憂鬱な気分の解消方法

■憂鬱な気分を解消するには?男性/女性編/憂鬱になりやすい理由と原因/恋愛/婚活/結婚生活/お金/仕事/就活/転職/人間関係


憂鬱な気分の解消方法


バス子「はぁ、憂鬱な気分。」

バス男「どうしたの、バス子ちゃ~ん。僕の顔見て、元気だしてよ。」

バス子「もっと憂鬱な気持ちになってきた。仙人に【憂鬱な気分の解消方法】を聞きに行ってこようかなぁ。」

バス男「・・・仙人様の【人間関係編!憂鬱な気分の解消方法】か~」







~人間関係編!憂鬱な気分を解消したい!~

1.憂鬱な気分の解消方法

①憂鬱な気分を解消したい

■私たち人間の幸せ・不幸の大半は人間関係(恋愛や結婚生活含む)に関することだそうです。
だとすれば、他人から好かれ愛される人になれれば人生は楽しいものとなりそうですし、他人から嫌われる人になれば、憂鬱な気分で悩み苦しむ人生となりそうですね。

大好きな人たちから好かれ、愛してもらえ、楽しい時間を過ごせたら、憂鬱な気分なんて吹っ飛んでしまうことでしょう。

というわけで今回の記事では、人間関係(恋愛含む)が上手くいくためのコツ・秘訣について、見てみたいと思います。



②憂鬱な気分を解消したい~憂鬱な気分の解消方法~
■人間関係が上手くいかない・・ということで憂鬱な気分になったり悩んでいる場合、{こうすれば他人から嫌われる}という行動を辞めればよさそうですよね。

{こうすれば他人から嫌われる}という行動には、様々なものがあるでしょうが、以下のことも含まれることになるかもしれません。


①他人を利用する
→自己メリットのために、他人を騙して利用するようなことをすれば、周りの人から嫌われていくことになりそうですね。
自己メリットのために、他人・友達・同僚などの力が必要なときは、騙してこっそりと利用するのではなく、正直に誠実にオープンに、本当のことを言って「協力してくれないかな?」とお願いしたほうが良さそうです。

また、人間関係には鏡のような側面が多分にあるため、他人を利用すれば他人から利用されることになりがちであり、互いに互いを利用し合う関係となって「Aさんは、いつも私のことを利用しようとしてくる!」とイライラすることになりがちなのかもしれません。

利用し合う関係ではなく、互いに協力し合う関係を築いていけると素敵ですよね。そのためにはまず、自分が、相手のことを利用しないこと!と言えそうです。
人間関係能力/コミュニケーション技術を高める方法(他人を害すれば、他人からも害される)


②他人を操る
→自己メリットのために、他人・友達・同僚などを巧みに誘導しようしたり操ろうとしたりすれば、周りの人から嫌われていくことになりそうですね。
自己メリットのために、他人・友達・同僚などの力が必要なときは、騙してこっそりと誘導しようとするのではなく、正直に誠実にオープンに、本当のことを言って「協力してくれないかな?」とお願いしたほうが良さそうです。
人に好かれる人と嫌われる人の特徴(他人を巧みにコントロールするのは不誠実)


③足元を見る
→相手の立場が強いか?弱いか?は、わかりますよね。そして、弱い立場の相手に冷たくしたり意地悪をしたり、していれば、周りの人から嫌われていくことになりそうです。
相手の足元を見て、打算的に人付き合いをすることは、短期的には要領が良くても、長期的には要領が良くないのかもしれません。


④打算での人付き合い
→打算で人付き合いを行い、人によって態度を変えて、裏表ある人付き合いをするよりかは、打算抜きで全ての人を大切にして、裏表なくオープンに人付き合いをした方が、他人から好かれ愛される傾向にあるようです。


⑤約束を破る
→他人との約束を軽視し、約束を守らずにいると信頼を失っていき、信頼を失うことは長期的には嫌われていくことにつながるため、結果、皆から嫌われてしまうことになるのかもしれません。
約束は守るように心がけていきたいものですよね。


⑥嘘をつく
→嘘をつけば他人からの信頼を失い、信頼を失うことは長期的には嫌われていくことにつながるため、結果、皆から嫌われてしまうことになるのかもしれません。
自分に正直に生きる意味(正直の影響力と正直に生きるコツ)


⑦秘密主義
→隠し事が多く、都合の悪いことは言わないようにしていると、周りの人たちから「Aさんは、また都合の悪いことを隠し事してるんでしょ?信用できないな!」と不信感をもたれ、結果、皆から嫌われてしまうことになるのかもしれません。


⑧自分勝手
→相手の立場や都合を考えずに、自分のメリットばかりを優先させていると、長期的な人間関係はwin-winの関係しか成り立たないため、後々、友達がいなくなってしまうかもしれません。
自分のことばかり考えるのではなく、相手の立場や、相手の都合も考える癖をつけていくと、人間関係はもっとスムーズになっていきそうですね。
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)


⑨見下す
→相手のことを見下しているかどうか?は、口に出さなくとも伝わってしまう傾向にあるのかもしれません。
人間関係においては{他人を害すれば他人からも害される}わけで、心の中で相手のことを見下しているならば、相手からも見下されたり、嫌われていくことでしょう。

他人のことを内心馬鹿にし見下す悪い心が出てきたら、「ダメダメ。相手のことを尊敬し尊重しよう」と心の中で呟くこと。そうすることで、相手からも大切にしてもらえる機会が増えるかもしれません。


⑩調子がいい・ずるい
→人の手柄を自分のものとしたり、調子よく自分だけが幸せになろうとしたりしていれば、周りの人たちから嫌われていき、孤立してしまうことになるかもしれません。
周りの同僚や友人や家族と、ともに幸せになっていけるwin-winの方向性を探るよう、していきたいものですね。


⑪否定する
→私たちは、自分のことを頭ごなしに否定されると嫌な気持ちになってしまうようです。
そのため、他人のことや、他人の発言を、すぐに否定するようなことをしていると、嫌われてしまうことになるのかもしれません。
人の話を聞かない人/男女の心理(「理解してから理解される」を実践してみる)


⑫感謝しない
→なにかしてもらったのに感謝しないようなことをしていると、他人から嫌われてしまうことになりそうですね。
感謝の言葉/名言(【悪循環に落ち込む】→【好循環を作り出す】)


⑬自慢話・人の話を聞かない
→相手の話を聞かず、自分の自慢話ばかりしていると、相手から「少しは私の話も聞いてよ。あなたの自慢話なんて、もう聞きたくないわ」と嫌われてしまうこともあるかもしれません。
自慢話をする人の心理(自慢話をして、人から好かれる人と嫌われる人の違い)


⑭他人の幸せ・不幸
→他人の幸せについて、羨んだり妬んだりし、幸せそうな人に対して(巧妙にバレないように)嫌がらせしたり、困らせるようなことをすると。
自分がそんなことをするから、自分の中でつじつまを合わせるために{自分も幸せになってはいけない}と無意識レベルでなってしまい、自分自身がずっと不幸の中から抜け出せなくなってしまうこともあるようです。

相対性の世界である現実の世界の中では、「自分自身が幸せかどうか?」も、他人との比較によってはかってしまうところがあるようです。
そのため、自分より幸せそうな人を見ると、つい卑屈になって「私は、不幸な虐げられた不幸な人だ。」と被害者的に考えてしまい、幸せそうな人を嫌ってしまい、幸せそうな人に対して、ついつい嫌がらせをしてしまいがちですが、そんなことをしているうちは、いつまでたっても不幸の中から抜け出すことができないようなのです。


~憂鬱な気分の解消方法~
他人の幸せを妬み幸せそうな人に嫌がらせをする→そうしているうちは、いつまでも不幸の中から抜け出せない


幸せになるためには、幸せそうな人のことを心から祝福すること。
そうすることによって、自分自身に対しても「幸せになっていいんだよ」と無意識レベルで許可できるようになり、不幸の中から抜け出せ、幸せになっていくことができそうです。


~憂鬱な気分の解消方法~
幸せになる方法→幸せそうな人のことを祝福・応援すること


これらは、無意識レベルの話であるため、都合良く、要領良く、幸せそうな人に嫌がらせをしつつ、自分だけは幸せになろうとしても、上手くいかないかもしれません。
「どうして私の人生は、ずっと不幸な状態なのだろう?」と疑問に思う場合は、「幸せそうな人を見て妬んだり(巧妙にバレないように)嫌がらせをしたり、困らせたりしていないか?」と自問してみたり、卑屈になって「私は、不幸な虐げられた不幸な人だ。」と被害者的に考えていないか?と自問してみるのも悪くはないかもしれません。
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)



③憂鬱な気持ちを解決するには?~憂鬱な気分の解消方法~
■私たち人間の幸福・不幸の感覚は、主に人間関係から得ることになるそうです。
そのため、例えば経済面など、いくら他の面が充実していても、他人から嫌われる人生であれば、それは不幸な気分でいることが長い、憂鬱な人生となるかもしれません。
一方、他の面が少々悪くても、他人から好かれ愛される人生であれば、それは幸福な気持ちで過ごす時間が長い素敵な人生となりそうです。

「人に好かれるかどうか?」は、信頼度によっても左右されるようです。
人として信頼される人は、人から好かれやすいわけですね。

そして、人として信頼されるためには、人として大切なこと・・・正直さ・誠実さ・謙虚さ・感謝の気持ち・良心・優しさ・正義・公平などを自分の中心において、生きていく必要があるのかもしれません。
繁栄的な原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心」を大切にしながら、生きていきたいものですね。

さて、今回の記事も、最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。


~憂鬱な気分になりやすい?憂鬱な気分の解消方法とは~
<writer 名無き仙人>





バス男「憂鬱な気分の解決の仕方は、ぱーっと飲みにでることなのかぁ。」

バス子「それも1つの方法でしょうけど・・良好な人間関係を築いて、憂鬱な気持ちになる機会を減らせるのも素敵よね。」

仙人「関連記事としては、コミュニケーション能力/スキル向上方法(内面/心の安定性)や、好かれると人と嫌われる人の特徴(12の違い)もお勧めじゃよ。」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)