離婚して後悔する前に

■離婚後に後悔している子供/子連れ離婚と女性と男性/復縁/仕事と収入とお金と慰謝料/夫・旦那の浮気と不倫/妻の浮気と不倫


離婚して後悔する前に


バス子「旦那が不倫・浮気したから、離婚するかどうかで悩むわ~。」

バス男「バス子ちゃ~ん、離婚してから後悔する例もあるみたいだよ。」

バス子「そうようね。仙人に【離婚して後悔する前に】を聞きに行ってみようかな。」

バス男「仙人様の【離婚して後悔する前にチェックしたいこと】かー。」







~相手の人間性をチェックする7項目~

1.離婚して後悔する前に

①離婚後に後悔している

■結婚した後に後悔することもありますが、離婚した後に「やっぱり離婚するのではなかった」と後悔してしまうこともあるようです。

今回の記事では、離婚で後悔しないためのコツ・秘訣を見てみたいと思います。



②リストラ・浮気・借金・不倫・ギャンブル~離婚して後悔する前に~
■離婚に至る理由・原因の多くは「性格の不一致」だそうです。
しかし、多少くらい性格が合わなくても、仲良くしていくことは可能でしょう。

問題は、【人としての正しいあり方】に反している場合!と言えるのかもしれません。

では、【人としての正しいあり方】について、具体的に見てみます。


①正直
→私たち人間は、信頼できない人のことを嫌い、信頼できる人のことを好きになる傾向にあるようです。
そして「信頼できる人かどうか?」の大事な判断基準が「正直かどうか?」であるため、理由はなんであれ、嘘をつけば「Aさんから嘘をつかれた。Aさんのこと信じていたのに裏切られた」と信頼をなくし嫌われることになり、常に正直であれば信頼され好かれることになりそうです。

私たちは、「正直に言うと怒られたり失望されるとき(失敗したりミスしたとき)」や「正直に言うと嫌われそうなとき」や「相手を騙してでも自分の目先のメリットを得たいとき」に、つい、嘘をついてしまうこともあるようです。

嘘をついて誤魔化せば、その場は、穏便にいくでしょう。しかし、だからといって、そのようなときに嘘をついていると、嘘に嘘が積み重なっていき、大事な場面で、過去についた嘘があだとなって、人生を狂わせてしまうことにもなる場合があるのかもしれません。


~離婚して後悔する前に~
長い目で見たら嘘は損。目先、怒られたり嫌われたり失望されてでも常に正直であること。


よりによって大事なときに、大事な場面で、過去についた嘘があだとなって足をひっぱったり・・という話も聞いたことがあります。人生、そのように出来ているのでしょうか。

正直に言うと、相手である夫や妻から失望されたり、嫌われる可能性があって嘘をつきたくなっても、そんなときほど正直であるようにすると、長期的には皆から信頼されるようになり、人生も良い方向に向かうことになるのかもしれません。

パートナーが正直者であるか、チェック!
自分に正直に生きる意味(正直の影響力と正直に生きるコツ)


②誠実
→打算で人付き合いをし、相手の足元をみて駆け引きしたり態度をかえたり、人によって態度を変えるよりも、全ての人を大切にするよう生きていた方が、長期的には皆から信頼されることになるのかもしれません。

また、怒ったり、すねたり、困らせることで(自分の都合で)相手を変えようとしたりコントロールしようとしたりすることも、相手からの信頼を失ってしまい長期的にはマイナスとなりそうです。

{他人を利用しない・他人を操ろうとしない・人によって態度を変えない・他人を見下さない・約束を破らない}など、誠実であるために大切なことを意識しながら、毎日を楽しく生きていこう。

パートナーが誠実な人か、チェック!
人に好かれる人と嫌われる人の特徴(他人を巧みにコントロールするのは不誠実)
約束を守る人になる方法(他人との約束/自分との約束)
ぶれない生き方!ぶれない人/自分になる方法(気分で態度を変えない。常に繁栄原則に忠実に生きる)


③オープン
→隠し事をすると、相手から不信がられてしまいそうです。オープンでいる方が、信頼されることでしょう。
隠している方が都合の良いこともあるかもしれませんが、オープンでいることにより信頼され、自分も気楽になった方が、長期的には良いのかもしれません。

パートナーがオープンに話してくれるか、チェック!


④謙虚
→謙虚さと心の状態には、関係性もあるのかもしれません。
理由なくイライラしていたり、なんとなく憂鬱な気持ちでいるならば、今一度、謙虚になってみるのも良さそうです。すると「~~をさせて頂けている。ありがたい」と感謝の気持ちも湧いてくることでしょう。

私たちは謙虚さを忘れ「自分は正しい。(相手が間違っている!)」と横暴になればなるほど、イライラしやすくなってしまうのかもしれません。仕事も人間関係も、私1個人の都合の良いようには、いってくれないことも少なくないからでしょうか。
イライラしている自分に気がついたら、「相手も正しいのかもしれないし、自分も間違っているのかもしれない」と謙虚になって感謝するよう心がけたいものですね。

パートナーが謙虚な人がチェック!
自分が正しい?謙虚な心(自分だけが、正しいのではないかもしれない)


⑤感謝
→ありがとう!と感謝することにより、私たちは幸せな気分になれるようです。
そして感謝するためには謙虚でいることも大切となってきそうです。
つまり、幸せな気分でいるためには、謙虚でいる方が、都合がいいのかもしれませんね。

パートナーが感謝してくれているかチェック!
感謝の言葉/名言(【悪循環に落ち込む】→【好循環を作り出す】)


⑥良心
→私たちは面倒なとき、そして欲望が強まっているときに、つい、人として正しくないこともやってしまうこともあるのかもしれません。
例えば、面倒だからと予約した店にキャンセルの電話をいれなかったり、例えば、どうしても欲しいから!と割り込みして買ったり・・・などです。

人として正しくないことをやっていれば、人生が、どんどん破滅へと進んでいくことでしょう。
一方、人として、正しいことを、正しいがままに行っていれば、道を踏み外すことはないでしょう。

まよった時は「人として、正しいことを正しいがままに行おう」と自分につぶやき、判断するようにすると、長期的には良いのかもしれません。

パートナーが【人としての正しいあり方】からブレずに生きているか、チェック!
心の平和/平穏と高いセルフイメージは良心から(良心と内面の安定性/セルフイメージ)


⑦優しさ
→自分のことや、自分の都合、自分のメリットばかり考えて、相手の立場や相手の都合を考えないと、win-winの関係が作れないがために相手はもちろんですが自分自身も、長期的には不利益を被ることになるでしょう。win-winの関係でなければ長期的な関係は築けないようだからです。

一見、「どうして、私が相手の都合や相手の立場まで考えないといけないの?自分のメリットだけ考えている方がお得だし、相手のことまで気をつかうのは損だ」と思ってしまうものですが、そう、相手のwinも考えることにより、相手との良好な関係を築け、そのことは長期的には相手はもちろん、自分にとってもプラスとなることでしょう。

自分勝手な人は、自分のことしか考えないそうです。
そのためか、自分勝手な人は皆から嫌われ、結果的に、長期的には人生が衰退していくことになるのかもしれません。

優しい人は、相手の立場や相手の都合のことまで考えるそうです。
そのためか、優しい人は皆から好かれ、結果的に、長期的には人生が繁栄していくことになるのかもしれません。

パートナーが優しい人か、チェック!
人の話を聞かない人/男女の心理(「理解してから理解される」を実践してみる)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)



③ギャンブル・借金・浮気・不倫~離婚して後悔する前に~
■私たちの人生が繁栄するか?衰退するか?は、繁栄原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心」と破滅原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」の、どちらの原則のもと、生きているか?によって決まる側面もあるのかもしれません。

繁栄的な原則をもとに、明るく楽しく元気に、生きていけると素敵ですよね。

さて、今回の記事も、最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。


~離婚して後悔する前に/不倫/浮気/子供/前夫/前妻/復縁~
<writer 名無き仙人>







バス男「離婚の原因としては、DV・ギャンブル・借金・浮気・不倫・リストラなどもあるみたいだな~。」

バス子「一人で悩まず相談することが大切かも。」

仙人「関連記事としては夫婦円満の秘訣/コツ(人間関係のバランスと無償の愛)や、夫婦愛/夫婦の絆を深める言葉(夫婦円満10の秘訣)もお勧めじゃよ。」