになったのでした。



「あー、気持ち悪い。飲みすぎた~オェっ」
次に行った店が最後となり。
友人達と別れ、少し飲みすぎたことを後悔しながら、1人、自宅の方向へと歩いていると・・



②ふっと、我に返る~人生を変える素敵な言葉~
■「どうしたの?」

友人であるA君からの質問により、ふっと、我に返ったのでした。

→「あ、あぁ。いや、その以前の・・」

A君→「ん?」

友人に対して、私は‘たこわさ’をつまみながら「いやいや、なんでもないよ。それより、ビールの2杯目を頼むね。」と返し、半分ほど残っていたビールを、一気に飲みほしたのでした。


今日は、友人のA君に誘われ、久しぶりに居酒屋へと来ていたのでした。
男2人での‘飲み’であるため。
会話もなく、互いにボーと物思いにふける時間もあり、そのボーと物思いにふける時間の最中、私は以前、友人達と飲んだ日のことを思い出していたのでした。


A君→「妄名無きは、家に引きこもって仕事ばかりだから、頭がおかしくなっているんじゃないの? 笑」

→「ははは。そうかも~(*´∇`*)」


私としては。
今日は、今年になって初めての飲み会であり、また、今年になって初めての{アルコールを飲む機会}だったのでした。
最近は、家に引きこもって勉強ばかりしている、受験勉強中の中学生のような生活が続いていて・・

机に向かい仕事して本を読んで・・仕事して本を読んで・・
部屋にはTVもアルコールもなくて、あるのはPCと本だけで・・


そんな生活が続いてはいましたし、思いどおりにいかないことや上手くいかないこともあり、不満や悩みや問題が出てくるときもあるけれど、それでも、今日。
素敵な友人と一緒に、飲みに出てこれていることに対して、ひっそりと感謝の気持ちをも感じていたのでした。


「しっかし、遅~い!私のビールは、まだかー!? (`ε´)ぶーぶー」
店内が混雑しているせいか?注文した2杯目のビールが、なかなか届かないのでした。

・・やっと店員さんがビールをもってきて。
「遅いぞ!?もっと早くもってこいよ!」というイライラした表情を店員さんに向けかけた瞬間、繁栄原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}が思い出され・・

「駄目ダメ。いついかなるときも繁栄原則に忠実に。それに全ての人に対して愛深く接するんだ。」
そう思いなおし、店員さんから、笑顔でビールを受け取ったのでした。
関連ぶれない生き方(気分で態度を変えない。常に繁栄原則に忠実に生きる)
誠実さとは?意味(人によって態度を変えない)


飲み始めてから2時間ほどだったでしょうか。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、店を出ることになったのでした。


A君→「名無きは、もう帰るんでしょ?」

→「うん。A君は、2件目に行くんだよね?楽しんでね♪」


その居酒屋を出た後。
飲み屋街の中心部に繋がる道へと歩く、A君の後姿を見ながら・・

私は反転し、自宅へと歩き始めたのでした。

まだ時間は23時だったけど。
中学生のような私は、生活リズムを壊したくないため、家に帰ることにしたのでした 笑


久しぶりに歩行者通りを歩き、、、そして公園隣の道へとさしかかると・・半分開き始めたサクラが、外灯に照らされ、綺麗なピンク色に輝いていたのでした。


「もう、春か~。早いなー。」

そういえば、さきほどA君も「もうサクラが咲いているんだよ!知らないの!?」と話していたことを思いだしつつ、歩き続けていると交差点に辿り着き・・



「正直・誠実・感謝・奉仕・謙虚・良心・全ての人は同じ1つのチームのメンバーであり、仲間。他者の幸せを心から願う心。・・・・正直・誠実・感謝・奉、、、」

小声にて繁栄原則を呟きながら、交差点を渡ったのでした。

最近は、繁栄原則を意識しながら生活していて・・
ことあるごとに、繁栄原則を思い出し、頭の中で繁栄原則を呟くようにしていて、、、

そのことにプラスして、酔いちくれていたからでしょうか?
まるでお経のように、頭の中で、繰り返し繰り返し繁栄原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心」がリピートされ続けており、その頭の中で繰り返される繁栄原則を、小声にて呟き続けていたのでした。

「正直・誠実・感謝・奉、、、般若心経か? 笑」
1人つっこみをしつつ、自分でも「ここまでくると、病的だな~ 笑」と心の中で笑いつつ。

「正直・誠実・感謝・奉仕・謙虚・良心・全ての人は同じ1つのチームのメンバーであり、仲間。他者の幸せを心から願う心。・・・・正直・誠実・感謝・奉、、、」

酔いちくれているせいで、思考がまともに働かない中、ただただ、通りに立ち並ぶビルを眺めながら、歩きながらつぶやく。


「正直・誠実・感謝・奉仕・謙虚・良・・・」


そういえばさきほど。
居酒屋を出るとき、楽しそうな人達がいて、「いいよなー。あの人達は、人生を楽しんでいて。」と思ったのでした。
・・その場面が思い出されたのでした。


「‘あの人達’は、{羨ましい【赤の他人】}ではなく、大切な【仲間】なんだ。全ての人は同じ1つのチームのメンバーであり、仲間。みんな、仲間なんだ。仲間である他者の幸せを、心から願おう。・・・・正直・誠実・感謝・奉・・・」
関連
他人の不幸より幸せを願うには?(愛を広げる/他人は仲間)
愛するの意味と愛される方法(自分にだけ向けられがちな愛を他者へと広げる)


飲み屋街から遠ざかるほどに、ひとけも、明かりも、少なくなってきました。

「こんなふうに、夜道を歩くなんて、本当に久しぶりだな~。なんか、楽しいな~♪」
「風が、暖かいな。もう、春なんだな~。気持ち良いー♪」

1人、酔いちくれた状態で歩く夜道は、久しぶりな感じとともに、どこか新鮮な感じもして、心地良いのでした。


外灯を頼りに歩きつつ、「今日は食べ過ぎたから、歩いてダイエットしなきゃ。」なんて、なんとなく思いながら、

「正直・誠実・感謝・奉仕・謙虚・良心・全ての人は同じ1つのチームのメンバーであり、仲間。他者の幸せを心から願う心。・・・・正直・誠実・感謝・奉・・・」

ただただ、歩きながらつぶやく。

「正直・誠実・感謝・奉仕・謙虚・良心・全ての人は同じ1つのチームのメンバーであり、仲間。他者の幸せを心から願う心。・・・・正直・誠実・感謝・奉・・・」

ただただ、そう、つぶやきながら歩く。



歩きつつ空を仰げば、黄色に輝く月が見えて・・

少し目線を下げると、道路沿いには、たくさんのアパートやマンションがあって・・
その、どの部屋にも、それぞれ、人が住んでいて、、、
今、この時間も、呑みに出ている人もいれば、まだ残業をしている人もいて、家で家族と過ごしている人もいれば、1人でゆっくりしている人もいる・・

そのどの人達も、皆、自分と同じように、それぞれの人生を、日々に一喜一憂しながらも自分なりに一生懸命に生きていて・・

そんな皆は、同じ1つのチームのメンバーであり、仲間なんだ。
みんな、仲間なんだ。

仲間である皆の幸せを、心から願おう。


「正直・誠実・感謝・奉仕・謙虚・良心・全ての人は同じ1つのチームのメンバーであり、仲間。他者の幸せを心から願う心。・・・・正直・誠実・感謝・奉・・・」

少し口元に笑みを浮かべながら・・酔っているせいか?それとも皆の幸せを願うようにしたせいか?
ちょっと上機嫌♪にもなりながら、ただただ、歩きながらつぶやく。


・・なにに対して、か?
それはわからなかったけど。

ただ、なんとなく感謝の気持ちをも感じながら、歩きながらつぶやき続けるのでした。

「正直・誠実・感謝・奉仕・謙虚・良心・全ての人は同じ1つのチームのメンバーであり、仲間。他者の幸せを心から願う心。・・・・正直・誠実・感謝・奉・・・」


こんなに歩くのは久しぶりで、若干、息はきれていたけど、気持ちの方は逆に、なにか、満たされていく感じがして、、


エネルギー問題の解決策(人間や現実の正体)にもあるとおり。
本質的には、全てが同じ1つであって。

無数にあるようにすら思える、マンションやアパートの1室1室に住んでいる人達も、皆、みんな本質的には、私と同じ1つ・・。
月も、あの外灯も、そこに見える木も、生えている草も、皆、本質的には、私と同じ1つ・・。
この世界の全てが、本質的には、同じ1つ。


「全ての全てが、皆、同じ1つ・・かぁ。」
そういった意識で、この世界を見、この世界を感じていると、この世界の全てが、愛おしく思えてきて・・

斜め前に見える、あのコンクリートのビルさえ愛おしく思えてきて、抱きしめたくなったのでした。

「コンクリートのビルが愛おしく思えて抱きしめたい!なんて 笑 こりゃ~完全に酔っぱらっているな。ははは。正直・誠実・感謝・奉仕・謙虚・良・・・」


・・その日は、そんなことも思いながら、「正直・誠実・感謝・奉仕・謙虚・良・・・」と呟きながら、家へと帰ったのでした。



~まとめ 人生を変える素敵な言葉~
①人生を変える素敵な言葉を呟こう!
言葉は、脳が使う道具。
脳は、言葉という道具を使用することで、思考活動を行う。

そのため、普段使用する‘言葉’という道具が変わると、それは普段の思考活動にも影響を与える。

「良い言葉は、良い人生を作る」
良い言葉を使用していると、良い思考を行いがちとなり。
良い思考をしていれば、良い行動をとりがちとなり。
良い行動をしていると、良い人生へとなりがち。

言葉が、人生を作っていく側面もあるのかもしれない。


②人生を変える素敵な言葉を呟こう!
繁栄していく人生を生きていくためには、繁栄に繋がる思考を行う必要もあるのかもしれない。
そして、脳内で繁栄に繋がる思考を行うためには、繁栄的な言葉を、使うよう努めるのも良いのかもしれない。
言葉は、脳が思考を行う際に活用する道具であるため。

繁栄的な言葉を普段から多用するようにしていれば、思考も、繁栄的なものとなりやすくなり・・繁栄的な思考を行っていれば、繁栄的な行動をとりやすくなり・・繁栄的な行動をとっていれば、人生も、繁栄していくことになるのかもしれない。


③人生を変える素敵な言葉を呟こう!
繁栄的な言葉には、いろいろとあるけれど。
その繁栄的な言葉の中には、繁栄的な原則に関する言葉・・{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}も、含まれることになるのかもしれない。


④人生を変える素敵な言葉を呟こう!
人間は習慣の生き物でもあるため。
繰り返し、繰り返し、とある言葉を使用していると、それが習慣となって。
半無意識な状態のときや、酔っぱらったとき、それに素や本性が出やすいときほど、その習慣が、表面に出てくることになるのかもしれない。

であるならば。
普段から、繰り返し、繰り返し、繁栄的な言葉を使用し、習慣化していくことで。
半無意識な状態のときや、酔っぱらったとき、それに素や本性が出やすいときにも、繁栄的な言葉が出てきて、繁栄的な思考をすることになり・・その結果、繁栄に繋がる行動をとることに、なるのかもしれない。

そして、人間は普段、ほとんどの時間を半無意識な状態(潜在意識での活動)で、過ごしているのかもしれない。
そうならば、繰り返し、繰り返し、繁栄的な言葉を使用するよう努め、習慣化していくことにより、普段の、ほとんどの時間で、繁栄的な言葉が出てきて、繁栄的な思考をすることになり・・その結果、繁栄に繋がる行動をとることに、なるのかもしれない。

インド独立の父であるマハトマ・ガンディーは、人生の終わり。
狂信的なヒンドゥー原理主義集団より、3発のピストルの弾丸を撃ち込まれた時、自らの額に手を当てた。これはイスラム教で「あなたを許す」という意味の動作であった。
ガンディーの心の中では、常に繁栄的な言葉がリピートされており、それは銃で撃たれた後ですら、そうであったのかもしれない。


⑤人生を変える素敵な言葉を呟こう!
頭の中で、もしくは、心の中で。
人生が変わる素敵な言葉・・繁栄に繋がる言葉を呟くことで、普段使用する言葉・・それは脳が使用する道具・・が、変わってくるのかもしれない。

脳が使用する道具である言葉が変われば、それは少なからず、人生にも影響を与えることになることが予想される。

人生が変わる素敵な言葉・・繁栄に繋がる言葉を、心の中で呟くよう努めてみるのも、良いのかもしれない。

いつも、普段から、人生が変わる素敵な言葉・・繁栄に繋がる言葉を、心の中で呟くよう努めていると。
自分が、繁栄とはま逆の言葉、、、破滅へと繋がる、一般的に言う‘悪い言葉’を使っているときに、「あ、違う違う!」と気がつくことも、出来やすくなるのかもしれない。

‘悪い言葉’を使っているときに自ら気がつけ、それを修正・訂正できることは、負のスパイラルに陥ってしまう機会を、大幅に減らせることにも繋がる。


⑥人生が変わる素敵な言葉を呟こう!
「正直・誠実・感謝・奉仕・謙虚・良心・全ての人は同じ1つのチームのメンバーであり、仲間。他者の幸せを心から願う心。・・・・正直・誠実・感謝・奉・・・」


~人生を変える素敵な言葉~
<writer 名無き仙人>





バス男「ふむふむ。人生が変わる素敵な言葉を呟くことが大切なんだな。」

バス子「普段から良い言葉を使っていけるといいわね。」

仙人「素敵な言葉を習慣化させ、楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)