スモールビジネス!週末起業のネタ

■独立起業/個人でお店を開業する準備/スモールビジネスとは?週末起業とは?起業や商売のネタとアイデア/なにで起業するか?


スモールビジネス!週末起業のネタ


バス男「ねぇねぇ、バス子ちゃん。僕、週末起業を考えているんだけど、なにかアドバイスや起業アイデアを頂戴!」

バス子「さぁ?・・そういえば以前、仙人が【スモールビジネス!週末起業のネタ】の話の中で・・」

バス男「仙人様の【スモールビジネス!週末起業のネタ】の話?どんな話だったの?」

バス子「仙人が言うにはね・・」







~ビジネスのネタやアイデアが見つからない?~

1.スモールビジネス!週末起業のネタ

①週末起業(スモールビジネス)の成功と失敗

■1代で富を築いた人の多くは、ビジネスチャンスや投資チャンスに上手くのって、資産を増やしているそうです。
私達も、ビジネスの世界や投資の世界で生きていれば、数年に1度は訪れる、ビジネスチャンスや投資チャンスに遭遇することになるでしょう。
そういったビジネスチャンスや投資チャンスに上手くのって、ビジネスや投資を成功させることができれば、起業家・投資家としては、とても嬉しいことですよね。

しかし、ビジネスチャンスや投資チャンスの中には、一見、魅力的に見えても、長い目で見れば・・終わってみれば、「チャンスではなかった。むしろビジネスで参入したり投資していれば損をするところだった」というものもあるようです。
そのため、起業家や投資家には、チャンスを見極める目が求められることになりそうです。
週末起業をしたり、スモールビジネスをはじめる場合にも、チャンスを見極める目は必要となってきそうですね。

今回の記事では、一見、魅力的なビジネスチャンスや投資チャンスに見えるものの、終わってみれば「チャンスではなかった。むしろビジネスで参入したり投資していれば損をするところだった」となる危険性があるケースについて、見てみたいと思います。



②起業アイデア・起業ネタ~スモールビジネス!週末起業のネタ~
■魅力的に見えるビジネスチャンスや投資チャンスがあっても、以下の事柄に多く当てはまるものであれば、ビジネスの参入やお金の投資は、慎重になった方がいいかもしれません。
無理してビジネス参入したり投資せずとも、待っていればまた、次の波がやってくるからです。


①参入障壁が低い
→誰でも参加できるビジネスモデルの場合。
大抵のケースにおいて、悪いことを企む人達まで参入してくることになるようです。
そのような人は、全体から見れば、ほんの1部なのですが、それでも悪さをするため被害報告などがマスコミにクローズアップされ、しいては、悪い1部の人達のせいで、そのビジネス自体に規制が入ってしまうこともあるかもしれません。

どんな業界にも悪さを企む人はいるそうですが、例えば免許がなくても行える・・など、参入障壁が低いビジネスにほど、悪いことを企む人達が増えることになるようです。

悪さをする1部の人を取り締まる役割が求められる大元の企業や団体等がしっかりしている場合は、まだ良いですが、悪さをする人達を野放しにしている場合は、「このビジネスは魅力的だが、このままいけば、なんらかの規制が入るかもしれないな」と警戒しておくのも悪くはなさそうです。


~スモールビジネス!週末起業のネタ~
誰でも参入できるビジネスの場合は「悪いことを企む1部の人のせいで問題が発生していないか?」をチェックすること


②既存のビジネスを害する

→新しいビジネスや新しい投資チャンスの場合、既存のビジネス等のシェアを奪うことになりそうです。
たとえばインターネットならば、テレビや新聞など、既存メディアのシェアを奪うことになるでしょう。

このとき、新しいビジネスと、既存ビジネスとの間で、闘いが起きる場合もあるようです。
たとえば、新しい再生可能なクリーンエネルギーと、既存の原発との間では、表面下で、利権絡みなどの、なんらかの争いは起きたのかもしれません。

このとき、新しいビジネスと既存ビジネスが共存せずに闘うことになれば、弱い方がきりすてられることになるようです。

魅力的に見えるビジネスチャンスや投資チャンスの多くは、新しいものであり、既存の何かからシェアを奪うものであることが多いでしょう。
そのため、「共存することになるか?それとも争うことになるか?争うならば、どちらが切りすてられることになりそうか?」と考えてみるのも悪くはないかもしれません。


③社会問題となる可能性
→新しいビジネスや新しい投資チャンスが入ってくるせいで、困る人が多く社会問題になりそうだったり、悪さをする人達を野放しにしているせいで社会問題になりそうだったら、そのビジネスチャンスや投資チャンスは危険!とも言えそうです。
社会問題にまで発展してしまうと、ビジネスに規制が入ったり停滞したり・・となる可能性が、とても高くなってしまうからです。

たとえば電子タバコ。
2014年現在、日本国においては、電子タバコは、まだまだ認知度も、とても低くシェアもとても低いため、なんら問題とはなっていませんが。

今後、電子タバコが普及することがあれば、JTなど既存のタバコ関連や、タバコ税をあてにしている政府などが、黙っていないかもしれません。

電子タバコが、本当の意味で時流のものであれば、障害があっても普及していくでしょうが、そうでなければ、大きな既存産業や政府からの圧力なども・・・・・・と、考えていくのが投資やビジネスの検討であって、投資やビジネスの検討も楽しいものですよね。


④過熱しすぎ
→過熱しすぎているものは、なんにせよ、危険が多いものですよね。
そのビジネスや投資チャンスに過熱感があるときは(リスクについては話題にならず、明るい未来ばかりがクローズアップされている!なども含む)、距離をおき、少し冷静になって、リスクについて、自分の頭で考えてみるのも悪くはなさそうです。

新しいビジネスモデルや新しい投資の場合、前例がないというだけでリスクなのに、リスクは話題にでず「~で保障されているから」や「将来的には~」など、明るい話ばかりとなっており、多くの人が「我先に!」とビジネスに参入しているならば、または投資しているならば、それは加熱しすぎ!とも言えそうですね。


⑤時流(早すぎ・遅すぎ)
→世の中には時流というものがあり、時流のものであれば、既存産業が圧力をかけようとも、普及していくことになるようです。
そういう意味では、インターネットは時流のものなのでしょう。

2014年現在、エネルギー問題や車の問題は微妙なところで、既存の原油や原発、ガソリン車と、新しい再生可能エネルギーやシェールガス、ハイブリットカーや電気自動車などで、揺れ動いているところとも言えそうです。
時代的に早すぎたり、遅すぎるものは、普及しないわけですが、どうでしょうか。
また、車の自動運転の問題も、今後、どのメーカーが抜きん出てくるか、わかりにくいところですね。

「自分でよくわかっていないことには投資しない」という投資の大原則からすれば、私個人の場合は、エネルギー関連や車関連の投資は魅力的ですが投資はしない・・ということになりそうです。


⑥国をあてにする
→「国が後押ししているから、その産業は成長する。だから投資しよう」「国が推奨している~~は大丈夫だ。だから投資しよう」というのは投資のセオリーではあるのでしょうが、国をあてにして投資をし、失敗しても自己責任となるケースが多そうです。

政権を握る政党が変われば、国家戦略も変わることがありますし、国は、個人1人1人の投資やビジネスの責任はとってくれないため(多くの場合、そのような弱い立場の人は切りすてられ泣き寝入りすることになる)、国をあてにした投資には気をつけたいものです。


⑦未知なもの
→新しいビジネスや産業などは、未知な分だけ、期待も大きくなりがち・・過熱しがち・・と言えそうです。
新しいビジネスや産業は未知な分だけ期待もできますが、リスクも高くなるでしょう。

リスクは見らず、可能性の部分にだけ注視し、投資が過熱しバブルになって、バブルが弾け、損をした人たちがでてくる・・・このサイクルは、今後も続くことになりそうですね。

昔からあるビジネスや産業で、変化の小さいものの方が、未来を予想しやすいし、リスクも把握しやすいことでしょう。
たとえば、何百年と先祖代々続いている焼き物の産業やビジネス。きっと20年後も、大きな変化はなく推移していることでしょう。



③週末起業の失敗と成功の堺~スモールビジネス!週末起業のネタ~
■いざ、実際にビジネスチャンスや投資チャンスに遭遇すると、「やるなら今が1番いい。遅くなるとうまみが減る!」という焦りもついてきそうです。
その焦りのせいで、リスクをきちんと検討せず、慌ててビジネスに参入したり投資したりし、失敗してしまうこともあるそうです。

そのような意味では、自分が「慌てているな!余裕がないな!」と感じるならば、そのビジネスチャンスや投資チャンスは、見送るのも悪くはないかもしれません。

そして次の波に備えて、準備をしよう。
チャンスをものにできる準備をし、チャンスを待っている人が、チャンスが来たときにリスクを小さくしつつリターンの大きい投資をできる傾向にあるようです。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。

貴方のビジネスや投資が、上手くいくことを願って・・。


~スモールビジネス!週末起業のネタ~
<writer 名無き仙人>





バス男「僕は農業で起業したいなー。」

バス子「週末農業もあるらしいわね。」

仙人「楽しみながらビジネスや投資を行っていけるといいのぉ。」







<ビジネス関連>→マネーゲーム/投機とは?意味(マネーゲーム/投機の仕組み)
お金持ちになりたい!6つの秘訣(金持ち父さんの6つの教え)
独立起業の成功/失敗事例(個人的な失敗から学んだ教訓)
経営者向けセミナーweb無料版(会社のお金の使い方)
独立起業の資金/借金で失敗しない方法(儲かる/儲からない2種類のビジネスモデルについて)
起業/副業準備セミナー(「消費者独占」のビジネスモデルとは)
儲かる商売繁盛の基本(原理原則と商売/ビジネス)



関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)