その道のプロになる

■自分の独自長所を伸ばし、その道のプロになる!スポーツ/歌手/作家/専門職/技術/ビジネス/投資/恋愛/人間関係。





★その道のプロになる/関連記事★
才能がない?好きなことを仕事にする方法(複数の「好き」と「才能」を組み合わせる)

プロフェッショナルの仕事とは?条件(「私なら可能だ」の根拠と「相対性」)







★その道のプロになる/プロフェッショナルについて★

→スポーツ/芸術/作家/専門職/職人/技術者/独立起業/ビジネス/投資(株式投資/不動産投資/FX)/占い師/気功師/恋愛/人間関係/カウンセラー/趣味(ゴルフ/釣り/サーフィン/ネイルアートetc)・・・なんにしろ、その道のプロを目指したい!という気持ちが芽生えてくることもありますよね。
プロを目指す道は、プロへと至る道は、長く険しい道ともなる場合があるようですが、それは過程も、到達後も楽しい道でもあるのかもしれません。
誰しもが、自分独自の長所をもっているそうです。
その自分独自の長所を生かせる仕事/分野においてプロフェッショナルを目指すと、やりがいや使命感などを感じることにもなるそうです。
自分独自の才能、その事柄に対する情熱、そして良心の声と他者のニーズが重なる点に、私達のボイスは存在するのかもしれません。
楽しみながらもコツコツと精進していくことにより、自分の独自長所を伸ばしていき、その道のプロとなり、より世の中に対して貢献していくことができるのも良さそうですよね。








バス男「その道のプロになる・・かぁ。」

バス子「人それぞれ、プロを目指すジャンルは異なるわよね。」

仙人「自分が「この道のプロになりたい!」という気持ちをもったなら、その道で頑張れば良いのではないかのぉ。世間体や周りの目、評価などを気にすることなく、自分の良心や本音に従い、ブレずに、自分のすすむ道を、楽しみつつもコツコツと歩んでいけるのも良さそうじゃのぉ。その道のプロとなるまでには、長きにわたる修行期間が必要となる場合も多そうじゃが、その修行期間すらも楽しみながら、プロまでの道のりを、歩んでいけるのも良さそうじゃのぉ。そして、どのジャンルのプロを目指そうと、根底にあるもの・・・たとえば繁栄的な原則を大切にする心などは、ジャンルとわずプロとして長期的に繁栄するためには重要となりそうじゃのぉ。」