人間関係に疲れない対処法のコツ/名言

■人間関係の悩みストレス解決!対人関係/人付き合いが苦手/面倒/男性女性/仕事/職場/会社/夫婦関係/恋愛/言葉


人間関係に疲れない対処法のコツ/名言


バス男「はぁ~。明日から、また仕事だ。会社の人間関係が面倒だなぁ。」

バス子「私も~。職場の人間関係に疲れるから、仕事が憂鬱だわぁ。」

バス男「明日からの仕事を思うと嫌になるなぁ。」

バス子「ねぇ、仙人の【人間関係に疲れない対処法のコツ/名言】を聞きに行ってみない?」

バス男「仙人様の【~長期にわたる良好な関係は「win-winもしくは取引しない」にある~人間関係に疲れない対処法のコツ/名言】かぁ・・」







~長期にわたる良好な関係は「win-winもしくは取引しない」にある~

1.人間関係に疲れない対処法のコツ/名言

①人との上手な接し方/関わり方とは?

■友人のAさんと出かけていた時のことです。

「じゃあ、今日は、何を食べる?」とAさん。

私は「今日は、あっさりしたものが食べたいなぁ」と思いつつも「Aさんは、何が食べたい?」と尋ねてみました。

「う~ん」しばらく考えた後、Aさんは口を開きました。「ラーメンなんて、どう?」

「ラーメン!?」私は「ラーメンだけは、ちょっと・・」と思いながら「ラーメンかぁ」と呟きました。

私の冴えない表情を見て、Aさんが聞いてきました。「名無きは、何が食べたいの?」

私が「麺ならば、蕎麦(そば)かなぁ」と考えていると、ふっと、書籍/7つの習慣に書かれてあった【win-winの関係構築】について思い出されてきて・・



②win-winの関係とは?意味~人間関係に疲れない対処法のコツ/名言/格言~
■書籍/7つの習慣―成功には原則があった! によると、人間関係においては{win-loseの関係}や{lose-winの関係}や{win-winの関係}などがあり、長期にわたる良好な人間関係を目指すならば【win-winの関係】が大切となるとのことでした。

お互いに満足できる【win-winの関係構築】が、人間関係における原則の1つなのかもしれません。
1つづつ、見てみます。


①win-lose
→【win-loseの関係】とは、自分が勝って(win)、相手が負ける(lose)関係です。
相手の犠牲のもと、自分だけが勝ち、自分だけが得する関係ですね。


例えば。
私がAさんに「Aさんは、なにが食べたい?」と聞くこともなく、自分のことだけを考えて言ったとします。「今日は蕎麦を食べに行こうよ。」

Aさんは、本当はラーメンが食べたいのに我慢して「う、うん。良いよ。」と返事しました。

2人は蕎麦を食べに行くことになり、私は喜び満足し、Aさんは内心「本当はラーメンが食べたかったのにぃ!」と不満を感じていました。

同じようなことが数回続いた後。
私がAさんに「ねぇ、食事にでも行こうよ?」と誘っても、Aさんは「また、名無きの食べたいものに付き合わされるかもしれない!」と警戒し、断るようになってしまいました。

そのため2人の関係は、徐々に疎遠となってしまいました。


★人間関係/対人関係/人付き合いの対処法のコツ/名言/格言/言葉★
~相手の犠牲のもと自分だけが勝つ【win-loseの関係】では相手が不満を持ち始めるため関係が続かなくなる~
※「とりあえず今、自分さえ良ければ良いんだ!」と自分のwinばかりを考えると【win-loseの関係】になりがち。
目先の自己利益ばかりを考えるのではなく、相手への配慮・・相手のwinに対する気遣いをもつことで、win-winの関係を築くことがポイント。


この場合、私は、目先の{私は蕎麦を食べたいんだもん!}という自己利益ばかりを優先するせいで、友達を1人、失ってしまうことになりそうです。

つまり、win-win以外の【win-loseの関係】では、長期的には、両者ともが負けてしまうことになるのかもしれません。


②lose-win
→【lose-winの関係】とは、自分が負けて(lose)、相手が勝つ(win)関係です。
自分の犠牲のもと、相手だけが勝ち、相手だけが満足する関係ですね。


例えば。
私はAさんに「Aさんは、なにが食べたい?」と聞きました。
Aさんは、「そうだな~、ラーメンが食べたい!」と返事しました。

私は、本当は蕎麦を食べたかったのに、「Aさんと口論したくない。Aさんから嫌われたくない!Aさんから好かれたい!」と願うばかりに我慢し、「う、うん。じゃあラーメンを食べに行こうか。」と力なく返事しました。


2人はラーメン屋に行き、Aさんは満足しながらラーメンを食べ、私は内心「本当は蕎麦が食べたかったのにぃ!」と不満を感じていました。

同じようなことが数回続いた後。
私はもうAさんとは、食事に行きたくなくなってしまいました。
毎回、Aさんばかりが満足し、私は我慢することになるからでした。

私はAさんから「食事に行こう?」と誘われても、断るようになりました。

そのため2人の関係は、徐々に疎遠となっていきました。


★人間関係/対人関係/人付き合いに疲れない対処法のコツ/名言/格言/言葉★
~自分の犠牲のもと相手だけが勝つ【lose-winの関係】では自分が不満を持ち始めるため関係が続かなくなる~
※「嫌われたくない。好かれたい。」という思いばかりが強く、自分の気持ちを主張することが出来ないと【lose-winの関係】になりがち。
勇気をもって、自分の気持ちも主張することで、自他ともに満足できるwin-winの関係を築くことにより、長期的な人間関係を築けるようになる。


私は、{Aさんと口論したくない。Aさんから嫌われたくない!Aさんから愛されたい!}という気持ちから、我慢ばかりをしていたせいで、Aさんとの関係を疎遠にしてしまったのでした。
そしてAさんはAさんで、‘私’という友人を失ってしまったのでした。

つまり、win-win以外の【lose-winの関係】では、長期的には、両者ともが負けてしまうことになるのかもしれません。


③win
→「とりあえず自分がwinして満足出来れば、相手はwinしようがloseしようが、どっちでも良いよ」という姿勢の場合もありそうです。

「勝つのは1人だけだ。自分が勝つためには、相手に負けてもらわなければならないのだ!」という思い込みがない場合、この【win】を求めることにもなる場合があるのかもしれません。


例えば。
私はAさんを「食事に行こう」と誘いました。
そして私は言いました。「私は蕎麦を食べるからね。Aさんはどうする?」

・・私は、とりあえず自分が蕎麦を食べることが出来、自分が満足できれば、Aさんが渋々、私に付き合い蕎麦を食べようと、もしくはAさんがラーメンを食べようと、どっちでも良いと思っていました。

このようなケースも、ありそうですよね。


④win-winもしくは取引しない
→長期にわたる良好な関係は、この【win-winもしくは取引しない】によって、もたらされることになるそうです。


例えば。
私はAさんを「食事に行こう」と誘いました。
Aさんは「良いよ」と答え、「で、どこに、何を食べに行く?」と尋ねてきました。

私は、Aさんへの配慮・・Aさんのwinに対する気遣いの意味で「Aさんは、何を食べたい?」と尋ね返しました。

「う~ん、そうだなぁ」Aさんは「ラーメンが食べたいな」と答えました。

蕎麦を食べたい私は、勇気をもって、自分の気持ちも主張してみました。「ラーメンも良いよね。そして私は今日は、蕎麦を食べたい気分なんだ~。」

Aさんは言いました。「名無きは、蕎麦を食べたいのか。蕎麦も良いけど・・う~ん。」

「ラーメンを食べたい」と言うAさん。「蕎麦を食べたい」と言う私。
意見の異なる2人は、お互いに満足できるよう・・【win-winの関係】になれるよう話し合いを始めました。


「じゃあ、」Aさんは言います。「蕎麦とラーメン、両方提供している飲食店に行ってみるのはどう?」

「なるほど。」私も意見を出しました。「もしくは、蕎麦屋とラーメン屋が隣接している所に行き、ご飯だけは別々に食べるのも良さそうだよね。その後に、一緒にカフェにてお茶でもしよう。」

「それも悪くないな。」Aさんは頷いた後、「それか、今日は蕎麦屋に行き、次回はラーメン屋に行くことにする?」とも聞いてきました。

「それも良いね。または‘つけ麺屋’や、‘中華そば屋’なんて、どう?」私は笑いながら提案してみました。

「‘つけ麺屋’に、‘中華そば’かぁ。」Aさんも、つられて笑いながら言いました。「もう、わけがわからないな。私はそもそも、当初は何が食べたかったのかな?」

「Aさんは、ラーメンじゃなかったっけ?」私は自分が食べたかったのはなんだっけ?と思い出そうとしつつ、そう言いました。

「じゃあ、もう・・」Aさんは、真面目な顔をして言いました。「コンビニでカップ麺食べて、ガールズバーに行くか?」

「わけがわかんないんだけど」私は、笑いつつ呟きました。

2人は、互いの意見を超越した【第3の案(
コンビニでカップ麺を食べガールズバーに行く)】に合意し、コンビニへと向かったのでした・・。


★人間関係/対人関係/人付き合いに疲れた/対処法のコツ/名言/格言/言葉★
~2人の間で意見の相違がある場合に、お互いに満足できる【win-winの関係】を目指し話し合いをしていると、思いもよらぬ【第3の案】に辿りつくこともある~
※「私の意見(蕎麦屋)」でもなく、「貴方の意見(ラーメン屋)」でもない。
「私の意見」や「貴方の意見」を超えた、より良い「私達の案【第3の案】」が、win-winの関係を目指し話し合いをしているうちに見つかる場合もある。詳細は問題解決の本/書籍(第3の案 成功者の選択)にて。


互いに満足できる【win-winの関係】を目指しつつも、「今回は、どうしてもwin-winの関係にならない」という場合は{今回は無理してまでは取引しない}を選択するのも良さそうですよね。


例えば。
私はAさんに電話をかけました。「もしもーし。Aさん?」

「はい、どうした?」Aさんの声を確認し、私は「暇なら食事にでも行かない?」と聞いてみました。

「あ~、今日はどうしても、ラーメンを食べたいから、ラーメン屋なら良いよ。」とAさん。

「そっか。」私は言いました。「私も今日は、どうしても蕎麦が食べたくて・・」

「あぁ・・」Aさんは言いました。「じゃあ、また今度、一緒に食事に行こう?」

「そうだね。また連絡するよ。」私はそう言い、電話をきりました。


★職場/仕事/会社/恋愛/結婚/友人/人間関係の対処方法のコツ★
~どうしてもwin-winの関係にならない場合は{今回は無理してまでは関係をもたない}を選択することも出来る。そうすることで、どちらかが不満を持つことになるのを防ぐことができ、また次回に良好な関係をもつチャンスが保たれる~


現実的には、{毎回・毎回win-winの関係を目指す}や{今回は無理してまでは関係をもたない}を選択するのが難しい場合もありそうです。
職場/仕事の人間関係や、夫婦関係などが、そうです。

そのような場合では、「今晩は、貴方の食べたいもの(貴方のwin)を優先すれば良いよ。私は、今晩の食事に対して、こだわりがないから。」などと妥協をすることもありそうです。毎回win-winである必要はなさそうですものね。



③上手な人付き合い~人間関係/対人関係/人付き合いの対処法のコツ/名言/格言~
■win-winの関係構築を目指すにあたっては、以下のようなことも大切となるのかもしれません。


①他人は仲間
→私には、ついつい「相手の犠牲(負け)のもと、自分だけが勝つ【win-loseの関係】」を目指してしまうところがあるようなのでした。
その理由には、私が、他人のことを「ライバル/競争相手」として認識していることも関係していそうでした。

他人は「ライバル/競争相手」であり「人生は、ライバルである他人と競争する舞台」であると思い込んでいる場合。

「ライバルである他人に負けたくない!勝たなきゃ!」と思ってしまうため、ついつい、他人に対して「絶対に、蕎麦の方が良いよ!」と自分の意見ばかり押し通そうとしてしまったり、「蕎麦に含まれるルチンは血液をきれいにしたり、血圧を下げる働きもあって蕎麦は、健康にも良くて・・」などと、なんとか、相手を操ろうとしてしまったり・・することもあるのかもしれません。
関連平和な男性/女性の人生の特徴(【闘い競い合う世界観/観念】からの自由とモチベーション)
人に好かれる人と嫌われる人の特徴(他人を巧みにコントロールするのは不誠実)


一方で、他人は「大切な仲間」であり「人生は、仲間である他人と協力し合う舞台」であると思い込んでいる場合。
「大切な仲間」である相手と、ともに発展/繁栄していき、ともに幸せになれる【win-winの関係】を目指すことにもなりそうです。
関連人間関係とコミュニケーションの改善方法/名言(全ての他人が【大切な仲間】)


★職場/仕事/会社/恋愛/結婚/友人/人間関係の対処方法のコツ★
~他人や他国(他国の人)のことを「ライバル」や「敵」として見るのではなく「大切な仲間」として見ること。そのことが【win-winの関係構築】に繋がる~


②勝利は1つだけではない

→私達は子供時代、スポーツに勤しみます。そしてスポーツでは、勝つのは1人/1チームだけであり、自分が勝つには、相手を負かす必要があります。

また私達は子供時代、勉強/受験勉強に勤しみます。そして勉強では、クラス内や学校内、または全国の同級生達と、相対的な評価にさらされることになります。

皆がみな、テストで100点をとると「誰が相対的に優れており、誰が相対的に劣っているか?」がわからないために学校では、「勉強が出来る人は100点がとれて、尚且つ、勉強が出来ない人は30点すらとれないであろう程度に難しいテスト」を作成し、生徒達に受けさせ、そして学力偏差値を作り出し「貴方のテストの点は全国では平均以下です。もっと頑張りましょう」などと言うことになります。

このことはつまり。
自分が優秀な成績/優秀な学力偏差値を得るためには、周りの同級生たちに勝つ必要があることを意味します。


★人間関係/対人関係/人付き合いに疲れた/対処法のコツ/名言/格言/言葉★
~私達は子供の頃から「周りの他者と競争させられる環境」で育つため、いつの間にか「自分が勝つには、相手を負かす必要がある」と思い込んでしまっている側面もあるのかもしれない~


スポーツや学校の勉強などの影響や条件付けから「勝つのは1人だけ。自分が勝つには、相手を負かす必要がある」と思い込んでいる場合。
「Aさんにも幸せになってもらいたけど・・でも、私が幸せになるためには、Aさんに、負けてもらわなければならない」と思考がすすみ、「あの蕎麦屋で出てくる蕎麦湯は、ラーメンの汁よりも美味しいんだから!」などと、自分だけが勝とうとしてしまうこともあるのかもしれません。


しかしスポーツや学校の勉強とは違い、現実では。
お互いが、ともに勝ち、win-winの関係を構築することも可能なのかもしれません。「勝利」が1つ/1人に限定される必要はないのかもしれませんね。


<そもそも勝利の定義とは?>
私達の生きる現実の世界は、絶対基準なき相対性の世界であるため、皆が思い込んでいる「勝利」や、人為的に作られている「勝利」はあるものの、絶対的な勝利は存在しないのかもしれません。
絶対的な勝利の基準がないのであれば、考え方1つで、それは勝利になったりもするし、負けになったりも、する場合があるのかもしれません。

となると、考え方次第では、勝利も増えていくことにもなりそうですよね。
これは、「運の善し悪し」も同じなのかもしれません。

絶対基準なき相対性の世界である現実世界においては「絶対的に運の良い出来事」は存在せず、「運とは、 起きた事象をどう捉えるか?」なのかもしれません。

となると、考え方次第では、幸運も増えていくことにもなりそうですよね。
詳細は運が良くなる方法/幸運の言葉(相対性の世界には絶対的な幸運/不運の基準はない?)にて。


また、学校の勉強においても。
クラスの皆で協力し合い、知恵を出し合い、話し合い、みんなでテストの回答を埋めていくならば、みんなで勝つ【win-winの関係】を構築することも可能となるのかもしれません。
現代の教育制度では、そのようなことをすると「カンニング」と言われてしまいますが、現実の世界では、皆で協力し合い、知恵を出し合い、話し合い、みんなで問題を解決していくことも少なくないですよね。


★職場/仕事/会社/恋愛/結婚/友人/人間関係の対処方法のコツ★
~もしかすると「勝てるのは1つ/1人」だけ、ではないのかもしれない。「大切な仲間」である皆が勝利できる満足できる道を探し出し見出すよう努めることで私達人類の幸福度は高まっていくのかもしれない~


③理解と主張

→「私は蕎麦を食べたいもん!」と自分のことばかり考え、相手の気持ちへの配慮/理解に欠けると【win-loseの関係】になりがちであり、

「相手に嫌われたくない。好かれたい」と思い、自分の気持ちを我慢して押し殺し、主張せねば【lose-winの関係】になりがちなのかもしれません。

そのため、「相手の気持ちや、相手のwinへの配慮/理解(優しさや思いやり)」と、「自分の気持ちや、自分のwinへの配慮(勇気や強さ)」のバランスが、win-winの関係構築には重要となるのかもしれません。


★人間関係/対人関係/人付き合いに疲れた/対処法のコツ/名言/格言/言葉★
~win-winの関係構築のためには、「優しさ(相手への思いやり)」と「強さ(自分の意見を主張できる勇気)」のバランスがとれた成熟した人間性が必要となる~
関連→人の話を聞かない人/男女の心理(「理解してから理解される」を実践してみる)



④幸せな恋人関係/夫婦関係/友人関係/人との関わり/繋がりを
■恋愛でも結婚生活でも、職場の人間関係でも、商売/ビジネスにおいても、長期にわたる良好な関係を他者と築いていくためには「win-winの関係構築」が必要となるそうです。

自分の幸せ、とともに、相手も幸せになって頂けることを考え、「どうすれば、Aさんと、ともに幸せになれるwin-winの関係を築けるかな?」と対人関係/人間関係/人付き合いを進めていくと長期的には、自他ともに繁栄していくことになり、他者も自分も、幸せになっていけるものなのかもしれません。



~まとめ 人間関係/対人関係/人付き合いの対処法のコツ/名言/格言~
①相手の犠牲のもと自分だけが勝つ【win-loseの関係】であると、相手が不満をもち始め、長期的には、相手が離れていくことになる。

また、自分の犠牲のもと相手だけが勝つ【lose-winの関係】でも、自分が不満を持ち始めるため、長期的には、関係が続かなくなる。

そのため他者と、長期にわたる良好な関係を築くためには、【win-winもしくは取引しない】という考え方も大切となるのかもしれない。


②「自分だけが得するのが要領が良いよね」「自分だけが勝つのがお得だよね」とも思うのだが。

自然界も、人間社会も、皆が、互いに関わりあい、関係をもち合うことで成り立っている。つまり自然界でも人間社会でも、相互に関係し合っている。
相互に関係し合っている現実においては、「他者の犠牲のもと、自分だけが得する」が、1時的には成り立っても、長期的には成り立たないのかもしれない。


★職場/仕事/会社/恋愛/結婚/友人/人間関係の対処方法のコツ★
~長期と短期には違いがある。短期的には「自分だけが得する」が成り立つ場合もあるかもしれない。だが長期的には「自分だけが得する/自分だけが勝つ」は成り立たない。「自分だけが得する/自分だけが勝つ」状態では自分以外の他者が不満をもち始めるから~
※長期と短期の違い→豊かな人生を生きる指針(ガチョウと黄金の卵)


そのため、短期ではなく長期的にみた場合。
「自分だけが得するのが要領が良いよね」とも思うが、その思考回路は、長期的には要領が良くないのかもしれない。

長期的には「自分だけが得する」は成り立たないために「どうして、思い通りにならないの!?」と、自分自身がイライラしストレスを溜めることになるから。


③他人は「大切な仲間」であり「人生は、仲間である他人と協力し合い、ともに発展/繁栄していく舞台」なのかもしれない。

「大切な仲間」である皆と、お互いに満足/幸せになれるwin-winの関係を模索し構築していき、皆と、ともに発展/繁栄していく人生も素敵なのかもしれない。


~人間関係/対人関係/人付き合いの対処方法のコツ/名言/格言/言葉~
<writer 名無き仙人>





バス男「ふむふむ。人間関係/対人関係/人付き合いの対処方法のコツかぁ。」

バス子「win-winの関係を作っていけると素敵ねぇ。」

仙人「 「大切な仲間」である皆と、お互いに幸せになれるwin-winの関係を構築していけると良いのぉ。関連記事としては人の話を聞かない人/男女の心理(「理解してから理解される」を実践してみる)や、自慢話をする人の心理(自慢話をして、人から好かれる人と嫌われる人の違い)もお勧めじゃよ。」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)