プロフェッショナルの仕事とは?条件

■プロフェッショナルとは?意味/仕事のプロ意識とは?仕事のプロになるには?方法/仕事のプロになりたい!


プロフェッショナルの仕事とは?条件


バス子「私は、仕事のプロフェッショナルになりたいのだけど、どうすればなれるのかなぁ?」

バス男「バス子ちゃ~ん。そんなこと聞かれても、僕にはさっぱり・・」

バス子「もうっ。バス男さんに聞いたのが間違いだったわ。仙人に【プロフェッショナルの仕事とは?条件】を聞きに行ってみようかしら?」

バス男「ほー、仙人様の【プロフェッショナルの条件と「プロへの道」】の話かぁ・・」







~プロフェッショナルの条件と「プロへの道」~

1.プロフェッショナルの仕事とは?条件

①プロの作文

■ネット上を検索していると、有名プロサッカー選手と、有名プロ野球選手の小学生時代の作文があり、その作文が以下の点で類似していたのでした。


①「将来はプロになる」という明確な目標をもっている(契約金や入団するチーム名などまで具体的)
②プロになるために地道に練習を重ねている
③感謝の気持ちが作文に現われている


有名プロスポーツ選手である2人の「将来の夢」に関する作文を読んだことで、「プロとはなにか?」について考えさせられることになったのでした。



②夢/目標/願望を達成する方法~プロフェッショナルの仕事とは?条件~
■最初に、「将来はプロスポーツ選手になる!」という夢が現実化されていった背景にあるものを、自分なりに分析してみたのでした。


①現実化
→私も含め、多くの人が「将来はプロ野球選手になりたいな~」「大人になったらプロサッカー選手になりたい」とも、子供の頃は夢見ていたことでしょう。
しかし、その夢を現実化させる人と、夢が夢のまま終わる人とが、存在することになるようです。

その理由の1つは、【現実化の仕組み】にもあるのかもしれません。


自己催眠ダイエットと潜在意識(現実化の仕組みとコツ)に詳細はあるとおり。
物事が現実化される仕組みは、「潜在意識レベルで、実現可能と思えていることは現実化され、実現不可能と思っていることは現実化されない」という仕組みになっているのかもしれません。

そのため、「将来はプロ野球選手になりたいな~」「大人になったらプロサッカー選手になりたい」と夢見た後に、「潜在意識レベルでは、どう信じ込んでいるか?」が、結果に影響を与えることにもなるのかもしれません。


例えば、プロスポーツ選手を夢見る{Aさん/Bさん/Cさん}の3人がいたとします。

Aさんは「プロスポーツ選手になれたら良いなぁ~」と思いつつ、表面的な意識でも潜在意識でも「でも、実際は無理だろうな」と思っていたようでした。

★Aさんのケース★
・表面意識→プロスポーツ選手になりたいけど、無理そうだな
・潜在意識→プロスポーツ選手!?なれるわけないよ!


Bさんは「プロスポーツ選手になりたい!」と思いつつ、表面的な意識でも「プロスポーツ選手になれるハズ」と思っていたようでした。
そのため、周りの友人や親に対しても「私は将来、プロスポーツ選手になるんだ!」と宣言していたようでした。
しかし、自分でも自覚できない潜在意識レベルでは「しかし、実際には無理そうだなぁ」と思うことになっていたようでした。

★Bさんのケース★
・表面意識→プロスポーツ選手になれるハズだ
・潜在意識→しかし、実際は厳しいだろうなぁ


Cさんは「プロスポーツ選手になりたい!いや、なるのだ!」と思っており、表面的な意識で「私はプロスポーツ選手になれる」と思うだけでなく、自分でも自覚できない潜在意識レベルでも「私はプロスポーツ選手になれる」と思うことになっていたようでした。
そのため、当たり前のように周りの友人や親に対しても「私は将来、プロスポーツ選手になるからね。」と宣言していたようでした。

★Cさんのケース★
・表面意識→プロスポーツ選手になるのだ
・潜在意識→プロスポーツ選手になることは可能だ



上記の、プロスポーツ選手を夢見る{Aさん/Bさん/Cさん}の3人のケースでは、【現実化の仕組み】的に言うとCさんが、最も夢を実現させる可能性が高そうですよね。
Cさんの場合は、自分でも自覚できない潜在意識レベルでも「プロスポーツ選手になることは可能だ」と思い込めているようだからです。


★プロフェッショナルの仕事とは?条件|仕事のプロになるには?方法★
~物事が現実化される仕組みは、「潜在意識レベルで、実現可能と思えていることは現実化され、実現不可能と思っていることは現実化されない」という仕組み~


ということは、潜在意識レベルでも「私なら、仕事のプロフェッショナルになることは可能だ!」「私は、夢/目標/願望を実現できる!」と思い込めるようになれば、仕事のプロや、プロスポーツ選手にもなれることにもなりそうです。

しかし普通は、「仕事のプロフェッショナルになる?辞めとけ。どうせ無理だから」「夢/目標/願望を達成したい?無理無理。現実を見ろよ。」などの一般常識的なマインドの影響により、なかなか潜在意識レベルにおいて「いいや、私ならば、プロになれる!」「いいや、私なら夢/目標/願望を実現することが出来る!」と思い込むことが難しい場合もあるようです。

では、どうすれば潜在意識レベルでも「私なら、仕事のプロフェッショナルになることは可能だ!」「私は、夢/目標/願望を実現できる!」と思い込めるようになるのでしょうか。
そのためには、‘そう思えるだけの根拠’が必要となってくるのかもしれません。


②根拠
→「私なら、できる!可能だ!」そう、潜在意識レベルで思えるようになるための根拠には、「努力」と「相対性」も関係しているのかもしれません。


★努力
→前述の有名プロスポーツ選手の作文には「これだけ練習(努力)しているのだから、プロにだってなれるはずだ!」という意味合いの言葉がありました。

「3歳の頃から取り組んでいる」
「友達と遊ぶ時間も削り365日中、360日は激しい練習をしている」

そういった、実際に行ってきている努力が、「(これだけ努力しているのだから)私なら、できる!可能だ!」と思い込めるだけの力を、当人に与えることになっているのかもしれません。


逆を考えてみましょう。
例えば、「私なら、プロスポーツ選手になれる!」と思い込もうとしていても。
でも実際には、週に5日、部活の時間だけ、皆と馴れ合い的な練習をしている場合、表面的な意識で「私なら、プロスポーツ選手になれる!」と思い込もうとしていても、当人の潜在意識レベルでは、こう思うことになるのかもしれません。

「でも、実際は無理だろうな。だって、私はあまり練習していないから。なんでも聞くところによるとプロになるような人は、ものすごく練習をしているそうだよ。私程度の練習量でプロになれるわけがないよ。」


「私なら、できる!可能だ!」と思い込めるようになるためには、その信念を支えるためのそれ相応の「コツコツ取り組む努力/継続」が必要となる場合もあるのかもしれません。


★プロフェッショナルの仕事とは?条件|仕事のプロになるには?方法★
~受験勉強にしろ仕事のプロフェッショナルにしろ。「私なら、夢/目標/願望を実現できる!」という揺るぎない信念を支えるものは、「だって私は、これだけコツコツと努力してきているから」という‘努力’である場合が多い~


信念の話を抜きにし現実的に言っても。
スポーツにおいて、3歳の頃から取り組み始め「友達と遊ぶ時間も削り365日中、360日は激しい練習をしている」のであれば、技術的にも、とても向上することになりそうですよね。プロにも近づくことになりそうです。

受験勉強においても、例えば3歳の頃から勉強を始め「友達と遊ぶ時間も削り365日中、360日は机の前で長時間の勉強を続けている」のであれば、知識量的にも、とても向上することになりそうですよね。志望校合格にも、近づくことになりそうです。


さて、ここで疑問になるのは「でも、私は私なりに、一生懸命努力していたけれど、プロにはなれなかったよ?」という疑問でしょうか。
この疑問は「相対性」とも関係が深いのかもしれません。


★相対性
相対的世界で生きる意味とは?名言(「相対性の罠にハマる」から「相対性の世界で遊ぶ♪」へ)にもあるとおり。
私達の生きている現実の世界は、絶対基準なき相対性の世界なのかもしれません。

そのため「これだけの努力をすればプロになれます」という基準も、「これだけの技術をもっていればプロになれます」という基準に関しても、過去~現在~未来において絶対に変わらない普遍/不変の絶対的基準は存在していないのかもしれません。

例えばプロ野球。
プロ野球においては、「毎日3時間練習すればプロ野球選手になれます」という練習量に関する基準も「120mを超えるホームランを打てればプロになれます。140kmの速球を投げることが出来ればプロになれます」などの技術面に関する基準にも、過去~現在~未来において絶対に変わらない普遍/不変の絶対的基準は存在していないのかもしれません。
なぜならプロの世界も相対評価となるから。

例えば、野球少年たち皆が皆1日に8時間も練習しており、多くの高校球児が160mを超える特大ホームランを打つことができ、また160kmの剛速球を投げることが出来るのであれば。
たとえ自分が、1日に7時間練習をしようとも、「150mの特大ホームランを打てる」や「155kmの剛速球を投げることができる」であっても、周りの皆は「160mの特大ホームランを打てる」「160kmの剛速球を投げることができる」であるため、周りの皆には相対的に負けることになり、自分はプロ野球選手にはなれないかもしれません。


一方、例えば。
たとえ自分が1日に1時間しか練習をしておらず「打った打球も110mしか飛ばない」や「120kmの速球しか投げることができない」という状態であっても。
「サッカー熱が高まり、野球に取り組む少年が激減した」などの理由より、周りの野球に取り組んでいる皆が「打った打球も100mしか飛ばない」や「100kmの速球しか投げることができない」という状態となってしまえば。
自分は、周りの人達より相対的に勝るため、過去のプロ野球選手達に比べれば劣るものの、その年のドラフトでは「他に、いい選手がいないから、仕方ないよね・・」ということで指名されプロ入りを果たせるかもしれません。



つまり、私達の生きている現実の世界は、絶対基準なき相対性の世界であるため、相対的な結果に関しては、「私が、私なりに、どれだけ努力したいか?」「私は、どれだけの実力があるか?」ということよりも、「私以外の、周りの人達の実力はどうか?」によって、相対的な結果が決まっていっている・・という側面もあるのかもしれません。


前述の有名プロスポーツ選手の作文には「全国大会を見て、確信が深まった」という意味合いの言葉がありました。
彼は、全国大会に出場した際、日本全国のトップクラスとなる野球少年たちを見ることで、「私以外の、周りの人達の実力はどうか?」を知ることになり。
そして「あぁ、周りの皆の実力がこの程度ならば、私は周りの皆に比べると相対的に秀でているわけだから、私はこのままいけばプロ野球選手になれるだろう」という確信が深まったのかもしれません。


逆を言えば、自分は自分なりに一生懸命努力しつつも、いつも地区予選で敗退するような状態であれば、自分の潜在意識は、こう思うことにもなるのかもしれません。

「私は「私はプロスポーツ選手になれるのだ!」と思い込もうとしており、皆にも「私はプロスポーツ選手になるんだ!」と言っているけれど。
実際は地区予選で敗退する状態であり、本当にプロになるような人達はきっと今頃、全国大会で、トップ選手たちによる{レベルの高い勝負}をしているのだろうな。
は~ぁ。プロになりたいけど、私程度の人間では、とてもプロになることは出来そうもないよ。私は、私なりには努力しているつもりだけど・・無理だろうなぁ。トホホ。」


私達は本当は、この世界が相対性の世界であることを意識的もしくは半無意識的に知っており。
そのため「私は私なりに努力している!・・けど、相対的な結果に関しては{自分的には努力しているつもり}だけでは、駄目なのだろうな・・」とも、潜在意識レベルでは思うことになっているのかもしれません。

相対性の世界における(相対的な)結果に関しては、周りの人達との相対的な関係によって決まっていくからでしょうか。


★プロフェッショナルの仕事とは?条件|仕事のプロになるには?方法★
~受験勉強にしろ恋愛にしろ仕事のプロフェッショナルにしろ。この世界は相対性の世界であるため、(相対的な)結果に関しては「私の実力はどうか?」だけではなく「私以外の、周りの人達の実力はどうか?」によって左右されることになる~


そのため、仕事のプロフェッショナルを目指している場合、【現在、活躍しているプロフェッショナル達の仕事の質】を調べてみると、「自分をどのレベルまで高めていけば、プロになれるのか?」がわかることにもなるのかもしれません。


例えばラーメン。
地域の人気店のラーメンを食べてみて、それ以上に美味しいラーメンを作ることが出来るようになれば、【ラーメン作りのプロフェッショナル】として仕事ができるようにもなるのかもしれません。
もし、日本でトップクラスに人気のラーメン店で提供されているラーメン以上に、美味しいラーメンを作ることが出来るようになれば、世界でも有数なラーメン職人(ラーメンのプロフェッショナル)にもなることになりそうですよね。
ラーメンは、主に日本国で作られ食べられている食だからです。

つまりラーメン業界においては「日本人の中で相対的に最も美味しいラーメンを作ることができる」は、「世界中で(相対的に)最も美味しいラーメンを作ることができる」をも、意味するのかもしれません。

日本は様々なジャンルにて優れており「日本で相対的にトップクラス」は「世界でも相対的にトップクラス」をも、意味することになるジャンルも多いですよね。


例えばゴルフ。
現在、活躍しているプロゴルファーたちのスコアを調べてみて、それ以上に自分が高スコアを出せるようになれば、自分はプロゴルファーになれそうですよね。
「スコアで○○以上出せればプロゴルファーになれます」という過去~現在~未来において絶対に変わらない普遍/不変の絶対的な{プロになれるスコアの基準}は存在しておらず「プロになれるかどうか?」は、周りのゴルファー達との相対評価となるからです。


例えば小説家。
現在、皆から人気で、多くの人達から読まれている小説家の小説を読んでみて、その小説家の小説以上に、おもしろい小説をかけるようになれば、プロの小説家にもなれるかもしれません。
「このレベル以上の小説が書けるならば貴方をプロの小説家として認定します」などの過去~現在~未来において絶対に変わらない普遍/不変の絶対的なプロの基準は存在しておらず「小説家として飯を食っていけるか?」は、周りの小説家との相対的な勝負/評価となるからでしょうか。

自分の小説を書く能力や実力がどうであろうと。
他の小説家の能力や実力がどうであろうと。

地球上の人類、数十億人を相対的に比べ評価した際に、自分が、地球上で最も「(他の人の書く小説と相対的に比べた際に)おもしろい小説」を書けるようになれば、自分は人気小説家となり、小説のプロフェッショナルとして仕事をしていけることになりそうです。


★プロフェッショナルの仕事とは?条件|仕事のプロになるには?方法★
~ラーメンにしろゴルフにしろ小説にしろ。この世界は相対性の世界であるため、(相対的な)結果に関しては「私の実力はどうか?」だけではなく「私以外の、周りの人達の実力はどうか?」によって左右されることになる。そのため現状のプロ達の仕事の質を調べることで、「どのレベルまで自分を高めることが出来れば、プロとして活躍できるか?」を知ることができる~


例えば占い師。
現在、皆から人気で、活躍している占い師のもとに占いに行き、実際に占ってもらい【現在、活躍している占いのプロフェッショナル達の仕事の質】を確認し。
その【現在、活躍している占いのプロフェッショナル達(人気占い師)】以上に、自分が「当たる占い」を提供できるようになれば、自分は占いのプロフェッショナルとして仕事をしていけるようにもなるのかもしれません。

例えば、客が来る前から来店することを予知し、客が来た時には既に、客の過去~現在の正確で詳細なプロフィールと将来について、書いた紙を用意しており、客が来店してきた時には、その「客の過去~現在~未来が詳細に書かれた紙」を手渡すほどになれば、客からは、

「えぇ!?どうして、私が来ることを知っていて、既に紙に詳細まで書かれているのですか?しかも、どうして、私の名前や住まい、生年月日はもちろんのこと、私以外には知らないはずの過去や現状まで知っているのですか?」と、とても驚かれることになり口コミで噂が広がっていき、自分は「よく当たる占い師/占いのプロフェッショナル」として仕事をすることにもなりそうですよね。

現状では、それほどまでの「当たる占い」を提供することが出来れば、相対的に、秀でることになるようだからです。


つまり、このことは。
自分が相手の生年月日から、相手のことを詳細に占えるのであれば、現状だと「よく当たる占い師」とされ、人気占い師として仕事が出来そうですが。
もし周りの占い師たちが、相手の生年月日を尋ねる必要すらなく、相手のことをもっと正確に詳細に占えるようになると、たとえ自分が相手のことを生年月日から詳細に占えても、自分は廃業へと追いやられることにもなる、ということをも意味しているのかもしれません。

「プロの世界は厳しい」とも聞きますが、それは常に周りの同業者との相対評価にさらされることになるからでしょうか。



③より貢献するために~プロフェッショナルの仕事とは?条件~
■「仕事をとして社会に奉仕/貢献をする」「仕事をとおして「人間性/人格」を磨く」
これは、意識している、していない、に関わらず誰しもが行うことになっていることですよね。

仕事のプロフェッショナル達は、それを、より高い次元でこなせるよう精進し続けており・・仕事のプロフェッショナルの条件は、素晴らしき人間性/人格を兼ね備え、より高い次元で奉仕/貢献をし、より皆の、社会の、お役に立つこととも、なるのでしょうか。


今回、プロスポーツ選手の作文に触れたことで、感謝の気持ちを忘れずに、地道にコツコツと取り組んでいければ良いなぁ、とも思ったのでした。



~まとめ プロフェッショナルの仕事とは?条件|仕事のプロになるには?方法~
①「私なら出来る!私なら実現可能だ!」という揺るぎない信念を支えるものは「だって、これだけ努力しているのだから」という努力/コツコツとした継続である場合も多いのかもしれない。
そのため、仕事のプロフェッショナルを目指す場合も、夢や目標、願望を実現させたい場合も、「努力/コツコツとした継続」は大切となるのかもしれない。


②私達の生きている現実の世界は「相対性の世界」であるため、「自分なりには努力し頑張っている‘つもり’」だけでは、相対的な結果に関しては、振るわない場合もあるのかもしれない。
では、「自己満足の努力に終始するのではなく、プロを目指す場合、どこのレベルを目指し努力すれば良いのか?」という問題に関しては、「現在、プロとして活躍している人達のレベルを目指して努力する」ということなのかもしれない。

【仕事】とは、他者へ奉仕/貢献することであり、奉仕/貢献の対価が収入である。この場合、お金は感謝の代用となる。
そして仕事が奉仕/貢献であるならば、その道(仕事)において、自分がより、他者へ奉仕/貢献することのできる人物になることで、皆から感謝されることになり、「感謝の代用」として収入も得られることになるのかもしれない。

このことはつまり、プロとして仕事に携わるならば、皆から感謝されるレベルまで、「努力/コツコツとした継続」により自分自身を高めていく必要があることをも意味しているのかもしれない。


③どの仕事であろうと、プロとして仕事が出来るのは、{仕事のプロ}を必要として下さっている周りの方々のお陰である。
なんの仕事にせよ、{仕事のプロ}を必要として下さっている方がいなくなれば感謝される機会もなくなり、感謝される機会がなくなれば「感謝の代用」としての収入もなくなり、【貢献なくして収入なし/収入なくして貢献なし(収入がなければ生活自体が成り立たなくなり貢献し続けていくことが出来ない)】であるため仕事が成り立たなくなるからである。
そのため、「させて頂けている」という謙虚さと、感謝の心を忘れずにいることも、大切なのかもしれない。
関連感謝の言葉/名言(【悪循環に落ち込む】→【好循環を作り出す】)
「調子の乗る」と「謙虚」の意味(謙虚な心を忘れず‘幸せ’を受け入れる)


~プロフェッショナルの仕事とは?条件|仕事のプロになるには?方法~
<writer 名無き仙人>





バス男「僕は天職であるハズの「ブラックバス釣り師」になれたら、プロを目指し頑張ろうと思うんだけど。」

バス子「そんな仕事あるの?」

仙人「感謝の心や謙虚さを忘れずに、コツコツと精進していけると良いのぉ。」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)