お金をかけない生活方法

■お金を使わない1人暮らしのコツと秘訣とは?デート/ダイエット/遊び方/趣味/休日の過ごし方/若者/ol/主婦


お金をかけない生活方法


バス子「今月もお金が足りなーい。お金をかけない生活やデートを心がけているのに、どうしてかな?」

バス男「バス子ちゃ~ん。僕もお金がかからない生活や遊び方/趣味をしているのに、カードローンの残高が増えていくばかりだよ。トホホ。」

バス子「仙人に【お金をかけない生活方法】を聞きに行ってみようかなぁ。」

バス男「仙人様の【~目先の節約と長期的な節約の違い~お金をかけない生活方法】かー。」







~目先の節約と長期的な節約の違い~

1.お金をかけない生活方法

①お金を使わない倹約・生活の暮らしとは?

■年収(給与額)は変わらないのに、もしくは、逆に減ったり、増えても少しなのに、増税(税金)含め、必要となる支出はどんどん増えていきますよね。

そのため、上手に節約生活(無駄にお金をかけない生活)をしながら、お金と健康的に付き合っていきたいものです。

今回の記事では、長期的な節約のコツについて、見てみたいと思います。



②お金が必要ない生活とは?~お金をかけない生活方法~
■節約にも【目先の節約】と、【長期的な節約】の2種類があるのかもしれません。
例えば、太陽光発電を屋根につける場合。
目先は出費がかさみますが、10年~20年と長期的なスパンでみると、節約になるかもしれません。

例えば、ボロボロの中古車を買う場合。
目先は節約できますが、燃費が悪かったり、修理代がかかったりで、3年~5年と長期的なスパンでみると、お金がかかってしまうかもしれません。

私たちは、長期的な視点ももって、節約を行っているわけですが、ときに、目先の節約のために、長期的にはお金を損していることもあるのかもしれません。

豊かな人生を生きる指針(ガチョウと黄金の卵)に詳細はあるとおり。
目先のメリットのために、長期的には損をすることは、節約に限らず少なくないですよね。

長期的な視点からの「お金がかからない生活」を見てみます。


①食事
→お金をかけない節約生活といえば、食費を減らすことも含まれることでしょう。
しかし、食費を減らそうとすれば、レトルトカレーやカップ麺や缶詰、安いファーストフードなどの、栄養のない食事をとってしまうことになりがちであり、10年~20年と長期的なスパンでみると病気になるリスクが高まるのはもちろん<元気がでないで生産性が下がる(収入が下がる)><気分や体調がすぐれず人生を楽しめない>などが起きてしまい、結果、節約とはならない場合があるのかもしれません。

栄養バランスのとれた、新鮮で美味しい食事は、(睡眠も良くなる/日常のストレス解消等も含め)確実にリターンが見込める【自己投資】とも聞いたことがあります。


~お金をかけない生活方法~
食事とは → 自己投資


私たちは、目先のお金をけちって、ボロボロの中古車を買う人をみては「長期的には、逆にお金がかかるよ。節約にならないよ。」と思うことでしょう。ただ、車は買い換えることが可能なため、まだマシでしょう。

では、目先のお金をけちって、レトルトカレーやカップ麺や缶詰、安いファーストフードばかりを食べている人をみて「長期的には、逆にお金がかかるよ。節約にならないよ。」と思うでしょうか。
自分の体は、車のように買い換えることができないため、ある意味、致命的です。

多少、お金や時間がかかっても、栄養バランスのとれた新鮮で美味しい食事を食べるようにすることは、長期的にはお金がかからない生活となるのかもしれません。
体にいい食べ物/ダイエット編(肉食と{消化ー同化吸収})


②節約を頑張りすぎる
→節約生活を頑張っていると、我慢する機会が増えていきますし、頑張りすぎると惨めな気持ちになる機会もでてくることでしょう。すると節約を頑張ることでストレスが溜まりそうです。
私たち人間は、ストレスなどの不快を感じると、バランスをとるために、その分、快を求める傾向にあるようです。
現代社会で快を求めれば、お金がかかる場合が多そうですね。
つまり、無理してまで節約生活を頑張ると、目先は出ていくお金が減るものの、その反動で、お金を使ってしまうことになりがちなようなのです。

そのような意味では、長期的には{無理しない程度の節約(ストレスが溜まらない程度の節約)}しか、できない・・とも言える側面があるのかもしれません。

では、無理しない程度の節約を行ううえで、大切となってきそうなことを見てみましょう。



③お金がかからない暮らし~お金をかけない生活方法~
■無理しない程度の節約を続けるためには、以下の事柄も重要になってきそうです。


②生活水準
→生活水準をあげていくと、きりがなさそうですが、通常、収入が増えてくると生活水準をあげてしまいがちなようです。
また、「良いように見られたい」「恥ずかしくない程度の生活をしていると思われたい」などと人の目を気にすると、生活水準はあがっていきやすいようですし、快適さを求めたり「皆、もっているから」などの理由から買い物をしていると、生活水準は上がりやすいようです。

お金・貯金を貯める方法の1つは{節約生活を頑張る}であり、もう1つは{収入を増やしつつ生活水準をあげないこと}でもあるようです。

収入が増えても、生活水準はあげないように心がけると、お金・貯金は貯まっていきやすいのかもしれません。


③安物買いの失敗
→節約生活を意識していると、高いものより安いものを買いがちなようです。
しかし、値段だけを見て安い方を納得していないのに買うと、後から「すぐに壊れて使えなくなった」「やっぱり、どうしても、あっちの商品が欲しい」などとなり、買いなおすケースも出てくるかもしれません。

特に長く使うものほど、自分が納得してから買うようにすると{安物買いの失敗→新たに買いなおす}は減っていくものなのかもしれません。



④お金を使いたくない?~お金をかけない生活方法~
■お金をかけない節約生活を続けていくうえでは、生活水準をあげないことが大切となりそうですよね。

・最新の電化製品
・最新の車
・新築の家やマンション
・新しい家具
・ブランドものの服やバック
・年に何度も旅行する
・高い外食
・古くなったものをすぐに買い換える

それらを維持し続けるには、多くのお金が必要となることでしょう。

1度、高い生活水準に慣れてしまうと、生活水準を落とすことが難しくなるかもしれませんので、生活水準をあげないことを意識して毎日を過ごすと、自然とお金がかからない節約生活も続いていくものなのかもしれません。

さて、今回の記事も、最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。


~お金をかけない/お金を使わない生活方法~
<writer 名無き仙人>







バス男「お金をかけない生活のためには、週末の飲み代を減らせばいいのかー。」

バス子「バス男さんの場合、2件目に行くお店でお金を使いすぎるのが悪いんじゃない?」

仙人「関連記事としては節約で貯金1000万円貯める方法(節約のコツ)や、お金を貯めるには?方法(お金を貯めるコツ・秘訣)も、お勧めじゃよ。」