後悔しない人生/生き方の名言

■人生で後悔したくない!後悔しない生き方とは?後悔の念から前向きな人生を/後悔の念と意味/名言/格言/言葉


後悔しない人生/生き方の名言


バス男「なんてう○こっぽいアイスクリームなんだ。僕も、バス子ちゃんが頼んだアイスを頼めばよかった。あぁ、後悔・・。」

バス子「だから言ったでしょ、「こっちのアイスの方が良いよ」って。」

バス男「うぅ・・。僕の人生、思い返してみれば後悔の連続だなぁ。トホホ。」

バス子「私も人生で後悔が多いなぁ。仙人に【後悔しない人生/生き方の名言】を聞きに行ってみようかなぁ~。」

バス男「ほ~、仙人様の【~人生で後悔しないコツは「原理原則」と「予防的な生き方」にあり~後悔しない人生/生き方の名言】の話かぁ・・」







~人生で後悔しないコツは「原理原則」と「予防的な生き方」にあり~

1.後悔しない人生/生き方の名言

①人生、後悔しないためには?

■人生を振り返ってみると、私の人生には後悔ばかりが散らばっているのでした。

「もう、後悔するような人生を歩みたくない!」そう思い、生き始めた後ですら、やっぱり人生で後悔するような{失敗/ミス/罪etc}が、私の生きていく道のりには積み重なっているよう思われました。


「どうすれば【後悔しない人生】を生きていけるのだろうか?」
私は、出来れば【後悔しない人生】を生きていきたかった。
なるべくならば、{失敗/ミス/罪etc}などのない【楽しい幸せな人生】を生きていきたく思った。

そのため、人生/生き方の研究に励んだのでした。

その結果。
後悔しない人生・・【楽しい幸せな人生】を生きていくためには「原理原則」と「予防」とが、重要であることがわかってきたのでした。



②人生のコツ/秘訣~後悔しない人生/生き方の名言~
■人生や生き方に関する本を読んだり、人の生涯に関して調べたり、また自身の経験を振り返り調査してみたり・・していった結果。
【後悔しない人生/楽しい幸せな人生】を生きていくためには「原理原則」と「予防」とが、重要であるよう思われたのでした。


①原理原則
→「生き方」に関しては、人それぞれ違いがあり、「このような生き方が良いですよ!」と言われている生き方に関しても、人によって言うことが違うため、私は「どのような生き方をすれば、【後悔しない生き方/楽しい幸せな生き方】が出来るの?」とわからないで迷う状態となっていました。

しかし実は、人生の原理や人生の法則は、とてもシンプルであることが、自分なりに・・ですが、わかってきたのでした。
それは原理原則に関することです。

地球含め宇宙が、秩序をもって運行されているのを見ればわかるように、私達の生きる現実の世界には、ある種の法則があって。
そのような法則があるために、「このような生き方をすれば長期的には人生が衰退する」「こう生きることで長期的には人生が繁栄する」という、生き方に関する不変/普遍な原理原則も存在することになっているようなのです。

すなわち。

破滅的な原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」に根付いて生きていると、短期的には栄えたように見える場合があっても長期的には、人生が衰退/破滅へと向かうことになるようなのでした。


そして繁栄原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心」に沿って生きていると、長期的には繁栄することになるようなのでした。


それは、「2階から飛び降りると地面に落下します(重力の法則)」と同じくらい、否、それ以上に確実なことであるようなのでした。

例えば宇宙空間を漂っている2階建ての建物の2階から飛び降りても、ふぁ~と浮かぶだけとなりそうです。
他にも、海の底に沈んである2階建ての建物の2階から飛び降りても、ふぁ~と浮かぶだけとなりそうです。
また、寝て見る夢の中では、2階建ての建物の2階から飛び降りても、空を飛ぶことになる場合もありそうです。空を飛ぶ夢を見る機会もありますよね。


一方で、破滅原則のままに「とりあえず今、自分さえ良ければ良いんだ!金だ、金!」と、自己メリットのために他人を利用し操り、嘘をつき騙し裏切り、横暴な態度にて他者を見下しながら、「バレなきゃ良いんだよ!」と不正をし、人の足をひっぱるような生き方を続けていれば、

その場所が地球上の地上であろうと海底であろうと、宇宙空間であろうと・・
その時代が200年前のアメリカであろうと、100年後の日本であろうと、

その人間は{法則/原理}のままに、長期的には人生が、衰退していくことになってしまうのかもしれません。
関連他人を利用する人の心理と結末(自己防衛本能より危険な人間と見なされる)
自分に正直に生きる意味(正直の影響力と正直に生きるコツ)


★後悔しない人生/生き方の名言|悔いのない生き方のコツ/秘訣★
~人生の原理や人生の法則はシンプル。破滅原則に沿って生きていれば長期的には衰退する。繁栄原則に沿って生きていれば長期的には繁栄する~


個人的には、ずっと以前から、こういった話は知識としては見聞きしたことがあったのでした。
しかし、このような話を認めると、「手っ取り早く楽して幸せになりたい!」という己の我欲を否定しなければならなくなるため・・私は自分の我欲/利己心を捨てたくなかったから、このような話を見聞きしても「ふんっ。道徳的な説教なんて聴きたくもないよ」とバカにし認めずにきていたのでした。

が、これらは、道徳的な話では、ないようなのでした。
「2階から飛び降りると地面に落下します」と同じくらい、いや、それ以上に、とても現実的な、痛いほどリアルな話であるようなのでした。

「あぁ、なるほど。生き方に関する原理原則を否定することは「いいや、2階から飛び降りても地面には落下しないよ!私は手っ取り早く空を飛びたいんだもん!」と言うようなものでもあるのか。原理原則は法則に基くものだから。」7つの習慣に出会わせて頂けたことで、そう理解してからというもの。

認めたくない原理原則の存在を認め、自分の我欲/利己心を自制することは、文字通り痛い選択ではあるものの、そうすることにより自他ともに、長期的には救われることになるのだ、とも思い始め・・少しづつ破滅原則からの脱却&繁栄原則に根付いた自分創りを始めることになっているのでした。


②予防
→破滅的な原則に根付いて生きている私には、人生で「解決せねばならぬ問題」が次から次へと続出し続けており。
そのため私は、「いかに、この問題を上手く解決していくか?」という問題解決能力を重視し、ひたすら問題解決に頑張り続けているようなのでした。

しかし、そのような生き方は。
毎日3食、カップ麺ばかりを食べているせいで健康を害している人が、「いかに、この病気を上手く解決していくか?」という病気解決能力を重視し、ひたすら病気解決に頑張り続けているようなものでもあるよう思われたのでした。

この場合、「病気を薬などに頼り解決し続けていく」のではなく「いかに病気を予防するか?」のために・・・そもそも毎日3食、カップ麺ばかりを食べることを辞め、日々バランスのとれた食事をとるよう【病気の予防】に取り組む方が賢明なのかもしれません。

それと同じく人生においても。
「いかに、この問題を上手く解決していくか?」という問題解決を頑張るのではなく「いかに、そもそも問題が発生しない状況にもっていくか?」という【問題の予防】に取り組む生き方をする方が賢明なのかもしれません。

言い換えると。
問題が発生してしまった時点で、既に、なにかが間違っているわけで。
出現してしまった問題を解決するよう努めるだけではなく、{そもそも問題が発生しないよう努める}ことも大切なのかもしれません。

健康面でも人生でも、問題あるいは病気が出現してしまった後は、いかに上手に問題解決を成そうとしても、痛みを伴うことになるケースが多いようだからです。


★後悔しない人生/生き方の名言|悔いのない生き方のコツ/秘訣★
~「問題解決が上手」よりも「そもそも問題が発生しない生き方上手」の方が大事~


人生においては、【問題が出現することになる根本原因】が、破滅的な原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」にある場合が多いようなのです。
そして、繁栄的な原則に沿って生きていると、人生にて、そもそも問題が発生しにくくなるようなのです。

そのため、【予防的な生き方】という意味でも、破滅原則からの脱却&繁栄原則に根付いた自分創りは重要なことでもあるのかもしれません。


原理原則は、誰か、特定の個人が創り出して提唱しているものではなく、昔からあり、そして将来もあり続ける、法則に即したものであるようです。

そのため後は、その原理原則に、当人が沿って生きるか?あるいは歯向かって生きるか?の選択になるのかもしれません。



③人生の注意点~後悔しない人生/生き方の名言~
■後悔しない人生・・【楽しい幸せな人生】を生きていくために、具体的に気をつけるべきことは、次の3点{借金/異性問題/交通事故}となるのでしょうか。

平和で物質的にも豊かな日本国において、私達が、大きな{失敗/ミス/罪etc}を犯してしまい、多大な後悔をすることになるのは{借金/異性問題/交通事故}である場合が多いそうです。
日本全国、法律事務所では{借金/異性問題/交通事故}に関する相談が相次ぐことになるようです。
ほとんど、この3つに関する相談であるようです。

このことはつまり、平和で平穏に暮らしている私達が、大変な事態/状況に陥ってしまう可能性が高いのは、この3つ{借金/異性問題/交通事故}であるわけで、この3つに関しては重々、気をつける必要があるのかもしれません。

逆を言えば、治安も良く紛争もない日本で生きている私達の場合、この3つ以外では、そうそう、人生が狂ってしまうような大事件には遭遇しづらい・・だから、この3つには気をつけるべき・・とも言えるのかもしれません。



①借金
→「今さえ良ければ良いんだ!金さえ手に入れば良いんだ!」で借金をした後に、まさか!のリストラ/倒産/病気/交通事故/自然災害等で、予定が狂う場合もあるかもしれません。

借金とは労働の対価(収入/お金)の前借であるため、借金の契約書にサインすることは「私は貴方(金貸し/銀行)のために今後、○○年、必ず働き続けます」と自ら宣言するようなものでもあり、その後の人生が、借金/お金に、縛られてしまう場合もあるかもしれません。
仕事が、借金のために「しなければならなから、仕方なくするもの」になってしまう場合もあるかもしれません。


借金するのが常識/当たり前のような風潮があるのかもしれませんが、本当に、借金をすることは‘当たり前’なのか?と自問してみること。賢明なことなのか?と自分の頭で考えてみること。
借金が{常識/当たり前}である状態が好ましいのは私達にとって、ではなく、お金を貸し付けている側にとって・・・なのかもしれません。それは昔も今も・・。
関連常識と非常識/正しいまともな人とは?意味(相対性と自分の意見と他人の意見)


②異性/恋愛
→「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」で、異性/恋愛/結婚に関する{良心に背くこと/不正/悪いこと/後ろめたいこと}をすると。
心の平安が失われ、トラブルが発生し、時に、人生が変わってしまう場合もあるかもしれません。


③交通事故
ベンジャミン・フランクリン自伝を読むに、200~300年前のアメリカであっても、やっぱり人は{借金/異性問題}で問題を作り出し、そのせいで自らが苦しんできているようでした。

そして現在は、これに交通事故が加わることになるようです。

車とは、高速で動く鉄の塊(殺傷能力の高い鉄の塊)でもあるため、自分には、他人を傷つける心がなくても、1歩間違っただけで、人を傷つけてしまうこともあるかもしれません。

※ハインリッヒの法則(ヒヤリハットの法則)とは、300回の「あ、危なかったぁ~」という‘ひやり’を経験すれば、そのうち1度は、大きな重大事故が起きる・・という統計上の法則。
そのため1日に1回、運転中や、異性問題、または借金(お金)に関して「あ、危なかった~」という‘ひやり’を経験しているならば、確率的には1年以内に、{借金/異性問題/交通事故}のどれかで重大事件が起きることになる。

個人的にも{借金/異性問題/交通事故}にて重大事件を起こしてしまった時には、それ以前に‘ひやり(もしくは兆候)’を経験していたように思う。
そのため、‘ひやり(もしくは兆候)’が出現している前兆段階にて、いかに「生き方の修正」に取り組めるか?が重要なのかもしれない。

現在、{借金/異性問題/交通事故}にて、‘ひやり(もしくは兆候)’を感じる機会はあるだろうか?

【このままいけば問題が実際に起きることになるであろう年の2年前には、既に手を打っておくことが大事】だと個人的には経験則から感じている。問題が起きてしまった後では遅すぎであり、直前の対処でも準備の時間が足らず遅すぎる場合があるため。




と、厳しい書き方を、大変失礼致しました。
個人的には、失敗経験(後悔)をしてきていて。
失敗し、辛い立場に追いやられて「私は、こんなに不幸で苦しい状態になっているんですよ!(可愛そうでしょ?)」と皆にアピールしても、同情も、ほとんどしてもらえないし・・否。

ただただ、自分が【自分の苦しい世界】の中で、罪悪感とともに1人苦しみ続けることになってきていて・・

その辛い苦しい後悔経験より、この3つに関しては、重々、気をつけるべきであると考えているのでした。失礼致しました。


上記3つに関して。
大人になると誰も注意喚起してくれず、これらでミスや失敗をすれば「自己責任ですね」と言われ、借金にしても異性問題にしても交通事故にしても、問題が実際に発生してしまった後では「問題解決」が難しいために、1人で苦しむことになるのかもしれません。

「予防的な生き方」のためにも、この3つには、気をつけたいものですね。


★後悔しない人生/生き方の名言|悔いのない生き方のコツ/秘訣★
~大きな問題が生じるのは{借金/異性問題/交通事故}。この3つには重々気をつける~



④気をつけること~後悔しない人生/生き方の名言~

■その他、「予防的な生き方」について見てみます。


①病気と健康
→健康に関しても、「予防的な生き方」が重要となりそうですよね。
ベンジャミン・フランクリンは自伝の中で、十三の徳目をまとめており、その最初の1つを、

節制→飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。

にしているようでした。
200年前のアメリカ人でも、現代の日本人でも「節制(つまり自制)」は難しいことであると同時に、大切なことなのかもしれませんね。


②財布の健康
→ベンジャミン・フランクリンは十三の徳目の中で、「節約」や「勤勉」の後に「誠実」や「正義」を設けています。
その理由はフランクリンによると、経済状態に問題があると、「誠実」や「正義」を貫くことも難しくなる現実があるからだそうです。

つまり「節約」に励み、「勤勉」に学び働くことで財布の健康維持に努めることにより私達は、「誠実」や「正義」についても実行しやすくなるものなのかもしれません。


★後悔しない人生/生き方の名言|悔いのない生き方のコツ/秘訣★
~節約に励み勤勉に働くことにより財布の健康を維持することは、「誠実」や「正義」にも繋がる大切なことでもあるのかもしれない~


③人間関係の健康

→喜びも苦悩も問題も、その多くを私達は人間関係から得ることになるため、人間関係の健康も「予防的な生き方」において重要となりそうですよね。
人間関係に関しては自分との人間関係や、他人との人間関係人間関係の力学win-winの関係作りなどがあります。



⑤失敗しない生き方とは?~後悔しない人生/生き方の名言~
■いわゆるスピリチャル的な話や本では、以下のように言われる機会も少なくないですよね。
「正しい生き方をするまで人間は、悩みや苦しみを経験し続けることになるだろう。そして人生が行き詰まり(人生が詰んだ状態となり)、人生のどん底を経験して、そこから「正しい生き方」をするようになるだろう。」


宗教色が強い話や本では、上記のような話が、以下のような表現でなされることになるようです。
「神の御心に叶う生き方をするまで人間は、苦悩や辛さを経験し続けることになるだろう。それは神が悪いのではなく、人間が勝手に自由意志を悪用し、神から離れたから起きるのだ。その後、人間は、己の生き方を反省し、神のもとに返ってきて「神の御心に叶う生き方」をするようになるだろう。」


私は、上記のような話を見聞きし「ふーん。」と思うだけで、いまいち理解が進んでいなかったのでした。
しかし、原理原則について知ってからというもの、上記の話に対しても、自分なりに・・ですが、理解するようになったのでした。

つまり「正しい生き方/神の御心に叶う生き方」とは「繁栄的な原則に沿った生き方」であり、「正しくない生き方/神から離れた生き方」とは「破滅原則に根付いた生き方」のことなのかもしれません。


★後悔しない人生/生き方の名言|悔いのない生き方のコツ/秘訣★
・正しい生き方→繁栄的な原則に沿った生き方
・正しくない生き方→破滅原則に根付いた生き方

・神の御心に叶う生き方→繁栄的な原則に沿った生き方
・神から離れた生き方→破滅原則に根付いた生き方


そのため、上記の話を原理原則に基き言い換えるならば、以下のような表現ともなるのかもしれません。

「繁栄原則に沿った生き方をするまで・・・つまり破滅原則的な生き方をしているうちは人間は、悩みや苦しみを経験し続けることになるだろう。そして破滅原則的な生き方をし続けた結果、人生が徐々に行き詰まり(人生が詰んだ状態となり)、人生のどん底を経験することとなり、そこから「これでは駄目だ。」と悟り、「繁栄原則に沿った生き方」をするようになるだろう。」


★後悔しない人生/生き方の名言|悔いのない生き方のコツ/秘訣★
~スピリチャルでも宗教でも、その他でも、言っていることの本質は皆一緒。つまり「破滅原則に沿って生きていると長期的には衰退し、繁栄原則に沿って生きていると長期的には繁栄する」ということ~


「予防的な生き方」とは、破滅原則的な生き方を敬遠し、繁栄原則に忠実に生きることでもありそうですね。

人生で後悔するような{失敗/ミス/罪etc}が、私が生きていく道のりには積み重なっている理由は、「私が破滅原則の色濃い生き方をしているから」であるよう思われ・・人生の後悔を減らし【楽しい幸せな人生】になっていけるよう、楽しみつつも精進していけたら良いな、とも思っているのでした。


説教臭い話を長々と大変失礼致しました。



~まとめ 後悔しない人生/生き方の名言|悔いのない生き方のコツ/秘訣~
①「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」は良くない!ということや、{借金/異性問題/交通事故}には気をつけるべきだ!ということに関して、私達は知識としては知っている。
そのため、これらは ‘知識’ の問題ではなく ‘意識’ の問題。

大人になると誰も注意喚起してくれず、問題が起きた後は「自己責任ですね」と言われ、自分が1人で苦しむことになる。

「気をつけよう!」と‘意識’して、生きていきたいものである。
問題が生じると心の平安を失うことにもなる。
関連不安感の原因(条件付きの愛と不安感の関係)


②人生の3大注意事項である{借金/異性問題/交通事故}も、失敗を犯してしまう根底に破滅原則がある場合もある。
そのため、人生で失敗を避け、後悔のない生き方をするためには、破滅原則を避ける必要もあるのかもしれない。


③人生でも健康でも予防が大切。
実際に病気や問題が発生してしまった後では、対処方法や選択肢が限られ、痛みも伴うことになるから。

人生における予防とは、【破滅原則的な生き方の脱却&繁栄原則に忠実に生きる】でもあるのかもしれない。
問題の原因の多くは、破滅原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」にあるから。


④{借金/異性問題/交通事故}でミスや失敗をすれば「自己責任ですね」と言われ、問題が実際に発生してしまった後では「問題解決」が難しいために、1人で苦しむことになる。

苦行は辞めなさい
【破滅原則的な生き方】をすることは、長期的には「苦行的な生き方(自分自身が苦しむことになる生き方)」であり・・・
つまり「苦行は辞めなさい」とは、「好き勝手に目先の欲を満たしながら楽に生きなさい」という意味ではなく、長期的な観点から言えば「目先のメリットのために破滅原則的な生き方をするのは辞めなさい(自分が後々、苦しむことになるから)」ということでも、あるのかもしれない。


★後悔しない人生/生き方の名言|悔いのない生き方のコツ/秘訣★
~苦行的な生き方とは? → 目先のメリットのために破滅原則的な生き方をすること。(自分が後々、苦しむことになるから)~


~後悔しない人生/生き方の名言|悔いのない生き方のコツ/秘訣~
<writer 名無き仙人>





バス男「ふむふむ。目先の欲を我慢するような苦行的な生き方は辞め、自己利益だけを考えぱ~っと今を楽しめば良いのかぁ。」

バス子「目先のメリットのために「とりあえず今、自分さえ良ければ良いんだ!」と破滅原則的な生き方をすると、後々、当人自身が苦しむことになるから、そういった苦行的な生き方は辞めなさい・・という話だったのよ。」

仙人「短期的には、目先の欲を自制せず、自己利益だけを考えぱ~っと今を楽しむことが{要領の良い生き方}のように思えるが、長期的には、そう生きることで人生が、どんどん詰んでいく状態となり、後々、自分自身が苦しむことになるため、長期的には「目先の欲を自制せず、自己利益だけを考えぱ~っと今を楽しむ生き方」は{要領の良い生き方}ではないのかもしれぬのぉ。」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)