心理状態/心の状態の診断方法

■心理状態テスト/チェック方法/夢と深層心理の状態/自分の心理と精神/心の健康のコツ/秘訣/仕事/恋愛/男性/女性


心理状態/心の状態の診断方法


バス子「ねぇねぇ、バス男さん。心理状態や、心の状態を、診断/チェックする方法を知ってたら教えて。」

バス男「うーん。僕は心理はさっぱりで・・」

バス子「聞く人を間違ったみたいね。仙人に【~現実の世界で起きること全てが、心のフィードバック?~心理状態/心の状態の診断方法】を聞きに行ってみよっと。」

バス男「仙人様の【心理状態/心の状態の診断方法】かぁ・・」







~現実の世界で起きること全てが、心のフィードバック?~

1.心理状態/心の状態の診断方法

①深層心理と心とフィードバック

■「そっち側から行くの?」
心配そうな顔つきで、友人のB君が声をかけてきた。
私は「あぁ、こっち側から帰る方が近道だからね」と言い、手をあげ別れを告げ、歩み始めた。後ろからはA君が着いてきていた。

じめじめした地下通路のような場所を進み男子トイレの中を直進しながら「しくじったなぁ。やっぱり、普通の道で帰れば良かった」とも思ったが、今さら引き返すわけにも行かないために真っ直ぐ進み続けた。

「電気をつけていかないとね。」暗闇のトンネルの中で、不安に思っているであろうA君の方を振り向き、微笑みながら、そう声をかけ、私は電気のスイッチボタンを探しながら歩き続けた。

どれくらい歩いただろうか?
最後は行き止まりとなっており、垂直に壁を登らねばならなかった。

地下水路からマンホールの出口へと上がっていくように、私は狭い空間内を、はしご状に登っていった。

はぁ、はぁ、はぁ・・

なんとか1番上まで登りきると、正面に最後の扉があり「これを開ければ出られるんだ。だけど、この扉が重いんだよね」と思いながら私は、お尻を壁にあて、片手を離し、離した片手でなんとか扉を持ち上げようとした。

ググ、ググ・・

少しづつ扉が持ち上がると、その先にもまた、扉があった。扉は、何重にもなっているよう思われた。

私は1つ1つ、扉を持ち上げながら・・





チュンチュン・・小鳥の鳴き声とともに気がついたら、いつもの天井がありました。

「あぁ、夢だったのか・・」
夢であったことにホっと安心し、私はいつも通り歯磨き等、朝のルーティーンを始めながら・・ついさきほどまで見ていた ‘夢’ について考えていました。

「不思議な夢だったな。私の潜在意識には、何があるのだろう?」
夢は、私達の心理状態や、観念が、現われやすいとされており、そのため私は、気になる夢を見た時には「追われる 夢」「火事 夢」「空を飛ぶ 夢」などと、夢占いをネットで検索するようになっていて、

つまり、夢を分析してみることで、自分の深層心理の状態や、観念を、調べるようになっていて、

今回の夢は気になったために、「トンネル 夢」とネットで夢占いを検索してみたのでした。
検索ワードを「トンネル」にした理由は、地下通路のような夢ではあったものの、「この夢は総じて言えばトンネルだろう」と直感されたからでもありました。


★トンネルの夢は、未来への不安と期待が入り混じったしるし。
先の見えないトンネルを歩く夢は将来への不安を表します。



「ふ~む。」言われてみれば確かに、ここ最近は「どうしたものかな~?」と今後について、仕事面でもプライベート面でも、悩むことが多いよう思われました。

最近は、よく「あーでもない。こーでもない。どうしたものかな~?」と将来について考え、その都度、最終的な結論に至ることはなく「しかし焦ってもしなかたないよ。焦らずいこう。コツコツと取り組もう」と自分に言い聞かせているものの、「なんだかなー」と、モヤモヤした気持ちでいることが多いよう思われたのでした。

仕事に取りかかろうとしていると・・


うんっ!?


昨日書いた記事・・心に響く言葉/名言「心が唯一の原因」(現実の世界も人生も心の投影である)が、ふっと思い出され、

昨日書いた記事は、「【人生は行動の積み重ねの結果である】にしろ【人生/現実は、心(観念等)の投影/反映である】にしろ、どちらにしろ。心が唯一の原因なのかもしれない」というものなのでした。
※「どんな行動をとるか?」は、心(価値観や観念等)に左右されるため。


そして【人生/現実は、心(観念等)の投影/反映である】という話は、睡眠中に見る夢とも関係が深い話であり・・

【人生/現実は、心(観念等)の投影/反映である】の仮説の根底には、「「現実の世界」も「夢の世界」も、心(観念等)が作り出している世界であり、自我意識が、「現実の世界」や「夢の世界」に没入することで各世界を体験/経験している」という考え方があるのでした。



夢の世界は、私達の心が創り出しているのかもしれません。

例えば私が昨日見た{トンネルの夢}には、AさんやBさん、それにトイレや照明、扉などが出現しており・・それらは、私の心が創り出したものなのかもしれません。
つまり私は、自分で創り出した夢の世界の中に自我意識が没入していくことにより、昨晩は{トンネルの夢}を体験/経験することになったのかもしれません。


<夢の世界は、自分の心が創り出している>
だからこそ、見た夢を「夢占い」にて分析することで、自分の心の状態をチェックできる・・ということなのかもしれません。


そして、ここからが肝心なのですが。
心に響く言葉/名言「心が唯一の原因」に詳細はあるとおり。
【人生は行動の積み重ねの結果である】にしろ【人生/現実は、心(観念等)の投影/反映である】にしろ、どちらにしろ。
心が唯一の原因であるならば・・


つまり、夢と同じく、現実すらも、(長期的には)私達の心の反映/投影となる、もしくは私達の心の反映/投影となる側面があるのであるならば。
なにも夢の分析に頼らなくても、今、この現実世界に現われている全てが、自分の心(心の状態や心のあり方/観念等)の反映/投影となっていて・・

現実世界に現われている事象を見てみれば、自分の心(心の状態や心のあり方/観念等)がわかるのかもしれません。


例えば、今、この目の前に広がる痛いほどリアルな現実の世界に、嫌な出来事/問題などが頻出しているならば。
その理由は、問題を作り出してしまうような心の状態や心のあり方/観念等が、あるからなのかもしれません。


例えば、今、実際に現実が「不満の多い世界」に見えるのであるならば。
その理由は、不満を感じやすい心の状態になっているから、自分には、そういうふうに、この現実の世界が見えているのかもしれませんし、


今、実際に現実が「素敵な世界」に見えるのであれば。
その理由は、この現実あるいは世界の、肯定的な側面に目がいく心のあり方となっている、もしくは現実/世界を、肯定的に捉える心のあり方となっている、から、自分には、そういうふうに、この現実の世界が見えているのかもしれません。


つまり。
夢は、自分の心の状態を表すバロメーターであり、夢は「心の状態のフィードバック」なわけですが。
現実も夢と同じく、自分の心を表すバロメーターであり、現実の全てが「心のフィードバック」でもあるのかもしれません。
※フィードバックとは、活動の結果を、その主体に伝えること。
つまり【夢の世界】も【現実の世界】も、心の状態/心のあり方により生み出された結果を、当人に伝えている世界でもあるのかもしれない。



畑で得られ・・


プルルル・・・♪プルルル・・・♪


んっ?記事を書いている最中に電話が鳴り、慌てて携帯電話を手にすると非通知からの着信でした。
「え~?誰から?なんの電話?」と不審に思っていると、きれました。

・・こういった着信や、届くメールすら、全てが、現実の全てが「心のフィードバック」なのでしょうか。


ピーマンやナスなど畑で得られる作物は全て、過去に、種を蒔いてきているから、と言えそうです。
何も種を蒔かずに、ピーマンやナスを得ることは出来ないからです。

雑草の種を蒔けば、将来、雑草を刈り取ることになる。
スイカやメロンの種を蒔けば、将来、スイカやメロンを刈り取ることになる。


<種を蒔けば刈り取ることになる。それが自然の法則だから>
自然法則下のもと、生きている私達においても。

現実で得られる結果は全て、過去に、原因の種を蒔いてきているから、と言えるのかもしれません。
何も種を蒔かずに、結果だけを得ることは出来ないからです。

悪行の振る舞い(悪の原因の種)を蒔けば、将来、悪い現実/嫌な現実を刈り取ることになる。
善行の振る舞い(善の原因の種)を蒔けば、将来、楽しい幸せな現実を刈り取ることになる。


さきほど、非通知からの着信があったのも、私の過去の、なんらかの振る舞い(原因の種を蒔く振る舞い)の、結果なのでしょうか。


★心理状態/心の状態の診断方法|心の状態/チェックの仕方★
~【人生は行動の積み重ねの結果である】にしろ【人生/現実は、心(観念等)の投影/反映である】にしろ、どちらにしろ。心が唯一の原因であるならば。
夢に限らず、現実も、心(心の状態や心のあり方/観念等)のフィードバックなのかもしれない~



つまり、不思議な夢を見た際に、「このような夢を見た原因である、私の心の状態は、どういったものなのだろうか?」と、夢占いをするがごとく。
現実世界の中で、何かが起きたら「このような現実の結果が起きた原因である、私の心(心の状態や心のあり方/観念等)は、どういったものなのだろうか?」と、自分自身の心を振返ってみるのも、【自己分析/自己客観視】の面では、意味あることなのかもしれません。



②心と現実/人生~心理状態/心の状態の診断方法|心の状態/チェックの仕方~
■「現実の世界で起きること全てが、心のフィードバック」と捉える場合。
以下のような事柄も、心のチェック項目に入るのかもしれません。


①害される
→他人から、困らされたり、迷惑をかけられたり、利用されたり、睨まれたり、試されるようなことをされたり・・つまり他人から害される場合。
私達は通常「な、なによー!私は悪くないのに、Aさんは一方的に・・。Aさんは、最低な人だな。」と思い、自分は被害者の立場となり、Aさんを責めることになりそうです。

が、もし、仮に、「現実の世界で起きること全てが、心のフィードバック」であるならば。
【他人から害される】は、自分の心に、なにかがあることを、教えようとしている{外側(現実)からの反応現象}でもあるのかもしれません。
※内側が心であり原因であり、外側が現実であり結果。


つまり【他人から害される】も、自身の心の状態/心のあり方により生み出された結果を、当人に伝える現象ですら、あるのかもしれません。

他人から害されている状況の場合、「な、なによー!私は悪くないのに、Aさんは一方的に・・。Aさんは、最低な人だな。」と思い、自分は被害者の立場となり、Aさんを責めることになるため、

自己責任と捉えることは、とても理不尽に感じるわけですが、それでも1度立ち止まり、ふぅ~と息を吐き出し冷静になって、「自分の心に、{他人から害される何か}や{他人を害している何か}が、ないかな?」とチェックしてみることも悪くはないのかもしれません。

他者から害され被害者になることで、実は内心、なにかしらのメリット(例えば「自分には責任はない!Aさんのせいで私の人生は不幸だ」と、人生の不幸の原因を責任転嫁できるメリット。つまり自分で人生の責任をとらずにすむメリット)を得ていたり・・または、自分では、そのつもりはないのに、知らず知らずのうちに他人を害してしまっていたり、している場合もあるのかもしれません。


【他人から害される】も心のフィードバックであるならば、自分の心のあり方を変えることにより、他人から害されなくなるわけで。
それは実は、ものすごく「ありがたいこと」でもあるのかもしれません。

もし、そうであるならば、自分の心のあり方次第で、他人からも害されなくなるわけですから・・。
詳細は人間関係能力/コミュニケーション技術を高める方法(他人を害すれば、他人からも害される)にて。


②関わりある人
→{似た者同士が惹かれ合う}引き寄せの法則の関係から。
関連お金と引き寄せの法則の方法(引き寄せの法則の本質とお金から自由になる方法)


心のあり方が似ていない2人は、かみ合うことなく、すぅ~とすれ違うことになり、


心のあり方が似ている2人は、引き寄せ合い、関わりをもつことになるのかもしれません。

これらの現象には、憧れの人や憧れる男女になる方法(時空間仙術)に詳細はあるとおり、時間と空間も関係しているのでしょうか。


<現実に起きる全てがフィードバック>
【人間は、一緒に過ごす時間の長い7人と、同じような人間になる!】とも聞く機会があります。
これは言い換えると、【人間は同じような人と関わる機会が多くなる】とも言えるのかもしれません。

「最近、素敵な人との関わりばかりで、ありがたいなぁ。」と感謝する場合、それは「己の心のフィードバック」なのかもしれません。

「最近、嫌な人とばかり関わることになる。最悪!」と嘆く場合も、「己の心のフィードバック」なのかもしれません。

「どういう人と関わることになっているか?」は、1つのフィードバック現象・・・自分の心のあり方や心の状態をチェックできる現象でも、あるのかもしれません。


③問題
→「自分が蒔いた種は自分で刈り取らねばならない」

因果応報/原因と結果の法則・・{蒔かれた種は発芽し、刈り取ることになる}それは自然の法則でもあるのかもしれません。

もし、現実の世界に、問題が出現しているならば、それも、もしかしたら自分が過去に、原因の種を蒔いてきたから、なのかもしれません。

「自分の心が、どういったものであったから、そのような問題が出現することになる振る舞いを過去にしてきたのか?」自省し、そう自問をしてみることによって。
私達は、自分の心のあり方や心の状態をチェックすることができるのかもしれません。


人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)に詳細はあるとおり。
問題の根源は、破滅的な原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}にある場合が多いようです。
行動は価値観から派生し、行動の結果は、原理原則によって左右されることになるからでしょうか。

そのため、目の前に現われている問題を1つづつ片付けながら、同時に、問題を、根っこから断ち切る・・

破滅原則の根を断ち切り、繁栄的な原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}を大切にし始めることで私達は、「将来、幸せの花を咲かすであろう原因の種」を蒔き始めることになるのかもしれません。
その結果は、幸せ溢れる現実、となりそうです。


④不満
→現状に不満を感じたり、この世界が不満多き世界に見える場合。
それは心に感謝や謙虚さ、奉仕の精神が欠如しているから、そう見えるようになっている、という側面もあるのかもしれません。

感謝をせずに不満や愚痴を言い、「しかないから、私が、してやっているんだ!」という驕った態度でいれば、「最悪!どうして私が、してあげなければいけないの!?」とも感じ始め、

この世界が、不満多き世界として、自分には見えてくる場合もあるのかもしれません。


一方、感謝の心や謙虚さ、奉仕の精神を大切にし「ありがたい。させて頂けている」と思うように努めれば、

たとえ同じ状況であっても、この世界が、幸せな世界として、自分には見えてくる場合もあるのかもしれません。


私達は、現実世界に存在する物質の周波数を直接脳内で、そのまま映像化しているわけではないためでしょうか。

言い換えると、心の状態(心理状態)が、現実世界に存在する物質の周波数を映像化する際に、影響を与えているからでしょうか。
※全ての物質は振動しており、その振動数(周波数)を、5感の1つである目で捉え、脳内にて映像として見ている。


★心理状態/心の状態の診断方法|心の状態/チェックの仕方★
~「この世界がどう見えるか?」は心の状態も関係している。人は、現実世界に存在する周波数を直接脳内で、そのまま映像化しているわけではないため。
つまり「この世界がどう見えるか?」は、心の状態のフィードバックでもある~



「この世界がどう見えるか?」すらも、心のフィードバックなのかもしれないわけですね。
感謝の心や奉仕の精神、謙虚さ、などを忘れずにいると、同じ「現実/状況」であっても、より素敵な世界として感じられるようになり、私達自身が「幸せ~♪」を感じるようになり救われることにもなるのかもしれません。
関連感謝の言葉/名言(【悪循環に落ち込む】→【好循環を作り出す】)
社会貢献/奉仕活動とは?意味(成さずして成す/無償の愛(奉仕/貢献))
謝る謝罪の言葉/謝り方(自分自身は誤魔化せない/本当の意味で反省する影響力)


⑤与えるー受け取る
→もし、仮に、「現実の世界で起きること全てが、心のフィードバック」であるならば。

「皆から、どのくらいの割合で、笑顔で対応してもらえているか?」
「どのくらいの頻度で、皆から感謝される機会があるか?」
「相手から幸せを応援してもらえているか?」
なども、心のフィードバック・・・自分の心のあり方/状態の目安、となるのかもしれません。


<人は、与えた分を受け取る>
笑顔や、感謝や、{幸せを願ってもらえる/応援してもらえる}などが、あまり現実の世界に現われていないのであれば、笑顔や、感謝や、{幸せを願う/応援する}を、自分が他者に与えていないから、でもあるのかもしれません。「人は与えた分を受け取る」ようだからです。


私達含め生命は、与えれば、受け取ることになるのかもしれません。

生命はすなわち「呼吸」でもあり、呼吸は、息を吸う・吸う・吸う・・ばかりでは、成り立たないようです。
息を吸うためには、息を吐き出さなければならないのかもしれません。
つまり、吸う(受け取る)ためには、吐く(与える)必要もあるのかもしれません。


生命はすなわち「食事(食べること)」でもあり、食事は、食べる・食べる・食べる・・ばかりでは、成り立たないようです。
食べるためには、大や小を排出しなければならないのかもしれません。つまり、食べる(受け取る)ためには、排出(与える)する必要もあるのかもしれません。


★心理状態/心の状態の診断方法|心の状態/チェックの仕方★
~原理原則 → 受け取るためには、与える必要がある。それがこの世界の成り立ち。ルール~


★お役に立つー支援して頂ける

皆から、支えて頂き、支援して頂けるためには、自分も、皆のためにお役に立つ必要があるのかもしれません。「人は与えた分を受け取る」ようだからです。
「どれだけ皆から支えて頂け、応援して頂けているか?」は、「どれだけ自分が、皆のお役に立っているか?」の、フィードバックでもあるのかもしれません。
関連天国/地獄とは?意味(現世→死後→来世の物語)


★感謝するー感謝される
相手から「ありがとう!」と感謝されるためには、自分も相手に「ありがとう!」と感謝する必要があるのかもしれません。「人は与えた分を受け取る」ようだからです。
「関わりある周りの人達から、どれだけ感謝されているか?」は、「自分が、どれだけ周りの人達に感謝しているか?」の、フィードバックでもあるのかもしれません。
関連ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)


★笑顔ー笑顔
→人から笑顔で対応してもらえるためには、自分も相手に、笑顔で対応する必要があるのかもしれません。「人は与えた分を受け取る」ようだからです。
「皆から、どれだけの頻度で、笑顔で対応して頂けているか?」は、「自分が、どれだけの頻度で、笑顔で皆に対応しているか?」の、フィードバックでもあるのかもしれません。


★愛するー愛される
→他人から愛されるためには、自分も他人を、愛する必要があるのかもしれません。「人は与えた分を受け取る」ようだからです。
「どれだけの人から愛されているか?」は、「自分が、どれだけの人を愛しているか?」の、フィードバックでもあるのかもしれません。
関連無償の愛とは?意味(見返りを求める愛と無償の愛の結果の違い)



初対面の印象は好会話/話題より雰囲気(他人を外見で裁かない/見下さない/人によって態度を変えない)に詳細はあるとおり、人は、相手次第で、どうしても対応や態度が異なることになるようです。
それには人間関係の力学/バランスも関係しているのかもしれませんし、「自己防衛本能による警戒心」や「好感を感じる人にはつい、笑顔で対応したくなる」などの人間心理も関係しているのかもしれません。
関連他人を利用する人の心理と結末(自己防衛本能より危険な人間と見なされる)


★心理状態/心の状態の診断方法|心の状態/チェックの仕方★
~他人から「どういった対応/態度をとられているか?」も、自分自身の心のあり方のフィードバック現象なのかもしれない~


便秘になると、自分自身が苦しむことになりますよね。
それと同じく、「自分さえ良ければ良いんだ」という生きる姿勢より「自分は与えずに、相手から貰うばかりの方がお得だし要領が良いよね!」と生きていると、長期的には、自分自身が苦しむことになるのかもしれません。

与えずに、受け取る・受け取る・受け取る・・ばかりの状態は、自然法則下のもと生きる人間において、成り立たないからでしょうか。
関連便秘に効く健康食品レビュー(便秘に悩む人向け『カイテキオリゴ』)



③運勢と心~心理状態/心の状態の診断方法|心の状態/チェックの仕方~
■現実世界を生きていると「最近、どうも運が悪いな。(もしくは運が良いな。)」と感じる機会もありそうです。

そして、「最近、どうも運が悪いな。(もしくは運が良いな。)」と感じる機会も、フィードバック現象なのかもしれません。

「最近、どうも運が悪いな。」と感じる時は、1度立ち止まり、自分の心をチェックしてみるのも良さそうです。


①感謝/謙虚
→私達の生きている現実の世界は、絶対基準なき相対性の世界なのかもしれません。
そのため、{運が悪い/運が良い}に関しても絶対基準がないために、なにかと比べないと「運が良いか?悪いか?」すらもわからないのかもしれません。

一般的には、私達が「最近、どうも運が悪いな。」と言う時には、{過去の運の良かった時期}との相対的な比較から「最近は、運が悪い」と感じ、「最近、どうも運が悪いな。」と言うことになる場合が多いようです。


そして、運が良くなる方法/幸運の言葉(相対性の世界には絶対的な幸運/不運の基準はない?)に詳細はあるとおり。
【運とは? = 起きた事象をどう捉えるか?】であり、当人がどう捉え、どう認識しようと、「幸運だ!」と捉えようと、「不運だ!」と認識しようと、それらはどちらにしろ、個人的な思い込みになってしまうようです。

絶対基準なき相対性の世界においては、【絶対的な幸運】も【絶対的な不運】も存在しないために、【運とは? = 起きた事象をどう捉えるか?】以上でも以下でもなく、ただただ、そうなのかもしれません。


だからこそ、{過去の運の良かった時期}との相対的な比較をすることなく、常に謙虚に現状に感謝し、現状を「OKだよ!ありがとう!」と捉えることによって私達は、{運の善し悪し}からも、そうでないよりかは自由になれていくのかもしれません。


②善行の種/善行のカルマ
→原因と結果の法則により、自分が過去に蒔いてきた原因の種が発芽し、今の、自分の現実が作り出されているのかもしれません。
このことはつまり、今、{将来、幸せに繋がる原因の種}を蒔くならば、将来は、幸せな現実が作り出されることをも意味していそうです。

{不幸/問題}の原因の種の多くは、破滅的な原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}に根ざして生きることで、蒔かれることになるようです。

そして、繁栄的な原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}に根ざして生きていると、{将来、幸せに繋がる原因の種}を蒔きながら生きることになるようです。

そのため、繁栄的な原則に根ざして生きることにより私達は、将来、「幸運の多い幸せで素敵な日々」を得ることになるのかもしれません。



~まとめ 心理状態/心の状態の診断方法|心の状態/チェックの仕方~
①私達は睡眠中に夢を見た際、自分の心理状態(心の状態)をチェックするために夢分析/夢占いを行う場合があるが。

実は、そもそも。
【人生は行動の積み重ねの結果である】にしろ【人生/現実は、心(観念等)の投影/反映である】にしろ、どちらにしろ。
現実も、(長期的には)心の現れであり、そのために現実に起きている現象や現実に起きる事象をチェックすることで、自分の心理状態(心の状態)をチェックすることが出来るのかもしれない。

言い換えると、夢だけではなく、現実自体が、心のフィードバックなのかもしれない。


②長期的に捉えた場合、心が現実や人生の原因であるならば。
現実世界で展開される/展開されている幸不幸の原因も心にあるわけで、このことはつまり、心のあり方を変えたり、整えることによって、現実/人生自体を、幸せ多きものへとしていけることをも意味しているのかもしれない。


~心理状態/心の状態の診断方法|心の状態/チェックの仕方~
<writer 名無き仙人>





バス男「心理状態/心の状態の診断方法か~。ふむふむ。」

バス子「夢から心理状態を分析する方法もあるのかな。」

仙人「楽しみつつ心の仙人/仙女修行や、心の修練などにも取り組みながら、幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」







関連→ありがとう!感謝の魔法使いになる方法(私達は感謝の魔法使い)
幸せになる魔法の言葉(幸せになることを許可する方法)
思い込みが激しい!癒しの心理学(世界観の事例と説明と癒し方)
コミュニケーションの基本は人間性/人格(人間関係と信頼残高)
人間関係の悩み/ストレスからの自由(バランスの法則の各事例と問題の解決策)
人間関係に疲れない対処法のコツ/名言(win-winの関係とは?構築するコツ)
お金嫌い?大好き?名言/格言/言葉(お金に関する観念の浄化/お金の気持ちを知る)
運気をあげる引き寄せの法則のやり方({個人的な現実/個人的な世界}の改善方法)
仕事を楽しむコツ(仕事に対する‘思い込み’を浄化する)
人生の失敗と成功から学ぶ名言(「人生」が教えようとしている‘教え’の本質部分)
オーラカラー/オーラの色の意味(気とオーラの意味)