才能がない?好きなことを仕事にする方法

■プロフェッショナルとは?意味/仕事のプロ意識とは?仕事のプロになるには?方法/仕事のプロになりたい!


才能がない?好きなことを仕事にする方法


バス子「はぁ~、私にも、何か才能があったらなぁ。好きなことを仕事にしたいなぁ。」

バス男「バス子ちゃ~ん。僕も、何か才能があったら、と思うよ。」

バス子「仙人に【才能がない?好きなことを仕事にする方法】を聞きに行ってみようかしら?」

バス男「ほー、仙人様の【「複数の「好き」と「才能」を組み合わせる」ことで好きな仕事をする方法】かぁ・・」







~「複数の「好き」と「才能」を組み合わせる」ことで好きな仕事をする方法~

1.才能がない?好きなことを仕事にする方法

①プロの作文

■「才能を生かして、楽しく働く・・かぁ。」

書籍/自分の才能の見つけ方を読んでいると、「才能を見つけ才能を磨き、自分の才能を生かして楽しく働く生き方」について書かれている箇所がありました。


それは、このような形で始まっていくこともありそうです。

例えば、Aさんの場合。
訪れたラーメン店の餃子の味に対して「なに、この餃子?もっと美味しく作れないの?」とAさんは感じました。
「もっと美味しい餃子が提供されると、世の中が、もっとハッピーになるのに。」とも感じたようでした。

それは「もっと美味しく作れないの?」というネガティブな感情と、「もっと美味しい餃子が提供されると、世の中が、もっとハッピーになるのに!」という愛とが、交じり合った感情でした。

その後Aさんは「だったら、自分で、美味しい餃子を作り提供すれば良いんじゃない?」と思うことになり・・Aさんは餃子作りの才能を磨き始めることになりました。「私が、もっと美味しい餃子を提供するんだ!」という熱い気持ちのもと。

愛とネガティブな感情が交じり合うと、‘情熱’が生まれるからでしょうか。

餃子作りの修行期間は、上手くいかないことも当然あり、はたから見ると大変なように見えました。
しかしAさん当人の体感からすると、それは‘苦しい’というよりも「楽しい」であり、試行錯誤しながら美味しい餃子を作っていくことは、とても充実した時間でもありました。

Aさんは「まさか自分が、こんなに餃子にハマり込むとはね!」と自分でもびっくりしつつ思いながら、1人、楽しみつつ餃子の研究開発を続けているようでした。


数ヶ月~数年の{餃子作りの修行期間}をえ。
Aさんはいつの間にか、餃子のプロフェッショナルのレベルになっていました。

Aさんは、何気なく、自分の{餃子レシピ}や{新しいタイプの餃子}や{美味しい餃子の焼き方/作り方}についてブログに書き始めました。
そこには{わかったことを皆と分かち合いたい!}という愛の気持ちがあったようでした。

そして、自分で作った餃子を冷凍し、餃子の通信販売も始めました。
また家の近くにある、知り合いの個人飲食店に、自分で作った餃子をおろすようになりました。

すると、Aさんの作った餃子を食べた人達が、1人、また1人と「これは美味しい!」と感動することになり、口コミで{Aさんの餃子は美味しいよ!}と広めていくことになりました。

1年後、口コミで広がったことや、リピート注文が多いこともあり、いつの間にか注文が殺到するようになりAさんは、「才能を見つけ才能を磨き、自分の才能{餃子作り}を生かして楽しく働く生き方」をするようになっていました。

今、Aさんは{餃子専門店}を出すことを夢みながら、ワクワク毎日を過ごしているようでした。



・・上記は、「才能を見つけ才能を磨き、自分の才能を生かして楽しく働く生き方」の1例ですが、人により「才能を生かして働く」や「好きなことを仕事にして働く」のパターンは異なり、いろいろなパターンがあるようです。


自分の才能を見つけ出し、その才能を磨いていき、才能を生かして楽しく働き、周りの人達に喜んでもらい、「感謝の気持ち」の代用としてお金を得て、社会に才能を分かち合うことで得たお金を、感謝しながら使うこと(もちろん寄付なども)により社会にお金を還元していく生き方・・そういった生き方も、1つの生き方となるのかもしれません。
関連お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金は感謝の具現化|お金に関する観念の浄化)


そして、「才能を生かして働く」や「好きなことを仕事にして働く」をするうえでは、2つの疑問がありそうです。

①自分の好きなことがわからない(自分の才能がわからない)
②好きなこと、得意なことはあるけれど、それでお金を得ることは出来そうにない


今回の記事では「②好きなこと、得意なことはあるけれど、それでお金を得ることは出来そうにない」について、大変恐縮であり、おこがましいことですが私1個人の事例をとおし、解決策の1つを、見ていければと思います。
※現時点では普遍的なことがわかっていないため、1個人の事例紹介しか出来ない側面があるのです・・。


それは「複数の「好き」と「才能」を組み合わせる」にあります。何かのお役に立てれば幸いです。



②才能と仕事~才能がない?好きなことを仕事にする方法|自分の才能/好きなこと~
■書籍によると、単一の才能を磨きあげ、その単一の才能だけで、仕事として飯を食べていくことは確率的に難しさもあるそうです。


{ずば抜けた1つの才能だけ}で勝負し仕事をする世界は、以下のような職業となるでしょうか。

・プロスポーツ選手
・歌手
・絵を描くアーティスト
・作家
・デザイナー
・ダンサー


例えば{プロ野球のピッチャー}は、「ボールを投げる」という単一の才能を磨きあげ、それを仕事として飯を食べています。
歌手も、「歌を歌う」という単一の才能を磨きあげ、それを仕事として飯を食べています。

そして、それら単一のずば抜けた才能だけで勝負する世界は、確率的には難しさもあるそうです。
野球が好きな人は多いけれど、プロ野球選手として飯を食べている人は確率的に少ないですものね。


しかし、「複数の「好き」と「才能」を組み合わせる」ことにより、「才能を生かして働く」や「好きなことを仕事にして働く」も可能となる場合があるのかもしれません。


webサイト【名無き仙人の綴る物語シリーズ】は、以下のような要素の組み合わせによって成り立っていると個人的には感じているのです。
客観的にはどうかわかりませんが・・。


①文章
②イラスト
③ホームページ作成
④教師
⑤商売
⑥ダンス


①文章
→このホームページは、文章によって成り立っています。
が、私がもし、作家として、本当に文才という単一の才能のみで食べていこうすれば、それは残念ながら 笑 無理であろうと思われました。

たとえば私がもし小説を書き、出版社に送っても、相手にしてもらえないことでしょう。

文章を書くのは「好きなこと?」だけど、それだけで飯を食べていけるほどの才能は、ないわけです・・。


②イラスト
→このホームページは、ハイクオリティーなイラスト群によって成り立っている側面も多分にあります。

しかし、時代が追いついてきていないためか?
私の描くイラストは「素晴らしい!ハイクオリティーだ!」とは評価してもらえないようなのでした。

私がもし、絵描きとして、本当に「絵を描く」という単一の才能のみで食べていこうすれば、それは残念ながら 笑 無理であろうと思われました。

たとえば私がもし絵を書き、その絵を売ろうとしても、相手にしてもらえないことでしょう。

絵を描くことは「好きなこと」なのですが、それだけで飯を食べていけるほどの才能は、ないわけです。


③ホームページ作成
→webサイト【名無き仙人の綴る物語シリーズ】は、HPによって運営されています。
そのため私は一応ですが、ホームページを作ることができるのでございます。

しかし、ホームページ作成について詳しいわけではなく、運営するどのHPもホームページ作成の専門会社のテンプレートを買わせて頂き、それを活用しているだけなのです。

私がもし、ホームページ作成業者として、本当に「webサイトデザイン/webサイト作り」という単一の才能のみで食べていこうすれば、それは残念ながら 笑 無理であろうと思われました。

たとえば私がもし、ホームページ作りの営業を行っても、誰にも、相手にしてもらえないことでしょう。

ホームページを作ることは一応、できるのですが、それだけで飯を食べていけるほどの才能は、ないわけです。
知識も浅く、またデザインセンスもないですし・・。


④教師
→教師というと、大変、おこがましく恐縮なのですが。
一応、名無き仙人のサイトは、人生経験から気がついたこと、人生経験から学ばせて頂けたことなどを、シェアさせて頂ければ・・という目的で運営されています。
そのため平たく言えば「教職」の意味合いもあろうかと思われました。

しかし私は卒後、教職についているのですが、その時には、まったく駄目ダメで、大変苦労することになったのでした。

私がもし、教師として、本当に「教える」という単一の才能のみで食べていこうすれば、それは残念ながら 笑 無理であったのでした。

だからこそ臨時教師時代は、まったく上手く仕事をこなせず、自分としては苦しい1年を過ごすことになりました。

「教える」の単一の才能だけで飯を食べていけるほどの才能は、なかったようなのです。


⑤商売
→webサイトを運営しつつ、それを収入にも変えていくためには、商売/ビジネスについても、ある程度、(私の場合は)勉強し、知る必要があったよう思います。
しかしながら、じゃあ、商売の才能だけで、飯を食べていけるか?・・つまり、例えば飲食業など、他の分野の商売に参入し、上手くやっていけるか?と聞かれれば、その自信はないのでした。

つまり商才という単一の能力だけで飯を食べていけるほどの能力/才能も、ないよう感じているのでした。


⑥ダンス
→個人的には、ダンスの才能があるのでは?

とも感じているのでした。

しかし、「踊る」という単一の才能だけで飯を食べていけるほどの才能は、ないようにも思われました。




つまり、上記にあげた、全ての才能や、全ての「好きなこと」に関して、どれもパっとしていないのでした 笑
どれも中途半端な「好きなこと」であり「才能」のよう思われました。
言い換えると、どれか1つの才能が、ずば抜けて高いわけではないのでした。
※通常「才能がある」とはずば抜けて高い1つの何かを言う。

しかし、それらは中途半端でありますが、「複数の「好き」と「才能」を組み合わせる」ことによって、ずば抜けた才能は皆無なのに仕事として成り立つ状況になっているようにも思われたのでした。


★才能がない?好きなことを仕事にする方法|自分の才能/好きなこと★
~中途半端な「好きなこと」や「才能」であっても組み合わせることで仕事として成り立つ場合がありうる~


「才能を生かして働く」や「好きなことを仕事にする」という話では、何か特定の1つの「好き!」「得意!」「才能」に特化するイメージがある場合もありそうですが、実は、何か特定の1つに特化する場合よりも、「複数の「好き」と「才能」を組み合わせる」ことによって、仕事として成り立つ場合の方が、確率的には多いのかもしれません。


そして、「複数の「好き」と「才能」を組み合わせる」の場合。
それまでの人生にて、いろいろな経験を積み重ねる必要があり、人生の時期時期にて、右にいったり、左にいったりもすることになり、単一の才能だけで良い人に比べると、相対的には、遅咲きになりがちなのかもしれません。

次は、時系列で見てみます。



③人生の時期~才能がない?好きなことを仕事にする方法|自分の才能/好きなこと~
■実際のところ、「才能を生かして働く」や「好きなことを仕事にする」をしている人の中には、「複数の「好き」と「才能」を組み合わせる」をされている方も多く、その方々は、複数の「好き」や「才能」を見つけ磨くために、人生にて、右にいったり、左にいったりもしており、その分、単一の才能だけで良い人に比べると、相対的には、遅咲きになっている場合もあるのかもしれません。

個人的な事例ばかりで恐縮ですが・・


①文章/イラスト
→今にして思えば、私は小学5年生の頃に、1人で推理小説のようなものをノートに書いていた時期があったのでした。
しかも今思いかえしてみると、このHPのようなイラストによる解説つきだったのでした 笑 本質的には同じようなことを、何十年も経ってから始めているわけなのでしょうか。

しかし、中学生になった頃より、もう文章を書くことはなくなったのでした。絵は相変わらず教科書に落書きしていましたが・・。
中学生の頃からは「文章なんて上達させても、将来、役立たないよ。それより5教科の勉強をしテストで良い点をとらなきゃ!」という打算が発生してくることも関係しているのでしょうか。


子供の頃に、打算抜きで、半無意識的にやっていたことは、元々もっている「好き/才能」とも関係が深い、と聞いたことがあります。
そのため、子供の頃に、「これをやっていれば将来、就職で役立つだろうから・・」などの打算抜きで、半無意識的にやっていたことを思い出してみると、自分の「好きなこと」や「才能のある場所」が見つかることもあるのかもしれません。


★才能がない?好きなことを仕事にする方法|自分の才能/好きなこと★
~物心つく前に、やっていたことは本能レベル/魂レベルでの「好き/才能」なのかもしれない。例えば子供の頃に何かを作るのが無性に好きだった人は何かを作ることに「好き/才能」があるのかもしれない~


②教師

→母方が教師家系であったため、小学6年生の頃には漠然と「自分は教師になるのだろうな」と思っていて。
「教師になるからには、自分自身が、いろいろな経験を積んでいかなきゃ!(でないと教えることなんて出来ないよ!)」と半無意識的に思い、

「楽しいからソレをする」という判断基準よりも、「それが経験値アップに繋がるから、する(経験値アップになることなら、あえて苦労でもする!)」という判断基準で生きてきたところが、相対的には多分にあるよう、今にして思えば、あるのでした。

そして実際に卒後は1年でしたが教職にも就き、そこで、素晴らしい先生方とも仕事をさせて頂け、多くを学ばせて頂けることになったのでした。

そのことが、今のwebサイトの仕事にも繋がっているところがあるよう思われました。

生まれ育つ家庭環境の影響は大きく、それは「好き/才能」とも関係が深いそうです。
自分の生まれ育った家庭環境を振返ってみることも「好きなこと」や「才能のある場所」を見つけるヒントにもなるのかもしれません。


③商売
→父も祖父も自営業を営んでおり・・そういう意味では、それも生まれ育つ家庭環境の影響でもあるのかもしれません。

また、社会人になってからは、0から商売やビジネスを学んでいく期間に入っていくのでした。
※祖父は生まれる前に亡くなっており父の代で商売は既に傾いており、「商売だけはやらない方がいい。苦労するから。」と言われ育ち、父や祖父から商売を教えてもらったわけではないため0からスタートであり大変ではあった。



・・・・・・
教職を続けることが出来ない自分がいることが判明し、その後、普通に会社員として働いていた時期は「私はなんのために、「教師になるから」と、あえて苦労までして頑張ってきていたのだろう?」と、今までの頑張りが無駄になったことに対する、やるせない気持ちや、「はぁ、私の人生、まったく積み重ねにならなくて、いつも以前、やってきたことが無意味になってしまう」という悲しい気持ちが渦巻いていました。

ずば抜けて高い才能もなく、自分に自信ももてずにいました。


今にして思えば、それら全ての経験が必要だったのかもしれませんが、当時者として、未来がわからないなか、その時を懸命に模索しながら生きている間には、不安感・絶望感・後悔・心配・焦りなどが、渦巻いていました。


いろいろと組み合わせるから遅咲きになる人の場合は、ライフワークが見つかるまでの間、「はぁ、私の人生、まったく積み重ねにならなくて、いつも以前、やってきたことが無意味になってしまう」と不安感・絶望感・後悔・心配・焦りなどが、渦巻いてしまう場合もあるのでしょうか。


「カタルシス」とは音楽や文学などの連続性のある芸術作品において、あるポイントを境にそれまで準備され蓄積されてきた伏線や地道な表現が一気に快い感覚に昇華しだす状態のことだそうです。

個人的には、点と点とで、繋がりようがなかった自身の人生経験が、webサイト作成に出会い、やっと繋がり始めた感覚・・

それまでの人生にて、準備され蓄積されてきた伏線や地道な経験が一気に快い感覚に昇華したような感覚・・を感じられることになったのでした。


★才能がない?好きなことを仕事にする方法|自分の才能/好きなこと★
~人生ドラマではカタルシスが起きる場合もある。近視眼的には無駄に思える人生経験も長期的には無駄にはならない。それら人生経験は「カタルシス」に向けた伏線であり準備なのだ~



④人生とは?~才能がない?好きなことを仕事にする方法|自分の才能/好きなこと~

■正直、なにが良いのかは、私にはわからないのでした。

生き方に優劣はなく、人生で重要なことが「楽しい!幸せ!」であるならば。

家庭環境や社会の影響より、最初から敷かれている人生レールのうえを、そのまま歩み、そして尚且つ、その人生を「楽しい!幸せ!」と感じるのであれば、その方が、ありのまま「楽しい!幸せ!」を感じられて、幸せなのかもしれません。

実際、そういった人生を歩まれている方もたくさんいて、羨ましくも思う時があるのでした。


私はなぜか、最初から敷かれている人生レールのうえを歩みつつも、途中から「もっと違う生き方をしたい」と感じられることになってしまい、そう感じられるから、それはもうどうしようもなく・・今に至っているわけで。

しかし、「もっと違う生き方をしたい」と感じられることなく、そのままで「楽しい!幸せ!」と感じられるならば、いろいろと右に行き、左に行き、とする必要もなく、もっと、そのまま「楽しい!幸せ!」を感じられたのかもしれません。


人は、最初から敷かれている人生レール以外の生き方をしたい!と感じられてしまうと、逆に、その分、いろいろと大変な思いをすることにもなる場合がある、そういうことなのでしょうか。

ただ、そう感じられてしまった場合には、もう、そう感じるのだからどうしようもなく、人は、「自分の望み始めた人生」と「現状」とのギャップに、苦しみ始め・・人生を模索し始めることになる場合があるのでしょうか。


「どう感じられるか?」の部分は、自分では、コントロールできない側面もあるよう感じているのでした。
「もっと違う生き方をしたい」と感じるかどうか?も、自分では、コントロールできない側面もあるのかもしれません。
※ここでいう自分とは自我での自分のこと→絶望どん底人生からのやり直し方法(自我と真我|どん底時の考え方)


生き方に優劣はなく、人生で重要なことが「楽しい!幸せ!」であるならば。
「もっと違う生き方をしたい」なんて、感じられない方が、ある意味、幸せなのかもしれない・・とも、少し、思っているところがあるのでした。

しかし、「もっと違う生き方をしたい」と感じられてしまう、ということは。
それが、その人の、そういう運命であり、だから、その運命を受け入れ、いろいろと大変な思いをすることにもなる場合があるのかもしれませんが、模索し、やっていくしかない・・ということなのでしょうか。


「どう感じられるか?」の部分は、自分では、コントロールできない側面もあり、それは運命とも関係が深いのでしょうか。


ただ、どうであろうと、その自分の人生を、他人と比較することなく、自分なりに楽しんでいければ素敵ですよね。



~まとめ~
①才能がない?好きなことを仕事にする方法|自分の才能/好きなこと
→「自分には才能がないから」と落ち込む場合もある。
それは、単一の才能のことだけを見ているからでもあるのかもしれない。

ずば抜けて優れた何か単一の才能をもっている人は、少ない。

単一の才能だけで、皆が喜んでくれる何かをすることになる人は少なく、普通は、複数の{中途半端な才能/好きなこと}を組み合わせることで、皆が喜んでくれる何かをすることになるのかもしれない。


②才能がない?好きなことを仕事にする方法|自分の才能/好きなこと
→ずば抜けて優れた何か単一の才能だけで、皆が喜んでくれる何かをすることの出来る人は、早咲きになりやすい。

「複数の「好き」と「才能」を組み合わせる」の場合ほど、相対的には、遅咲きになりやすいのかもしれない。
複数の経験をする準備期間に時間がかかるから。

ただ、人生は効率的に生きて、早く花が咲けば良いというわけでもない。
他人と比較することなく、自分オリジナルな人生ドラマを大切にし愛し、楽しむこと。

詳細は自分の人生を生きる方法(「他人を羨む/他人と比較する」から自由になる方法)にあるとおり。
どらにしろ、私達は、自分の個人的な体験/経験・人生ドラマを味わっていくしかないから。


③才能がない?好きなことを仕事にする方法|自分の才能/好きなこと
→生き方に優劣はなく、人生で重要なことが「楽しい!幸せ!」であるならば。

「好きなことを仕事にしているかどうか?」や「才能を生かして働いているかどうか?」よりも、人生が幸せか?楽しいかどうか?の方が重要なのかもしれない。

他人の生き方がどうであれ、自分の生き方がどうであれ、皆の生き方を愛し、自分の生き方を愛し、楽しく幸せに生きていくこと。


~才能がない?好きなことを仕事にする方法|自分の才能/好きなこと~
<writer 名無き仙人>





バス男「才能がない?好きなことを仕事にする方法かぁ。」

バス子「「複数の「好き」と「才能」を組み合わせる」かぁ。」

仙人「重要なことは「働き方」よりも、まずは「楽しいこと/幸せでいること」の方なのかもしれぬのぉ。その原点を忘れずに、人生を自分なりに楽しんでいけると良いのぉ。」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)