現実/夢/輪廻転生とは?意味

■生まれ変わり輪廻転生/前世カルマとは?意味。生まれ変わりたい!輪廻転生を科学する/夢を見る心理/夢占い


現実/夢/輪廻転生とは?意味


バス子「ねぇ、バス男さん。「輪廻転生」って、存在するのかなぁ?」

バス男「バス子ちゃ~ん。僕はもし生まれ変わるなら、ダックスフンドとして生まれ変わりたいよ。」

バス子「・・聞く人を間違ったみたい。仙人に【現実/夢/輪廻転生とは?意味】を聞きに行ってみよっと。」

バス男「仙人様の【~私は私の意識(あるいは肉体)が通過していく線上での経験/体験をする他ないであろう~現実/夢/輪廻転生とは?意味】かぁ・・」







※不思議系の記事になります。
頭の柔軟体操程度にお読みくださればと思います。


~私は私の意識(あるいは肉体)が通過していく線上での経験/体験をする他ない~

1.現実/夢/輪廻転生とは?意味

①現実/夢/死後の世界/前世/現世/来世・・共通点

■「私は、私の人生を経験/体験する他ないだろう」

海外を自由に旅行されているらしい、羨ましく思えるAさんのことを見聞きし「いいなー。」と嫉妬することになり・・その後にブツクサと不満や愚痴を言っている自分に気がついた私は、ふぅ~と息を吐き出し「私は、私の人生を経験/体験する他ないだろう」と呟いたのでした。

自分と他人を比べ、いかに羨ましく思える他人に対し「いいなー、Aさんは、きっと今頃、バリの高級ホテルで、ゆっくりとした時間を楽しんでいて・・」と思いをはせたとしても、私は、{私という自我意識}に縛られることになるため、私は、私の人生を経験/体験する他はないだろうと、思われたからでもありました。
※自我意識とは?→自分自身を認識する意識。

言い換えると、私は、私の意識と肉体が通過していく範囲内の体験/経験しか、することで出来ないであろうと、思われたからでもありました。


★現実/夢/輪廻転生とは?意味|輪廻転生を科学する★
~人間は、他人に思いをはせても、自分の肉体(意識)が通過していく範囲内の体験/経験をする他ない。{私という自我意識}からしか体験/経験が出来ないから~


皆が、どのような人生を生きようと、私は、私の人生を体験/経験することになるだろう。
皆が、海外(ヨーロッパ等)に旅行に行こうが、仕事ばかりをしていようが、思いを寄せている好きな人が今頃、何をしていようが・・・私は、私の人生を体験/経験する他ないだろう。

私がヨーロッパに旅行に行けば、私は{ヨーロッパで歴史的建造物を見たり}という体験/経験をすることになるだろう。
一方、私がヨーロッパに行かなければ、私は{家でヨーロッパの動画を見ながら仕事をする}という体験/経験をすることになるだろう。

どちらにしろ、私は、私1個人の人生を体験/経験する他ないだろう。

私は、{私という自我意識}からしか体験/経験が出来ないから・・。


<人間は、自分の意識(肉体)が通過していく範囲内の体験/経験をする他ない>
私達は、寝て見る最中の夢の世界ですら、‘自分’という{自我意識}に縛られることになるのかもしれません。
夢の世界ですら、自分の視点からしか、経験/体験をすることが出来ないのかもしれません。

多くの人達が「最近見た不思議な夢」について語ります。

「昨日はね、不思議な夢を見たんだよ。私、空を自由に飛ぶ夢を見たんだ。」
「先日、私は、虎から追われる夢を見てさぁ~夢の中で焦っちゃったよ。」
「ちょっと聞いて!この前、夢の中で私は、死んだハズのお祖母ちゃんと話したんだよ!」

しかし、です。
どんなに不思議な夢であろうと、やっぱり結局、‘自分’という視点から、【不思議な夢の世界】を体験/経験しているのかもしれません。
夢の中で、{私という自我意識}が消滅してしまい完全に他人となっており、他人として、【夢の世界】を体験/経験することは、あるのでしょうか。


★現実/夢/輪廻転生とは?意味|輪廻転生を科学する★
~人間は、夢の世界の中ですら、自分の意識と肉体(夢の中での肉体)が通過していく範囲内の体験/経験をする他ない。{自我意識}からしか体験/経験のしようがないため~


これは、「現実の世界」や「夢の世界」に限らず、「死後の世界」ですら、そうなのかもしれません。
死後の世界の報告も、たまに見聞きする機会があるかもしれません。

ある人達は「死後の世界」について語ります。

「私は死後の世界で、私より先に死んだ妻と出会いました。」
「死後の世界では、私は、現世よりも体が軽くなっているよう感じられました。」
「私は死後の世界から運良く戻ってきましたが、死後の世界も、こちら(現実世界)と、あまり変わりありませんでしたよ。」

しかし、です。
どんなに不思議な死後の世界であろうと、やっぱり結局、‘自分’という視点から、【死後の世界】を体験/経験しているのかもしれません。
死後の世界の中で、{私という自我意識}が消滅してしまい完全に他人となっており、他人として、【死後の世界】を体験/経験することは、あるのでしょうか。


★現実/夢/輪廻転生とは?意味|輪廻転生を科学する★
~たとえ死後の世界であっても、人間は、自分の意識が通過していく範囲内の体験/経験をする他ない。{自我意識}からしか体験/経験のしようがないため~


{自我意識}からしか体験/経験のしようがない・・・これは、「現実の世界」や「夢の世界」、または「死後の世界」に限らず、「前世」や「来世」ですら、そうなのかもしれません。
前世記憶の報告も、たまに見聞きする機会があるかもしれません。

ある人達は「自分の前世」について語ります。

「私は前世では、アフリカで生活をしていました。」
「前世では、私は、古代ローマでパン屋として働いていました。」
「私は前世でも、現夫と結婚することになっていました。」

しかし、です。
どんなに不思議な前世の話であろうと、やっぱり結局、‘自分’という視点から、【前世】を体験/経験しているのかもしれません。
前世の中で、{私という自我意識}が消滅してしまい完全に他人となっており、他人として、【前世】を体験/経験することは、あるのでしょうか。


★現実/夢/輪廻転生とは?意味|輪廻転生を科学する★
~前世であろうと現世であろうと、人間は、自分の意識が通過していく範囲内の体験/経験をする他ない。{自我意識}からしか体験/経験のしようがないため~


つまり、これらのことは、

私という自我意識が「現実の世界(前世/現世/来世を含む)」や「夢の世界」や「死後の世界」・・と各世界に没入し、様々な経験/体験をしている、とも捉えることが出来るのかもしれません。


言い換えると、‘私’という自我意識が、「現実世界/夢の世界/死後の世界」に共通して、続いており、
人間は、‘私’という自我意識をもって、各世界(現実世界/夢の世界/死後の世界)に没入していき、各世界の体験/経験をし続けているのかもしれません。

・・人間を、人間たらしめているのは‘私’という自我意識・・「私は~。」という想念、、、ということなのでしょうか。



各世界(現実世界/夢の世界/死後の世界)は、法則やルールが違う部分もあるのかもしれません。
各次元によって適応される法則は異なり、「現実世界/夢の世界/死後の世界」はそれぞれ、次元が異なるからでしょうか。

夢の世界では、話のつじつまが合わないことも少なくないようです。夢の世界では【原因と結果の法則】の適応がなされていないのでしょうか。

また、夢の世界や死後の世界では、体が軽く感じられたり、体が浮いたりもする、という報告を聞く機会がありますが、それらの世界では【重力の法則】が異なるからでしょうか。


が、世界が異なろうと、適応される法則が異なろうと・・どちらにしろ。
共通しているのは「私」という自我意識なのかもしれません。

「現実世界/夢の世界/死後の世界」・・各世界を体験しているのは「私」という自我意識なのかもしれません。

私という意識が「現実の世界」や「夢の世界」や「死後の世界」に没入し、各世界の体験をしているのかもしれません。


私達は朝、「目が覚めた」と表現します。
このことは、別の言い方をすると「夢の世界への没入状態から意識が覚めた」ともなるのかもしれません。

そして、もっと別の言い方をすると「(朝、夢の世界から目覚めたことで、今度は)現実の世界へと眠りにおちていった」「現実世界へと没入し始めた」とも、なるのかもしれません。

私達は夜、ベットの中で「眠りにおちた」と表現します。
このことは、別の表現をすると「現実世界への没入状態から意識が覚めた」ともなるのかもしれません。

または、「(夜、現実の世界から目覚めたことで、今度は)夢の世界へと没入し始めることになった」ともなるのかもしれません。


意識の状態が・・・科学的に言えば、脳波の状態が、現実世界に没入する状態となれば私達の自我意識は、現実の世界を体験/経験することになり、

意識の状態が・・・科学的に言えば、脳波の状態が、夢の世界に没入する状態となれば(睡眠時の脳波となれば)、私達の自我意識は、夢の世界を体験/経験することになる・・


だからもし、真昼間に。
なんらかの科学的な機械や装置によって、Aさんの脳波状態(あるいは意識状態)を、強制的に【夢の世界に没入することになる、睡眠時の脳波状態(意識状態)】に切り替えれば、

真昼間にも関わらず、Aさんの自我意識は急遽、夢の世界に没入することになりAさんは、先ほどまでは【現実の世界】を体験していたのに、今度は【夢の世界】を体験し始めることになるのかもしれません。


しかし、【現実の世界】を体験しようと【夢の世界】を体験しようと、Aさんは。
Aさんは、各世界にて、Aさんの意識が通過していく範囲内の体験/経験をすることになるでしょう。{自我意識}からしか体験/経験のしようがないため・・。



②原理原則~現実/夢/輪廻転生とは?意味|輪廻転生を科学する~
■つまり、他人を羨もうと、羨みまいと。
「現実の世界(前世/現世/来世を含む)」や「夢の世界」や「死後の世界」・・どの世界を体験/経験することになろうと。

私達は、{私という自我意識}が体験/経験する事柄を、体験/経験する他、ないのかもしれません。
各世界を体験/経験するのは{私という自我意識}であり、{私という自我意識}からしか、体験・経験することが出来ないから・・。


そのため、「いいなー、Aさんは楽しそうな人生を生きていて。それに比べ私の人生は・・」と他人との比較をし嘆いても、結局はそれも{私という自我意識}の中だけで起きる苦しみであり、他人に「私は、こんなにも不幸なんですよ!可愛そうでしょう?」とアピールしても「へ~可愛そうですね。」と言われるだけであり・・

それらも含め全て、全てが、結局、終始、{私という自我意識}の中だけで繰り広げられ展開されるものにすぎない側面もあり・・


★現実/夢/輪廻転生とは?意味|輪廻転生を科学する★
~どんなに楽しもうと、あるいは苦しもうと、それらは結局、{私という自我意識}の中だけで繰り広げられ展開されるものにすぎない側面もある~


だからこそ、どうせなら{他人との比較}や「他人にどう思われるだろうか?」などに過度/過剰に囚われることなく、自分らしい、幸せで楽しい人生を生きていけると素敵ですよね。


破滅的な原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}のままに、「とりあえず今、自分さえ良ければ良いんだ!」と生きていると、短期的には(あるいは若い頃は)良いかもしれませんが、長期的には、後々、自分自身が苦しむことになるようです。

そのように生きていて、後から後から{人間関係面/経済面etc}で問題が発生し始め、人生が詰んでいくような状態となり、自分自身が苦しむことになって、他人に「私は、こんなにも不幸なんですよ!可愛そうでしょう?」とアピールしても「へ~可愛そうですね。」と言われるだけであり・・

それらも含め全て、全てが、結局、終始、{私という自我意識}の中だけで繰り広げられ展開されるものにすぎない側面もあり、つまり自分が、自分の世界/自分の意識の中だけで1人、苦しむことになるわけで、


そのため、繁栄的な原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}に沿って生きていくことは、自分自身のためにもなり、自分自身もそのことで、救われることになるのかもしれません。


★現実/夢/輪廻転生とは?意味|輪廻転生を科学する★
~どう生きようと人の自由。しかし、人生の結果は{不変/普遍の原理原則}によって左右される。長期的に、後々、人生が楽しくなろうと辛くなろうと、それを味わうのは自分自身。私達は私達の意識(あるいは肉体)が通過していく線上での経験/体験をする他ないから。{自我意識}からしか体験/経験のしようがないため~


そのような意味では、{どうなろうと最終的には自分自身が責任をとらざるを得ない。嘆こうが喜ぼうが、責任転嫁しようが、どちらにしろ自分自身が、結果の苦楽を味わうことになる}とも言え、だからこそ、責任が曖昧になされる風潮がある社会に流されることなく、「長期的には、どちらの原則に沿って生きるのが良いのかな?繁栄原則だろうか?破滅原則だろうか?」を自分でしっかり考え判断して生きていくのも良さそうですよね。


個人的には、責任が曖昧になされる風潮のままに「将来?将来のことなんて知らないよ!今さえ良ければ良いんだよ!後々、問題が発生したら、誰かが、代わりに責任をとってくれるよ。助けてくれるよ。」と、破滅原則的に生きて・・
そして後々、やっぱり誰も責任なんて代わりにとってくれず、自分自身が責任をとらざるを得なくなり自分自身が苦しむことになり、人生が詰んだような状況の中で「は~ぁ、人生最悪!」と嘆くことになり、

私は他人に「私は、こんなにも不幸なんですよ!可愛そうでしょう?」とアピールしていたのですが「へ~可愛そうですね。」と言われるだけであり・・

それらも含め全て、全てが、結局、終始、{私という自我意識}の中だけで繰り広げられ展開されるものにすぎず・・私は、私の世界の中だけで、とても、とっても、苦しい辛い思いをすることになったのでした。

そして「あぁ、どうなろうと、どんなに嘆くことになろうと、責任転嫁しようと、どちらにしろ結局、自分自身が、結果の苦楽を味わうことになるのか・・」と強く思うことになったのでした。


・・と、自分の辛く苦しかった経験から来る{辛かった過去の反省}から、説教臭い話を大変失礼致しました。


どちらにしろ自分自身が、結果の苦楽を味わうことになる・・からこそ、繁栄的な原則に沿って、全ての他人を「大切な仲間」と認識し、皆の幸せを願いながら、楽しい、幸せな人生を生きていけると素敵ですよね。
関連人間関係とコミュニケーションの改善方法/名言(全ての他人が【大切な仲間】)



~まとめ 現実/夢/輪廻転生とは?意味|輪廻転生を科学する~
①他人と自分を比較しようが、羨ましく思える他人について「Aさんは今頃、リッチな住まいに住んで楽しい日々を生きており・・」などと思いをはせようが。
好きな異性や、好きな異性の過去(元彼氏/元彼女/元恋人との交際等)について思いをはせようが、どちらにしろ。

私達は私達の意識(あるいは肉体)が通過していく線上での経験/体験をする他ないのかもしれない。
私達は、私達の人生を経験/体験する他ないのかもしれない。
{自我意識}からしか体験/経験のしようがないため。

だからこそ、他人との比較や、「他人からどう思われるだろうか?」に囚われすぎることなく・・繁栄的な原則に沿って、全ての他人を「大切な仲間」と認識し、皆の幸せを願いながら、自分らしく、自分らしい幸せな人生を生きていくのも良いのかもしれない。
関連自分の顔/性格を変える方法(他者の幸せを願う{心のあり方}と顔/性格の関係)
人生を楽しむコツ(自分らしく生きる/ゴルフ場にて/内なるスコア)


②「現実の世界(前世/現世/来世を含む)」や「夢の世界」や「死後の世界」・・どの世界であろうと、各世界を体験/経験するのは、私達の意識なのかもしれない。

そのため、私達は、{意識のあり方/心のあり方}を精進していくことにより、「現実の世界(前世/現世/来世を含む)」や「夢の世界」や「死後の世界」での体験を、素敵なものへとしていけるのかもしれない。

私達の{意識のあり方/心のあり方}次第では、「現実の世界」であろうと「死後の世界」であろうと、地獄にもなりえるし、天国にもなりえるのかもしれない。

すなわち。
破滅原則的に「とりあえず今、自分さえ良ければ良いんだ!」という{意識のあり方/心のあり方}であるならば、「現実の世界」であろうと「死後の世界」であろうと、当人にとっては、そこは地獄にも、なりうる場合があるのかもしれない。

一方、繁栄原則に沿った{意識のあり方/心のあり方}であるならば、「現実の世界」であろうと「死後の世界」であろうと、当人にとっては、そこは天国にも、なりうる場合があるのかもしれない。

「天国あるいは地獄」に関する問題は、現世か?死後か?という問題ではなく、私達の{意識のあり方/心のあり方}の問題なのかもしれない。
私達の{意識のあり方/心のあり方}次第で、生きたまま・・すなわち現実の世界も「生き地獄」にも「天国」にもなりうるから。

つまり、原理原則に関する法則は、「現実の世界」であろうと「死後の世界」であろうと、適応される法則なのかもしれない。


③どう生きようと人の自由。
しかし、後々、得る結果に関しては、どちらにしろ私達自身が経験することになる。

そのため破滅原則的に「将来?将来のことなんて知らないよ!今さえ良ければ良いんだよ!後々、問題が発生したら、誰かが、代わりに責任をとってくれるよ。助けてくれるよ。」と考えるのは、後々、自分自身にとってマイナスとなる場合もあるのかもしれない。
どうなろうと、結果を、私達の意識が経験/体験することになるから。

自分自身のためにも、繁栄原則に沿って生きていくことで、自他ともに、救われることになるのかもしれない。


~現実/夢/輪廻転生とは?意味|輪廻転生を科学する~
<writer 名無き仙人>





バス男「ダックスフンドとして生まれ変わった僕だよ~。」

バス子「くだらないことで輪廻転生するのは辞めなさいよ。」

仙人「{意識のあり方/心のあり方}についても、楽しみつつ精進していき、幸せな人生を生きていけると良いのぉ。関連記事としては天国/地獄とは?意味(現世→死後→来世の物語)や、人生は映画?人生が変わる物語(3Dホログラムによる完全没入体験型オンラインゲーム)もお勧めじゃよ。」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)