人脈の作り方/広げるコツ

■人脈作りの方法/友達の作り方/人脈を広げる方法とは/人脈形成力/人脈構築力/人脈を広げたい!友達を増やしたい


人脈の作り方/広げるコツ


バス子「私も友達を増やしたいなぁ。」

バス男「バス子ちゃ~ん。僕もだよ。」

バス子「仙人のところに【人脈の作り方/広げるコツ】を聞きにいってみようかな~。」

バス男「仙人様の【~人から愛され人脈が広がる6つのコツ~人脈の作り方/広げるコツ】かぁ・・」







~人から愛され人脈が広がる6つのコツ~

1.人脈の作り方/広げるコツ

①そもそも‘人間’のことが好きな人

■「この人は、「人が好きな人」なのだろうなぁ。」

友人達とバーに飲みにいっていた時のこと。
バーテンのAさんは、いろいろな人と笑顔でお話をされているのでした。

それは「仕事だからお客さんと(義務感より)会話をしている」というよりも、「人と接し話すことが楽しい!」という雰囲気でした。

知り合いも友人も、たくさんいるであろうAさんを見ながら私は「Aさんは「人が好きな人」なのかな」と思いました。


・・人間にも「人が好きな人」や「動物が好きな人」や「1人でいるのが好きな人」や「機械(車など)が好きな人」などがいて。
人脈が広い人は、そもそも「人が好きな人」であることも少なくないようでした。

人が好きならば、常日頃から「人と接していたい」と感じるし、人と接するのが楽しく、自然と人脈も広がっていきそうです。
逆を言えば、そこまで人が好きではないのに、「人脈を広げなきゃ!」ということで無理して打算的に人脈を広げようとしても、あまり上手くいかない場合もあるのかもしれません。


★人脈の作り方/広げるコツ|人脈作りの方法/人脈を広げる方法とは★
~世の中には「クラゲが大好きな人(クラゲの研究者)」もいれば「人のことが大好きな人」もいる。自分は「人が好きな人」なのだろうか?~
※「人が好きな人」ほど、人と関わる仕事に就いていることが多い。一般的には男性より女性の方が「人が好きな人」が多く、女性の方が人と関わる仕事に就いていることが多い。


私は、接客業や営業などの仕事に惹かれるほど「人のことが大好きな人」でもないし、「人と接し話すことが楽しくてしょうがない!」というほどでも、ないよう思われました。

だからでしょうか。
経験上、私が打算から「人脈を広げなきゃ!」ということで、無理して、人脈を広げるために人と接し会話しても、あまり上手くいかないことも多いよう思われたのでした。


そこで、私のような人間が、人脈を広げて、人間関係の充実した毎日を生きるためには、どうすれば良いのか?を、友達の多いBさんに聞いてみたことがあります。

Bさん曰く「共通の趣味で人と繋がること」だそうです。

「人のことが好きな人」ならば、話は別なのかもしれませんが。
そうではない場合、共通点もないのに、打算的に人に近づき仲良くなろうとしても、深い仲にはなりにくいし、また会わない期間が続くと、関係が疎遠になってしまい、せっかく仲良くなろうとしていていたのに、ご縁が切れてしまう・・となるケースも少なくないのかもしれません。

一方、共通の趣味(好きなこと)で繋がる場合。
例えば「お酒を飲むのが好き」「ゴルフが好き」「料理を作るのが好き」「ランニングが好き」「アニメが好き」「釣りが好き」「株式投資が好き」など、趣味で繋がる場合は、趣味を通して仲良くなりやすいし、また、趣味を一緒に楽しむことで、関係も維持されやすく・・友達が増えていきやすくなるものなのかもしれません。


★人脈の作り方/広げるコツ|人脈作りの方法/人脈を広げる方法とは★
~共通の趣味で繋がる場合、長い付き合いとなる人脈を形成しやすい~


普段の生活では、既存の友人と職場の同僚と家族と・・と、固定化された人間関係の中で生活することになりそうです。
それが趣味で人と繋がると、いろいろな年齢の、様々な職業の人と友達になることができ、刺激や学びや発見もあって、人生が豊かで楽しいものになりそうです。

いろいろ場に積極的に顔を出してみるのも良さそうですね。
そして、その場にて、自分と同じニオイ(同じ雰囲気)のする人に、積極的に話しかけてみることで、友達の輪も広がっていくものなのかもしれません。


子供達は、毎日をワクワクしながら楽しく生きています。
子供達にとっては、この世界(現実世界)自体が新しい場所であり、この新しい場所である現実世界に、好奇心をもっているからでしょうか。

人間は、大人になるにつれ、現実世界や、新しいこと・新しい人・新しい経験に対する好奇心を失っていく場合もあるようですが・・私達も、新しいことや、新しい人に対する好奇心をもち毎日生活をすることで、毎日をワクワクしながら楽しく生きていくことが出来るものなのかもしれません。


★人脈の作り方/広げるコツ|人脈作りの方法/人脈を広げる方法とは★
~いつまでもワクワク楽しく生きるコツ→新しいこと・新しい人・新しい経験に対する好奇心を持ち続けること~
※一般的には25歳~35歳ほどにて、生活スタイルが固定化されていき、また、大抵のことは経験した状態となるため好奇心が失われていきやすい。
「もう、その経験はしたことがあるよ」「どうせ、新しい人と会っても、あまり意味がないよ」というふうに。
しかし、新しいこと・新しい人・新しい出来事に対する好奇心が失われてしまうと、{魂の輝き/喜び}が失われていき、人生に閉鎖感が発生してしまうことになる場合もある。


人生の喜びは、人との繋がりから生じる場合も多いそうです。
「友達の輪を広げるコツ」「人脈を広げるコツ」について、見てみましょう。



②友達を増やしたい~人脈の作り方/広げるコツ|人脈を広げる方法とは~
■「友達の輪を広げるコツ」「人脈を広げるコツ」には、以下のようなことも含まれるのかもしれません。


①信頼
→人と人との関わり・・人間関係は、信頼によって成り立っているそうです。
そのため「信頼される人間になること」が、人脈作りの基礎となりそうですね。

そして信頼されるコツの1つは破滅原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」を避けて、繁栄原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心」に忠実に生きることなのかもしれません。


★人脈の作り方/広げるコツ|人脈作りの方法/人脈を広げる方法とは★
~「嫌われるコツ」→破滅原則的に生きること。「信頼されるコツ」→繁栄原則に忠実に生きること~


信頼感がなければ、「また、会いたい!」というリピートも、「私の友人とも会ってみない?」という紹介も、「Dさんは素敵な人だよ」という口コミも起きないようです。
信用できない人とは再会したくないし、皆、友達にも紹介したくないからでしょうか。

一方、信頼感があれば、「また、会いたい!」というリピートや、「私の友人とも会ってみない?」という紹介や、「Dさんは素敵な人だよ」という口コミも起きる機会が増えそうです。
すると、1度会ったご縁が、その後も続きそうですし、紹介や口コミから人脈が広がっていく機会も増えそうです。

1人の人間には300人ほどの知り合いがいるそうです。
「信頼される人間になること」によって、紹介・口コミが増えれば、「友達の友達」「友達の知り合い」へと、人脈も広がっていくものなのかもしれません。
そういう意味では、まずは、目の前にいる人/身近な人を、大切にすることが重要となりそうですね。


★人脈の作り方/広げるコツ|人脈作りの方法/人脈を広げる方法とは★
~人脈の広がり方は「友達の友達」「友達の知り合い」と、{目の前にいる人/身近な人}を経由して広がっていくことも多い。そのため「信頼される人間になること」や「目の前にいる人/身近な人を大切にすること」も人脈作りでは大切~


②接し方

他人を利用する人の心理と結末(自己防衛本能より危険な人間と見なされる)に詳細はあるとおり。

人も動物も、相手の雰囲気を敏感に感じ取るところがあるのかもしれません。本能的に「相手は、どういった人物か?」を察するわけですね。

「感性/感情」というフィーリングのままに「感じる世界」の中で生きている人は、この話にも「そうだ、そうだ!」と共感しやすいのかもしれません。

一方、「理論/思考」を重視する「考える世界」の中で生きている人は、この話に対して「雰囲気って、そこまで重要なの?科学的には雰囲気なんて証明されていないし、雰囲気は目には見えないし・・」と、感じるかもしれません。

私は「考える世界」の中で生きていて、そのために「雰囲気って、そこまで重要なの?」と思っていて。
しかし最近、どうも対人関係/人間関係では、それほどまでに雰囲気が、重要なようにも思えてきているのでした。


★人脈の作り方/広げるコツ|人脈作りの方法/人脈を広げる方法とは★
~人は人のことを雰囲気で直感的/本能的に判断しているのかもしれない。そのため対人関係/人間関係では「雰囲気(オーラ)」が重要であり「雰囲気」が{好かれるか?嫌われるか?}の結果を左右している大きな1要因でもあるのかもしれない~
関連→オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)


笑顔で人に近づいていって、相手を傷つけるような発言もしていないのに、なぜか、相手からは距離をあけられし、好かれない・・そういった場合は「雰囲気」が理由でもあるのかもしれません。
この「雰囲気」の話は、「考える」領域ではなく「感じる」領域であるため、理論や理屈を越えているのかもしれません。


そして、雰囲気は、普段の生活の積み重ねから滲みでることになるようなのです。
そのため普段は「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」と生きているのに、その場だけ、要領良く良い顔をしても「2面性ある利己的・打算的な雰囲気」が醸し出されてしまい、相手から敬遠されてしまう場合もあるのかもしれません。


だからこそ。
普段の日常生活から、打算なく利己心なく、繁栄原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}に忠実に生きて、全ての人を大切にすることや、見返りを求めることなく相手の幸せを心から願いつつ生きることも、「皆から愛してもらえる雰囲気」を作るためには大切なことなのかもしれません。
関連自分の顔/性格を変える方法(他者の幸せを願う|{心のあり方}と顔/性格の関係)
無償の愛とは?意味(見返りを求める愛と無償の愛の結果の違い)


③与える
→見返りを求めることは人間の性(サガ)であり、見返りを求めてしまうのは当然なのかもしれません。

しかしながら、否、だからこそ、でしょうか。
以前、運良く、出会わせて頂けたA先輩は、「見返りを求めることなく与える人」であり、私は先輩と接するなかで、強い強い感銘と影響を受けることになったのでした。

先輩は、私のような駄目後輩に対しても、笑顔にて、とても良くして下さるのでした。
私はいつも「そんなに良くして頂いて・・私は先輩に対して、何も恩返しできないから、先輩には、私にそこまで尽くすメリットがないよ?」と思っていました。

見返りを求められることなく、無条件にて、そこまで良くしてもらえている・・私は、だからこそ先輩に対して、尊敬や感謝や愛や好感を、もつことになりましたし、未だに、強く{尊敬や感謝や愛や好感}をもっているのでした。

これら、先輩との関わりの経験は私に、次のことを教えて下さいました。

「見返りを求めることは人間の性であるが、だからこそ、見返りを求めることなく「与える」ことで、与えられた方は「えぇ?どうして、見返りも求めずここまで良くしてくれるの?理由はわからないけど、すごく嬉しい!」と感動することになり、相手に対して{尊敬や感謝や愛や好感}をもつことになる。
そして、そのことが感謝リピート「また、是非お会いしたい!」や、感動口コミ「A先輩って、素晴らしい人でね・・」に繋がる」


先輩はきっと、「どれだけ見返りを得れるか?」という打算的な事柄ではなく、100%「与えること/人を喜ばせること」に意識をフォーカスされていたのだと思う。
自分の{笑顔・優しさ・愛・才能・お金・時間・エネルギー}を出し惜しみなく、皆と分かち合うことに100%意識をフォーカスさせていたのだと思う。

そして、そのため、先輩と関わりある皆が、私と同じく先輩に対して{尊敬や感謝や愛や好感}をもつから先輩の周りには、いつも人々の笑顔が集うことになっていたのだと思う。


★人脈の作り方/広げるコツ|人脈作りの方法/人脈を広げる方法とは★
~見返りを求めることは人間の性であるからこそ、見返りを求めずに無条件で愛を与えると「えぇ?どうして、見返りも求めずここまで良くしてくれるの?理由はわからないけど、すごく嬉しい!」と感動が起きる。その感動が感謝リピート「また、会いたい!」や、感動口コミ「A先輩って、素晴らしい人でね・・」に繋がる~


素晴らしき先輩から学ばせて頂けたのに、でも未だに実践は出来ずにいて・・うーん、難しい!


④態度を変えない
→「この人とは仲良くなってもメリットはないから雑な態度で良いや。」などの打算は、

人付き合いを打算で考える、冷たい雰囲気
損得勘定で人を判断する、信用ならぬ雰囲気
人によって態度を変える、2面性ある不誠実な雰囲気

という、人から好かれにくい雰囲気に繋がってしまうのかもしれません。

そのため、打算や損得勘定を越えて、全ての人に対し、愛深く接することが「雰囲気」の面では、とても重要となるのかもしれません。

また、打算や損得勘定で人付き合いや、人との交流をもっても、楽しくないですものね。
打算や損得勘定で人付き合いをするのは、「人生を楽しむ」という意味でも、もったいない側面があるのかもしれません。
純粋に、人との関わりを楽しむことで、人生の幸福度も高まるものなのでしょうか。


その他、「態度を変えない」に関しては、偉い人でも目下でも態度を変えないこと。
相手が目下・年下であっても謙虚な心を忘れないこと。

そういったことも、大切となるのでしょうか。


⑤win-win
→人間関係では、win-winの関係以外に、長期にわたる良好な関係はもてないそうです。
そのため、人との繋がりの中では、常にwin-winの関係になるよう、心がけておくことも大切となるのかもしれません。

自分のwinばかりを考えるのではなく、いつも相手の立場にも立って、相手のwinのことも考えること。
そういったことも、人脈作りには大切となるのでしょうか→win-winの関係作り


⑥プレゼント
→私達人間は、喜びが他者へと広がった時に、より深く大きな幸福感や満足感を得ることができるようです。
相手が喜んでくれることで、自分も幸せな気分になれる・・だからこそ、相手に喜んでいただけるプレゼントを上手く活用すると、相手も幸せになれるし、自分も幸せになれるものなのかもしれません。

人から愛される「与える人」は、ショッピングをする時にも、友人達にあげるプレゼントのことを考えていることの方が多かったりもするそうです。

相手の負担にならないよう配慮しつつも、プレゼントを渡すことで、人間関係の喜びは増していくものなのかもしれませんね。

お金は使うためにあります。
【稼ぐこと/貯めること/貯めて投資すること】と、【自他の幸せのためにお金を上手に使うこと】のバランスをとること。
お金はエネルギーでもあるため、皆と分かち合うこと。

ただただ、しみったれたケチになって貯めていると、「もっと稼いでも良いんだよ」と潜在意識レベルにて、自分に対し許可を与えることも出来にくくなるのかもしれません。

一方、プレゼントや寄付など、他者の幸せのためにもお金を上手に使っていると、「もっと稼いでも良いんだよ」と潜在意識レベルにて、自分に対し許可を与えることもできるようになるものなのかもしれません。
関連お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)


★人脈の作り方/広げるコツ|人脈作りの方法/人脈を広げる方法とは★
~愛される秘訣は、人を喜ばせるためにお金を使うこと。大人になるとプレゼントをもらう機会は減るしプレゼントをもらって嫌がる人はいない。
プレゼントを与えさせて頂けるチャンスに感謝しながら、自他の幸せのために、人生にて「プレゼントを渡す」を有効活用すること~




③魅力的な人間になる~人脈の作り方/広げるコツ|人脈を広げる方法とは~

■私達は皆、仕事含む普段の個人的な生活が忙しいから、人と会いたくても、なかなか会えないところがありそうです。

それでも、「Aさんとなら、是非、また会いたい!」「Aさんと会えるなら時間を都合するよ!」と思ってもらえるような魅力的な人物となれば、人とお会いできるチャンスも増えそうです。

そのためには、自分の人間的な魅力を増すために・・

・信頼感ある人間になること
・愛深い与える人間になること
・1人の人として魅力ある人間性になること

などが、大切となるのでしょうか。


「そういった素敵な人になれたらいいな」人生で出会わせて頂けた素敵な先輩方を思い出しながら、そういったことも思ったのでした。



~追伸~
→個人的な経験からの感想を最後に。
個人的には、自分にも人生にも不満ばかりで、毎日にイライラしながら生きていた頃には・・つまり、他人との人間関係以前に、そもそも自分との人間関係が上手くいっていなかった頃には、{人との関わり/人との繋がり/人脈作り}なども、上手くいかなかったのでした。

私が今以上に破滅原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」的であったことも関係しているかもしれません。

人付き合いのコツの1つは「与えること」であるのに、「貰うこと」ばかり考えていて、「与えることができるもの」もなく・・そういった状態で人と関わることは、「楽しいor楽しくない」で言えば、個人的には楽しくなかったのでした。
人と関わっていても、相手から好かれないし、相手に喜んでもらえることもないからでしょうか。

そういった意味では、自分自身との人間関係が上手くいっていない場合。
まずは自分自身との人間関係を整えることも、大切となるのかな、とも感じているのでした。
※書籍/7つの習慣にも、まずは自分自身との人間関係が大切であるよう書かれていました。


自分が、ある程度は、自分や、自分の人生に満足している状態でないと、余裕なく不満ばかりとなるため「(笑顔・愛・優しさ・気遣いetc)与えること」も出来ないし、「与えること」ことが出来ないから、相手から好かれないし、相手に喜んでもらえないために、人付き合いが楽しくなくなっていく・・そういったことも、ありうるのでしょうか。

その場合は、人を大切にしながらも、人付き合いを大切にしながらも、と同時に、自分自身との人間関係を整える部分にも意識をフォーカスさせることが重要となるのでしょうか。
人と関わっていて楽しくないと、{人付き合い/人脈作り}も楽しくありませんし・・。



~まとめ 人脈の作り方/広げるコツ|人脈作りの方法/人脈を広げる方法とは~
①世の中には「人が好きな人」や「動物が好きな人」や「自然が好きな人」や「1人でいるのが好きな人」や「機械(車など)が好きな人」などがいる。
「人が好きな人」ほど、友達や人脈の輪を広げやすい。
※「人が好きな人」ほど、人と関わる仕事に就く傾向にある。

共通の趣味を活用して、友達・人脈を広げていく方法もある。


②いつまでもワクワクしながら人生を楽しむためには、新しい人・新しい出来事・新しい経験に対する好奇心をもち続けることも大切。


③自分自身が人間として魅力的な人物になればなるほど、友達・人脈の輪は広がっていきやすいのかもしれない。


~人脈の作り方/広げるコツ|人脈作りの方法/人脈を広げる方法とは~
<writer 名無き仙人>





バス男「「バス男さんとなら、是非、また会いたい!」って言われてみたいなぁ~。」

バス子「そのためには魅力的な人間にならないとね。」

仙人「人との関わりを楽しみながら友達を増やしていけると良いのぉ。」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)